WEBデザイナー向け無料電子Book >受け取りはこちら

40代未経験でもWEBデザイナーになれる!なり方や事例を紹介

働き方が多様化して、副業やフリーランスを考える方も増えてきました。

そのなかで、パソコン1つでできるということもあり、WEBデザインに興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

しかし、

  • 40代から始めてWEBデザインができるようになるのか
  • そもそも40代でスキルが身につくのか
  • 身につけたとしても今さら転職できるのか

このような不安を持っている方は多いですよね。

結論、40代から始めてもWEBデザインは身につけられ、転職や副業で稼げます。

今回はお伝えするのは、40代未経験からWEBデザイナーを目指すときに気になる、次の4点です。

この記事でお伝えすること
  • 始める前に知っておきたいWEBデザイナーの基礎知識
  • WEBデザイナーで稼ぐまでのロードマップ
  • WEBデザインで案件を獲得する方法
  • WEBデザイナーに向いている人の特徴

最後に40代未経験からデザインで毎月10万円稼いでいる主婦の事例もお伝えします。

これからWEBデザイナーを目指すあなたの参考になると思うので、ぜひ目を通してみてくださいね。

▼ ▼ 期間限定で無料プレゼント ▼ ▼

WEBデザインを勉強したいけど、やり方がイマイチわからない、、、。そんな方のためにプロがおすすめする7つの最強勉強法をまとめました。ぜひ手に取って勉強をするときの参考にしてくださいね。

目次

40代未経験の方に知って欲しいWEBデザイナーの基礎知識

まずは、WEBデザイナーを目指すなら最低限知っておいてほしい基礎知識を解説します。

この内容を知っておくだけで、この後にご紹介する内容もすっと入りやすくなるので、確認しておきましょう。

WEBデザイナーで1番重視されているのは年齢でなくスキル

40代で未経験でもWEBデザイナーになれる最大の理由は、求められるものが年齢ではなくスキルだからです。

WEBデザイナーはどのような作品が作れるか、そのスキルレベルが全てと言っても過言ではありません。

販売員などサービス業であれば能力以外に年齢も重視されるかもしれませんが、WEBデザイナーは作品のクオリティ、スキルレベルだけが重視されます。

もし年齢を考慮されるとしたら、転職する時です。

というのも、一般的にデザインができる人は少なく、どうせ未経験から育てるなら若い人がいいと考え、企業は若い人を採用する傾向があります。

つまり、デザインができれば年齢関係なくWEBデザイナーとして就職、転職できるのです。

WEBデザインスキルは何歳になっても習得可能

就職や転職はできても、「そもそも若い人の方が身につきやすいんじゃないの?」と不安な方もいるかもしれませんが、WEBデザインスキルは年齢関係なく身につけられます。

たとえば、簡単なバナー制作やWEBサイトのデザインであれば、短期間コミットすれば誰でもできます。

もちろん、得意不得意やデザイン経験の有無で習得までの期間の違いはあるかもしれません。

ですが、現場で求められることに絞ってプロから学べば、年齢関係なく誰でもWEBデザインスキルを身につけられます。

2000人以上いる日本デザインスクールの受講生も、全体の1/3以上が40代以上です。

日本デザインスクールの受講生分布(年代別)
日本デザインスクールの受講生分布(年代別)

40代以上の方も卒業時にはプロレベルのデザインを身につけ、次のような作品を作れるようになっています。

ホームページ
スクール受講生がたった1ヶ月半で作れるようになったホームページです。

>>もっと卒業生作品を見てみたいという方はこちら

40代の転職活動は不可能ではないが難易度は上がる

ここまで、年齢関係なくデザインは身につけられるとお伝えしました。

では、40代から転職できるのかというと、結論可能です。

日本デザインでも40歳以上の方を採用したこともあります。

ですが、他の職種と同じように40代で転職するのが難しいのも事実です。

そのため、WEBデザインスキル以外に前職での経験や実績を覚える、あるいは副業で先に結果を残しておくことが大切になってきます。

WEBデザイナーに転職する前に知っておきたい未経験の罠

先ほどもお伝えしたように、40代でも未経験からWEBデザイナーになれます。しかし、未経験からの転職を考えている場合、いくつか注意しなければいけない罠があります。

知らずに選考に応募しても面接にすら進めず、時間を無駄にする可能性があるので、先に知っておきましょう。

「未経験可」は「制作未経験」ではない

40代未経験からWEBデザイナーへの転職をするときに注意してほしいのは、「未経験可」「研修あり」というワードです。

「未経験可」「研修あり」と謳っている求人も多く、「未経験でも研修してくれるのであればチャレンジできそうだから応募してみよう」と、思いますよね。

ですが、この「未経験可」は多くの人が認識している未経験とは違います。候補者の思っている未経験と採用側が思っている未経験には次のような違いがあります。

実務経験制作経験
候補者が思っている未経験××
採用側の思っている未経験×
※「×」が経験なし、「◯」が経験あり

「未経験可」はWEBデザイナーとしての実務経験はないけれど、スキルや知識は持ち合わせている、という意味で使われていることが一般的。

「実務経験無し可能」より「未経験可」と記載したほうが応募者が集まりやすいので、肝心な部分をうやむやにしていることが多いのです。

この事実を知らずに、制作未経験なしで応募してしまう人が多くいます。その状態で応募しても合格はできませんし、できたとしても入社後思っていた仕事と違うことをする可能性が高いので十分注意しましょう。

「研修あり」には期待してはいけない

「未経験可」と合わせて、「研修あり」や「育成します」というのも、あまり期待しない方が良いでしょう。

自分が教育担当側であることを想像してみてください。全く未経験の人に教育をしながら自分も結果を出さないといけないというのは、非常に大変であることが想像できると思います。

正解がなく、経験がものをいうクリエイティブ領域ではなおさら教育は大変になります。

そのため「研修あり」と書いたにもかかわらず、いざ入社してみるとデザインと全く関係ない簡単な事務作業や電話対応を任されるというケースがあるのです。

もちろん、中には本当に研修があり、未経験からでもWEBデザイナーとして育ててくれるところもあるでしょう。

ですが、その場合、企業側はできるだけ若くて長く働いてくれる人を求めています。そのため、40代が研修ありの会社に期待して応募するのは得策とはいえません。

なお、当ブログを運営している日本デザインスクールでは、これからWEBデザイナーに興味がある人のために、WEBデザイナーについての基礎知識がまとめて知れる無料セミナーを開催しています。

セミナーでは未経験の人が絶対に知っておきたいWEB業界の裏側失敗しないWEBデザイナーのなり方をお伝えしています。

また、セミナー参加特典として、どんな質問でもOKな個別フォローのお時間も用意しています。

「40代からWEBデザイナーになるにはどうしたらいいの?」という疑問を持っている方にぴったりなので、気になる方はぜひ参加してみてくださいね。

▼セミナーについて詳しく知れる記事はこちら

40代未経験からWEBデザイナーになるのに必要な知識・スキル

つづいては、40代未経験からWEBデザイナーになるために必要な知識とスキルについて解説していきます。

必要な知識・スキル
  • WEBデザインの基礎知識
  • WEBデザインツールの操作スキル
  • コーディングの基礎知識

「40代未経験でもWEBデザイナーに転職するのは可能?」でもお伝えした通り、40代未経験からWEBデザイナーへ転職するためにはある程度の知識とスキルを身につけておかなければいけません。

転職活動に臨む前に、最低限身につけておいてほしいのが上記に挙げた3つの知識・スキルです。

それぞれどんな知識とスキルを身につけておくべきなのか、詳しく見ていきましょう。

WEBデザインの基礎知識

WEBデザイナーになるのにまず必須なのは、WEBデザインに関する基礎知識です。

デザインというと、なんとなくで作るもの、センスに頼ったものというイメージがあるかもしれません。

ですが、WEBデザインは消費者の行動を促すためのデザインであり、WEBデザインにはルールやコツがあります。

そのルールを踏まえてフォントや配色や素材を変えるだけで作品のクオリティが大きく変わります。

全く反応がなかったものでも、配置や色を変えるだけで一気に反応してもらえることも珍しくありません。

消費者の行動を促すデザインとは何か、それを学ぶことでデザイナーとして成功できるのです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

WEBデザインツールの操作スキル

デザインの知識を身につけても、作品を作れなければデザイナーとして稼げません。

WEBデザインで稼ぐためには、デザインをするためのツールを使えるように練習が必要です。

WEBデザイナーがメインで使うのは、Photoshopというツール。

Photoshopを使えるようになれば、採用されたり、仕事を得たりするレベルのデザインを作れるようになるので、まずはPhotoshopを学びましょう。

ただし、Photoshopの機能を1から10まで覚える必要はありません。

デザインをするときに使う機能はPhotoshopの機能の一部です。

ツールを使いこなせても、デザインができるようにならないので、まずはデザインするのに最低限必要な機能だけ覚え、残りは実際にデザインをしながら必要な分だけ勉強するようにしましょう。

こちらの動画では、Photoshopを使ってバナーを作る方法を解説しています。

デザイン未経験の方でも真似するだけでバナーが作れるので、ぜひトライしてみてくださいね。

コーディングの基礎知識

WEBデザイナーとして働くためには、コーディングの基礎知識も必要です。

コーディングとは、プログラミングの一種で、作ったバナーや画像をWEB上に表示させたり文字を変えたりする作業のこと。

「コーディングができないとWEBデザイナーになれないの?」と質問をよくいただくのですが、基本的な知識だけあれば十分です。

WEBデザイナーはデザインをするのが仕事で、本格的なコーディングはコーダー(コーディングを専門にする人)に依頼すればOK。

ただ、コーディングの知識がゼロだと、

  • WEB上で実装できないデザインを作る
  • 制作したものがWEB上でどのように表示されるのか確認できない
  • コーダーとコミュニケーションが取れない

などのリスクがあるため、最低限の知識は身につけておいて損はありません。

具体的なコーディングの意味や役割はこちらの記事をご覧ください

40代からの挑戦!WEBデザイナーで稼ぐまでのロードマップ

ここからは、40代未経験からWEBデザイナーで稼ぐまでのロードマップをご紹介します。

この手順を踏めば、40代未経験からデザイナーとして稼げるようになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

WEBデザインに必要なものを揃える

まずは、デザインに必要なものを揃えましょう。

具体的には、この4つが最低限必要です。

最低限必要なもの
  • 一定以上のスペックを持ったパソコン
  • 作業しやすい周辺機器
  • WEBデザインに必要なツール
  • コーディングをするためのHTMLエディタ

一定以上のスペックを持ったパソコン

WEBデザイナーにとって一番大事なのがパソコンです。

「できるだけ安いもので押さえたい」と安易に決めるのは危険です。

デザインだと大きい容量のデータを扱うことがあり、せっかく準備しても容量が足りないことも考えられます。

最低限満たしておくべき条件はこちらです。

CPUインテル Core i5以上
メモリ16GB以上
ハードディスク500GB以上
画面のサイズノートは15インチ以上、デスクトップは21インチ以上

ノートパソコンでもデスクトップでもどちらでも作業はできますが、ノートパソコンの方が持ち運びができて、さまざまな場所で作業ができるのでオススメです。

おすすめのパソコンについてはこちらの記事をご覧ください。

作業しやすい周辺機器

本格的にデザインを始めるなら、作業しやすい、自分に合った周辺機器の準備も必須です。

たとえば、マウスやモニターなど、合う合わないが顕著に出やすいものがありますよね。

他にも、

  • パソコンの高さを変えられるケース
  • パソコンとUSBをつなげるハブ
  • データを保存する外付けHDDやSSD

など、なくても作業はできるけど、あったら便利というものは作業効率に影響があるので、始める前に準備しておきましょう。

パソコンの周辺機器について解説した動画はこちらです。

WEBデザインに必要なツール

WEBデザインで一般的に使われているツールは、PhotoshopとIllustratorです。

それぞれの役割は下記の通りです。

PhotoshopとIllustratorの違い

Photoshop:デザインの加工や補正などの画像編集

Illustrator:テキストや図形など細かいデザイン

他にもデザイン関連のツールを調べるとたくさん出てきますが、上の2つを使うことがほとんどなので、まずはこの2つを押さえておけば安心です。

両方使えるのがベストですが、これからデザインを始めるのであれば簡単に画像編集ができるPhotoshopに専念するのがオススメ。

また、デザインツールだけではなく、コーディングのためのツールも用意しましょう。

有名なのがDreamweverというツールです。Photoshopと一緒に準備しておきましょう。

WEBデザインスキルを身につける

WEBデザインに必要なものが準備できたら、次はWEBデザインのスキルを身につけていきましょう。

WEBデザインのスキルを身につける方法は、独学と職業訓練校、そしてスクールの3つがあります。

WEBデザインスキルを身につける方法と比較

スクロールできます
メリットデメリット
独学(自分で必要な教材を集め学びながらスキルを身につけていく)・費用が安く押さえられ安い
・自分のペースで勉強できる
・有益な情報を見分けるのが難しい
・一人では理解できないことも多い
・自分のペースでできる分ダラダラと時間をかけてしまいやすい
職業訓練校(国が提供している無料の訓練校でWEBデザインを学ぶ)・受講代金が無料
・ハローワークでそのまま就職先を探すことができる
・週5日の時間をまとめて確保しなければならない
・受講するためには条件がある
・実践的な役に立つスキルは身につかないことが多い
スクール(WEBデザインスクールに入校しプロからWEBデザインを学ぶ)・プロから本当に有益な知識やスキルを学ぶことができる
・オンライン受講できることが多いので在宅で隙間時間を活用しながら学べる
・独学や職業訓練校よりはお金がかかる

どの方法にもメリット・デメリットは存在しますが、独学で実践スキルを身につけるのは非常に難しいです。

また、職業訓練校は無料でWEBデザインを教えてもらえますが、基礎的な部分しか教えてもらうことができないため、強みとなるスキルを身につけるのは難しいです。

現在離職中である場合や、平日週5日日中の時間をまるまる数ヶ月確保できる、とにかくお金をかけたくないと考えるのであれば職業訓練校に応募してみるのもいいでしょう。

やはり、効率よく学んで実践レベルのスキルを身につけるなら、実務をこなしているプロから学べるスクールがやはり一番おすすめ。

スクール入校の費用は掛かるものの、本当に有益で実践的な知識・スキルを学ぶことができます。

▼独学の方法を知りたい方はこちらの記事がおすすめ

▼職業訓練校について詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめ

▼スクールの選び方について詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめ

ステップ3:副業で実績をつける

WEBデザインの知識・スキルを身につけたら、まずは副業で実績を積むことをおすすめします。

今すぐ転職したいと考えている人もいるかもしれませんが、本業の傍ら副業でWEBデザイナーとして実績を積んでからのほうが結果として転職活動を成功させることに繋がります。

WEBデザインの副業案件は、求人サイトやクラウドソーシングサイトで多く募集されているのでまずは応募してみましょう。

WEBデザインの副業案件が見つかるサイト

ポートフォリオを作る

案件を取るためにポートフォリオはとても重要です。

ポートフォリオとは、自分が作った作品をまとめた作品集のこと。

WEBデザイナーに求められるのはスキルの有無で、良くも悪くも実力主義の世界なので、ポートフォリオで実力を示すのが必須になってきます。

現に、このメディアを運営している日本デザインもWEBデザイナーを採用するときにはポートフォリオを重視しています。

ポートフォリオ(作品)がない時点で不合格にする場合も正直あります。

ですので、ポートフォリオは必ず作るようにしましょう。

最低限入れる必要があるのは次の3点です。

ポートフォリオに最低限入れるもの
  • プロフィール
  • 応募企業(クライアント)に合わせた作品
  • 作った作品の説明

採用された実案件の作品が一番評価してもらえるので、すでに実務案件を受注したことがあれば積極的に掲載しましょう。

もし、実務未経験で自分の作品がない場合は、ポートフォリオ用に作品を作る必要があります。

バナーだけではなく、できればWEBサイトやランディングページ(1つの商品やサービスをうることに特化した縦長のWEBサイト)を載せられると採用されやすくなります。

そのため、実務案件までもらえるスクールだと、スキル習得から案件獲得までスムーズに進められます。

ポートフォリオについてはこちらをご覧ください。

本格的に実務案件に挑戦する

制作実績とポートフォリオが準備できたら、いよいよ実務案件に応募してみましょう。

40代未経験のスタートでも、スキルと実績とポートフォリオがあれば、副業やフリーランス、転職もできます。

転職であれば、転職サービスやエージェントに登録するのが王道です。

副業やフリーランスであれば自分で案件を探す必要があります。

案件を探す方法としては、

  • 知人や友人に紹介してもらう
  • InstagramやFacebookなどのSNSで受注する
  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • 異業種交流会に参加する

などです。

これらについては、後ほど具体的にご紹介します。

未経験でも案件はもらえる?WEBデザインで仕事を取るならこの5つ

転職してWEBデザイナーになる場合は、企業内で案件を受注できるかもしれませんが、副業やフリーランスとして始める場合は案件獲得の方法が気になりますよね。

そこで、案件獲得の方法を5つご紹介します。

コネがなくてもできる方法もご紹介するので、自分に合ったものから取り入れてみてくださいね。

知人や友人に紹介してもらう

身近に個人でお店をやっている人などがいれば、デザインで困っていることがないか、できることはないか声をかけてみましょう。

いきなり知らない人に営業するのは勇気がいりますが、友人であれば受注しやすく仕事も進めやすいですよね。

また、WEBデザインを始めたアピールだけしておくだけでも友人や知人の繋がりから案件を紹介してもらえるケースもあります。

そのため、WEBデザインを身につけたら、WEBデザインができることだけでも発信しておくことは重要です。

ただし、いきなり有料で募集しても依頼されるケースは珍しいので、まずは実績作りのために無料で受注するのがオススメ。

InstagramやFacebookなどSNSで人と繋がる

InstagramやFacebookなどのSNSで案件を依頼されるケースも珍しくありません。

定期的に制作物をSNSにアップして、それを見た人からDMが届くことがあるのです。

また、プロフィール欄にポートフォリオサイトやブログなどのリンクを貼っておけば、自分から頑張って営業活動しなくても、実績をアピールしている状態になります。

もちろん、自分からターゲットになりそうな人にアプローチするのも有効。

この後ご紹介するクラウドソーシングサービスなどよりも、SNSであればメッセージのやりとりもしやすいため、普段からSNSを使っている場合は、オススメの案件獲得方法です。

クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサービスは取り入れやすい方法の1つです。

クラウドソーシングサービスで有名なのは、ココナラやクラウドワークス、ランサーズなど。

基本的なサービス内容は同じですが、使い勝手がそれぞれ異なるのでいろいろ試してみましょう。

それぞれのサービスごとに案件の種類も異なるので、自分に合った案件が見つかりやすく、未経験OKの案件も多いので受注しやすいです。

まずは、他のWEBデザイナーのプロフィールを参考に、自分の制作物のアピールをして受注を目指しましょう。

最初は案件受注するのに不安かもしれませんが、受注から納品まで流れを一度体験すると自信がつきます。

クラウドソーシングで稼ぐコツについてはこちらの記事をご覧ください。

異業種交流会に参加する

異業種交流会はその名の通り、さまざまな業種の人が集まっているため、人脈作りにはうってつけ。

参加するのはビジネス目的の人ばかりで、多くのビジネスマンは自社サイトに関心を持っているケースが多いです。

知人や友人の時と同じように、直接クライアントにならなくてもWEBデザイナーを紹介してほしい人に繋げてもらえる可能性があります。

また、さまざまな業種の人と話すことでネットで調べるだけでは見つからないニーズをリサーチでき、そのうえ営業の練習にもなるため積極的に参加してみましょう。

zoomで開催しているものも増えたので、どこにいても参加しやすくなっていますよ。

未経験者向けの転職サイトを見る

転職するなら未経験者向けの転職サイトを見てみましょう。

制作実績やポートフォリオがあれば、転職サイトの求人に応募して採用もされやすくなります。

20代、30代に比べると門は狭いかもしれませんが、ある程度の実績を積んでいれば可能性はあります。

ここで1点注意なのは、同じ転職サービスでも、40代に強いエージェントとそうでないエージェントがいるということ。

40代に強いサイトを使えばより採用もされやすくなるので、ぜひ下で紹介しているサイトなどを参考に転職サイトも活用してみてくださいね。

リクルートエージェント

ワークポート

40代未経験でWEBデザイナーへの転職を成功させる3つのコツ

最後は、40代未経験でWEBデザイナーへの転職を成功させるコツを3つご紹介します。

転職成功3つのコツ
  • 転職先のリサーチや比較検討は怠らない
  • 最低限の知識やスキルを身につけておく
  • 面接や筆記対策も忘れずに行う

「40代未経験でもWEBデザイナーに転職するのは可能?」でも触れていますが、40代未経験からWEBデザイナーへ転職することは可能です。

この記事を読んで下さっている皆さんも転職成功できるよう、どんなことを注意して転職活動に臨めばいいのか、上記3つのコツについてより詳しく解説していきますね。

転職先のリサーチや比較検討は怠らない

WEBデザイナーとして働く転職先については、リサーチを怠らないようにしましょう。

BixHitsが転職に関する40代男女80人アンケート調査では「40代の転職で失敗したこと」の第一位が15%で「リサーチや比較検討が足りなかった」でした。

  • 40代の転職だったので焦ってしまい受かりそうな所を安易に選んでしまった
  • 焦りから自ら選択肢を狭めよく考えずに決めてしまった

など、40代であるという焦りや、40代だからとりあえず受かるところにしようと決めてしまって後悔している声があがっています。

転職するのであれば、今よりもっと快適に、できるだけ長く働きたいですよね。

40代未経験という焦りや不安から、みづから選択肢を狭めてしまい安易に決めてしまうとせっかく転職できても後悔してしまいます。

焦りや不安があるのも分かりますが、転職をする際は必ず企業や労働環境についてリサーチし、いくつかの企業を比較検討することを忘れないでください。

参考:BixHits「40代からの転職理由と転職活動で失敗したことランキング!男女80人アンケート調査」

最低限の知識やスキルを身につけておく

40代未経験からWEBデザイナーへの転職を成功させるためには、やはり最低限の知識やスキルを身につけておくことが大切です。

しかし、BixHitsの40代の転職に関する意識調査によると、40代未経験の仕事へ転職するために準備したことがあるという人は約40%、その中でスキルや知識習得をしたという人は約15~20%しかいません。

転職はできたものの、年収は以前より下がったという人が50%を超えていることもわかります。

転職、そして未経験の業種ですから経験のある以前の分野より収入が下がってしまうこともあるのかもしれません。

ですが、なるべく収入を維持、もしくは収入アップできるように転職を進めたいですよね。

そのためには、スキルを身につけ、副業で実績を積んでおくことが大切になるのです。

また、「「未経験可」「研修あり」を期待すると危険」でも解説した通り、未経験とはいうもののある程度の知識やスキルがある人を企業側はもとめています。

未経験OKな求人も多いから大丈夫でしょうと考えていると、辛い思いをするかもしれません。

「ステップ2.WEBデザインスキルを身につける」で解説したスキルの身につけ方を参考に、自分に合った方法でWEBデザインのスキルを身につけてから転職に挑みましょう。

参考:BixHits「40代から未経験の仕事への転職理由と準備したことランキング!男女146人アンケート調査」

面接や筆記対策も忘れずに行う

WEBデザイナーに限らずですが、転職活動を行う時には面接・筆記対策も必ずしておきましょう。

  • 面接対策をしていなかったので上手く受け答えできなかった
  • 筆記試験があるなんてしならなかったので悲惨な結果になった

など、BixHitsが転職に関する40代男女80人アンケート調査でも多くの後悔の声があがっています。

40代の転職となると、志望動機に加え今後のキャリアプランや、未経験の分野へ転職した理由なども面接では聞かれるはずです。

自分の思いを面接官に伝えアピールできるように、頭の中を整理しておくことがベスト。

筆記試験は実施している企業としていない企業があるので、面接前に有無を確認しておくと安心です。

参考:BixHits「40代からの転職理由と転職活動で失敗したことランキング!男女80人アンケート調査」

フリーランスや副業としてWEBデザインする道もある

ここまでWEBデザイナーに転職するための情報を詳しくお伝えしてきましたが、正社員として転職するだけがWEBデザイナーの道ではありません。

実際、フリーランスWEBデザイナーとして在宅で活躍している人や、副業だけで月数十万円獲得しているWEBデザイナーもいるのです。

フリーランスや副業は、企業に属するわけではないので自分ですべてを管理しなければいけませんし、収入も保証されていません。

ですがその分、頑張りは自分に返ってきますし、自由な働き方ができます。

副業の場合は、本業の収入がなくならないというのも安心できるポイントですよね。

  • 転職が難しい
  • 自由な働きかたがしたい
  • 本業を辞めるのは怖い

などという気持ちがある場合は、フリーランスや副業でWEBデザイナーになる道も検討してみてください。

【実話】40歳専業主婦の私がまさか!デザイン未経験から安定10万円

動画です!クリックすると見ることができます!

最後に40代未経験からデザインを始めて、毎月安定して10万円稼げるようになった方の事例を紹介します。

紹介するのは、専業主婦の傍らWEBデザイナーとして稼いでいる聖子ちゃんこと、木津聖子さんです。

聖子ちゃんは、もともと漫画のアシスタントとしてちょっとした副収入を得ていたのですが、あるときお客さんからデザインの依頼を受けたそうです。

しかし、独学ではなかなか良いものを作れず挫折。本格的にWEBデザインスキルを身につけることを決意しました。

日本デザインスクールでデザインスキルを身につけたあと、SNSやクラウドソーシングで案件に挑戦。コツコツ実績やスキルを積んでいったそうです。

それから3年。今では家事の合間や家族が寝た夜の時間など、自分の好きな時間に自分の好きな案件をすることで月10万円の安定収入を実現しています。

WEBデザインを始めて収入が上がったのはもちろん、自分の作ったものが世の中でずっと使われているのはとても嬉しいとおっしゃっていました。

今後は扶養から外れて、月10万以上稼いでいくことも、視野に入れていくそうです。

このように40代未経験からでも、フリーランスWEBデザイナーとして稼いでいくことは十分可能です。

年齢でWEBデザイナーを諦める必要はまったくありませんよ。

まとめ

今回お伝えしたのは次の3点です。

まとめ
  • 40代未経験でもデザインは習得可能
  • WEBデザイナーに求められるのは年齢ではなくスキルや実績
  • 現役デザイナーからデザインのルールやコツ、基礎知識を学べば転職可能

一般的に40代の転職は不利と言われています。

ですが、WEBデザイナーは年齢ではなくスキルを身につけて、クオリティの高い作品が作れれば転職はもちろん、副業やフリーランスとして収入を得ることも可能です。

そのためには、スキルが確実に身につく方法で学ばなければなりません。

スクールで学んだ方が身につきやすい人、独学で自分のペースで進めた方がやりやすい人、それぞれだと思います。

ただし、途中でもお伝えしたように、40代からWEBデザイナーになるのであれば早いに越したことはありません。

もし、最短で稼げるWEBデザイナーになりたいのであれば、現役WEBデザイナーから現場で使うことだけに絞って学ぶのをオススメします。

日本デザインスクールでは、最短でWEBデザイナーになりたいという方のために「WEBデザイナーという働き方セミナー」を開催しています。

このセミナーでは、WEBデザイン業界のウラ側、WEBデザインの勉強に失敗してしまった方の事例や逆に成功した方の事例を踏まえ、正しいWEBデザイナーのなり方をお伝えしています。

「自分がWEBデザイナーになれるのかな」という疑問を持った方にこそ、おすすめのセミナーなので、気になる人はぜひ下のボタンから詳しい内容を見てくださいね。

▼ ▼ 限定公開中 ▼ ▼

当メディアを運営している日本デザインスクールは、これまで14364人WEBデザイナーの仕事についてお伝えする無料セミナーを開催してきました。

その中で気づいたのが、WEBデザイナーへの誤解がある方が多いということ。中には一度勉強に失敗してからセミナーに来て「先に知りたかった」という方もいらっしゃいます。

そのような方が増えないために、特に多かった15の誤解を1つの資料にまとめました。勉強を始めてから後悔しないよう、ぜひ受け取ってください。

※非常に人気の資料であり、今後有料化する可能性もあるのでお早めに手に取ってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問や感想があればご記入ください

コメントする

目次