WEBデザインにコーディングは必要?WEBデザイナーとコーダーの違いをご紹介

近年、WEBサイトの制作に関わる人の業務は複雑化してきています。
WEBデザインの分野だけ見ても、WEBサイトを構成する要素のデザインと、デザインをWEBブラウザで表示できるように専門の言語を記述するコーディングが必要になります。

そこで、昨今のWEB制作の現場では、WEBデザインを担当するデザイナーとコーディングをおこなうコーダーにわかれて、完全な分業をおこなうケースが増えています。
分業が進むにつれて、WEBデザイナーはコーディングができなくても、WEBデザインだけができればよいと言われるようになってきました。

しかし、WEBデザイナーがコーディングの知識があると、WEBデザインにもくのメリットを感じられます。

ここでは、WEBデザインにおけるコーディングについて詳しく説明し、WEBデザイナーがコーディングを知っていることで、どのようなメリットを得られるかを紹介します。

WEBデザインに使われるコーディングとは

コンピュータの世界では、コーディングは”設計書をもとに、コンピュータが理解できる言葉を使って、ソースコードと呼ばれるコンピュータへの指示書を書くこと”を表します。

特に、WEBデザインの分野では、WEBデザイナーが作成したデザイン案を、WEBサイト作成用のコンピューター言語を用いて、WEBブラウザ(WEBサイトを表示するためのソフトウェア)上に表示させるためのファイルを作ることをコーディングと呼んでいます。

WEBデザイナーがPhotoshopやIllustratorで作成したデザイン案は、そのままではホームページに利用できません。

コーディングをおこなうことによってWEBブラウザで表示できるファイルを作成して、初めて完成品となるのです。

ここからは、WEBサイト制作で利用される

HTML
CSS
JavaScript

と呼ばれる、3つのコンピューター言語について、1つずつ具体例を挙げながら説明します。

ホームページの構造を作るHTML

最初に、ホームページの構造を作っているHTMLについて解説します。

HTMLは、ハイパーテキストマークアップランゲージ(Hyper Text Markup Language)の略称です。
ホームページに記述する文章に対して、タグと呼ばれる記号を用いて意味を与える(マークアップする)ための言語です。

例えば、次の文章を見てください。

この1文では、”私のホームページにようこそ!”という文章にたいし、”<h1>”と”</h1>”というタグで囲むことで、h1(見出し1)という意味を与えています。

このように記述することで、あなたのパソコンやスマートフォンのWEBブラウザは、この1文がホームページ内の1番大きな見出しだと理解することができます。

HTMLでは、このようなホームページの要素(文章と意味のまとまりであるタグ)を、ルールにしたがって記述したものです。

ホームページのスタイルを決めるCSS

続いて、ホームページのスタイルを定義しているCSSについて解説します。

CSSで記述するスタイルとは、HTMLで記述されたホームページの要素に対して、見た目をきれいにするための設定のことです。

ホームページの見た目に関わる設定は、たとえば以下のようなものがあります。

  • 余白の幅
  • 画像の大きさ
  • 文字の色や大きさ

HTMLの解説で紹介した見出しを赤色の文字にしようとした場合、以下のような記述をおこないます。

一部だけを切り出してみると、h1という見出しの色(color)がred(赤)と指定されていることがなんとなく理解できるのではないでしょうか。

ホームページのなかには、HTMLに記載されている1つ1つの要素に対して、CSSで記述された見た目に関する設定が用意されているのです。

ホームページに動きをつけるJavaScript

最後に、JavaScriptについて解説します。

JavaScriptは一言で表現すると、ホームページのなかに動きをつけるときに活用されます。
例えば、ホームページのなかに、以下のようなJavaScriptを記述しておくとします。

このJavaScriptが組み込まれたホームページは、表示されたとたんに以下のようなダイアログボックスが表示されます。

これは、記述したJavaScriptに、ダイアログボックスを表示するよう指示が記載されていたために表示されています。

このように、JavaScriptを記述しておくことで、利用者がホームページを表示したときや操作をしたときに、あらかじめ決めておいた動作が発生するようになります。

WEBデザイナーにコーディングの知識は必要?

コーディングは、WEBデザインの制作とは異なる知識が必要になり、難しいと感じられるWEBデザイナーも少なくないのが現状です。

このような状況下で、外注して依頼先にコーディングはやってもらうという働き方をしているWEBデザイナーも多く、制作を効率的に進めるために有効な手段と考えられています。

このため、WEBデザイナーのなかには、コーディングの知識は必要ないと考えている人も増えてきて、インターネット上で議論されることが多くなってきました。

現在の日本のWEB制作の現場では、コーディングの知識がなくても仕事ができる環境が整っています。
個人でWEB制作をおこなう場合でも、コーディングを専門におこなってくれるパートナーを見つけ、外注することが可能です。

しかし、WEBデザイナーとしてさらにランクアップしたい人は、コーディングの知識も習得しておきましょう。
なぜなら、コーディングの知識は、WEBデザイナーはの仕事をするうえで、有利に働くことが多いからです。

この理由を解説する前に、WEB制作におけるWEBデザイナーの役割について解説します。
WEBデザイナーの役割を知ることも、WEBデザイナーがコーディングを知っておくべきであることがわかるでしょう。

WEBデザイナーの役割

ディップ株式会社が運営するはたらこねっとで提供されている『職種図鑑』では、WEBデザイナーは次のように紹介されています。

WEBデザイナーの仕事は、WEBサイトのランディングページの見た目のデザインをおこなったり、サイト全体のデザインの統一感を管理したり、実際にHTMLやCSSを使ってWEBページをコーディングしたりといった業務をおこないます。
HTMLやCSS、画像データの加工などのスキルは原則として必須ですが、大規模サイトの場合はコーディング作業を専門のコーダーがおこなうなど作業の分業化も進んでいます。

参考:WEBデザイナー【職種図鑑】 HTTPS://WWW.HATARAKO.NET/CONTENTS/SHOKUSHU/WEBDESIGNER/

このように、求人サイトなどで使われる”WEBデザイナー”という仕事には、PhotoshopやIllustratorなどを使ってWEBデザインをおこなうだけでなく、HTMLやCSSを使ったコーディングもできることが含まれていることがわかります。

しかし、未経験の場合は”PhotoshopやIllustratorなどのソフトが使えればアシスタントデザイナーとしてエントリーできる企業も多い”とも紹介されており、採用をおこなう担当者の裁量しだいというのが実情となっています。

WEBデザイナーがコーディングを知っていた方がよい理由

ここまでで、求人サイトなどで使用されている「WEBデザイナー」という用語にはコーディングも含まれており、WEBデザイナーにはコーディング能力も要求されていることを紹介しました。

続いては、WEBデザイナーがコーディングを知っておいた方がよい点について、具体例を3つ紹介します。

WEBサイトに表示される結果を想像してデザインができる

制作したWEBサイトは、パソコンやタブレット、スマートフォンなど、さまざまな端末で表示されます。
端末によって画面のサイズが異なるため、WEBサイトの各パーツは大きさを変えたり、表示の仕方を変えたりする必要が出てきます。

このとき、コーディングの知識がないWEBデザイナーの制作したWEBデザインは、HTMLやCSSなどでは表現しにくいデザインになってしまうケースが出てきます。

WEBデザインが完成したときにはすごくよいと思っていたのに、コーディングをしてみると違う印象になることも少なくありません。

しかし、コーディングを知っているWEBデザイナーは、ホームページを記述するルールがわかっているため、実際に表示される結果を想像しながら作業を進めることができます。

結果として、コーディングしやすいWEBデザインを作ることができるようになり、完成後の手直しも少なく済みます。

コーダーとの意思疎通がスムーズ

WEBデザイナーにコーディングの知識があるとコーダーとの意思疎通がスムーズになります。

WEBデザインを制作後、コーディングをおこなうコーダーに引き渡す際、ワイヤーフレームと呼ばれるWEBデザインの骨組みやデザインカンプと呼ばれる完成イメージを使ってコーダーへの説明をおこないます。

コーダーへの説明では、画像の扱いを例にしても、「画面サイズに合わせて縮小する」、もしくは「画面が小さくても同じ大きさを維持する」のように、対応方法がわかれるケースが出てきます。

このような場合、コーディングのルールや記述方法を指定して具体的に指示した方が、コーダーが理解しやすくなります。

デザインのなかでも重要なパーツの配置方法やJavaScriptを利用した動きのイメージなど具体的な指示ができると、コーダーとの意思疎通をスムーズにおこなうことができるようになり、できあがる成果物の精度が高くなるため、修正作業などにかかる時間も短くできるため、より効率的に作業を進めることができます。

WEBディレクターへのステップアップも目指せる

WEB業界において、WEBデザイナーが目指す次のキャリアとして、WEBディレクターと呼ばれる職業があります。

WEBサイト制作におけるWEBデザイナーの主な役割はワイヤーフレームやデザインカンプの作成、素材やパーツの制作など、主に見た目のデザインを中心とした作業者です。

これに対し、WEBディレクターはWEB制作の現場では全体を管理する監督のような役割を担います。

顧客とのコミュニケーションをとり、WEBサイト全体のイメージを決め、制作工程に合わせて必要なWEBデザイナーやコーダーの人員管理をおこない、スケジュール調整や関係者への報告をおこなうなど、多岐にわたります。

このため、WEBサイトの規模が大きくなればなるほど、仕事上の責任も大きくなりますが、やりがいも大きく、他のメンバーとは待遇面でも違っています。

WEBディレクターの仕事は顧客とのコミュニケーションをおこない、サイト構成を決めるだけでなく、説明する必要も出てきます。サイトの構成を仕組みレベルで詳細に理解することは、顧客にわかりやすい説明をおこなうためにも必須の能力となっています。

まとめ

この記事では、WEBデザイナーがコーディングについて知っておくべき基礎知識についてご紹介しました。
また、近年はWEB制作の現場でも分業化が進んできているため、WEBデザイナーにはコーディングの知識は不要であるという議論も出てきています。

しかし、WEBデザイナーがコーディングの知識を習得していることは、仕事を進めるうえで有利に働くことが多いため、習得しておくべきである理由について具体例を交えてお伝えしました。
それでも、「WEBデザインの習得だけでも時間がかかるし、コーディングを勉強している時間はなかなか取れないんじゃないの?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

しかし、心配する必要はありません。

コーディングの知識がなくてもアシスタントデザイナーとしてWEBデザインの仕事に関わることはできます。
最初は見た目のデザインから始めて、仕事をしながら徐々にコーディングの知識を習得すればよいのです。

WEBデザイナーとして活躍したいと考えているあなたも、見た目のデザインだけでなく、コーディングの学習も始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。