WEBライターで年収1000万円を稼ぐ7つの方法を特別に伝授します。

家で、カフェで、旅行先で、、好きなときに好きな場所で働きつつ、年収1000万が叶ったら…?

それもWEBライターとしてパソコンひとつで達成できたら、これほど理想的なことはないのではないでしょうか?

ですが「本当にWEBライターで年収1000万円を稼げるの……?」と思うのも無理はありません。そのくらい、年収1000万なんて手が届かないように感じる方が多いと思います。

そこで今回は

  • WEBライターの年収のリアル
  • WEBライターが年収1000万円を稼ぐ方法
  • 実際に年収1000万円稼いでいるWEBライター

について徹底解説します。

WEBライターでもっと稼ぎたい!と思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

WEBライターで年収1000万を稼ぐ道は厳しい?

正直にお伝えすると、WEBライターで年収1000万円を稼ぐのは決して簡単ではありません。
ですが、WEBライターのなかには年収1000万円以上稼いでいる人がいるのも事実です。

簡単に年収1000万円稼げると思うのはやめたほうがよいですが、コツコツ努力すれば誰にでも年収1000万円を稼げる可能性はあるのです。

具体的にどうしたら年収1000万円を稼げるようになるのかをお伝えする前に、現在のWEBライターの平均年収と、高収入ライター・低収入ライターの特徴をここから説明していきます。

WEBライターの平均年収

引用元:求人ボックス

求人ボックスによると、WEBライターの平均年収は正社員の場合442万円といわれています。
ですが、グラフを見るとわかるとおり個人差が激しく、稼げる人と稼げない人にはっきりわかれてしまうのが現実です。

このあと高収入のライターと低収入のライターの特徴をお伝えしますが、人によって収入に差が出るのには理由があります。

この理由を知っておかないと、あなたはこれからもずっと稼げないライターのままかもしれません。
そうならないためにも、まずは高収入ライターと低収入ライターの特徴を理解しましょう。

高収入ライターの特徴

高収入ライターの特徴は次のとおりです。

  • 活動の場が広い
  • 高単価案件に絞っている
  • WEBライティング以外のスキルを身につけている

この3つだけではありませんが、高収入なライターは比較的これらに当てはまっています。

高収入ライターは、ライティングの仕事だけに関わらず幅広い分野で活動しています。
具体的には、メディアの編集やブログ運営、ライター講座の講師などです。

また単価が違うと、同じような記事の内容や文字数でも、数千円以上の差があることも珍しくありません。できるだけ高単価案件を狙って仕事をしているのも、稼いでいるライターの特徴といえます。

低収入ライターの特徴

低収入ライターの特徴は次のとおりです。

  • クラウドソーシングサイト中心に仕事をしている
  • スキルや専門分野がない
  • 実績が少ない

クラウドソーシングサイトの案件は比較的低単価です。また、報酬から利用手数料などが引かれるため実際にもらえる金額はさらに少なくなります。

さらにスキルや専門性を必要としない案件も比較的低単価のものが多く、スキルや専門分野を身につけずに案件をこなしても、収入はなかなかアップしません。

このなかに当てはまるものはありましたか?
このなかに一つでも思い当たるものがあったら、それが収入アップできない原因かもしれません。

でも実際に収入アップさせるためには、なにをしたらよいかわかりませんよね。
そんな方のために、WEBライターが年収1000万円稼ぐ方法をこのあと具体的に説明します。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

WEBライターが年収1000万円を稼ぐ7つの方法

WEBライターが年収1000万円を稼ぐ方法は次の方法があります。

  • 高単価案件のみに絞る
  • 単価交渉をする
  • 案件を外注する
  • 専門分野を身につける
  • ブログを運営する
  • ディレクションの仕事もやる
  • アフィリエイトを併用する

それぞれ1つずつ説明していくので見ていきましょう。

高単価案件のみに絞る

高収入ライターの特徴でも少し触れましたが、高単価案件のみに絞るのは1つの方法です。
ある程度経験は積んでいるのに「自信がないから……」と低単価案件ばかりに応募していませんか?

初心者のなかにも、文字単価1円以上の案件に応募して記事を書いている方はたくさんいます。
いつまでも低単価案件に甘えていないで、どんどん高単価案件に挑戦して自分の市場価値を高めていくことが大切です。

単価交渉をする

これを読んでいる人のなかに、単価交渉が苦手な方も多いのではありませんか?
苦手なのはとてもよくわかりますが、年収1000万円を目指すなら単価交渉は当たり前、と思っておいた方がよいでしょう。

単価アップの交渉は、基本的にクライアント側からは持ちかけてくれません。
2〜3ヵ月ほど継続して仕事をしたタイミングで「単価アップしていただけないでしょうか?」と話を持ちかけてみましょう。

交渉する際は、次のポイントを意識してみてください

  • 他に受注している案件の単価と比較して交渉
  • 記事数、実績、納品スピード、納品ペースなどをアピールして交渉
  • 追加提案(リライト、構成作成、画像選定、WordPressでの入稿)をおこなって交渉

最初の2〜3ヵ月の間は、納期の2〜3日前に提出したり質のよい記事を執筆したりと、クライアントにとってよい印象を与えておくと、単価アップの確率がさらに上がります。

案件を外注する

案件を外注するというのは、あなたは営業だけして、実際に執筆するのは他のWEBライターに任せるということです。

案件を外注した場合、クライアントからもらった報酬の一部を執筆してくれたライターに渡して、その残りがあなたの報酬になります。

あなたは営業するだけなので、自分の時間をあまり使いません。
時間を使わずに収入を得られるので、年収アップにつながるというわけです。

ただ案件を外注する際に注意してほしいのは、執筆した記事のクオリティが自分が書いた記事と同じでないといけないということ。
そのため、WEBライターを育成したり、記事を添削したりしなければいけません。

大変ではありますが、何人ものWEBライターを育成してチームを作っていくと、収入も安定していきます。

専門分野を身につける

専門性のある記事は単価が高いため、専門分野を身につけることは年収アップにつながります。

単価が高いジャンルはさまざまあり、代表的なのは金融系医療系不動産系などが挙げられます。
知識だけではなく、資格をとると受注しやすくなりさらに稼げるようになるでしょう。

専門分野を身につけて、そのジャンルの記事を多く受注しているとクライアントから「このライターは専門性が高い」と評価してもらえます。
そうなると、高単価案件を依頼してもらえる可能性が高くなるのです。

▼専門分野についてはこちらを参考にしてください。
WEBライターが収入を倍にするには?!専門分野を作る9つの方法

ブログを運営する

WEBライターがブログを運営すると、次のようなメリットがあります。

  • SEOの知識が身につく
  • 読者が読んでくれる文章力が身につく
  • WordPressが使えるようになる

ブログを運営することで、WEBライターが収入アップするために必要な知識やスキルが身につきます。

それだけでなく、ブログを運営することで収入を得られる可能性もあります。
時間がある方はぜひブログをはじめてみてくださいね。

ディレクションの仕事もやる

年収1000万円を目指すなら、ディレクション業務もおこなうとよいでしょう。

ディレクション業務とは、ライターへの指示や記事の管理をおこなう、いわばメディア編集者です。WEBサイトやブログ運営には欠かせない業務になります。

案件によっては、クライアントから「ディレクション業務をお願いできませんか?」と依頼される場合があります。そのときは積極的にディレクション業務をおこないましょう。

また、ディレクション業務ができることはアピールポイントになるので、提案文を書くときや単価アップの交渉をするときに積極的にアピールしてください。

ディレクション業務をおこなうと、WEBライターの報酬に加えてディレクション業務の報酬ももらえるので、収入アップを目指せます。

アフィリエイトを併用する

アフィリエイトとは、一言でいうと広告収入という意味です。
例えば自身のサイトやブログを開設し、そこでアフィリエイトを併用すれば収入を得られるのです。

稼いでいるWEBライターの多くは、ライティングの案件のみの収入ではなく、ブログでのアフィリエイト収入を合わせて1000万を達成しています。

今まで得た知識やスキルをアフィリエイトに活用すればあなたも効率的に稼げるようになるので、、年収1000万円も夢ではありませんよ。

年収1000万稼いでいるWEBライターを5人紹介

実際に年収1000万円稼いでいるWEBライターを5人紹介します。
どのWEBライターもあなたにとってお得な情報を発信している方ばかりだと思うので、気になる方がいたらぜひチェックしてみてください。

える@営業でとにかく稼ぐWebライター

えるさんは、ライターメインで年収1000万円稼いでいるWEBライターです。
仕事をする際にモットーとしていることは「案件選びとコミュニケーションが命」「賢くずるく立ち回る」。

独立するまでは年収1000万円は難しいと考えていたえるさん。
途中で、ライティングスキルだけを身につけるだけでは年収1000万円は不可能だと気付いたそうです。

なぜなら世の中のWEBライターは、ライティングスキルばかりを気にして、案件選定やクライアントとのコミュニケーションに力を入れていなかったからと言っています。

この続きが気になる方はチェックしてみてください。
える@営業でとにかく稼ぐWebライター

きつね@ライティングで月1000万

きつねさんは、副業として3年間WEBライターの経験をしたあとに独立し、2年後に月1000万円を達成したWEBライターです。

年収ではなく月1000万円です。すごいですね……。
世の中のWEBライターにはこんな方もいるのですよ。

Twitterでは「人生が変わるライティング術×生涯年収が1桁増えるお金の知識×短時間で成果を出す仕事術」について発信しています。

月1000万円を稼ぐまでの物語を書籍化しており、電子書籍は無料でダウンロードできるみたいなので気になる方は見てみてくださいね。
きつね@ライティングで月1000万

なべたろ🌞半年で1000万PV【ブログとSEO】

なべたろさんは、1年間で月間1200万PVに到達したブログとSEOのノウハウをSNSで発信しているライターです。

なべたろさんの主な実績は
・月間1000万PV超え経験複数(1位~3位のキーワードだけで6万キーワード以上)
・PVメディア・アフィリエイトブログ・企業のオウンドメディアなど、それぞれ複数経験・実績多数
・企業向けSEOコンサル月額60万円~100万円、もしくは企業の株式を取得してコンサル
などと書かれています。

WEBライターに役立つ記事も盛りだくさんなので、気になる方は要チェックです!
なべたろ🌞半年で1000万PV【ブログとSEO】

クロノス|ライティング専門家

クロノスさんは、元々大手の建設会社で働いていましたが、自分の意見が言えないせいで上司からの扱いは散々。

毎日仕事に行くのがとにかく憂鬱だったそうですが、ある日インターネットを使ったビジネスに出会い人生が変わったそうです。

クロノスさんは、記事を書くうえで絶対に知っておくべき技術は
興味付け、結起承転結、ロジカルライティング、1メッセージ、感情的価値を盛り込む、メリットの提示
と言っています。

月収100万円までのロードマップをメルマガで配信しているみたいなので、気になる方は見てみてくださいね。
クロノス|ライティング専門家

秋カヲリ

フリーランスになって1年半で年収1000万円以上稼げるようになった秋カヲリさん。
秋カヲリさんは、noteで執筆スピードが上がる記事を書いています。

執筆スピードを上げることは、年収1000万円を目指すために必要なことです。

「執筆スピードがなかなか上がらない……」と悩んでいる方は、このnoteが役立つかもしれません。ぜひチェックしてみてください。
秋カヲリ

まとめ

この記事では、WEBライターが年収1000万円を稼ぐ方法を解説しました。

その他にも、高収入ライターと低収入ライターの特徴も解説しましたが、あなたはどちらに当てはまりましたか?
「案件をこなしているはずなのに全然収入が上がらない……」という方は、なにか理由があるはずです。

「このまま書き続けていれば、いつか収入は上がるだう!」と思っていては、いつまでたっても年収1000万円にたどり着きませんよ。

コツコツ努力することは大切ですが、年収アップするためには専門分野を身につけたりブログ運営をはじめてみるなど、WEBライターとして自分の価値を上げていく必要があります。

最初は「年収1000万円なんてほど遠い……」と思ってしまうかもしれませんが、実際に稼げている人は何人もいるので、決して不可能ではありません。

今回紹介した「WEBライターが年収1000万円稼ぐ方法」を、1つでもよいのでぜひ実践してあなたも年収1000万円のWEBライターを目指しましょう!

WEBデザイナーになって人生を変えた話
特別ストーリーを限定公開中!
WEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ