Webライターって本当に稼げるの?収入事情の疑問を徹底解明

「Webライターは、働く場所も時間も自由に選べるってよく聞くけど、収入はどうなの?」と思うことはありませんか?
在宅ワークが珍しくなくなっている今、場所を選ばずに仕事ができるWebライターはとても人気があります。その反面、収入面は気になるところですよね。

この記事では、「Webライターは本当に稼げるのか?」という疑問にお答えします。

Webライターは本当に稼げるのか?

Webライターって本当に稼げるの? 収入事情の疑問を徹底解明1
Webライターの仕事は、1文字いくらという報酬形態が主流です。最初は1文字0.5円くらいから始まりますが、ライティングスキルを磨いたり、専門分野を持ったりしていくと、文字単価が上がっていきます。

文字単価1.0円で5,000文字の記事を1日2件書けば、20日間で20万円の収入になります。経験者になると、単価が1.5円、2.0円、3.0円と上がっていきますので、ライティングで稼ぐことは十分可能です。

Webライターの仕事の流れ

Webライターって本当に稼げるの? 収入事情の疑問を徹底解明2
Webライターの仕事を受注するには、最初はクラウドソーシングサイトや求人サイトに登録するのが良いでしょう。

一から自分で仕事を見つけるのは大変です。
サイトには未経験でも応募できる仕事があります。まずは自分にできそうな、あるいはやってみたいと思う案件から応募してみましょう。

Webライターの基本的な仕事の流れは次の通りです。

案件に応募 → 仕事を受注 → 指示書・資料の受け取り →リサーチまたは取材 → 記事の構成の確認 → 記事を書く →納品 → 修正→ 修正後納品 → 納品完了 → 報酬の受取

「修正→修正後納品」は何回か繰り返す場合があります。より良い記事にするために必要な作業です。クライアントに記事の内容を納得していただいた後、納品完了となります。

クラウドソーシングサイトで稼ぐための実績作り

Webライターって本当に稼げるの? 収入事情の疑問を徹底解明3
クラウドソーシングサイトの案件で経験を積んで実績を作ると、より単価の高い案件を受注できるようになります。どのように実績を作っていけば良いのか見ていきましょう。

タスク案件を受注する

クラウドソーシングサイトの仕事には、タスク案件というものがあります。これは、アンケートに答えたり、感想文を書くといった比較的簡単なお仕事です。

報酬は安いですが、スキルも必要なく誰でも応募できるのがメリットです。タスク案件を何件かやってみて、受注や納品を体験してみましょう。

単価1円以上の案件を受注する

タスク案件に慣れてきたら、次は単価が1.0円以上の案件に応募してみましょう。どの記事にしたらいいのか迷ってしまう場合は、「初心者OK」の案件を選びます。

あるいは、自分が興味のある分野や得意な分野があれば、それに関係する記事を選ぶのも良いです。

プロジェクト案件を受注する

プロジェクト案件とは、単発ではなく、何回か継続して、あるいは長期間にわたって続く仕事のことです。

プロジェクト案件の最初の記事で、クライアントから良い評価が得られると、継続してお仕事をいただくことができます。プロジェクト案件を何件か担当できると、収入も安定します。

収入を上げるポイント

Webライターって本当に稼げるの? 収入事情の疑問を徹底解明4

Webライターの仕事で収入を上げるには、いくつかのポイントがあります。

単価交渉をする

長期間のプロジェクト案件や、リピートして記事を依頼してくれるクライアントには、単価交渉をしてみるという方法があります。

プロジェクトメンバーやクライアントと日頃から信頼関係を築いておくと、このような交渉はスムーズにいきます。

メディアに直接応募する

仕事の発注元のメディアに直接応募する方法です。この場合は、ポートフォリオを提出するのが効果的です。

日頃から、実績などをこまめに更新しておいて、いつでもポートフォリオを見せられるように準備しておきましょう。

専門分野の知識やスキルを磨く

医療系やIT系、金融系など、専門分野の知識やスキルを持っているライターは非常に強いです。専門的な内容の記事は書ける人が限られるため、高単価の仕事を受注できます。

上記以外でも、専門的な知識やスキルを持っていたり、自分が興味があって人よりも詳しい分野などがあれば、ライターとしての強みになります。

ライティングのスキルを磨く

Webライターは文章が命です。良い記事を書くには、ライティングのスキルアップは常に必要です。

その中でもリサーチ力は重要です。必要な情報の収集は、記事を書くために必須の作業です。早く正確に情報が集められれば、記事の作成時間も短縮できます。

また、SEOの知識も重宝されます。検索した時に、記事が上位に表示されるだけで、クリック率が上がることは間違いありません。

もちろん、正しい日本語が使えるということも大切です。敬語や丁寧語、文法、助詞の使い方、文体の統一など、基本的な日本語が使えているか、時々見直してみましょう。

Twitterやブログで直接受注する

Twitterやブログを開設していると、クライアントから直接仕事の依頼が来ることがあります。Webライターにとっては、SNSで上げている文章も自分の宣伝になります。

Twitterやブログに自分が書いた記事を掲載しておけば、仕事獲得につながるかもしれません。SNSは0円でできるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

稼げるWebライターの特徴

Webライターって本当に稼げるの? 収入事情の疑問を徹底解明
ここまでWebライターについてお伝えしてきましたが、稼げるWebライターにはいくつかの特徴があります。

必要な知識を身につけている

Webライターを始めるのに、特に資格はいりません。自分がWebライターだと名乗れば、仕事を始めることができます。

ですが、継続して稼げているWebライターは、基本的な知識は当然のように身につけています。記事の構成、論理的な文章、SEOの知識など、良い記事を書くのに大切なことは学んでおく必要があります。

ライティングスキルを磨き続ける

記事が書けるようになっても、ライティングスキルの向上に終わりはありません。リサーチ力や語彙力、表現力、文章チェック力などを常に高めようと努力しています。その結果、記事を書くのが非常に早く、完成度も高くなります。

得意分野がある

他の人よりも詳しい得意分野を持っています。専門的な分野は、ライターの数も限られるので、高単価の仕事につながります。

積極的に営業している

クラウドソーシングサイトでの受注、直接営業、SNSでの情報発信など、できることは何でもして積極的に営業しています。

まとめ

働き方が大きく変わった今、在宅でもできるWebライターに興味がある人は増えています。
また、本当に稼げるの?と不安になる気持ちもわかります。簡単ではありませんが、必要なステップを踏むことで、Webライターの仕事はちゃんと稼げるようになります。

文章を書くのが好き、人よりも詳しい分野がある、知らないことを調べるのが楽しいという人は、それがWebライティングの仕事に活かされるかもしれません。

Webライターの仕事が、前より少しでもイメージできるようになっていただけたら幸いです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。