• HOME
  • 記事
  • 副業
  • 大学生におすすめの副業12選!選び方と始め方はこれでバッチリ

大学生におすすめの副業12選!選び方と始め方はこれでバッチリ

大学生活ではサークルや遊びなどでいくらお金があっても足りないですよね。
そのため、アルバイト以外にも副業でお金を稼ごうと思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、
「副業とアルバイトは何が違うの?」
「そもそも副業ってどうやって始めるの?」
「副業よりもアルバイトのほうが安全なのかな?」
といった疑問を持つ方も多いかと思います。

そこで、この記事では

  • 副業を始めるメリットとデメリット
  • 大学生におすすめの副業12選
  • 副業を始める際の注意点をご紹介します。

この記事を読んでぜひあなたにあった働き方を選択してみてください。

大学生が副業を始めるメリット

そもそもアルバイトと副業は何が違うのか、アルバイト以外に大学生が副業を始めるメリットをご紹介します。

デメリットもお伝えするので、メリットとデメリットを踏まえて副業を始めるか検討して見てください。

個人で稼げる

副業を始めるメリットの1つ目は、個人で稼げるようになることです。
アルバイトではどこかの企業やお店に雇われて働くことがほとんどだと思います。

塾講師や飲食店、コンビニなどで働く方が多いと思いますが、いずれもその企業やお店に雇われて働いていますよね。

一方で、副業は雇われて働くのではなく、案件に自分で応募して報酬をもらったり、自分自身のチャンネルなどを持ってそれを運営したりするなど個人で活動することがほとんどです。

時間や場所に囚われない

副業は時間や場所が決まっていないものが多いです。
塾や飲食店など一般的なアルバイトはシフト制で、決まった時間働くように指定されていることがほとんどだと思います。

しかし、副業では在宅で好きなタイミングに始められますし、カフェや旅行先など、自分の好きな場所で働くことが可能です。

就活にも役立つ

学生時代にスキルを身につけておくことで、就活の際に選択肢が広がります。

就活で多くの人が直面するのは「自分にできることなんてない」「スキルや強みなんてない」のような、自分にできることが見つからないという壁ですよね。

しかし、副業でスキルや知識、実績を作っておけば自分の強みを堂々とアピールすることができます。さらに、就職後に転職したりフリーランスになろうと思ったときにもきっと活かすことができますよ。

社会人になっても継続できる

前のトピックと関連しますが、副業でスキルを身につけておけば社会人になっても続けて副収入を得ることができます。

社会人になったら、学生のときよりも自由な時間が少なく、副業を始めようと思ってもなかなか時間が取れないことが多いでしょう。ましてや、働きながら副業のためのスキル習得や勉強をするのはもっと大変なことです。

しかし、自由な時間が多い大学生のうちに収入が得られるくらいスキルを身につけておけば、働き始めても必要なタイミングですぐに副業を始められますよ。
また、あなたが好きなことを副業にしていれば趣味感覚で、楽しみながら副収入を得ることができます。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

大学生が副業を始めるデメリット

ここまで大学生のうちに副業を始めるメリットをお伝えしましたが、デメリットもあります。
これを知らずに副業を始めると、のちのち「こんなはずじゃなかったのに……」ということも。

ぜひ、副業を始めるメリットとデメリットを踏まえて副業を検討してみてください。

学業がおろそかになる場合がある

副業を始めて稼げるようになってくると、うれしさのあまり勉強をそっちのけで副業にのめり込んでしまうリスクがあります。

友人が勉強よりも副業に力を注いでしまい、卒業できない危機に陥っているのを私も目にしたことがあります。学生の本分はあくまで勉強であることを忘れないでほしいです。

学業に影響が出ずに、できる範囲で副業をしてもらえたらと思います。

詐欺にあうリスクがある

収入を得るために副業を始めたのに、むしろ支払いが増えるリスクもあります。
これは学生だからというより、副業全体にいえるデメリットです。

副業を利用した詐欺では次のようなワードには注意してください。

  • 副業を始める前にテキストを購入してほしい
  • 誰でも簡単に5万円稼げる
  • 友達追加するだけで副業の情報が得られる

このように先に高額なものを買わせる、あるいは簡単に稼げるような誘い文句には要注意ですよ。

また、言われた通りのことをやっていたらいつの間にか犯罪に加担していたなんてこともあります。
副業を始める場合は、事前に運営会社やクライアントのことを必ず調べてください。

扶養から外れる可能性がある

副業のみで48万円を超えると親の扶養から外れることに注意しましょう。
副業を始めたての頃は、なかなか稼げないですが、慣れてくると次第に稼げるようになってきます。

気づいたら親の扶養から外れていたなんてことも。

親の扶養から外れると確定申告が必要となります。また、税金をより多く払わなくてはいけなくなり、逆に手元に残るお金が少なくなってしまう場合があります。
親の扶養から外れたくない、あるいは確定申告をしたくない場合は、副業のみの所得が48万円を超えないように調整しましょう。

責任が大きくなる

副業は、本業を持つ社会人を想定して採用活動がおこなわれます。
一方、アルバイトでは社会人経験がない人を想定しており、仕事の質が多少落ちることも考慮しています。

そのため、副業では仕事の質が下がるとその責任は副業者が負うことになります。

例えば、アルバイトはシフト制のところが多いですよね。
そのため、スケジュール管理はアルバイト先の方がおこなっていたと思います。

しかし、副業ではスケジュール管理も含めて自分でしなければいけません。
もし〆切に間に合わなかった場合、信用を失い次から仕事が取りづらくなってしまいます。

このように、アルバイトでは怒られただけで済んでいたものも、副業ではそれくらいではすまないなんてことも。
アルバイト感覚で副業を始めると、責任の重さにびっくりするかもしれません。

大学生の副業選びのポイント

ここからは大学生の副業の選び方をお伝えします。
副業は世の中にたくさんありますし、社会人と大学生では副業を選ぶ際の基準も異なります。

「なんとなくよさそうだから」という理由で副業を始めるとうまくいかないことがあります。
ぜひ、これからご紹介する内容を踏まえて副業選びをしてみてください。

初心者でも始められるか

まず、初心者でも始められるか。
副業のなかにはスキルがないと始めるのが難しかったり、ある程度実績のある人でないとそもそも受注できなかったりします。

一方で、1件の単価は低いものの、確実に稼ぐことのできるものも。
副業初心者はコツコツ確実に稼ぐことのできるものから始めてみるとよいでしょう。

将来に役立つスキルや知識が身につくか

将来に役立つスキルや知識が身につくか。これも重要です。
先ほどもお伝えしましたが、就活前に稼げるくらいまで副業をやっておくことでアピールすることもできますし、自信にもなります。

また、副業の経験やスキルがビジネスで応用できたり、副収入として継続的に利益を得られたりするものも。
大学生から副業を始めるなら、将来に役立つスキルや知識が得られるかを1つの基準にしてみてはいかがでしょうか。

自分の特技を活かすことができるか

副業はアルバイトに比べて、自分の得意なものを活かして稼ぐことができるものが多いです。
例えば、英語が得意だったら翻訳を始めてみるのもよいかもしれません。

昔からカメラを扱うのが好きだったり部活でやっていたりして機材の扱いに慣れていたら、動画をやってみるのもよいかもしれません。
今まで何か打ち込んだことがある人なら、自分の特技を活かすことができるかを基準にしてみてはいかがでしょうか。

大学生でもできるおすすめの副業12選

ここでは、大学生でも始められるおすすめの副業を先ほどの選び方に合わせてご紹介します。
どような人に向いているかもご紹介するので、ぜひあなたにあった副業を始めてみてください。

簡単に始められる副業

まずは、副業初心者におすすめの副業をご紹介します。
簡単に始められるので、「副業初めてで不安なんだけど」という方はぜひこれからご紹介する4つのなかから始めてみてください。

アンケートモニター

アンケートモニターは商品などを試してみて謝礼を受け取る副業です。

収入の目安 1件10円〜(形式などで大きく異なる)
メリット 気軽に始められる、授業の合間でもできる
注意点 時給換算したときに金額が低い、ポイント制ではお金にすぐならない
向いている人 集中力が継続できる人

商品を実際に使ってみてその感想を回答するものや、普段の生活に関するアンケートに答えるものなどさまざま。
空きコマや通学時間にもできる点は大きなメリットです。

案件はたくさんあるので取り組みやすいですが、どれも単価が低いためたくさん稼ぎたいと思って始めると、思ったよりも稼げないなと感じるかもしれません。

覆面調査

覆面調査はお店のサービスなどを受けてアンケートに回答することで謝礼をもらう副業です。

収入の目安 1件1000円〜(形式などで大きく異なる)
メリット 気軽に始められる、いろいろなものを割引で試すことができる
注意点 なかなか受注できない場合がある
向いている人 好奇心が強い人

飲食店なら割引で食べることができたり、美容系ものであれば化粧品などをお得に試せたりするため、社会人に比べてお金がない大学生にとっては大きなメリットですよ。

一方で、応募しても必ず受注できるとは限りません。
何度応募しても当選しないという人もいます。

諦めず何度も応募するという粘り強さも必要かもしれませんね。

文字起こし

文字起こしは、渡されたデータの音声を文字に起こす副業です。

収入の目安 5000円(30分の動画で)
メリット 在宅でも可能
注意点 慣れによって稼げる金額が大きく異なる
向いている人 集中力のある人

文字に起こすのは会議や講演会、インタビューなどさまざまです。
タイピング速度や慣れによって時給換算したときの報酬額が大きく異なることに注意しましょう。

社会人になると、人によっては今まで以上にパソコンを使う場面は多くなります。
今のうちにタイピング速度を上げる練習と思って挑戦してみるのもよいかもしれません。

代行サービス

代行サービスは清掃や家事など日々のさまざまなことを代わりにおこなう副業です。

収入の目安 1万円〜/2〜3時間(さまざま)
メリット スキルがなくても可能
注意点 肉体労働が多い
向いている人 家事をよくやっている人

清掃や家事が多い印象ですが、なかには披露宴やお葬式の代行などもあります。
いきなりできないものもありますが、さまざまな経験ができるのが学生にとってはメリットかもしれません。

スキルが身につく副業

次にスキルが身につく副業をご紹介します。
最初は稼げないかもしれませんが、今後も使えるものなので学生のうちに身につけておくとよいものばかりです。

WEBライター

WEBライターはインターネット上に掲載されている記事やコンテンツを作成する副業です。
特に、検索順位で上位に表示される文章を書くことが求められます。

収入の目安 0.3~1.5円/1文字
メリット パソコンとインターネット環境があれば始められる
注意点 初心者でもOKの仕事は単価が低く稼ぎにくい
向いている人 好奇心旺盛な人、黙々と作業するのが苦じゃない人

学生だと、卒論や就職活動でのESなど文章を書く機会はこれからどんどん増えていくでしょう。
文字を書くスキルは身につけて損はありません。

ぜひ、学生のうちからライティングのスキルを身につけて、周りの学生と差をつけましょう。

動画編集

動画編集はYoutubeの動画編集やウエディングムービー、企業のPR動画の編集などをおこなう仕事です。

収入の目安 さまざま 1000〜100000円以上
メリット 基本的スキルを身につけるのに時間があまりかからない
注意点 競争が激しく、初心者だと案件の獲得が難しい場合がある
向いている人 コツコツ作業を続けられる人

サークルや部活などで旅行に行ったり、新入生歓迎会やイベントなどで動画を作ったりする場面もあるかもしれません。
作った動画をYouTubeやSNSにあげるなどお金を稼ぐ以外にも学生にとってはプライベートでも身につけて損はないものだと思います。

プログラミング

プログラミングはアプリ開発、 WEBサイト開発Excelのマクロ作成、子ども向けのプログラミングスクールの講師などさまざまな種類があります。

収入の目安 さまざま、1万円〜10万円以上
メリット IT人材は不足しているため今後も求められる
注意点 HTMLやCSSなどスキルを身につける必要がある
向いている人 専門的なスキルを身につけたい人

副業で始めるにあたりスキルを身につける必要があります。
スキルを身につけるのは大変かもしれません。

しかし、就活でもIT人材は求められているので時間のある学生のうちに身につけておくと、就活でも働くようになってからも重宝されること間違いなしです。

スキルを身につけるなら独学でも可能ですが、スクールに通うのが早いかもしれません。

アフィリエイト

アフィリエイトはブログやメルマガなどで商品を紹介し、購入してもらったときに成果に応じた報酬がもらえる副業です。

収入の目安 0〜100000円
メリット 特別な準備をせずに誰でも始められる
注意点 収入を得るまでに時間がかかる
向いている人 継続力のある人

ブログなどで「公式ホームページから購入」などのボタンを見たことがあるかもしれません。
ボタンを押してもらい、購入をしてもらわなければ報酬を得られないので、稼げるようになるまで時間がかかります。

しかし、1回稼げるようになると継続的に収入を得られるため学生のうちに始めておくとよいかもしれません。

得意なもので活かせる副業

次に得意なこと、すでにできることを活かした副業をご紹介します。
自分の得意なことを副業としてみるのも一つの選択肢です。

何かしら得意なものがあれば副業にするチャンスはあるので、ぜひチェックしてみてください。

翻訳

翻訳は日本語を外国語にしたり、外国語を日本語に直したりする副業です。

収入の目安 30円程度/1ワード
メリット 自分の実力を試せる
注意点 単発案件が多いため、収入が安定しない
向いている人 外国語のスキルがある人

海外で出版された書籍の翻訳をおこなう出版翻訳や、海外の映像作品を翻訳する映像翻訳があります。

外国語に自信がある人は試してみてはいかがでしょうか。

スキルシェア

自分の得意なことを売り買いできるスキルシェアのサービスも学生におすすめの副業です。

収入の目安 さまざま
メリット 自分の得意なもので稼げる
注意点 金銭トラブルが多少なりともある
向いている人 外国語のスキルがある人

「占いが得意」「相談に乗るのが得意」「塾で教えるほどじゃないけど教えるのが得意」など、何かしら得意なものがあれば始められます。

スキルシェアをするなら、ココナラストアカなどのサービスを利用して始めるのがおすすめです。
しかし、こうしたサービスでは報酬が払われないというケースもあるとか。

もちろんサポート体制はされていますが、カバーしきれないこともあります。
金銭トラブルがあるかもしれないということも踏まえておいてください。

ハンドメイド

裁縫が得意という方はハンドメイドで作ったものをメルカリなどで販売してみてはいかがでしょうか。

収入の目安 さまざま
メリット 自分の作ったもので稼げる
注意点 著作権に注意する
向いている人 他の人が欲しいものを作れる人

自分が作ったものはメルカリなどのフリマサイトで販売することで収入を得ることができます。
しかし、キャラクターなどのハンドメイドを販売すると著作権違反になる場合もあることに注意してください。

趣味でハンドメイドをやる場合は問題ないのですが、それを販売するときは著作権に引っかからないか注意が必要です。
また、自分が作りたいものを販売することも大事ですが、他の人が欲しいと思うものを作るとより収入を増やすことができますよ。

YouTube

YouTubeで自分の得意なことを発信したりおもしろい動画を作って投稿したりする副業です。

収入の目安 さまざま
メリット 自分の好きなことで稼げる
注意点 収益を上げられるようになるまで時間がかかる
向いている人 情報発信が好きな人

YouTubeで収益を上げるためには1000人以上の登録者数と4000時間以上の再生時間数が必要なため、稼げるようになるまでは時間がかかります。

しかし、動画を上げること自体はそれほど難しくはありませんし、情報発信のやり方次第ではインフルエンサーになることも可能です。

大学生で副業を始めるならこの2つを使ってみよう

あなたにあった副業は見つかりましたか?
決めたもののどうやって始めてよいかわからない方もいるかと思います。

副業を始めるなら、クラウドソーシングサービスで案件を探すのがおすすめです。
おすすめのサービス2つをご紹介するので、ぜひ登録をして早速副業を始めましょう。

クラウドワークス

最初にご紹介するクラウドワークスは、業界大手の副業マッチングサイトです。
仕事のやり取りがインターネット上で完結するため、移動がめんどくさいという学生にもおすすめ。

案件数は570万件(2022年3月現在)とマッチングサービスのなかでもトップクラスの数です。
たくさん案件があるため「これやってみたい!」と思う仕事も見つかるかと思います。

一方で、報酬額に応じて手数料が異なる点に注意してください。

▶︎クラウドワークス

ランサーズ

ランサーズもおすすめのサービスで、クラウドワークスと同様のクラウドソーシング型の副業サイトです。
仕事の種類は277種類(2022年3月現在)となっており、こちらも業界最大級のサービスとなっています。

「週何日」「何時間〜」などの働き方や仕事内容など、幅広いジャンルの案件があります。
授業が忙しくてこれくらいしか働けないということがあってもさまざまな条件で働き方を選ぶことができるのでおすすめです。

「クラウドワークスとどっちに登録したらいいの?」と思うかもしれませんが、どちらも登録しておくと、より自分の条件にあった案件が見つけられますよ。

▶︎ランサーズホームページ

大学生で副業を始めるときに気をつけたいこと

ここまでお話したことから、副業を始めようと思っている方もいますよね。
最後に副業を始めるときに気をつけるべきことを3つ紹介します。この3つだけは頭の片隅に入れて副業を始めてください。

確定申告が必要か確認する

先ほど副業のみで48万円を超えると扶養から外れたり、確定申告が必要になるとお伝えしましたが、もう少し具体的にご紹介します。
副業を始めたときに確定申告が必要になるのは次の2パターンです。

  1. アルバイトの年収が103万円を超える場合
  2. 副業の所得が年間で48万円を超える場合

アルバイトの年収は働いて直接もらったお金のことです。
一方で、副業の所得とは収入から経費を引いたものであることに注意をしてください。
確定申告がめんどくさいと思う方は収入を調整するようにしましょう。

年齢制限を確認する

副業に年齢制限はありませんが、副業のために利用するサービスには年齢制限があるものも。

例えばクラウドワークスは18歳未満は使用できません。
このように、業種や案件そのものというより、使用サービスによっては年齢制限があることに注意が必要です。

稼げなくても継続する

副業を始めてすぐは稼げないことがほとんど。
副業で成功している人は諦めずに粘り強く取り組んだ人です。

副業は成果報酬型のものが多く、最初はスキルがないことや時間をかけていくことで継続的に稼げるようになります。

まとめ

ここまでお話ししてきたのは、次のとおりです。

  • 副業は自分次第でいくらでも稼げるようになる
  • 学生のうちに副業をやると今後につながる
  • 自分の好きなことや得意なことを副業にできる

副業にはアルバイト以上に大きな責任が伴ったり、始めてすぐは稼げなかったりします。

しかし、副業を始めるとお金を得られることはもちろんですが、今後働いていくなかで役に立つような知識や経験を得られます。
副業を成功させる秘訣は、諦めずに継続すること。
迷ったらまずは始めてみてください。

あなたの人生がよりよくなるよう応援しています。

WEBデザイナーになって海外で働く夢を叶えたい!フリーランスへの転身Storyを大公開します
無料ライブの詳細はコチラ
WEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ