WEBデザインで副業する勉強法

WEBデザイナーで副業したい!勉強法から仕事の探し方まで一挙解説

「憧れのWEBデザイナーになって副業を始めたい!」

そうは思っていても、

「そもそもWEBデザイナーってどうやってなるの?」
「WEBデザインで副業ってどれくらい稼げるの?」

などの疑問が浮かびますよね。

今回の記事では、WEBデザイナーになるメリット・デメリットをはじめ、WEBデザイナーになる方法、案件の相場や仕事の取り方、そして副業をする上での注意点など、一挙に解説していきます。

これさえ読めば、WEBデザインの副業を始めるまで、スムーズに進められますよ!

1.WEBデザイナーになるメリット

まず最初に、WEBデザイナーになることでどんなメリットがあるのかお伝えしていきます。

デザイナーデビューしたらどんな働き方ができるのか、どんな自分になれるのか想像してみてくださいね!

1-1.働く場所や時間を選べる

WEBデザインの仕事は好きな場所好きな時間にすることができます。

パソコンがありネット環境が整っていれば、国内だけでなく海外でも仕事をすることが可能です。自宅はもちろん、お気に入りのカフェや旅行先でも仕事ができるなんて憧れますよね。

仕事をする時間も、帰宅後や休日など自由に決めることができます。子育てや介護をしながらでも、スキマ時間を利用して仕事を進められるのは魅力的です。

副業なら就業時間のような決まりもないので、気分が乗らなければ昼寝をして気持ちをリセットするなど、自由に時間を使って仕事をすることができます。

WEBデザインは働き方の自由度が高いので、副業におすすめの職業です。

1-2.好きな仕事を選べる

企業に勤めるWEBデザイナーは、基本的に企業が契約してきた案件しかできません。そのため、自分には興味のない案件を担当する機会もあり、常にやりたい仕事ばかり出来るわけではありません。

また、習得した自分の知識やスキルを活かしたいと思っても、担当する案件によっては十分に活かせないということもあります。

しかし、副業でWEBデザインの仕事をする場合は自分で案件を獲得するので、たくさんある中から好きなものを選ぶことができます。

実績が増えてクライアントと信頼関係が築ければ、継続して案件をもらえるようになり、次第に収入も安定するでしょう。

1-3.需要が高い業界で手に職がつく

WEBデザインをするには、いろんな知識やスキルが必要になります。

例えば、デザインの基礎知識やルール、デザインソフトの使い方、さらにはコーディングスキルやマーケティングの知識などです。必要なスキルを身に付ければ、WEB業界というこの先も需要が高い業界で、手に職をつけることができます。

手に職がつけば、副業やフリーランスで自由に稼ぐことができますし、もし転職する必要が出てきても転職先を見つけやすいという強みになります。

会社に頼る必要がなくなり、自分の理想とする働き方が叶えられるのです。

未経験からWebデザイナーを考えている人は、コチラの記事をチェック▼

【現役デザイナーが語る】未経験からWEBデザイナーになるには?

2.WEBデザイナーになるデメリット

WEBデザイナーは、スキルを身に付けることができれば様々なメリットを得られますね。

けれども、何ごとも良いことばかりではありません。事前にデメリットについても知っておきましょう。

2-1.自己管理が大変になる

副業でWEBデザインをする場合、スケジュールなど自己管理をしっかりする必要があります。

「仕事を受けすぎて納期に間に合わなかった」なんてことがあれば、クライアントの信頼を失い、案件を打ち切られてしまいかねません。

そのため、スケジュール管理はしっかり行いましょう。他にも体調管理を怠らない、確定申告を抜け漏れなく行うなど、個人で仕事をする上で自己管理は必須となります。

管理する習慣を身に付け、信頼されるWEBデザイナーになってくださいね。

2-2.孤独な作業が多い

在宅で副業を行うWEBデザイナーは、一日中一人で作業をするという場面も多くあります。また、自分が知らない知識が必要になったり、なにかトラブルが起こった時は、自分で解決しなければなりません。

仲間と仕事をしたい、一人は不安…という人は、他のWEBデザイナーとつながっておくと、いざという時に頼れて安心です。

オンラインサロンや交流会などでいろんなデザイナーと会い、交流を持つと良いでしょう。情報交換の機会としても最適です。

対話をすることでアイデアが浮かび、より良いデザインをするヒントを得ることもありますよ。

2-3.初心者の間は単価が低い

WEBデザインの案件を継続して受注していくには、経験実績が必要です。実績が少ない未経験や初心者のWEBデザイナーは、なかなか高い案件を受注するのが難しく単価が低くなりがちです。

最初のうちは、少々単価が低くてもコツコツと取り組み、実績を積み上げましょう。また、クライアントの信頼を得て案件を獲得する手始めとして、ポートフォリオを作っておくことをおすすめします。

ポートフォリオとは、これまで作ってきた作品を載せた作品集のことです。これをクライアントに見せることで、自分の実力を証明することができます。

地道に実績を積みポートフォリオを充実させていけば、案件を獲得しやすくなっていきますよ。

3.WEBデザインのスキルを身に付ける方法

それでは、WEBデザイナーになるためにスキルを学ぶ方法をお伝えしていきます。

いくつかあるので、自分にあった方法を選んでくださいね。

3-1.独学で学ぶ

◇本から学ぶ
WEBデザインが学べる本はたくさん出版されているため、自分にあったものを選ぶことができます。

「少ない投資で始めたい」「自分のペースで勉強したい」という方に向いています。書店に行って、いろいろと手にとってみてください。

◇学習サイトで学ぶ
無料、有料のサイトがたくさんあるので、自分にあったサイトが見つかるはずです。まずは無料のものから試してみるとよいでしょう。

有料なら、世界最大級のオンライン学習サイトの「Udemy」がおすすめ。他にも「ドットインストール」は、1回3分の動画でWEBデザインが学べて、無料と有料を選べる講座があります。

◇WEBサイトを見て学ぶ
日々たくさんのWEBサイトや広告を見ることで、世の中のトレンドを押さえることができ、良いデザインを見分けることができるようになります。

WEBサイトをまとめたギャラリーサイトも活用しましょう。

自分なりの観察と分析をくり返すことで、たくさんの気づきが生まれ、制作に活かすことができます。

3-2.スクールで学ぶ

◇スクールに通う
「独学では習得できるか不安」という方は、スクールに通うことをおすすめします。

プロのWEBデザイナーから、最新の知識やスキルを効率よく学ぶことができます。もし分からない所があってつまずいても、直接質問できるのも良いですね。

◇職業訓練校で学ぶ
WEBデザイナーになるための知識やスキルを学べますし、受講料が基本的に無料です。お金を掛けたくない方は、こちらも良いでしょう。

しかし、無料で学べるのは失業中の方のみです。またテキストが有料の場合もあります。ハローワークに通われている方は、検討してみてもいいでしょう。

◇オンラインスクールで学ぶ
自宅に居ながらさくっとスキルを身に付けたい!という方にはオンラインスクールがぴったりです。

オンラインスクールなら自分のペースで進められるので、帰宅後や休みの日を利用し学習することが可能です。

スクールによっては、ライブ受講できるものもあります。無料体験レッスンや説明会を行っているスクールが多いので、気になったら参加してみるといいですよ。

【2022年版】WEBデザインスクールおすすめ8選!

4.WEBデザインに必要なスキルとは?

次は、WEBデザインに必要なスキルについてお伝えします。

最低限身に付けた方がいい基本的なスキルから、キャリアアップするためのスキルまでお伝えしていきます。

4-1.まず身に付けるべきスキル

デザインの基礎知識とスキルは必須です。WEBデザインはアートのような独創的なものではなく、基本的なルールがあります。

レイアウトや配色、フォントの大きさ・文字組みなど、これらのルールは学んでおきましょう。またWEBサイトは、ヘッダー・バナー・サイドバー・ボディ・フッターといった構成要素からできています。

これらの役割や装飾など、どうすればユーザーは見やすいか?使いやすいか?といった知識も、制作にあたって必要なので勉強しておいてください。それと同時に、デザインツールの使い方もマスターしましょう。

王道のツールはAdobePhotoshopです。無料ツールもたくさんありますが、PhotoshopならWEBデザインに必要な作業はほとんどできてしまうので、押さえておきましょう。

4-2.キャリアアップのためのスキル

WEBデザインの基礎知識やスキルが身に付いたら、ゆくゆくはキャリアアップのスキルも習得してみましょう。

まずは、コーディングです。コーディングとは、HTMLやCSSと呼ばれる言語を使い、ネット上で使える状態にする技術のことを言います。

HTMLを使ってWEBサイトの大枠を作り、CSSでWEBページの背景やフォントの色や大きさを変え、見た目を装飾していきます。

他にも、JavaScriptなどのプログラミングスキル、サイト構築をベースから考えるマーケティングスキルやSEOの知識、ライティングスキルなどを身に付けると、自分の仕事の幅を広げられ、案件の単価もアップさせられますよ。

5.WEBデザインの副業、案件の相場はどれくらい?

副業を始めるにあたって、やはりお給料は気になりますよね。WEBデザインの案件ごとに相場をみていきましょう。

5-1.バナーなどの画像制作の場合

未経験や初心者が実績を積むのに最適なのが、バナーやカバー画像などの画像制作です。需要も高く、案件数が多いバナー制作の相場は1,500〜5,000円程度。高くて10,000円ほどです。

Facebookなどのカバー画像では、5,000~15,000円の相場となっています。一般的に料金の幅は内容や種類、サイズによって変動し、特にサイズが大きいものほど価格は高くなります。

画像制作は、バナー広告やカバー画像の他にも、Youtubeのチャンネルアートやブログのアイキャッチなどたくさんの種類があるので、初心者の方は実績を積むためにもどんどん挑戦してみてください。

5-2.WEBサイト、LP制作の場合

サイト制作の相場は5万〜20万円程度で、サイトのページ数が多くなるほど価格は高くなります。また、WordPressを使った案件では15万円前後といったところです。

LP制作の相場は、長さやデザイン量によって変動しますが、10万〜30万円となっています。

画像制作に比べると技術も知識も必要となりますが、経験と実績を積んでステップアップされれば、しっかり稼ぐことができる案件です。

副業で1ヶ月にどれくらい稼ぎたいのか、目標を定めたうえで受ける案件内容や数を決めて取り組んでいくとよいでしょう。

6.副業で仕事を探す4つの方法

これからWEBデザイナーを目指す方にとって、不安になるのが「仕事を獲得できるか?」ということ。

仕事の探し方について、事前に知っておきましょう。

6-1.知り合いに紹介してもらう

一番の近道は、友人や知人から仕事を受ける方法です。今では企業だけでなく、個人もHPをもつ時代になりました。

もしかしたら、あなたの友人もHPを作りたいと思っているかもしれません。自分がWEBデザイナーであることを伝えてみると、意外にも仕事の依頼につながる場合があります。

知り合いであればヒアリングもしやすいですし、安心して案件を進められるので、まずは知り合いにサイト制作などの希望がないか聞いてみるとよいでしょう。

6-2.SNSで探す

ブログやTwitter、インスタグラム、FacebookなどのSNSで自分の作品を発信してみましょう。

Facebookやブログのカバー画像などを必要としている個人が多いので、SNSは案外依頼されることがあります。経験を積み、作品のクオリティが上がれば、個人だけでなく企業からも依頼される可能性も出てきます。

自分のSNSを育てて、定期的に発信してブランディングしていきましょう。ただしSNSで作品を発信する前に、その作品を公開してもよいか必ずクライアントに確認してくださいね。

6-3.クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい企業と、仕事をしたい個人とを結びつけてくれる仕事のマッチングサービスのことです。

クラウドソーシングにはWEBデザインの仕事がたくさん公開されており、個人で営業活動をすることなく仕事を請け負うことができます。自分で営業をする自信がない方や、知らない人とやりとりをするのが不安という方におすすめです。

クラウドソーシングサイトには、「ランサーズ」や「クラウドワークス」といった大手サイトから、主婦向けの「Shufti(シュフティ)」、デザイナーやエンジニアに特化した「ITプロパートナーズ」などたくさんのサイトがあるので、いろいろと試してみてください。

クラウドソーシングでスキルアップ!基礎から選ばれるWEBデザイナーになるコツまで徹底解説

6-4.スクールで紹介してもらう

仕事の斡旋サポートがあるスクールがあります。また、スクールとつながりのあるクライアントを紹介してもらえるという場合もあります。

デビューしていきなり自分の力で案件を獲得していくのが不安な人には、ありがたいサポートですよね。スクールの紹介であれば、安心して仕事を進めることができますし、クライアントとの関係を続けやすく、継続案件をもらえる可能性もあります。

これからスクールに通うか検討しているという方は、仕事を斡旋をするサポートがあるかどうかも検討材料にいれるといいでしょう。

7.副業を始める前に押さえておきたい注意点とは?

ここからは、副業を始める前に押さえるポイントをお伝えします。

副業をスタートした後に「知らなかった!」「どうしよう!」は困りもの…。ですから、しっかりと理解しておきましょう。

7-1.会社の就業規則を確認する

まずは、勤務先の就業規則を確認しましょう。

副業に関する規則では、「全面禁止」「許可制」「自由」などと書かれているはずです。会社とトラブルをおこさないためにも、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、副業を禁止することが妥当であると認められる場合は以下の通りです。

◇副業による疲労が本業に悪い影響を与える場合
副業が原因で本業に支障が出るのは良くありません。本業も副業も、最善のクオリティが出せるようしっかり自己管理を行い、無理なく働きましょう。

◇競合他社で働き、本業の利益相反になる場合
同業の企業であれば働きやすいと感じるかもしれませんが、会社のノウハウを競合他社に流失させてしまう危険があります。

企業の秘密が漏れてしまうと本業で勤務している会社の不利益になるので、副業は認められません。

7-2.確定申告について知っておく

給与所得以外の副収入が1年間に20万円を超えると、確定申告が必要になります。

確定申告をしなかった場合は、

  • 納税する金額に最高税率の20%の加算税がかかる
  • 納税する金額に最高税率の14.6%の延滞税がかかるなどの、ペナルティがあります。

副業で20万円以上稼ぎたいと考えている方は、確定申告の種類ややり方、タイミングなどを把握しておく必要があります。

最近では、e-Tax(イータックス)といった確定申告をインターネットで行えるものもあります。詳しくは国税庁のHPで確認してみてください。

国税庁ホームページ

8.副業をする時に大切な心構え

最後に、副業を始める時の大切な心構えを3つお伝えします。

重要なことなので、忘れないようにしましょう。

8-1.本業も副業も同じ気持ちで向き合う

本業をしながら副業をするということは、楽なことではありません。しかし仕事を請け負う以上、どちらの仕事も手を抜くことは許されません。

「本業があるから」「これは副業だし」といった言い訳をせず、プロのWEBデザイナーとして仕事に向き合う気持ちが大切です。

この気持ちを持ち続ければ、忙しい時でも前向きな気持ちで仕事に取り組めて、クオリティの高い作品を作ることができます。

時間を捻出する難しさや、体力的な面で大変なこともあると思いますが、クライアント一人ひとりの悩みに寄り添い、希望を叶えられるWEBデザイナーになってください。

8-2.目標を決める

副業を始めるにあたって、1ヶ月にどれぐらい稼ぎたいのか目標を決めましょう。

目標なく仕事を始めると、どうしても怠ける心が出てきてしまい、あまり稼げなかった…なんてことになってしまいます。逆に仕事を請け負いすぎて、キャパを超えてしまうなってことも。

そうならないためにも「WEBデザインで、月3万円~5万円は稼ぎたい」「3か月後に給料以外で20万円の副収入を得たい」など、できるだけ自分がイメージしやすい目標を立てておきましょう。

さらに、「半年後に、WEBデザイナーの副業収入だけで海外旅行に行く」などワクワクできる目標を決めると、楽しみながら仕事を進められますね。

8-3.空き時間を作る

副業で稼ぐためには空いている時間のみを副業にあてるのではなく、「可能な限り時間を作る」という考え方が大切です。

会社にしばられず自分で全てを管理するとなると、つい怠け心が出てしまうものです。計画を立てずにSNSやゲームに手を伸ばしていては、副業に当てられる時間がどんどん少なくなります。

「1ヶ月のうちに◯件の仕事を終わらせるために、これだけの時間を作ろう」といったスケジュールを立て流ことが大切です。

またタスクの管理ツールなども活用し、行動を「見える化」して空き時間を作りましょう。

9.まとめ

今回は、WEBデザイナーになるメリットとデメリットをはじめ、WEBデザインを学ぶ方法、収入の相場や仕事の探し方まで一挙に解説しました。

本業をしながら副業でも稼ぐには、大変なこともあります。

最後にお伝えした副業を始める前に押さえておきたい注意点、副業をする時に大切な心構えも参考にしていただければと思います。WEBデザイナーという働き方は自由度が高く、副業におすすめの職業です。

未経験でもスキルを身につければ誰でもデビューできるので、本業以外でも稼ぎたい、休日や空いている時間を有効活用したい方は、ぜひチャレンジしてみましょう!

【お知らせ】

プロの現役Webデザイナーがあなたのお悩みを解決!
Webデザイナーという働き方セミナー開催中!!


こんな不安や悩みはありませんか?

・自分のキャリアでWebデザイナーに転職できるのか
・自分はWebデザイナーに向いているのか
・どうしたら効率良くWebデザインを習得できるか

このオンラインセミナーでは、これまで3000人以上のWebデザイナーたまごを指導してきた現役Webデザイナーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。

・Webデザイン未経験
・パソコンの操作が苦手…
・デザインセンスに自信がない...

このような方でも大丈夫です!(過去にもそのような方はたくさんいらっしゃいました)
あなたの悩みを聞きながら、あなたにピッタリのご提案をさせて頂きます。
些細なご相談でも構いませんので、気軽に参加してみてくださいね。

関連記事一覧