【副業】動画編集を始めたい人必見!収入や仕事の取り方など紹介!

最近、本業以外の収入のために副業を始める人が増えています。そのなかでも、近年YouTubeやInstagramの動画需要が増加していることから、副業動画クリエイターを選択する人が増えています。

しかし、
「副業の動画クリエイターはどのように仕事を獲得するの?」
「動画編集って実際どれくらい稼げるの?」

このような疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

この記事では、動画クリエイターの副業がおすすめな理由や、実際の仕事内容収入仕事の獲得方法などをご紹介します。

「副業で動画編集を始めたいけど、わからないことばかりで不安……」という人はぜひ参考にしてみてください!

動画クリエイターの副業、おすすめな理由は?

さまざまな副業のなかで、なぜ動画クリエイターが注目されているのでしょうか?
まずは動画クリエイターの副業がおすすめな理由を3つご紹介します。

動画広告市場が急成長しているから

1つ目の理由は、動画広告市場が急成長しているからです。

今までの広告は紙媒体がほとんどでしたが、最近はYouTubeなどの動画配信サービスが広く普及し、動画を利用した広告の需要も高まっています。

これにともなって、動画編集の仕事も必然的に増えると予想されます。

そのため、仕事を取りやすい点で動画クリエイターの副業はおすすめです。

基本スキルを身につけやすいから

2つ目の理由は、スキルの習得が比較的簡単だからです。

動画編集には高度な技術が必要で、初心者には難しいと思われがちですが、基本スキルの習得は比較的簡単です。

動画編集の基本の「カット作業」「テロップの入力」などは、初心者の場合でも数日で習得できます。

基本スキルを短期間でマスターし、案件を獲得して実践しながら新たなスキルを磨いていくことも可能ですよ。

パソコン1台でどこでもできるから

3つ目の理由は、働く場所を選ばないからです。

動画クリエイターの仕事は、パソコン1台でどこでもできます。
また、編集自体はオフラインでもできるので、移動中や本業の休み時間のようなスキマ時間も活用できます。

そのため、スキマ時間を利用して効率よく稼ぎたい人にはぴったりの副業です。

動画クリエイターの仕事の流れは?

動画クリエイターを副業で始める前に、仕事内容を知っておきたいですよね。

主な仕事内容としては以下の3つです。

①動画の構成を考える
②撮影する
③撮った映像を編集する

詳しくご紹介するので、それぞれの仕事内容を理解しましょう!

①動画の構成を考える

まずは、動画の構成作りとその提案です。

動画を作るときは、最初にどのような動画にするのか構成を考えます。

構成を考える際は、

・見る人を惹きつけられる内容か
・伝えたいものが明確か

この2点を意識することがポイントです。

クライアントから動画編集の依頼を受けた場合は、クライアントが求める内容について話し合いながら、構成を考えるようにしましょう。

②撮影する

次に撮影です。
撮影機材は、スマートフォンやカメラなど、状況によって使い分けましょう。

例えば、街中でよい映像の題材を見つけたら、スマートフォンで手軽に撮影するほうがよいですよね。
最近はスマートフォンでもきれいな動画が撮れるので、気になる風景があったらその場で撮影してみましょう。

カメラで撮影する場合は、カメラアングルやカメラワークはもちろんですが、フレームレートの単位に気を付けてください。

フレームレート(fps)とは、1秒間の動画で見せる静止画の枚数のことです。

パラパラ漫画をイメージするとわかりやすいですが、めくる枚数が多いほど動きがなめらかになりますよね。
つまり、1秒間にたくさんの静止画を撮れるほうが、よりクリアな動画に仕上がります。

一般的に自然な動きに見えるのは、30fps(1秒間に30枚の静止画を撮影)です。
撮影するときは、このフレームレートも意識してみてくださいね。

③撮った映像を編集する

最後に、編集です。

構成に合わせて、カットや編集をして、音楽やテロップをつけていきます。

依頼された動画なら、クライアントの求めるイメージに合わせて、エフェクトをかけたり音楽を挿入したりします。

動画編集は細かい作業に時間がかかるため、使いやすいソフトやショートカットキーなどを利用して、効率よく作業しましょう!

動画クリエイターの副業は、どのくらい稼げる?

副業を始めるうえで気になるのはやはり収入ですよね。
今回は初心者と中・上級者に分けて、収入の目安を紹介します。

初心者の収入目安

動画クリエイター初心者とは、以下のような基礎的なスキルを持った人のことです。

・カット
・テロップ入れ
・色調整
・音量調節

初心者は、基礎スキルのみでできる比較的簡単な仕事から始めたほうがよいでしょう。

基礎スキルでできるYouTube編集代行だと、1案件3000円〜5000円程度です。
あくまで相場なので、1000円の案件もあれば1万円の案件もあります。

最初は単価の安い仕事からになってしまいますが、ソフトの使い方に慣れてスピードもスキルも上がれば、より高度な案件も獲得できますよ!

中・上級者の収入の目安

動画クリエイターの中級者とは、基礎スキルに加えて、クライアントの求めるイメージにより応えるために、デザインや色相を意識した編集ができるレベルです。

また、スキルとして、アニメーションモーショングラフィックスが作れるのも中・上級者といえるでしょう。

中・上級者のとれる案件としては、ウェディングムービーや企業のPR動画です。
ウェディングムービーは1万円程度、PR動画は数十万円以上といわれています。

これも案件によって単価が変わるのですが、特にPR動画は企業によって大きく変わるでしょう。
高度な編集テクニックが求められることが多いので難易度は格段に上がりますが、その分単価も上がりますよ。

将来的にはこのような大きな案件が取れる可能性もあるので、まずは基本的なところから編集スキルを磨いていきましょう!

副業動画クリエイターが仕事を取るための3つの方法

案件の単価のお話をしましたが、そもそもどのように案件を獲得するのでしょうか?

さまざまな方法がありますが、今回は初心者でも仕事を獲得できる3つの方法を紹介します。

クラウドソーシングサイトで検索する

動画クリエイターの副業を始めるなら、まずはクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

クラウドソーシングサイトとは、インターネット上で仕事を依頼したい人と、その仕事を受けたい人とのマッチングサービスのことです。

大手のクラウドソーシングサイトは以下の4つです。
・CrowdWorks(クラウドワークス)
・Lancers(ランサーズ)
・Craudia(クラウディア)
・ココナラ

クラウドソーシングサイトは案件数が多く、初心者向けの案件もたくさんあります。
そのため、副業で動画編集をしたい人の最初のステップとしては定番です。

一方で、競争率が高いため、実績の少ない初心者だと欲しい案件が取れない可能性もあります。

最初は単価や内容にこだわらず、たくさんの案件を丁寧にこなすことを心がけましょう。
そうすれば、段々と高単価な案件を取れるようになりますよ!

SNSで直接営業する

TwitterInstagramを活用して、仕事を獲得する方法もあります。

例えば、「動画編集 募集」のように検索してみると、たくさんの投稿が出てきます。
その人たちに声をかけて直接動画編集の仕事を獲得しましょう。

また、YouTuberに直接営業する方法もあります。
「企画や撮影で忙しく、編集まで手が回らない……」という人も多いため、自分のポートフォリオを添えて、積極的に営業してみましょう。

勇気のいる方法ですが、もしかしたら憧れのYouTuberの動画編集を担当できるかもしれません!

知人から紹介してもらう

オンラインではなく、オフラインでの人脈を利用する方法もあります。

動画クリエイターの副業を始めたと周りの友人に言っておけば、人伝いで思わぬところから仕事が舞い込んでくるかもしれません。

しっかりと仕事をこなせばまた人脈が広がり、次の仕事にもつなげられる可能性もありますし、リピーターになってくれる可能性もあります。

今人脈が少ないと思っている方も、クリエイターの交流イベントなどで人脈を広げられますよ!

副業で動画クリエイターを始めるなら!おすすめの編集ソフト5選

最後に、おすすめの編集ソフトをご紹介します。

無料と有料で分けているので、編集ソフトで迷っているなら、ぜひ参考にしてください!

無料ソフト

まずは無料ソフトを2つ紹介します。

最初は無料ソフトから始めたい人も多いと思うので、どのような機能があるのか詳しく解説します。

iMovie

1つ目は「iMovie」です。
これは、iPhoneやmacに元からインストールされている動画編集アプリで、Apple製品なら簡単に連携ができます。

そのため、スマートフォンで気軽に撮影してパソコンで編集し、そのままSNSにあげるという一連の流れが、このアプリなら手軽にできます。

スマートフォンでも操作しやすいという点も、特徴の1つです。

「動画編集始めたいけど、なんとなく難しそう……」と思っている人は、まずはスマートフォン版で挑戦してみましょう!

VSDC Free Video Editor

2つ目は、Windowsで使える無料動画編集ソフトの「VSDC Free Video Editor」です。

これは、無料なのに広告や透かしがなく操作しやすいので、簡単にハイクオリティな動画を作ることができます。

また、Instagramのようなフィルター機能があり、ワンクリックでフィルターをかけられるので、操作に迷うこともありません。

YouTubeへのアップも簡単なので、Windowsユーザーならぜひ使ってみてください!

有料ソフト

次に有料ソフトを紹介します。

無料体験できるソフトばかりなので、最初から有料は抵抗がある人もぜひ試してみてください!

Adobe Premiere Pro

1つ目は「Adobe Premiere Pro」です。

Adobe Premiere Proは最も汎用性が高く、ハリウッド映画の編集にも使われているほど、優秀かつ人気のソフトです。

また、AdobeStockオーディオという、数千ものクオリティの高い音楽を無料で使用できるサイトとも連携ができます。
AdobeStockオーディオと連携することで、その楽曲を編集画面上で簡単に検索、プレビューなどもできるようになります。

動画のイメージにあった音楽をつけることで、動画のクオリティも一気に上がりますよ!

料金は、ソフト単体で月額2,728円、コンプリートプランは月額6,248円ですが、7日間の無料ダウンロード期間もあるので、購入する前に試してみましょう。

Filmora

2つ目は、「Filmora」です。

Filmoraの特徴は、1画面に2つ以上のビデオクリップを同時に表示できることです。

動画編集は、色んな作業を同時に進行するので、その都度ビデオクリップを閉じたり開いたりすると時間をロスしてしまいますよね。
Filmoraを使って1画面に複数のビデオクリップを表示できると、その分の作業効率が上がります。

料金は、1年間プランで6,980円で、毎年自動更新されます。

このソフトは無期限で無料ダウンロードができるのですが、無料版で編集した動画をエンコード(動画データの圧縮や変更)すると、画面中央にかなり大きなロゴが表示される設定になっています。

そのためYouTubeの編集などには使えないので、あくまで操作感の確認として利用しましょう。

Final Cut Pro

3つ目は「Final Cut Pro」です。

このソフトは、動画クリエイターのなかでも高品質の動画編集ソフトといわれていますが、特に支持されているのは機能性です。

Final Cut Proには、たくさんのエフェクトや音楽テキストアニメーション機能が入っているので、動画を一から作り込む必要がありません。

ソフトに入っている機能を駆使するだけで、楽しみながらプロのような動画を作ることができます。

料金は、買い切りタイプで36,800円です。
こちらも90日間の無料トライアル期間があるので、どのソフトが自分に合うのか試してみてください。

まとめ

今回は、動画クリエイターが副業としておすすめな理由から、動画クリエイターの仕事内容や収入、仕事の取り方などをご紹介しました。

動画クリエイターの仕事は、基本的なスキルが習得しやすく、パソコン1台でどこでも作業ができるので、効率よく稼ぎたい人にはぴったりの副業です。

初心者から始めると、最初は単価の安い案件しか受注できないかもしれません。

それでも、基礎スキルを磨いて技術を高めていけば、将来的に数十万円以上の大きな案件を受注できるようになりますよ。

動画クリエイターの需要は、今後ますます高まっていきます。
これを機に、始めようか迷っていた人も、ぜひ動画クリエイターの副業に挑戦してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。