副業の確定申告は20万円から!申告の種類と手続きも紹介

この記事は会社員で副業をしている方のための記事です。

副業で、本業以外の収入を得ている場合、確定申告をする必要があります。しかし、多くの人が確定申告に対して「めんどくさい」「手続きが複雑で難しそう」というイメージを抱いているようです。

そこで今回は、確定申告を初めてする方に向けて、確定申告が必要になるケースから手続きの方法までわかりやすく説明していきます。

この記事を読めば、

  • 自分に確定申告が必要なのか
  • 確定申告に必要なものは何か
  • 確定申告の手続きはどうするのか

がわかります。

5分もあれば読める内容なので、ぜひこの機会に「確定申告」に対するモヤモヤを解消しておきましょう!

【お知らせ】
2000名以上が人生を変えるキッカケになった「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、
  • WEBデザイン業界の「最新」ウラ事情
  • WEBデザイナーにおける「未経験OK」のワナ
  • WEBデザインの学習で失敗した「しくじり先生」の話
などをお伝えしています。「WEBデザインの学び方がわからない」「WEBデザイン業界について知りたい」という方はぜひご参加ください。

詳しくはこちら

副業で確定申告が必要なのは年間所得が20万円を超えてから

まず、多くの方が気になっているだろう「いくらから確定申告しなければいけないの?」という疑問にお答えしようと思います。
副業は年間所得が20万円を超えたら、確定申告をしなければなりません。

これは20万ルールと呼ばれており、例外はありません。
副業しているは所得が年間20万を超えたら、必ず確定申告をしましょう。

副業をしている方のなかには「月間20万円」だと間違われている方もいますが、正しくは「年間20万円」です。
「年間20万円って以外にすぐ超えちゃいそう」と思われる方もいるかもしれませんね。

確定申告か必要か考えるときに注意すべき2つのこと

先に確定申告をするときは「年間20万円」であることに注意が必要だとお伝えしました。
実は「年間20万円」以外にも注意してほしいことが2つあるので、ご紹介していきます。

収入と所得を間違えない

意外と間違えがちなのが、収入と所得についてです。
収入と所得はとても似ていますが、実は別物。

2つの関係を簡単に表すと次のようになります。

所得=収入ー経費

経費とは仕事をするために使ったお金。例えば、仕事用のパソコンを修理するのに2万円使用したら、それは経費として落とされます。

年間20万円の収入を得たとして、その収入を得るために経費を2万円分を使っているのであれば、所得は「20万円ー2万円」で18万円です。この場合は年間20万円の「所得」があるわけではないので、確定申告をする必要はありません。

複数で副業している場合はその合計で考える

複数のアルバイト先を抱えている人など、副業をいくつか同時に進めている方は、それらの合計で所得を考えるようにしましょう。

たとえ、一方の収入がほんの少しだったとしても合計所得が20万円に届いており、年末調整がされていないのであれば、確定申告をする必要があります。


【まずは無料でWEBデザインを試しませんか?
日本デザインスクールでは、豪華な無料プレゼントを用意しました。
✔️ WEBデザイナータイプ診断
✔️ 未経験から2ヶ月でプロのデザイナーデビューを叶えるヒミツ
✔️ 卒業生が特別に語る「月収100万を叶えた35のコツ」
受け取りは簡単30秒!QRコードを読み取るか、
下のボタンをクリックしてプレゼントの詳細をご確認ください。


プレゼントの詳細をチェックする

確定申告には申告方法が2つある

ここまではどんなときに確定申告をする必要があるかについてお話ししましたね。
それは押さえられたら、次に知る必要があるのは申告方法です。

申告方法には「青色申告」と「白色申告」があります。
言葉だけを聞くと難しそうに感じる方もいると思いますが、実際はそれほど難しくないので大丈夫です。

これから「青色申告」「白色申告」について解説していくので、ぜひその違いを知り、あなたに最適なほうを選んでくださいね。

「白色申告」と「青色申告」の違い

では、「白色申告」と「青色申告」の違いからみていきましょう。
基本的に日本人は何も手続きをしなければ、自動的に「白色申告」になります。

白色申告は青色手帳と比べて作るのが簡単ですなのですが、その代わり特別な効果もなく、ただ確定申告をするだけに使われるものです。

一方、青色申告は作るのが白色に比べて少し面倒です。
ただ、その分数多くのメリットがあり、

  • 最大65万円の特別控除が受けられる
  • 子供や配偶者に支払っている給与を経費にできる
  • 赤字を翌年に繰り越すことができる

などがそれに当てはまります。
子供や配偶者の給与を経費にできること、赤字を翌年に繰り返すできることなどは無理に理解しなくても大丈夫です。青色申告を使えば、節税できるということを覚えておいてくださいね。

副業はほとんどの場合、白色申告をする

白色申告と青色申告についてお伝えしましたが、副業は白色申告でおこなう場合がほとんどです。なぜなら、青色申告をする条件を満たせないからです。

日本には10種類の所得が存在するのですが、そのなかでも青色申告を行えるのは「不動産所得」「事業所得」「山林所得」だけです。つまり、副業で青色申告をする場合、副業での所得が「事業所得」である必要があります。

副業のなかでもアルバイトやパートなどは「給与所得」に分類され「事業所得」ではないので、青色申告ではなく白色申告を選ぶことになります。また、アルバイトでなくとも、WEBデザイナーやWEBライターとして、月数万円を稼ぐくらいであれば、それは「雑所得」というものに分類されるため、青色申告の対象になりません。

「事業所得」に明確な基準はないので、一概に「これくらい稼いだら事業所得だ」とは言えませんが、主に「安定的に稼ぎ続ける」とそれは事業所得になるようです。ただ、そのレベルにまでいくのはかなり時間と労力が必要なので、まずは白色申告から使っていきましょう。

▼事業所得と雑所得人に関するより詳しい内容はこちら
副業は雑所得か事業所得か?確定申告が必要なケースもご紹介

確定申告の手続きに必要な3STEP

「なんだか難しそう…」とつい後回しにしてしまう確定申告。

しかし、実は確定申告の手続きはたった3つのSTEPで完了します。それではさっそく見ていきましょう!

①必要な書類を用意する

青色申告か白色申告かを決めたら、次に必要な書類を用意します。
ここで1つ注意して欲しいことが、副業の所得が給与所得(アルバイトやパート)か雑所得(アルバイト・パート以外)かで申告書の種類が異なる点です。

それぞれの場合で必要な書類をまとめました。

【給与所得の場合】

  • 確定申告書Aまたは確定申告書Bのどちらか
  • 源泉徴収票(本業分、副業分のすべてを添付)
  • マイナンバーカードまたは通知カード(コピー)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポートまたは健康保険証のコピー、など)

【雑所得の場合】

  • 確定申告書Aまたは確定申告書Bのどちらか
  • 源泉徴収票(本業分を添付)
  • マイナンバーカードまたは通知カード(コピー)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポートまたは健康保険証のコピー、など)
  • 経費の領収書

※副業の種類によって必要な書類が増えることがあります。

②申告書を作成する

必要な書類を集めたら、申告書を作成していきましょう。確定申告は、その年の1月1日から12月31日までの所得を計算します。

まずは所得を計算するために、1年間の収入と経費を出していきましょう。

ここでも注意して欲しい点が1つあります。
それは、雑所得の収入と経費は、「その年において債務が確定している」が条件であることです。

たとえば、クラウドソーシングでの案件報酬が1月4日に振り込まれたとしても、納品した商品やサービスの代金が、12月31日までに確定してわかっている場合は、その年の所得に換算します。

③税務署に提出する

申告書の作成が終わったら、いよいよ提出です。
提出方法には、税務署の窓口へ直接持っていくか、電子申告(e-Tax)で郵送する方法があります。

持参する場合、税務署の営業日や営業時間に注意しておきましょう。郵送の場合は、確定申告期間中なら24時間提出することができるので便利です。

税務署の営業時間や確定申告の期間などは、国税庁のホームページで確認できます。

副業における確定申告でよく聞かれる質問

最後に、確定申告でよくある質問にお答えしていきます!

Q1.確定申告をしないとどうなるの?

A,追加で延滞税や無申告加算税を課される可能性があります。

確定申告を期限内におこなわなかった場合、納税額に応じて課税される可能性があります。無申告加算税の金額は、納税額が50万円までは納税額の15%、50万円を超える部分は納税額の20%が課されます。

また、無申告加算税の他にも、納税が遅れた日数分だけ延滞税が加算され、最高税率は年14.6%になります。計算は非常に複雑ですが、国税庁のウェブサイトでシミュレーションしてみてくださいね。

Q2.副業をする場合、所得税以外の納税はしなくていいの?

A,確定申告をしない場合は、住民税を別に申請する必要があります。

通常、確定申告をしたときに、同時に住民税の納税も完了します。

しかし、副業での所得が20万以下で確定申告をしなかったとしても、別途住民税の申告はしなければなりません。

▼住民税の支払いについて詳しく知りたい方はこちら
納税必須の住民税の支払い方を徹底解説!副業している人は要注意です

Q3.副業をしていない会社員でも確定申告が必要なケースがあるって本当?

A.本当です。

会社員で副業をしていない場合でも、会社員の年収が2,000万円を超えるときや、住宅ローン控除を初めて受けるとき災害被災による控除を受けるときなど、確定申告が必要になるケースがあります。

Q4.確定申告をすると副業がバレますか?

A.はい、あります。

確定申告をすると、所得税と同時に住民税が払われるのは先ほどお伝えした通りですが、この住民税がバレる原因になります。副業によって所得が増えると、支払う住民税も増えます。すると、企業の担当者に給与以外の収入があるのを知られてしまうのです。

まとめ

この記事では、副業をしている会社員の方が、確定申告が必要になるケースや確定申告のやり方などをお伝えしてきました。

年度末になると、気がかりになるのが「確定申告」
会社に勤めながら副業をおこなっている方は、忙しいのでついつい後回しにしてしまいがちです。

しかし、申告が間に合わなかったり、正しく手続きできていなかったりすると、追加で課税される場合もあるので、確定申告の手続きは早めにおこなっておきましょう!

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

デザスクLINE5大特典
WEBデザイン20レッスンを無料プレゼント中
特典を詳しく見る