AIプログラミングの学び方

AIプログラミング言語の学び方とは?未経験者が知っておきたい基礎知識

ここ最近ニュースなどでも取り上げられることが多いAIですが、多くの分野でコンピュータのプログラムによる自動化が進み、AIプログラミングの需要は高まっています。

AIプログラミングを活用すれば今あるサービスに価値をプラスすることができるので、スキルを身につければ幅広い分野での活躍が期待できます。

AIによって将来の暮らしがますます便利で快適なものになり、これから先の未来に大きな影響を与える技術といえるでしょう。

それでは、AIを使ったプログラミングは一体どんなものがあるのでしょうか?

こちらの記事では、AIプログラミングでできることや、おすすめのプログラミング言語、勉強方法まで詳しく解説します。

もしAIプログラミングに少しでも興味を持たれた方は、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

AI(人工知能)について

AIは「Artificial Intelligence」の略称で、日本語に訳すと「人工知能」といい、コンピューター上で人と同じような知能を再現したプログラムのことです。

1950年頃からAIの研究が始められ、2000年以降は機械学習やデータの分析といった技術が普及し、急速に発展しています。

AIはすぐ身近なところでも使われていて、iPhoneの音声アシスタントである「Siri」は皆さんもよくご存知ではないでしょうか?

その他にも、自走する掃除機や車の自動運転、携帯電話の顔認証にもAIの技術が使われています。

AIは1〜4のレベルで分類されていて、レベル4はディープランニングと呼ばれ、人間が教えなくても自分で学習して適切なパターンを生み出すことができます。

次の項目からは、AIのプログラミングでできることを深く掘り下げていきます。

AIプログラミングでできること

AIプログラミングを使ってできる代表的なものを3つご紹介します。

データの分析

データの分析方法の1つにクロス集計というものがあり、集めたデータをカテゴリーごとに分類してから分析する方法です。

わかりやすい例でいうと、アンケートや世論調査などのデータを使い、今流行っているものの傾向を分析する際に使われます。

クロス集計は表計算ソフトのExcelを使って分析ができるので、初心者でも簡単に扱いやすいでしょう。

他にもAIプログラミングとビッグデータを使えば、売り上げや顧客のデータを分析し、商品やサービスを効果的に提供できるようになります。

スクレイピング(データの自動収集)

スクレイピングは日本語で「削り」という意味で、WEBサイトから必要な情報だけ自動で集め、新しい情報に作り変える技術のことです。

例えばスクレイピングを使って他社の価格データを集めることで、他社よりも安く商品を販売することが可能になります。

身近なところでは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンにもスクレイピングの機能が使われています。

注意すべき点は、スクレイピングで集めたデータをそのまま使用してしまうと法に触れる恐れがあるということです。十分気をつけましょう。

WEBアプリの制作

AIプログラミングでスマートフォンやパソコンのアプリを制作することができ、「Instagram」や「YouTube」にもAIプログラミングが使われています。

他にも、音声を文字として自動で書き起こしたり、画像を認識して最適なものを導き出すのはAIの得意分野です。

初心者の方がアプリを制作する場合は、Web APIについて学ぶことがおすすめで、少ない勉強量で簡単に作ることができます。

以前は専門家しかアプリを作ることができませんでしたが、今では個人のアイデアを生かして自分で作ることができ、そのアプリがヒットするのも夢ではないでしょう。

AIプログラミング言語は「Python」がおすすめ

AIプログラミングでは、「Python」というプログラミング言語が一番使われています。

その理由は、プログラミングコードのわかりやすさに加え、AIを開発するのに便利なツールが多いからです。

Pythonには数万におよぶライブラリがあり、何にでも対応できるプログラムがまとめられているので、データの分析や機械学習などを効率よく行うことができます。

さらに、Pythonには最新のAI技術が使われているので、プログラマーや研究者にも愛用され、最も需要が高い言語となっています。

他のプログラミング言語と比べても習得しやすいので、これからAIプログラミングを勉強するのであれば最初に身につけるとよいでしょう。

AIプログラミング言語を学ぶには?

AIプログラミングを学ぶ方法はさまざまです。

こちらでは主な3つを挙げますので、自分に合う勉強法を取り入れてみてください。

独学で学ぶ

ハードルは高いですが、今はAIプログラミングに関する参考書が多く出版されているので、独学で学ぶことも可能です。

または専門家がいる勉強会に参加すれば、疑問をその場で解決できるので、より深い知識を得ることができます。

まずはプログラミングの基礎知識を学び、その後に専門的な分野にステップアップしていくとよいでしょう。

WEB上の教材で学ぶ

おすすめは、AIを作りながら学ぶことができる「AI Academy」という学習サイトです。

こちらのサイトでは、プログラミングの基礎知識を始め、データの収集やWEBアプリの制作、画像認識のプログラミングを学ぶことができます。

わからないことがあれば24時間体制でのチャットのサポートや、オンラインでのマンツーマンレッスンもあるので、初心者でも学びやすい環境が整っています。

無料プランだけでも100を超えるテキストを使うことができるので、まずは登録してみるとよいでしょう。

プログラミングスクールに通う

AIプログラミングのコースがあるスクールに通い、現役のプログラマーに習う選択肢もあります。

不明なことがあればすぐに解決することができ、カリキュラムに沿って学べば無駄なくスキルアップができるでしょう。

本格的にプログラミングを学びたい方や、最初からつまずきたくない方にはおすすめです。

スクールによっては卒業後に仕事の紹介をしてもらえるメリットもあります。

AIプログラマーになるために準備すること

AIプログラマーを目指すうえで、どんな準備をしておくとよいのかをご紹介します。

何を作りたいか目標を明確にしておく

AIプログラミングを始める前に、何を作るか目標を決めておくとよいでしょう。

目標を決めることで、どのプログラミング言語やスキルが必要かわかり、学ぶことが定まります。

例えば「AIで音声認識のソフトを作る」といった目標があれば何から学べばよいかが決まりますよね。

ゴールがなければ学習のモチベーションが下がり、途中で挫折してしまうことになりかねないので、必ず目標を設定してから始めましょう。

数学、統計学の基礎知識を身につけておく

AIプログラミングは数学的な発想が必要となるので、数学や統計学の基礎知識を身につけておきましょう。

具体的に、微分・積分、線形代数、確率・統計などの分野で、高校で習う程度の知識があるとよいです。

数学や統計学の基礎知識が深まれば、AIプログラミングをより理解することができ、効果の高いプログラムをいずれ作れるようになるでしょう。

数学を勉強をする方法としては、高校の教科書やオンライン講座の「Udemy」などがおすすめです。

まとめ:未経験からでもAIプログラミングスキルは習得できる!

AIプログラミングでできることや勉強方法、AIプログラマーを目指すうえで準備することについて解説しました。

プログラミング未経験でも、独学やスクールなどでプログラミング言語を学び、数学や統計学の基礎知識を身につければ、誰でもAIプログラミングのスキルを習得することは可能です。

AIの技術は今後も幅広い分野で役に立ち、便利な暮らしに変えてくれる大きな可能性があります。

しかしながら、技術の開発者であるプログラマーやエンジニアの人手不足は一向に続いているので、今から勉強を始めれば現場の最前線に立ち、活躍できるチャンス。

プログラミングスキルを身につけ、将来必要とされる人材を目指してみてはいかがでしょうか

【お知らせ】

プロの現役Webデザイナーがあなたのお悩みを解決!
Webデザイナーという働き方セミナー開催中!!


こんな不安や悩みはありませんか?

・自分のキャリアでWebデザイナーに転職できるのか
・自分はWebデザイナーに向いているのか
・どうしたら効率良くWebデザインを習得できるか

このオンラインセミナーでは、これまで3000人以上のWebデザイナーたまごを指導してきた現役Webデザイナーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。

・Webデザイン未経験
・パソコンの操作が苦手…
・デザインセンスに自信がない...

このような方でも大丈夫です!(過去にもそのような方はたくさんいらっしゃいました)
あなたの悩みを聞きながら、あなたにピッタリのご提案をさせて頂きます。
些細なご相談でも構いませんので、気軽に参加してみてくださいね。

関連記事一覧