プログラミングを学ぶ練習サイト

プログラミングを学びたい方必見!初心者が基礎から学べる練習サイト7選

「プログラミングに興味はあるけど、何から始めたらいいかわからない。」
「学べるサイトはたくさんあるけど、どれを選べばいいか迷ってしまう。」
こんな風に思ったことはありませんか?

そんなあなたに、初心者でもプログラミングが学べる練習サイトをご紹介します。
基礎から学習できるので、今までプログラミングをやったことがない人や、今の仕事以外に何かスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

【お知らせ】
2000名以上が人生を変えるキッカケになった「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、
  • WEBデザイン業界の「最新」ウラ事情
  • WEBデザイナーにおける「未経験OK」のワナ
  • WEBデザインの学習で失敗した「しくじり先生」の話
などをお伝えしています。「WEBデザインの学び方がわからない」「WEBデザイン業界について知りたい」という方はぜひご参加ください。

詳しくはこちら

プログラミングとは?

プログラミングとは、コンピューターにやってほしいことを順番に書いた手順書を作ることです。

コンピューターは、数字の0と1が並んだ機械語という言語で動きます。ですが、人間は機械語がわかりません。そのため、コンピューターを動かすには、人間が理解できる言語で、なおかつ機械語に変換できる情報が必要になります。

それがプログラミング言語と呼ばれるものです。プログラマーは、このプログラミング言語を使ってプログラムを作成します。

プログラミングを学ぶメリット

私たちの周りにある、ほとんどの電気製品にはプログラムが使用されています。いろいろな分野でIT化が進み、今まで人間がやっていたことを機械がやってくれるようになってきました。

部屋を掃除してくれるお掃除ロボットや、お客様からの問い合わせに自動で応答してくれるチャットボット、話しかければ、情報を調べてくれたり、部屋の電気をつけてくれたりするアシスタント機能を持った携帯やスマートスピーカーなど、私たちの身近なところに、プログラムが使われている物やサービスがたくさんあります。

人々の生活が便利になったり、仕事の効率が良くなったりするため、今後も機械化や自動化はますます進んでいくでしょう。そうなると当然、プログラミングができる人は、これからもっと活躍できるチャンスが広がります。

仕事の需要が多い

家電製品やゲーム、アプリ、パソコンなど、世の中にはプログラムで動いているものがたくさんあります。IT化は日々進化しているため、プログラマーの需要はますます高まっています。

また、日本は少子化が進み、人口の減少が問題になっています。そのために多くの業界が人材不足に悩んでいます。特にIT業界の仕事は時代のニーズに合っているため、需要は多いのですが、人が足りません。ですので、プログラミングの仕事は引く手あまたの状態です。

収入アップにつながる

プログラミングの仕事は需要はあるものの、現場は人手不足。会社員であれば、スキルを身につけてITの部署に異動したり、今の部署にいながらプログラミングでも貢献して収入アップをすることも可能です。会社員であれば、スキルを身につけてITの部署に異動したり、今の部署にいながらプログラミングでも貢献して収入アップをすることも可能です。

また、会社員でなくても、週末や空いた時間に副業で収入を得たり、フリーランスとして独立することもできます。

好きな時間、好きな場所で仕事ができる

プログラミングは、基本的にパソコンとネット環境があれば、時間と場所を選ばないため、テレワークや在宅勤務に向いている仕事です。そのため、必ずしも会社に出社する必要はなく、通勤からも解放され、自宅や自分の好きな場所で仕事をすることも可能です。

また、フリーランスになれば、自分でスケジュールを組めるので、仕事とプライベートのバランスを自分で決めることができます。このように、自由度の高い働き方を選べるのもプログラミングの仕事の魅力の1つです。

論理的な思考が身につく

論理的な思考とは、難しいことをわかりやすく表現できる考えのことです。物事の原因から結論までを、なぜそうなるのか、何が原因で、どのような過程を経るとそのような結果になるのか、理由や関連性も含めて簡潔に説明できるスキルです。

プログラマーは、全体像を見て、無駄なものは省き、相互のつながりを考え、一番効率的なプログラムを組んでいきます。この作業を繰り返していくため、自然と論理的な思考が身についていきます。


【まずは無料でWEBデザインを試しませんか?
日本デザインスクールでは、豪華な無料プレゼントを用意しました。
✔️ WEBデザイナータイプ診断
✔️ 未経験から2ヶ月でプロのデザイナーデビューを叶えるヒミツ
✔️ 卒業生が特別に語る「月収100万を叶えた35のコツ」
受け取りは簡単30秒!QRコードを読み取るか、
下のボタンをクリックしてプレゼントの詳細をご確認ください。


プレゼントの詳細をチェックする

初心者でも始められるプログラミングの練習サイト

ネットではプログラミングの練習サイトがたくさんあります。プログラミングをやったことがない人でも、基本から学べるサイトがあるので、「これなら自分でもできそうだ。」と思えるサイトを探してみましょう。

Progate

「初心者から、創れる人に」をコンセプトに、イラストを中心としたスライドで学ぶ練習サイトです。動画では画面が流れて進んでいってしまいますが、イラストなら自分が納得してから次のページに行けるので、自分のペースで学習を進めることができます。

また、学ぶ人にとってわかりやすいように最適な順番が考えられていて、実際に作りながら学んでいくため、初めての人でも楽しみながらプログラミング覚えられます。

無料会員は、初級レベルの18のレッスン、有料のプラス会員は、月額¥1078(税込)で82レッスン全部を受講することができます。

Progate

学べるプログラミング言語:HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails、PHP、Java、Python、Command line、Git、SQL、Sass、Go、React、Node.js

CODEPREP

100冊以上の「ブック」と呼ばれるファイルから、自分が学びたいものを選んで学習を進めます。レッスンは一冊10分で、全て無料で利用できます。基礎から実践的なレベルまであり、初心者の人でも気軽に始められます。

初めは穴埋め式で答えを入力していき、慣れてきたら自由編集モードでコード編集を練習することができます。また、わからないことがあったら、ディスカッションボードで質問ができますので、1人で悩まずに学習を進められます。

CODEPREP

学べるプログラミング言語:HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、PHP、Java、Python、Bootstrap、Scala、Rust

paizaラーニング

3分の動画を見たあと、練習問題を解いて学びます。全部で30の講座があり、800以上の動画が用意されていて、毎月25以上の動画が追加されます。わからないことは、paizaのエンジニアに質問してアドバイスをもらうことができます。

動画は、無料、一部無料、有料があり、料金プランは、下記の3種類があります。
1ヶ月プラン ¥1078(税込) ※2ヶ月以上継続して利用の場合のみ初月無料
6ヶ月プラン ¥4488(税込)(¥748/月)
12ヶ月プラン ¥7200(税込)(¥600/月)

Paizaは、ITエンジニア専門の転職サービスを運営しているため、paizaラーニングでプログラミングを学んで、paizaで仕事を見つけることもできます。

paizaラーニング

学べるプログラミング言語:HTML、JavaScript、Ruby、PHP、Java、SQL、C言語、C#、Python 3、シエルコマンド、CASL-Ⅱ、Perl

ドットインストール

457種類のレッスンがあり、6881本の動画が公開されています。(※2021年6月20日現在)プログラミング言語も、定番のものから新しいものまで種類が豊富です。

動画はすべて3分以内で、スマートフォンでも見ることができるので、スキマ時間を使って学べます。無料会員とプレミアム会員があり、プレミアム会員は月額¥1080(税込)です。プレミアム会員になると、わからないことを先生に質問できます。

ドットインストール

学べるプログラミング言語:HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Ruby on Rails、PHP、Java、Python、SQL、Sass、Go、Arduino、BASIC、C#、C言語、D3、
Haml、HTML5、Lua、Markdown、MongoDB、mustache、MySQL、Pascal、Perl、PostgreSQL、Processing、R、Redis、Ruby 2.6.3、Scratch、
Scratch 2.0、SCSS、sed、Smalltalk、SQLite、SVG、Swift、Underscore.js、Visual Basic、YAML

シラバス

「マネして学べる、プログラミング学習サイト」とあるように、テキストのスクリーン画像を見ながら真似をして実際にコードを入力していきます。未経験者を想定して作られているため、「拡張子とは?」「HTMLとは?」などの基本的な用語についても解説があるので、安心して基礎から学べます。

「WEBデザイン編」「WEBアプリ編」「公開コース」「新着コース」があり、プログラミングだけでなく、ホームページやアプリの作成、英語学習のレッスンなどもあります。サイトの利用は無料です。

シラバス

学べるプログラミング言語:HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Git、Ruby on Rails、Coffee Script、Sass、C言語、Python

Schoo

毎日、生放送の授業を公開しているサイトです。授業のジャンルは幅広く、OAスキル、ビジネススキル、マネジメント、語学、趣味にいたるまで様々です。生放送の授業は無料で参加することができます。

月額¥980を払うと、5000本以上ある授業の録画動画が好きなだけ見れます。生放送の場合は、タイミングが合えば自分の受けたい授業に参加できますが、効率よくスキルを学びたい人は、有料会員になって、好きな授業の録画を見て学ぶ方が良いでしょう。

プログラミングの授業も入門編から実践編まで含めて200以上あり、自分が学びたい内容とレベルに合った動画を選べます。

Schoo

学べるプログラミング言語:JavaScript、PHP、Java、Ruby、Python、Ruby on Rails、Swift、MySQL、SQL、Xcode、Visual Studio、React、Bootstrap、
Google Apps Script、Node.js、Unity、Sublime Text、MVC、C#、COBOL、Atom、Google Web Designer、Realm、Haskell、C言語、Go

ShareWis

90秒で学べる無料のスナックコースと、詳しく学べる有料のプロコースがあります。プログラミングの他にも、ビジネススキルや英語、ソフトウェアスキル、デザイン、Webマーケティング、健康・美容、スポーツなど、いろいろなジャンルがあります。

アプリをダウンロードしてスマホで見ることができるので、スキマ時間や移動時間などを利用して学べます。最初は無料のスナックコースでポイントや概要を見て、興味が湧いたりやってみたいと思うものがあったらプロコースで学んでみると良いでしょう。

プロコースは、無料から¥59,000の講座があり、入門編から初級講座、応用講座、実践講座までありますので、自分のレベルに合った講座を選べます。学びたいことがはっきり決まっている人には、動画のセット版の講座がオススメです。

ShareWis

学べるプログラミング言語:Python、JavaScript、XML、Scratch、HTML、CSS、HTML5、CSS3、VBA、jQuery、PHP、Ruby on Rails、Swift、Objective-C、C#、Kotlin、Ruby、Java、Visual Basic、Go

どの練習サイトで学べばいい?

プログラミングが学べるサイトはたくさんありますが、いざ学ぼうとすると、どのサイトを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。プログラミング言語は、仕事の内容によって変わりますので、あなたがどのプログラミング言語を学べばいいのか見ていきましょう。

どのプログラミング言語を学びたい?

プログラミング言語は、主に下記のような8つの系統があります。まずは、あなたが興味のある分野を見て、使用されている言語を確認してから、練習サイトを選んでみましょう。

Web系(クライアントサイド)
ホームページやショッピングサイトなどで、ユーザーに触れる部分のシステム開発
使用言語:Java、JavaScript、PHP、Ruby、HTML、CSS

Web系(サーバーサイド)
Webサービスでユーザーには見えない裏側のシステム開発
使用言語:Java、C+、C++、PHP、Ruby、Python、SQL、Perl、Linux

ゲーム系
ゲームの制作
使用言語:C++、C#、JavaScript、Swift、Ruby、Unity

アプリケーション系
アプリの開発
使用言語:Java、C#、Ruby、PHP、Python、JavaScript、Swift、Kotlin

組み込み系
家電製品や電子機器に使われるプログラムの開発
使用言語:C/C++、C#、Java

通信系
通信、ネットワークのシステム開発
使用言語:Java、C/C++

汎用系システム
大型コンピューターのシステム開発
使用言語:COBOL、PL/1、Java、FORTAN、RPG、PL/SQL、C

オープン系
データベースの開発
使用言語:Java、JavaScript、PHP、Ruby、Python、C+、C#、VB、net

やりたいことがはっきり決まってない場合は、幅広い用途に使用できて、初心者でも学びやすい言語を選ぶと良いでしょう。中でも、PythonやRuby、PHP、JavaScriptなどがおススメです。

PythonやRubyは、コードが少なくて、文法も簡単なので、初めての人でもわかりやすいです。また、Rubyは日本人が作った言語なので、日本語の解説や参考資料が多いこともメリットです。

PHPも初心者が学びやすい言語で、サーバーサイドで使われます。JavaScriptは、ブラウザで使用することができるため、事前準備が必要なく、すぐに始められる点が便利です。

学びたい言語が決まったら、先にご紹介した練習サイトや、その言語専門のサイトなどで学習を始めてみましょう。

サイトの学習方法は自分に合ってる?

練習サイトによって、学習方法は違います。

  • 1回3分や10分などのレッスンを毎日少しずつ継続する
  • 期間を決めて、20時間、30時間などのコースを受ける
  • スライド式のテキストで自分のペースで学ぶ
  • ゲーム形式で楽しみながら学ぶ
  • 実際にコードを入力しながら学ぶ

など、学び方は人それぞれです。自分に合っていて、継続して学べる方法を選びましょう。

利用料金は自分で無理なく払える金額?

現在は無料の練習サイトも多く、中には無料とは思えないほど内容が充実している講座もあります。最初は、無料サイトで練習を始めて、学べるところまで学んでみるのもおススメです。

有料でも月額¥1,000ほどで動画が見放題のサイトもありますし、1回購入すれば、繰り返し動画を見て学べる講座もあります。セットやパッケージ料金で、¥30,000、¥40,000またはそれ以上の金額の講座もありますので、自分が無理なく払える範囲内で、しっかりスキルを身につけられるサイトを選びましょう。

学習内容のレベルは自分に合ってる?

練習サイトは、子供向けから上級者向けまで、対象者のレベルがいくつかあります。自分のレベルに合ったサイトを選べれば、スムーズにスキルを身につけることができます。

簡単過ぎれば物足りないでしょうし、難し過ぎれば学んだことを理解できず、途中で行き詰まってしまうかもしれません。そうならないためにも、始めは無料サイトで練習してみて、自分の理解度をある程度確認してから、本格的に学びたい講座を選んでみましょう。

まとめ

プログラミングは、世の中でとても必要とされているスキルです。小学校でも2020年からプログラミングの授業が必修科目になりました。今後は、プログラミングができるということが当たり前の世の中になっていくかもしれません。

今、プログラミングを学ぼうとしているあなたは、時代のニーズに応えられる人材になれるでしょう。練習サイトを上手に活用して、ぜひ役に立つスキルを身につけてください。

デザスクLINE5大特典
WEBデザイン20レッスンを無料プレゼント中
特典を詳しく見る