WEBデザイナー向け無料電子Book >受け取りはこちら

主婦・ママ向けのWEBデザインスクール9選|失敗しない秘訣も解説

主婦・ママ向けのWEBデザインスクール9選|失敗しない秘訣も解説

「在宅で働いて家庭と仕事を両立したい」
「夫に頼らずとも安心して生活できるようになりたい」
「女性として社会人としてキャリアを積んでいきたい」

こんな想いからWEBデザイナーが気になり、スクールを検討している主婦の方も多いのではないでしょうか。

しかし、それと同時に「家事・育児と勉強を両立できるかな…」「夫のお金で失敗したらどうしよう…」という不安もありますよね。

そこで、今回は「スクールに通ったけど意味なかった…」と後悔することにならず、毎日忙しい主婦の方でも通うことができるおすすめWEBデザインスクールをご紹介していきます。

また、しっかり調べてから最終判断をしたい方も多いと思うので、失敗しないWEBデザインスクールの選び方もお伝えしますね。

WEBデザイナーになれば企業や個人事業主に貢献することができるので、クライアントさんから直接「ありがとうございます!」「〇〇さんのおかげで…..」と感謝される機会が増えます。

また、デザイン自体が楽しいので毎日充実感をもって過ごせるようにもなれます。

この記事を読めば、デザインスキルをしっかり身につけられるスクールを選ぶことができ、そのような未来が手に入れられるので、ぜひ参考にしてくださいね。

▼ ▼ 限定公開中 ▼ ▼

当メディアを運営している日本デザインスクールは、これまで14364人WEBデザイナーの仕事についてお伝えする無料セミナーを開催してきました。

その中で気づいたのが、WEBデザイナーへの誤解がある方が多いということ。中には一度勉強に失敗してからセミナーに来て「先に知りたかった」という方もいらっしゃいます。

そのような方が増えないために、特に多かった15の誤解を1つの資料にまとめました。勉強を始めてから後悔しないよう、ぜひ受け取ってください。

※非常に人気の資料であり、今後有料化する可能性もあるのでお早めに手に取ってくださいね。

目次

【最重要】卒業生作品を見ればスクールの質は9割わかる

WEBデザインスクールを選ぶ際にチェックすべきポイントはいくつかありますが、中でも最も重要なのは卒業生作品のクオリティです。

料理教室の質を判断する場合、一般的に考えられるのは卒業生が作った料理が美味しいかどうかだと思います。

それはWEBデザインスクールも同様で、スクールに通ってデザインスキルを身につけられるかは卒業生が作った作品でわかるのです。

一般的に、WEBデザインスクールに通えば、デザインができるようになると思われがちですが、そんなことはありません。

中にはデザインをまともに教えておらず、卒業生作品の質が低いスクールがあるので十分注意しましょう。

特に写真を貼り付けただけのシンプルなデザインは一見オシャレに見えますが、近年需要がなくなってきており、仕事が取れないため危険です。

複数校チェックすることで、どのスクールの卒業生の作品が高品質であるのか見極めましょう。

下記は卒業生の作品を公開しているおすすめのWEBデザインスクールです。

リンクをクリックすると作品を閲覧することができます。

ぜひ参考にしてください。

この他ホームページ上に公開されていないスクールに関しては、個別相談会や学校見学のときに卒業生作品を見せてもらえないか聞いてみましょう。

主婦・ママにおすすめのWEBデザインスクール比較表

下記の表は、主婦やママにおすすめのWEBデザインスクールの比較をまとめたものです。

スクロールできます
スクール名受講料受講期間卒業後のサポートの有無受講形式
日本デザインスクール60万2,888円45日オンライン
SHElikes1万780〜16万2,800円1〜12ヶ月・オンライン
・対面
Famm17万3,800円1ヶ月オンライン
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(主婦・ママクラス)34万6,500〜44万5,500円6〜10ヶ月・オンライン
・対面
インターネットアカデミー16万7,200〜66万760円1〜8ヶ月・オンライン
・対面
・オンデマンド
CodeCamp42万9,000〜52万8,000円2〜6ヶ月オンライン
TechAcademy18万5,900〜35万900円1〜4ヶ月オンライン 
SAMURAI ENGINEER16万5,000〜39万6,000円1〜6ヶ月 オンライン 
たのまな17万8,200〜55万8,800円2〜6ヶ月オンライン(通信講座)

主婦におすすめのWEBデザインスクール5選

ここからは50校以上あるWEBデザインスクールから主婦の方におすすめのWEBデザインスクールを5つご紹介していきます。

日本デザインスクール

デザスク(日本デザインスクール)

短い期間で即戦力級のスキルを身につけたいという方は日本デザインスクールがおすすめです。

日本デザインスクールのカリキュラムは、もともと新入社員をプロのWEBデザイナーにするためのものです。

そのため、実務で使うスキルだけを学べ、45日でプロレベルWEBデザインスキルを身につけられます。

主婦に特化したスクールではないものの、卒業生のなかには主婦の方がたくさんおり「家事・育児と勉強を両立する方法」「主婦が卒業後に稼いでいくノウハウ」がたくさんたまっているスクールです。

100件を超える受講生の声と卒業制作がホームページ上で公開されているので、気になる方はぜひご覧くださいね。

▼スクール内容

コース入門編
期間45日
受講料649,990円
授業形態オンライン
対応時間24時間対応可
身につくスキル・デザイン基礎
・Photoshop
・HTML/CSS基礎
キャリア支援あり(卒業生のコミュニティ)
卒業生作品卒業生の作品
無料相談・無料体験WEBデザイナーという働き方セミナー(無料)

▼良い口コミ

春にデザインスクールを途中で辞めてしまった。授業についていけず、深夜まで課題に取り組んでも完成せず。焦って空回り。家事も疎かになって夫との関係性も悪くなり、諦めた。だけど今、おかげさまで楽しく学ぶことができている。感謝⭐︎

▼悪い口コミ

日本デザインスクール卒業生のレベルの高いLP制作料金みたけどお 11万円だった
11万円なんかで元とれるのかおね
普通の新卒の人が2週間仕事してもらえる額とほとんど一緒だけどお
日本デザインスクールのデザイン性の高いLP2週間以内に作れると思えないおね

SHElikes

SHElikesは女性限定のキャリアスクールです。月額制で32種類の講座から自分の好きなものを好きなだけ受けられます。

WEBデザインに関する講座はいくつかあり、そのなかでおすすめなのがWebデザインコースです。

現役のWEBデザイナーに指導をしてもらい、2ヶ月間でWEBサイトを作れるようになります。

講座以外のサービスとして、対話によって目標達成をサポートするコーチングという制度があります。

コーチングをすることで、スキルアップへのモチベーションも維持できますよ。

案件紹介はありませんが、案件受注のためのサポートはあるので副業をしたいという方にもピッタリです。

▼スクール内容

コースWebデザインコース(受講料を払えば32種類のコースから好きなものを選べます)
受講料・受け放題プラン12カ月間:16万2800円
・受け放題プラン6カ月間:9万3280円円
・受け放題プラン1カ月:1万6280円
・月5回プラン12カ月:10万7800円
・月5回プラン6ヶ月:6万280円
・月5回プラン1ヶ月:10,780円
授業形態オンライン授業、対面授業
対応時間9:00〜21:00
身につくスキルWebデザイン基礎/Illustrator/WordPress/ロゴ/UI・UXデザイン
キャリア支援あり(案件獲得のための相談)
卒業生作品なし
無料相談・無料体験無料体験レッスン

▼良い口コミ

コーチングでは①仕事探しもどうせなら楽しくやろうと思えたのと、②今はまずメインの収入源(パート)を確保してから、③デザインは徐々に副業として挑戦していこうという方向性が見えたのは良かったです。 一見関係なく思える仕事でも無駄な経験はないっていうのも改めて気づけました

▼悪い口コミ

SHE追えて無さすぎて、休会するか迷う 休会中にこれまで開いてるコースだけでも見れたら、1回休んで追いつきたいのだけど、休会したら見れないから意味ないんよなー 開いてもちゃんと見れてないの多すぎるから勿体ない〜

Famm

Famm

Fammはママに特化したWEBデザインスクールです。

一番の特徴はベビーシッターを無料で派遣してもらえること。

子育てが忙しくて勉強ができない、子どもを預ける場所がないという方でも安心してWEBデザインの勉強ができます。

受講期間も1ヶ月と短いので「早くスキルを身につけて仕事と育児を両立したい」というママにもおすすめです。

卒業後には最大5件の案件も保証されているため、未経験の方でもデザインの仕事を始めやすいですよ。

▼スクール内容

コースママ専用Webデザイン初級講座
期間1ヶ月
受講料17万3800円
授業形態オンライン授業
対応時間明確な記述なし(1営業日への返信は保証)
身につくスキル・Photoshop
・HTML/CSS
キャリア支援あり(案件保証、キャリアカウンセリング、卒業生コミュニティ)
卒業生作品なし
無料相談・無料体験無料説明会

▼良い口コミ

卒業生企画(バナーもくもく会)初参加
キャリアコンサルと重なってる→一時保育迎えの為車内で聞いてただけだけど。 デザインって実は理論的なところが好き 燃えたのでfamm初案件今日一日で完成→夜のコーディング会も参加したいしかし卒業後コード打ってないのヤバいww

▼悪い口コミ

Twitter最近始めてから知ったけどみなさん色んなオンラインサロンやスクールでメンター的な方見つけられてるんだなぁfammにもたしかメンター制度あったけど全然使えてない。。。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(主婦・ママクラス)

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(主婦・ママクラス)

制作会社である株式会社LIGが運営しているWEBデザインスクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」には、主婦・ママ専用のクラスがあります。

制作会社で実際に使われているスキルが学べるのはもちろんのこと、ベビーシッターサポートがあるので、集中してWEBデザインに取り組めます。

子どもがいきなり体調を崩して講義に参加できない場合も、講師からアフターフォローを受けられるので安心です。授業も主婦やママが受けやすい昼にあるので受講しやすいですよ。

▼スクール内容

コース・10ヶ月コース
・6ヶ月コース
受講料・10ヶ月コース:44万5500円
・6ヶ月コース:34万6500円
授業形態オンライン授業・対面授業
対応時間不明
身につくスキルデザイン基礎
・Photoshop
・Illustrator
・HTML/CSS
・JavaScript
・レスポンシブデザイン
キャリア支援あり(フリーランス、在宅サポート)
卒業生作品卒業生の作品
無料相談・無料体験個別説明会

▼良い口コミ

通学の時は2歳になる子どもを一緒に連れて行ってました。初めはシッターさんに人見知りをしてグズることもありましたが、すぐに慣れてくれて受講中おとなしく遊んでくれてました。一緒に頑張ってくれました。

▼悪い口コミ

授業内容を考えると料金が高過ぎです。育休中のママや専業主婦にとっては将来を考えてもぱっと出せる金額ではありません。もっと料金のハードルを低くしてくれれば良いのにな…と思います。

インターネット・アカデミー

インターネットアカデミー

3万人以上の卒業実績があるインターネット・アカデミーもWEBデザインを学ぶのにおすすめです。

「東京芸術大学」「気象庁」といったところのWEB制作を担当する制作会社がスクールの母体になっており、そのノウハウがカリキュラムに入っているので実践的なスキルを身につけられます。

また、グループ会社にフリーランスを支援するホームワークコミュニティという企業があり、受講生にだけ特別なWEB求人を公開しています。

▼スクール内容

コース・Webデザイナー入門コース
・Webデザイナーコース
・Webデザイナー総合コース
期間・Webデザイナー入門コース:1〜3ヶ月
・Webデザイナーコース:3〜4ヶ月
・Webデザイナー総合コース:6〜8ヶ月
受講料(教育訓練給付金利用のした場合の実質的な金額)・Webデザイナー入門コース:16万7200円
・Webデザイナーコース:29万3920円
・Webデザイナー総合コース:66万760円
授業形態オンライン授業、対面授業、オンデマンド授業
対応時間(月〜金)10:00〜21:00、(土日)10:00〜19:00
身につくスキル・WEBデザイン基礎
・Photoshop
・Illustrator
・HTML/CSS
・Dreamweaver
・JavaScript
・jQuery
・レスポンシブデザイン
キャリア支援あり(求人紹介、卒業生の交流会、就職ガイダンス)
卒業生作品卒業生作品
無料相談・無料体験無料カウンセリング

▼良い口コミ

28歳の時に会社を辞めた。 フリーランスも今月で8年目。 Web制作は未経験で会社をやめてからインターネットアカデミーでWeb制作を1ヶ月学んだ。 Web制作会社やEC代行会社や光回線の販売員など1年。 それ以外は在宅の請負だけでやってきたんだけど、よく生き残れたなーと、自分の強運を褒めたい。

▼悪い口コミ

インターネットアカデミーのチャット問い合わせ、毎回ものすごい待たされる。 とりあえず10分以内に解決したことは、まだない。 「確認します」「担当者休み or 不在」連発。 ほんまなのかしら。

CodeCamp

CodeCamp

CodeCampは、WEBデザインスクールの中では比較的リーズナブルな授業料で受講できるスクールです。

授業は現役20年のベテランのクリエイティブディレクターが作成したアウトプット重視の教材を使って学習を進めていくことが特徴です。

座学よりも実践や演習が多いため、デザインをする感覚をすぐに身につけられるでしょう。

また、7:00〜23:00までレッスンを受けられるため、家事や育児で忙しい主婦であっても空いている時間に授業を受けられるため継続的に学習しやすいです。

▼スクール内容

コース・副業から始めるWEBデザイナー転職コース(4ヶ月)
・WEBデザイン副業コース(4・6ヶ月)
期間4〜6ヶ月
受講料(教育訓練給付金利用をした場合の実質的な金額)・副業から始めるWEBデザイナー転職コース:46万5,300円
・WEBデザイン副業コース4ヶ月:42万9,000円6ヶ月:52万8,000円
授業形態オンライン
対応時間7:00〜23:00
身につくスキル・WEBデザイン基礎
・Photoshop
・Illustrator
・Figma
・LP設計
・UIデザイン
・HTML/CSS
キャリア支援あり(ポートフォリオ作成)
卒業生作品あり
無料相談・無料体験あり

▼良い口コミ

マンツーマンレッスンをうけれるのでありがたかった。講師の方もたくさんいらっしゃるので、得意分野や性格など、自分に合った方を選ぶことができた。

▼悪い口コミ

CodeCamp自体には講師はたくさんいるが、PhotoshopやIllustratorなどのデザインに関する講師は決まった数名しかいない。その数名の中で自分に合った講師が見つからなかった。

TechAcademy

TechAcademyは、週に2回専属のメンターからマンツーマンのサポートを受けて学べるWEBデザインスクールです。

オンライン完結型のスクールであるため、家事や育児で忙しかったり、働きながらスクールに通いたい主婦でも継続的に学習することができます。

受講生の満足度が驚異の98.7%です。

サポートが手厚いWEBデザインスクールを探している主婦の方におすすめします。

卒業までに4つのWEBサイトリリースを目標としており、WEBデザイナーの実務に近い形で学ぶことができるため実践的です。

また、コースが細かく分かれており、デザイン実践ポートフォリオコースやWEBデザインフリーランスコースなども選択することで、実際の案件受注から納品までの流れを体験することもできます。

ニーズや目的に合わせてコースを選びましょう。

▼スクール内容

コース・4週間プラン
・8週間プラン
・12週間プラン
・16週間プラン
期間4〜16週間
受講料(教育訓練給付金利用をした場合の実質的な金額)・4週間プラン:185,900円
・8週間プラン:240,900円
・12週間プラン:295,900円
・16週間プラン:350,900円
授業形態オンライン
対応時間15:00〜23:00 
身につくスキル・WEBデザインの原則
・HTML/CSS
・Photoshop
・ワイヤーフレーム
・レスポンシブデザイン
・jQuery・Sass
キャリア支援あり
卒業生作品あり
無料相談・無料体験あり

▼良い口コミ

はじめての副業コースでは、実力判定テストに合格すると、コーディング案件を必ず1件受注できる。

▼悪い口コミ

メンターが専属で無く複数のメンターがチャットサポートをするのでメンターで言う事の齟齬があったり明らかに力不足なメンターがいる一方で当たりのメンターがいたりレスポンス(複数人でやっているので)面では丁寧で迅速です。

SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERは、オリジナルのWEBサイトを作成できるようになりたい主婦におすすめのWEBデザインスクールです。

WEBデザインスクールの中には在学中にWEBサイトを作らないというスクールもあります。

しかし、実際にWEBデザイナーとして活動すると、指示書に書いてある文章からオリジナルのサイトを制作することはよくあることです。

SAMURAI ENGINEER在学中にWEBサイト制作を経験しておくと、卒業後に即戦力になるWEBデザイナーとして活躍できる可能性が高まります。

「WEBサイトの作成」と聞いて難しいのではないかと尻込んでしまう人もいるかもしれません。

SAMURAI ENGINEERでは現役のWEBデザイナーが生徒1人ひとりに付いて一から丁寧に指導してくれるため、未経験者でも卒業時には立派なWEBサイトを制作できるようになっています。

受講生の学習完了率も98%と非常に高いので、挫折することなくWEBデザインの学習ができる環境です。

▼スクール内容

コース・4週間プラン
・12週間プラン
・24週間プラン
期間1〜6ヶ月
受講料(教育訓練給付金利用をした場合の実質的な金額)・4週間プラン:16万5,000円
・12週間プラン:28万7,100円
・24週間プラン:39万6,000円
授業形態オンライン
対応時間8:00-22:00
身につくスキル・Adobe XD
・Photoshop
・HTML/CSS基礎
・WordPress
キャリア支援あり(履歴書・職務経歴書の添削、面接指導)
卒業生作品なし
無料相談・無料体験個別相談

▼良い口コミ

私は侍エンジニア塾で3ヶ月勉強しました!メンターからのチャットサポートのほか、週に2-3回のビデオチャット、課題、あとProgateで勉強したりして、3ヶ月で1からReactをかなりみっちり効率よく勉強できました!

▼悪い口コミ

元々副業で月5万円程度を稼ぐために契約したのだが、授業内で案件獲得までできず、結局ポートフォリオを作って終わりという中途半端な形だった。

たのまな

通信講座でスキマ時間を有効活用させながら、自分のペースで学習を進めたい主婦におすすめのWEBデザインスクールは「たのまな」です。

回数無制限のメールでの質疑応答や添削などの個別サポートが充実しており、最短2ヶ月でコースを修了させることができます。

万が一受講期間内にコースを修了させることができなくても、無料で延長することが可能です。

また、クラウドソーシングのランサーズで実際に発注されている案件が演習課題として含まれているため、通信講座ではありますがWEBデザイナーとして実践的なスキルを習得することができます。

▼スクール内容

コース・WEBデザイナー
・WEBグラフィックコース
・WEBデザイナー
・WEB制作コース
・WEBデザイナー
・WEB制作上級コース
・WEBデザイナー
・WEBディレクターコース
期間2-6ヶ月
受講料(教育訓練給付金利用をした場合の実質的な金額)・WEBデザイナー/WEBグラフィックコース:17万8,200円
・WEBデザイナー/WEB制作コース:38万600円
・WEBデザイナー/WEB制作上級コース:55万8,800円
・WEBデザイナー/WEBディレクターコース:40万3,700円
授業形態オンライン(通信講座)
対応時間要問い合わせ
身につくスキル・Illustrator
・Photoshop
・HTML / CSS / JavaScript
・デザインの基礎
・レスポンシブデザイン
キャリア支援あり
卒業生作品なし
無料相談・無料体験なし

▼良い口コミ

キャンペーン期間に受講を決めましたが、それでも10万円超えなので、正直ためらいました。しかし、デザインソフトを1年間使える(これだけで半額分以上の価値がある)との魅力もあり、決断をしました。動画はわかりやすく、講師の方の口調や授業の進め方も、心地よくスムーズに学習をしていけたので、デザイン学習導入の教材としては不満はないです。ただ、自宅で動画受講というスタイルにおいては、やはり費用面で少し高いなと思いました。

▼悪い口コミ

実際、卒業しても仕事に活かせることができるスキルは身に付かなかった

WEBデザイナーに必要なスキル・知識

スクールを選ぶうえで、WEBデザイナーに必要なスキル・知識を理解しているのはとても重要です。

間違った認識をしていると必要なスキルが身につけられず「スクールに通ったのに作品が作れない…」という状態になってしまいます。

お金と時間を無駄にしないためにも、WEBデザイナーに必要なスキルをお伝えしていきますね。

WEBデザインの基礎知識

WEBデザイナーに欠かせないのがWEBデザインの基礎知識。代表的なものでいうと、配色、フォント、レイアウトといったものがそれにあたります。

WEBデザインは芸術的なセンスが必要と思われがちですが、実はオシャレに見せたり、狙った印象を抱かせたりするルールがあります。

このルールはデザインの基礎知識を身につけることによって再現できるようになり、再現できればデザインが一気にプロっぽくなりますよ。

逆にWEBデザインの基礎知識が身についていないと、素人っぽいデザインから抜け出せず、稼ぐこともできないため、WEBデザイナーになるためにまずはWEBデザインの基礎知識を身につける必要があります。

▼WEBデザインの基礎知識についてはこちらの記事にまとめています

WEBデザインツールを扱うスキル

WEBデザイナーとして働くのであれば、ツールの使い方を覚えるのも必須です。

特に多くのWEBデザイナーが使っており、デザインデータの受け渡しが楽な「Photoshop」と「Illustrator」は必要不可欠なツールです。

Photoshop…画像の編集に適したツール
Illustrator…ロゴやフォント作成に適したツール

両方使えるようになるのが理想ですが、いきなり両方にチャレンジするのは時間がかかって大変ですよね。

そのため、初心者の方はPhotoshopから勉強し始めるのをおすすめします。

WEBデザインの仕事のほとんどがPhotoshopでできるからです。

コーディングの基礎知識

WEB制作をするときには、デザインをWEB上に表示できるようにするコーディングと呼ばれる作業があります。

コーディングはコーダーと呼ばれる専門家の人に依頼すればよいので、WEBデザイナーがコードを書けるようになる必要はありません。

しかし、コーディングの知識がいらないわけではありません。

コーディングの知識がないと、コーディングできないデザインを作ってしまったり、コーダーとの間にコミュニケーションミスが起きたりします。

制作物のクオリティが低くなるのはもちろんのこと、コーダーからの信頼を失って一緒に仕事をしてくれなくなる可能性があるので、コーディングの基礎知識は必ず身につけておきましょう。

▼コーディングいらない理由についてはこちらの記事をご覧ください

主婦がWEBデザインスクールを選ぶときの7つのポイント

主婦におすすめのWEBデザインスクールをご紹介しましたが、最終的には自分で調べ、納得感を持ってスクールを選択したいという方もいると思います。

そのため、WEBデザインスクールを選ぶときに確認すべきポイントを7つお伝えしていきますね。

デザインスキルが身につくか

WEBデザインスクール選びで、まず注目したいのはデザインスキルが身につくかということです。

スクールのなかには「ツール」や「コーディング」の指導がメインで、デザインをほとんど教えてくれないスクールが多くあります。

しかし、デザインツールを使えるようになったところで、作品が作れなかったら仕事を受注することができませんし、コーディングができるようになったところで、デザインを仕事にすることはできません。

WEBデザイナーの仕事はあくまでデザインなので、スクールを選ぶときもまずは「デザインができるようになるか」を確認しましょう。

どれくらいデザインの講義があるか、卒業制作が上手かを確かめるのがおすすめです。

売れるデザインが身につくか

デザインスキルが身につくスクールを選ぶのが大切だとお伝えしましたが、ただデザインができればよいというわけではありません。

デザインには「売れるデザイン」と「売れないデザイン」があります。

売れるデザインは消費者の購買意欲を掻き立てたり、クリック数を上げたりできるもの。集客数や売上を伸ばせるため、ビジネスをしている人から求められます。

一方、売れないデザインはただシンプルでオシャレなもの。

集客数や売上を伸ばすのに向いていませんし「Wix」や「ペライチ」といった無料ツールで作れるので、わざわざWEBデザイナーに依頼する必要がないのです。

残念なことに一部のスクールでは、この「オシャレなだけのデザイン」を教えています。

卒業制作がどんな作品か、卒業生が本当に稼いでいるかをしっかり確認して、スクール選びを失敗しないようにしましょう。

講師が現役WEBデザイナーか

講師が現役のWEBデザイナーであるかも確認しておきましょう。

WEBデザインスキルを上げるのに最も効果的なのは、自分の作った作品に対して現役のデザイナーからフィードバックをもらうことだからです。

フィードバックをもらうことで、現場のレベルやプロの技が知れるので一気にデザインスキルが上がります。

逆に現役WEBデザイナーが講師でないと、自分の作った作品がよいのかどうかすらわからず、卒業してから実力が足りないのに気づくことになります。

これではせっかく費やしたお金と時間がもったいないですよね。

そのため、WEBデザインスクールを選ぶときには講師が現役のWEBデザイナーであるかはしっかり確認しておきましょう。

講師の名前や顔を公表しているスクールもあるので、確認しておくとなお安心です。

卒業制作のクオリティが高いか

卒業制作のクオリティが高いかも必ず確認しておきましょう。

卒業制作のクオリティを見ればそのスクールで身につくデザインのレベルがわかります。

ただ、注意しなければいけないのは「本当にそれがスクールの平均レベルの作品か」ということ。

デザインスクールのなかには数千人、数万人いる受講生のなかでトップ5の作品を卒業制作として公開しているところもあります。

それでは卒業制作の正確なレベルはわからないため、卒業制作を確認するときはとにかく多くの作品を見るようにしましょう。

SNSで卒業制作を探してみるのもよいですし、個別相談に行って作品を見せてもらうのも1つの手段です。

家事・育児と勉強が両立できるスクールか

主婦のなかには家事や育児で忙しい方もいると思います。

そのため、家事・育児と勉強が両立できるようなスクールを選ぶ必要があります。

家事・育児とデザインの勉強を両立するために押さえておくべきポイントは以下の2つです。

  • 好きな時間に勉強を進められるか
  • 夜遅くや休日でも質問に対応してくれるか

まず、自分の好きな時間に勉強を進められるかということは大切です。

講義を受けられる時間が「9:00~18:00」というスクールもあれば、「7:00~23:00」というスクールもあります。

忙しいなかで勉強するのであれば、できる限り時間に融通がきくスクールを選びましょう。

また、夜遅くや休日に質問してすぐに回答が返ってくるかも確認する必要もあります。

夜遅くや休日にも対応してくれるスクールであれば、わからないことがあってもすぐに解決できるからです。

卒業後に活躍している主婦がいるか

実際に主婦の方が卒業しており、卒業後活躍しているかを確認しておきましょう。

主婦の方の卒業実績があるということは、家事・育児をしながらでも卒業できると証明されていますし、そのようなスクールには育児・家事とWEBデザインを両立するための工夫や、効率的な勉強ノウハウがたまっているからです。

さらに、あなたが理想とする働き方をしている卒業生がいれば、自分もそうなれる可能性がありますし、そうなる方法もスクールで学べます。

このように先輩主婦がスクールを卒業してどのような働き方をしているかは、とても大切です。無料の個別相談にいって、どんな卒業生がいるのかを聞いてみてくださいね。

支払いを何分割できるか

「できるだけ家計に負担をかけたくない」という思いから分割支払いを望んでいる主婦の方も多いはず。

そのため、支払い方法についてもしっかり確認しておきましょう。

支払い方法が一括しかないというスクールはほとんどありません。

しかし、どれだけ分割できるかはスクールによって違います。

大抵のスクールはホームページに支払い回数を記載していますが、個別で相談すれば分割回数を増やしてもらえるところもあるので、「受講したいけどお金が…」という方は一度個別相談に参加してみましょう。

ただ、支払いは分割すればするほど手数料がかかる場合が多く、余計にお金を払うことになるのでその点は注意してくださいね。

主婦がWEBデザインスクールで学ぶ5つのメリット

WEBデザインを身につけたいと考え、独学にするべきか、WEBデザインスクールに通うべきか悩む主婦の方は多いのではないでしょうか?

WEBデザインスクールに通うメリットは下記のように5つあります。

WEBデザインスクールに通うメリット
  • 挫折しづらい
  • 効率的に学べる
  • 仕事が獲得しやすくなる
  • プロの指導が受けられる
  • 仲間がいて心強い

独学は自分のペースで学ぶことができ、スクールに通うよりも費用を抑えられるといったメリットがありますが、上記の5つのメリットは独学のメリットを大きく凌駕するためWEBデザインスクールに通うことの方がおすすめです。

ここでは、上記のWEBデザインスクールに通う5つのメリットについてそれぞれ詳しく解説します。

独学にするか、スクールに通うか悩んでいる人にとっては判断材料になるでしょう。

ぜひ読んで参考にしてください。

挫折しづらい

先にお伝えしたようにWEBデザイナーとして働くには、さまざまな知識やスキルを独学で身につけるとなると時間がかかるでしょう。

主婦は家事や育児などで忙しく、日々の生活の中でWEBデザインを学習する時間を捻出するのは難しいことです。

学習する時間や期間が長引くほど挫折する可能性が高まります。

WEBデザインスクールであれば、上記の内容や使い方について基礎から丁寧に教わることができ、独学よりも短期間でスキルや知識が身につけられます。

また、多くのスクールで夜間のチャットサービスなどのサポートも実施しているため、わからないことがあってもいつでも相談できるため心強いでしょう。

効率的に学べる

WEBデザインを独学で学ぼうと決めたものの、いざ学習を始めてみて「何から手をつければいいのかわからない」と悩む人は少なくありません。

学習方法を模索してつまずいている間に、学習に対するモチベーションが低下してしまう可能性があります。

また、独学の場合、何をどこまで学習すれば良いのか見極めることが難しいため、必要のないことを学んでしまい時間を無駄にしてしまう恐れもあるでしょう。

しかし、WEBデザインスクールであれば、1〜6ヶ月ほどの短期間でWEBデザイナーとして活躍できるだけのスキルや知識を身につけることができるため効率的です。

仕事が獲得しやすくなる

仕事を獲得しやすくなるのも、WEBデザインスクールに通うメリットです。

独学でWEBデザインを学ぶと、1人で学習を進めるため人脈を築き上げることが難しいでしょう。

求人サイトには未経験歓迎のWEBデザイナーの求人も紹介されていますが、多くの求人は実績重視の傾向があります。

そのため、独学で実績や人脈を作ることができない初心者のWEBデザイナーは、仕事や案件の獲得に苦労することが多いです。

スクールの場合、就職・転職のサポートがあります。

中には卒業時に必ず案件を紹介することを保証しているスクールもあるほどです。

つまり、WEBデザインスクールに通うことで、卒業後にWEBデザイナーとしての活動を始動させやすくなるというメリットがあります。

プロの指導が受けられる

独学でWEBデザインを学ぶと、知識の詰め込みが中心になってしまい、実際に手を動かしてデザイン力を上げることが疎かになってしまいがちです。

しかし、WEBデザイナーとしてのスキルを高めるためにはインプットだけでなく、学んだ知識を実際に活用するアウトプットも必要不可欠です。

また、独学の場合、アウトプットができたとしても独りよがりな作品になってしまう傾向があります。

最新のトレンドやテクニックを熟知しているプロからの指導があった方が、短期間でWEBデザインスキルを伸ばすことが可能です。

プロのWEBデザイナーからの指導やアドバイスを受けられるのは、WEBデザインスクールに通う醍醐味と言えます。

仲間がいて心強い

WEBデザイナーになりたいと強く願っていても、日々の家事や育児に追われながら一人で学習を進めると、モチベーションが下がってしまうリスクがあります。

しかし、WEBデザインスクールであれば、同じ境遇にいる仲間と出会うこともあるでしょう。

そのような場合、受講者同士で悩みや情報を共有できます。

辛いのは自分だけではないということが分かり、仲間との交流が心の支えになるため継続的に学習を続けやすくなります。

主婦がWEBデザインスクールを選ぶ際に注意すべき点

WEBデザインスクールを選ぶ際には下記の3点に気をつけましょう。

WEBデザインスクールを選ぶときの注意点
  • 女性特化という理由だけでスクールを選ばない
  • 受講料以外にかかる費用を把握する
  • 受講期間が長いから良いというわけではない

これらの点に気をつけることで、入学後に「こんなはずではなかった」と後悔するリスクを防ぎます。ぜひ参考にしてください。

女性特化という理由だけでスクールを選ばない

WEBデザインスクールの中には「主婦・ママ専門」のスクールや、「主婦・ママ専門」コースを提供しているスクールもあります。

このようなスクールのメリットは下記の通りです。

スクールに通うメリット
  • ベビーシッターが常駐しており、勉強と育児が両立させやすい
  • 同じ立場の仲間と学習できるのでモチベーションが上がる

しかし、「女性特化」という理由だけでスクールを選ぶことはおすすめできません。

学習サポートや就職・転職支援があるのか、卒業生の作品のレベルが高くWEBデザインに必要なスキルが身につくのかといった「将来性」についても考えながらスクール選びをすることで、スクール選びを失敗するリスクを下げられます。

受講料以外にかかる費用を把握する

WEBデザインスクールに入学する際には受講料だけでなく、下記のようにさまざまな費用がかかります。

物品・ソフトウェアなど費用の目安
パソコン(メモリ8GB以上/ ストレージ512GB以上 / 15インチの画面)10〜15万円
Adobe Creative Cloud月額6,480円(税込)※スクールによっては割引価格で利用できる場合があります
ウイルスソフト年間6,000〜8,000円

費用面が気になる場合は、入学前にスクールの担当者に受講費以外にかかる費用について問い合わせておくことがおすすめです。

受講期間が長いから良いというわけではない

この記事ではおすすめのWEBデザインスクールを9校紹介しましたが、スクールによって受講期間が異なります。

「受講期間が長い方が、いろいろなスキルや知識を身につけられるのではないか?」と考える人も多いかもしれません。

しかし、受講期間が長くなるほど、家事や子育てとの両立する期間が長くなり、挫折する可能性も高くなるということを忘れないようにしてください。

WEBデザイナーを目指す方からよくある質問

最後にWEBデザイナーを目指す方からよくある質問とその回答を紹介します。

卒業後にはどんな働き方ができる?

卒業後には下記のような働き方ができます。

  • WEBデザイナーとして就職・転職する
  • WEBデザイナーの副業案件で副収入を得る
  • フリーランスのWEBデザイナーとして独立する

それぞれにメリットとデメリットがあります。

あなたのニーズや目的に合わせてスクール卒業後の進路を考えてみてください。

WEBデザイナーはどれだけ稼げる?

マイナビクリエイターによると、WEBデザイナーの平均年収はおよそ386万円(2023年8月時点)で、年代別には下記のようになっています。

年代平均年収
20代373万円
30代404万円
40代454万円

WEBデザインだけでなく、プログラミングスキルやWEBマーケティングのスキルや知識もあると、高収入を目指せるでしょう。

また、副業案件の場合、単価の目安は下記の通りです。

案件単価の目安
アイコン制作およそ1,500円
バナー制作およそ3,000円
トップページデザイン1ページにつきおよそ50,000円
トップページコーディング1ページにつきおよそ30,000円

どうやって仕事をとればいい?

副業案件を探している人、あるいはフリーランスのWEBデザイナーとして独立して間もない人は、CrowdWorksやLancersなどのクラウドソーシングサイトを使って案件を獲得することがおすすめです。

未経験者歓迎の案件も数多く掲載されているため、初心者や未経験者であっても案件を獲得しやすいでしょう。

WEBデザイナーとして就職・転職を考えている人は、Indeedなどの求人サイトを使って自分の希望や条件に合った求人にどんどん応募してみてください。

職業訓練校はWEBデザイナーになれる?

主婦がWEBデザインを学べるところとして、WEBデザインスクール以外に職業訓練校があります。

ハローワークに登録後、職業訓練校に入るための面接と試験に合格すれば無料でWEBデザインを学べます。

ただし、職業訓練校でWEBデザイナーになるのは難しいようです。

以下のツイートにもあるように、職業訓練校の講師には当たり外れが存在します。

熱心な先生が当たればよいのですが、それに期待して入校するのはかなり危険です。

https://twitter.com/Zenigame89/status/1586849036631683072

また、半年間週5日でスクールに通ったけれど、できるようになったのはツールを使うことだけで、作品を作れるようにはならなかったという人も少なくないようです。

実際、職業訓練校の講師をしていた方も自身のブログで、

正直、多くのスクールの学習レベルはかなり低いと言っていいと思います。

Webデザインの職業訓練校に入れば就職できますか?先生をやっていた僕が解説します。

と言っています。

そのため、着実にWEBデザインスキルを身につけて稼いでいきたいと考える方に職業訓練校ではなく、スクールに通うのがおすすめです。

▼職業訓練校に通った方の体験談はこちら

WEBデザインスクールで人生を変えた主婦の事例

WEBデザインスクールに通いたいけれど、「家事や育児と両立できるのかな…」「本当にデザインできるようになるのかな…」という不安を抱えている方も多いはず。

そこで、WEBデザインスクールを卒業して、実際に活躍されている主婦の事例をご紹介します。これで少しでもあなたを勇気づけられると嬉しいです。

職場復帰での挫折を機にデザインと出会い、理想の働き方を実現!(20代女性)

事務職として上司にも頼られる存在だった宮本さん。

しかし、育児休暇が終わって職場復帰すると、ブランクから仕事でのミスが増えたり、仕事中に保育園に呼び出されたりと何もかもが上手くいかなくなり、泣く日々が続いたそうです。

そんな状況を抜け出すべく、在宅で働ける仕事を探した結果出会ったのがWEBデザイナー。「これだ!」と思い、WEBデザインスクールを受講しました。

受講中は「仕事×育児×勉強」で大変だったけれど、「とにかく今の状況を抜け出したい」という思いと、一緒に頑張る仲間がいたおかげで無事卒業。

実際に仕事が取れるデザインスキルが身につき、今では育児をしながらホームページのヘッダー画像をデザインしたり、Instagramの投稿画像を作っているそうです。

▼詳しいインタビュー記事はこちら

シングルマザーになって在宅でできる仕事が必要に。スクール卒業後3ヶ月で30万円を稼ぐことに成功!(30代女性)

2人目の子どもを出産したタイミングでシングルになった藤田さん。

子育てと仕事を両立するために、在宅で働ける仕事を探しているときに出会ったのがWEBデザイン。

受講中は子育てをしながらデザインの勉強をしたため大変ではあったものの、その大変さが逆に制作のスピードアップにもつながったそう。

また、一緒に学ぶ仲間がいてお互いに作品を褒め合えたのも、モチベーションを保てた理由です。

そして、卒業後はセミナーなどで知り合った個人事業主の方から仕事を受注し、卒業後3ヶ月で収入30万を達成。

「パートだと結構な時間を拘束されていたはずだから、WEBデザインを学んでよかった」とおっしゃっていました。

藤田さんが卒業後3ヶ月で30万稼げた理由を詳しく知りたい方は以下の動画をご覧ください。

▼詳しいインタビュー動画はこちら

「自信がない…」を卒業するためスクールに通い、月収20を安定して稼げるフリーランスWEBデザイナーに!(30代女性)

もともとフリーランスのイラストレーターをしていた須藤さん。

フリーランスとして仕事は取れていたけれど、独学だったことや、専門的な知識がなかったことから自信を持って仕事を進めることができていなかったそうです。

そんなときたまたま受注したのがWEBデザインの仕事。

挑戦してみたけれど、全然上手くできなかったため「しっかりスクールで習おう」と決意しました。

受講したスクールには数十人いるなかから1位を決める制度があり、それを目指して課題に取り組んだそうです。

実際に1位を取って卒業したあとはフリーランスとして地道に案件を取っていき、卒業から2年経った今では少なくとも月収20万円、多いときには月収50万円稼げるママデザイナーになりました。

須藤さんがWEBデザイン未経験から稼げるフリーランスになった経緯を詳しく知りたい方は以下の動画をご覧ください。

▼詳しいインタビュー動画はこちら

まとめ

今回はWEBデザインスクールを検討されている主婦向けにおすすめのWEBデザインスクールと選ぶときのポイントを7つご紹介しました。

  • デザインスキルが身につくか
  • 稼げるスキルが身につくか
  • 講師が現役WEBデザイナーか
  • 卒業制作のクオリティが高いか
  • 家事・育児と勉強が両立できるか
  • 卒業後に活躍している主婦がいるか

この7つのポイントを1つ1つ丁寧に確認していただければ、スクール選びで失敗することはないはずです。

最近ではママ向けのスクールも増えており、ベビーシッターの派遣といった魅力的なサービスもあります。

しかし、そればかりに目がいってスキルが身につかないスクールを選ばないように注意しましょう。

スキルが身につかず、作品が作れるようにならなければ、受講中のサービスがよくても仕事が取れません。

それでは元も子もないので、まずは「現場で活かせるスキルが身につくか」でスクールを選んでくださいね。

質の高いスクールを選んで高いスキルを身につければ、在宅で働けるようになったり、自分の力で稼げるようになったりします。

また、1つのことに夢中になれる、人から感謝されるということも増えます。

あなたがそのような未来を実現できるよう、応援しています。

▼ ▼ 限定公開中 ▼ ▼

当メディアを運営している日本デザインスクールは、これまで14364人WEBデザイナーの仕事についてお伝えする無料セミナーを開催してきました。

その中で気づいたのが、WEBデザイナーへの誤解がある方が多いということ。中には一度勉強に失敗してからセミナーに来て「先に知りたかった」という方もいらっしゃいます。

そのような方が増えないために、特に多かった15の誤解を1つの資料にまとめました。勉強を始めてから後悔しないよう、ぜひ受け取ってください。

※非常に人気の資料であり、今後有料化する可能性もあるのでお早めに手に取ってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問や感想があればご記入ください

コメントする

目次