WEBデザイナー向け無料電子Book >受け取りはこちら

断言!WEBデザイナーがコーディングをできなくてもよい5つの理由

断言!WEBデザイナーがコーディングをできなくてもよい5つの理由

コーディングできないとWEBデザイナーになれない?
デザインのみのWEBデザイナーは迷惑って本当?

世の中には「WEBデザイナーになるためにはコーディングが必須」という情報もあれば、逆に「WEBデザイナーにコーディングは必要ない」という情報もあり混乱状態にある人も居ると思います。

結論、WEBデザイナーとして働くのにコーディングはできなくても大丈夫です。

今回の記事では、

  • コーディングができなくても良い理由
  • デザインのみで活躍しているデザイナーの事例
  • コーディングについて最低限知っておくべきこと
  • デザインのみで活躍するのに大切なこと

など、「コーディングができなくてもWEBデザイナーになれる?」という疑問に対して丁寧にお答えしていきます。

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

目次

WEBデザイナーでもコーディングができなくてよい5つの理由

動画の内容は記事の内容と概ね一緒です。

WEBデザイナーはコーディングができなくても大丈夫とお伝えしました。

では、なぜWEBデザイナーがコーディングをできなくても大丈夫なのかを詳しく解説していきますね。

コーディングができなくても良い理由
  • サイト制作が分業制になってきているから
  • コーディングは外注できるから
  • コーディングなしでサイト制作ができるツールがあるから
  • コーディングよりもデザインのほうが稼げるから
  • デザインだけの案件が多くあるから

上記にあげた5つの理由を、もう少し詳しく見ていきましょう。

これらの理由を読んでいくと、WEBデザイナーはコーディングができなくても問題ないことを理解していただけるはずです。

理由1:サイト制作が分業制になってきているから

WEBデザイナーにコーディングが必要でないのは、メインの仕事であるホームページ制作が分業制になっているからです。

ホームページを作る工程は

  1. ディレクション:クライアントと打ち合わせをしてWEBサイトの企画をする
  2. デザイン:クライアントの要望を受けてサイトを作っていく
  3. コーディング:デザインをサイト用に変更し、デザインに動きをつける

の3つに分かれています。

昔はこの「ディレクション」「デザイン」「コーディング」を1人のデザイナーが担当していましたが、現在ではこれらを分業する企業も増えてきました。

そのため、コーディングはコーダー(コーディングをおこなう人)にお願いすればよく、WEBデザイナーがコードを書く必要がないのです。

理由2:コーディングは外注できるから

コーディングが簡単に外注できるのも、WEBデザイナーにコーディングが必須でない理由です。

現在では、クラウドソーシングサービス(仕事をお願いしたい人と仕事が欲しい人をマッチングさせるサービス)がもの凄く充実しているので、コーディングを任せたいと思えば、すぐに外注できます。

また、異業種交流会に参加し、コーディングが得意な人と仲良くなれば、その人にもコーディングを依頼することもできます。

理由3:コーディングなしでサイト制作ができるツールがあるから

コーディングなしでサイトが作れるのも、WEBデザイナーにコーディングがいらない理由です。

現在では「Wix」や「ペライチ」といったコーディングができなくてもWEBサイトを作れるツール(「ノーコードツール」と呼ばれています)が世の中にたくさんあります。

これらのツールならデザインスキルさえあれば、コーディングをしなくてもクオリティーの高いホームページは作れるのです。現にノーコードでサイトを作り、稼いでいるフリーランスWEBデザイナーもいます。

▼ノーコードについてもっと詳しく知りたい方は以下はこちら

理由4:コーディングよりもデザインのほうが稼げるから

これは知らない方も多いのですが、コーディングよりもデザインのほうが単価が高いです。

2つの画像は同じホームページに書かれているものですが、トップページのデザインにかかる費用が5万〜13万円であるのに対して、コーディングにかかる費用は2万〜3万円になっています。

デザイン

コーディング

引用:株式会社ラブリィ・ワークス

なぜ、これほど違うのかというと、デザイナーがレイアウトやテイストをゼロから作る仕事なのに対して、コーダーは既に出来上がったデザインに正しくコードを当てはめていく仕事だからです。

役割の違いなので、どちらが優れているということはありませんが、結果的にはゼロから制作をおこなうWEBデザイナーのほうが単価が高くなる傾向にあるようです。

世の中にはデザインの単価が40万円なのに、コーディングの単価2〜3万円という案件も存在します。

もし、あなたがデザインをしたくてWEBデザイナーになるのであれば、デザインを極めることで単価を上げるという方法もありますよ。

理由5:デザインだけの案件が多くあるから

ここまでWEBデザイナーが受ける案件として、ホームページ制作をメインにお伝えしてきましたが、WEBデザイナーの仕事はホームページ制作だけではありません。

インターネット広告でよく使われる「バナー」、TwitterやFacebookの「ヘッダー」、YouTubeの「サムネイル」といったコーディングがいらない案件もたくさんあります。

もちろん、これらの案件はホームページに比べると単価は安い(相場は1枚1000円〜3000円)のですが、クオリティーが高いデザインを、短時間で作成できれば十分な収入になります。

なかには未経験から単価1万円でバナーの仕事を獲得できるようになったWEBデザイナーもいます。

仮に1時間(1枚のバナー作成にかかる時間の相場)かかったとしても時給は1万円。十分高いですよね。

当メディアを運営している日本デザインスクールでは、WEBデザインはしたいけれど、コーディングは苦手という方にピッタリの無料セミナーを開催しています。

セミナーでは、コーディングが出来なくても大丈夫な理由を現場目線でお伝えしたり、デザインのみで稼ぐ方法をお伝えしています。

他にも、WEBデザイン業界の裏側や、勉強に失敗してしまった先輩の事例など、WEBデザイナーになるなら知っておくべき情報をギュッとまとめているので、ぜひ勉強を始める前に参加してみてくださいね。

▼セミナーの内容について詳しく知れる記事はこちら

デザインスキルのみで活躍しているデザイナーの事例

コーディングができなくても良い理由はお伝えした通りですが、実際デザインのみで活躍している方がいればなお心強いですよね。

そこで、ここでは実際にコーディングをせずにデザインスキルのみで活躍しているWEBデザイナーの事例を紹介します。

フリーターから制作会社に転職した方の事例

「みゆみゆ」こと田中美有さんは、フリーターからWEBデザインスキルを習得し、卒業後およそ1ヶ月で制作会社への転職を実現しました。

同時にデザイナーとしての副業もこなし、多い時には、本業+副業で月収40万円も稼いでいます。

主な仕事内容
  • 制作会社:Photoshopやillustratorを使用したチラシ・名刺・バナー制作
  • 副業:バナー制作・チラシ・シールデザインなど(就業後に無理なく行っている)

制作会社では、コーディングはコーダーが行うため、みゆみゆさんはデザインのみを担当

本業でも副業でもデザインメインの仕事を請け負っていますが、フリーターの時に比べて大幅な収入アップを実現しています。

フリーランスとして月に50万稼いでいる方の事例

「あみーご」こと市川亜美さんは、シングルマザーになったことを機にWEBデザイナーになりました。

未経験からデザインスキルを身につけ、現在は、フリーランスWEBデザイナーとして平均50万円程度の収入を得ています(最高月収は200万)

あみーごさんの仕事内容は次の通り。

主な仕事内容
  • バナー
  • LP
  • LINEのリッチメニュー
  • HP制作(ノーコード) など

コーディングが必要な場合は、コーダーに外注しているそうです

この他にもコーディングスキルなしで、活躍しているWEBデザイナーは多くいます。

「在宅WEBデザイナー成功事例集」で詳しくご紹介しているので、ぜひこちらも確認してみてくださいね。

それでも「コーディングできないデザイナーは迷惑」と言われるのはなぜ?

WEBデザイナーはコーデイングができなくても大丈夫という理由について、理解していただけたと思います。

ではなぜ、「コーディングできないデザイナーは迷惑」「コーディングができないとWEBデザイナーになれない」という情報が出回っているのか疑問に思いますよね。

WEBデザイナーにコーディングが必要と言われているのには、以下のような理由があるのです。

コーディング必須と言われる真相
  • 分業制ではない会社があるから
  • コーディングを学んでほしいから

WEBデザイナーはコーディングができなくてはダメだ!という情報が出回っている理由について納得していただけるよう、上記についてもう少し詳しく解説していきます。

分業制ではない会社があるから

コーディングができなくても良い理由のとして、サイト制作が分業制になってきていることがあるとお伝えしました。

ですが、まだデザインとコーディングが分業制になっていない企業があるのも事実です。

そのような方達にとって、コーディングができないWEBデザイナーは迷惑になってしまいます。

しかし、未経験からデザインもコーディングも高いレベルでできるような二刀流のWEBデザイナーになるのは非常に難しいです(それぞれ専門家がいるくらいですから)。

そのため、未経験からWEBデザイナーを目指すなら、自分のやりたい方を極めて分業制の会社に入るのが賢明ですし、重宝されるでしょう。

コーディングを学んでほしいから

すべてのサイトに当てはまるわけではありませんが、コーディングを学んでもらうために、コーディングが必要だと主張しているサイトもいくつかあります。

デザインは正解がひとつではありません。そのため、デザインを教えるのは非常に難易度が高いです。

一方、コーディングは正解が決まっています。HTMLやCSSなどのルールを覚えてしまえば、誰でも一定のレベルのWEBサイトを制作することができるのです。

こうした理由から、コーディングをメインに指導するスクールが増え、「WEBデザイナーにはコーディングが必須」という情報が一般的になったのです。

コーディングを学ぶこと自体は良いことですが、コーディングをメインに学んでなれるのは「コーダー」なので、WEBデザイナーを目指すなら、まずはデザインスキルを磨きましょう。

コーディングができなくても採用されるレベルの作品

デザインのみでもWEBデザイナーとして活躍できますが、その場合は十分デザインスキルを身につけている必要があります。

とはいえ、未経験だとどれくらいのレベルなら採用してもらえるかわからない方もいると思います。

ですので、ここでは実際に採用されるレベルがどれくらいかを紹介します。

▼こちらが採用されるレベルの作品です。

コーディングができなくても採用されるレベルの作品①
コーディングができなくても採用されるレベルの作品②

このくらいデザインでサービスの世界観や魅力を表現できるようになれば、コーディングできなくてもWEBデザイナーとして正社員になったり、フリーランスとして活躍できます。

コーディングなしで、WEBデザイナーになる場合はまずこのレベルを目指しましょう。

ちなみにこちらの作品は当メディアを運営している日本デザインスクールの受講生が未経験から勉強を始めて45日で作った作品です。

この他にも日本デザインスクールの卒業生が45日で作った作品が見られる記事があるので、気になる方はぜひそちらを見てくださいね。

コーディングの基礎を最低限知っておいたほうがよい3つの理由

ここまでお伝えしてきたように、WEBデザイナーはコーディングができなくても問題なく稼いでいけます。

しかし、自分で作業はできなくとも、コーディングの基礎知識は頭に入れておきたいところです。その理由は次の4つ。

WEBデザイナーがコーディング基礎を学ぶと良い理由
  • コーディングを意識したデザインができるようになるから
  • コーダーとコミュニケーションを取る必要があるから
  • WEBデザイナーとしての仕事の幅が広がるから
  • スキルやキャリアの幅が広がるから

ここからはWEBデザイナーがコーディングの基礎知識を学んでおくべき理由について、詳しく解説していきますね。

コーディングを意識したデザインができるようになるから

コーディングの知識があれば、それを意識してデザインができるようになります。

デザインにはWEB上に表現しやすいものと、そうではないものがあります。

コーディング知識がないと、WEB上で表現しにくいデザインを作ってしまうことになるのです。

逆にコーディングの基礎知識があれば、思い通りのサイトが完成するうえに、コーディングもしやすいのでコーダーからの信頼も厚くなります。

コーダーとコミュニケーションを取る必要があるから

コーディングの知識があれば、分業するときや外注するときでも、コーダーとコミュニケーションが取りやすくなります。

逆にコーディングの知識がなければ、コーダーの言っていることが理解できず、仕事がなかなか進みませんし、クオリティーの高いサイトも作れません。

そのような状態だと、コーダーから「この人とは仕事がしにくいな」と思われ、最悪の場合、仕事を断られてしまいます。そのため、コーディングの基礎知識が大切なのです。

WEBデザイナーとしての仕事の幅が広がるから

コーディングの知識を持っておくと、WEBデザイナーとしての仕事の幅を広げられます。

簡単なコードであれば自分でも書けるようになるのはもちろん、コーダーとコミュニケーションを取れるようになるので、デザイナーとコーダーの進捗管理をするディレクターも目指せます。

ディレクションができるWEBデザイナーは需要があり、収入も高いです。

コーディングの知識があるだけでキャリアの幅が広がるのであれば、コーディングの知識は持っておいて損はないですよね。

コーディングの基礎を学ぶ方法3選

WEBデザイナーはコーディングができなくても大丈夫ですが、最低限の基礎知識は頭に入れておいたほうが良い理由も理解いただけたと思います。

そこで続いては、WEBデザイナーに最低限必要なコーディング基礎を学ぶ方法を3つご紹介します。

コーディング基礎を学ぶ方法
  • デザインスクールで学ぶ
  • WEBサービスで学ぶ
  • 本を買って学ぶ

それぞれどんな方法で学んでいくのかや注意点について、詳しく見ていきましょう。

デザインスクールで学ぶ

デザインスクールにはデザインと同時にコーディングの基礎知識を教えてくれるところが数多くあります。

そのため、カリキュラムを見て、コーディングの基礎を学べるスクールを選べば、デザインを本格的に学びながら、コーディングの基礎知識も身につけることができます。

ただ、なかにはコーディングがメインのスクールもあるので、気をつけてくださいね。

コーディングの知識が身についても、デザインができるようにならなければ本末転倒です。

WEBサービスで学ぶ

WEBサービスでコーディングの基礎を学ぶという方法もあります。

最近では無料、もしくは低価格でコーディングが学べるサービスも数多く存在しますよ。

それらを使えば、本格的にコーディングを学ばなくても、コーディングの基礎は身につけられるのです。

おすすめは「Prpgate」「ドットインストール」です。

この2つは、無料でコーディングの基礎を学べるので、どれがいいかわからないという人は、ぜひ試してみてくださいね。

Progate
ドットインストール

本を買って学ぶ

コーディングの知識を得るくらいであれば、本を買って学ぶのでも十分です。

現在では、コーディングに関する本は数多く出ていますし、一冊で最低限の知識はほとんど知ることができます。

おすすめは『1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座』。

これさえ読んでおけばコーディングの基礎知識はほとんど押さえるという一冊です。

『1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座』

コーディングスキルなしで稼ぐ具体的な方法

ここまでお伝えしたように、コーディングができなくてもWEBデザイナーとして活躍することは可能です。

ただ、コーディングなしで本当に稼げるのか、どんな方法で稼いでいくのかイメージできない方もいると思います。

そこで続いては、コーディングができなくとも高収入を目指すにはどうすればよいのか、具体的な方法をご紹介していきます。

コーディングスキルなしで稼ぐ具体的な方法
  • WEBデザインを極めて単価とスピードを上げる
  • LP(ランディングページ)を作れるようになる
  • WEBデザイナーのチームに入る

上記に挙げた方法について、具体的に詳しく見ていきましょう。

WEBデザインを極めて単価とスピードを上げる

WEBデザイナーとして高収入を目指すのであれば、単価、そして作業スピードをあげることを忘れてはなりません。単純なWEBデザインスキルを上げることで、案件単価があがります。

1案件1万円の場合と、1案件5万円の場合、どちらが高収入を目指せるかは一目瞭然ですよね。

また、WEBデザインスキルがあがれば質はもちろん、作業スピードもあがるはずです。1つのバナー制作に3時間かかる場合と、1時間かかる場合では、同じ単価でも時給が全く違います。

実際に1時間で2万円の広告バナーを作るWEBデザイナーもいて、その場合はデザインだけで時給2万円になります。

WEBデザインスキルをあげ質を高めて単価を上げること、そしてスピードも上げ効率よく作業していくこと、どちらも高収入を目指すためには欠かせないことだと頭に入れながら作業を進めてください。

LP(ランディングページ)を作れるようになる

WEBデザイナーとして収入をあげていくためには、LP(ランディングページ)を制作できるようになることは欠かせません。

LPとはリンクやWEB広告などから流入してきたユーザーが最初に目にするページです。

商品やサービスの購買意欲を高め、購入や登録につなげることが目的。

LPページはデザインだけで20万〜50万円くらいの報酬をもらうことができます。

案件相場が高いだけでなく、1ページ当たり1.2週間と制作期間が短いので、月にいくつもの依頼を受けることができることも高収入へ繋がる理由です。

月収100万円を超えるWEBデザイナーのほとんどはLP制作をしていると言っても過言ではないでしょう。

WEBサイトと違い何ぺージものデザインを考える必要もないので、駆け出しWEBデザイナーでも取り掛かりやすいというのも魅力の一つです。

WEBデザイナーのチームに入る

WEBデザインに集中したい、より効率よく仕事を受注したいという場合はWEBデザイナーのチームに入ることもおすすめです。

WEBデザイナーは、フリーランスで活躍する人も多くいます。

フリーランスの中には、チーム(ディレクター、コーダー、WEBデザイナー)で仕事しているところがあるのです。

WEBデザイナーのチームに入れば、自分から営業する必要もなく、コーディングもする必要が無く、仕事を受注することができます。

WEBデザインの仕事に集中できるだけでなく、仕事も効率よく受注できるのは嬉しいことですよね。

コーディングができない、営業が苦手という人にもおすすめです。

自分で仕事を受注するよりも色々な、数多くの案件が入ってくるので安定した収入も目指すことができるでしょう。

デザインだけで稼ぎたい人には日本デザインスクールがおすすめ

ここまで解説した中で、コーディングができなくてもWEBデザイナーになれるということをご理解いただけたと思います。

もし、あなたがコーディングをせずにデザインだけで稼いでいきたいなら、日本デザインスクールをおすすめします。

日本デザインスクールはデザインに特化した指導をしており、デザインだけで稼げるWEBデザイナーを育成しています。

卒業生が作った作品はプロのWEBデザイナーが参考を探しにくるPinterestというサイトで100万回見られており、プロが参考にするレベルです。

どのレベルならデザインだけで稼げるのか知りたい、日本デザインスクールについて詳しく知りたいという方はこちらをみてくださいね。

まとめ:WEBデザイナーはコーディングができなくても大丈夫!

今回は、WEBデザイナーはコーディングができなくても大丈夫だということと、その理由をお伝えしました。

WEBデザイナーがコーディングができなくても大丈夫な理由をまとめると以下のようになります。

  • サイト制作が分業制だから
  • コーディングが外注できるから
  • ノーコードでサイトを作れるツールがあるから
  • コーディングよりのデザインのほうが稼げるから
  • デザインだけの完結する案件がたくさんあるから

世の中では「コーディングができないWEBデザイナーには将来性はない」「コーディングができないWEBデザイナーは迷惑」という人もいるようですが、そんなことはありません。

あまり大きな声では言えませんが、コーディングができないと仕事が取れないのは、十分なデザインスキルがないからなのです。

デザインスキルをしっかり身につければ、コーディングがなくても稼ぐことは可能です。

WEBデザイナーはあくまで、デザインをするのが仕事。

あなたが「デザインをしたい!」と思うのであれば、わざわざ難しいコーディングに挑戦する必要はありません。

デザインを極めることで、稼げるWEBデザイナーになればよいのです。あなたがデザインで稼げるようになるのを応援しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問や感想があればご記入ください

コメントする

目次