Photoshopにフォントを追加する方法【Windows/Mac版】

この記事でわかること
✔️ フリーフォントとは何か
✔️ フリーフォントの入手方法
✔️ Photoshopにフリーフォントを追加する方法
✔️ Photoshopにフリーフォントを追加できないときの対処法

「Photoshopにどうやってフォントを入れたらいいの?」
「やってみたけど、追加できない…」

この記事ではこのようなお悩みを解決していきます。

WEBデザイナーにとってフォントのインストールは必要不可欠!実際の作業画面付きで丁寧に説明していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【お知らせ】
2000名以上が人生を変えるキッカケになった「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、
  • WEBデザイン業界の「最新」ウラ事情
  • WEBデザイナーにおける「未経験OK」のワナ
  • WEBデザインの学習で失敗した「しくじり先生」の話
などをお伝えしています。「WEBデザインの学び方がわからない」「WEBデザイン業界について知りたい」という方はぜひご参加ください。

詳しくはこちら

フリーフォントとは?

そもそもフリーフォントとは、“フリー”と名前にあるように、無料で使えるフォントのことです。
インターネットでダウンロードして、Photoshopなどのアプリで使うことができます。

種類はたくさんあり、欧文フォント(アルファベット+数字)と和文フォント(ひらがな+カタカナ+漢字+数字)があります。無料で使えるものがほとんどですが、中には有料のものもあります。無料のものだと、どうしても漢字の種類が限られてしまうため、有料版にする人も多いです。

フリーフォントの使い方について、1つ注意しておきたいことは、著作権です。無料で使えるとはいえ、「自由に使っていいですよ」という意味ではありません。中には、商用利用や加工を禁止しているものもあります。ダウンロードする際に、著作権についての注意書きが出てくるので、しっかりと理解して使用するようにしましょう。


【まずは無料でWEBデザインを試しませんか?
日本デザインスクールでは、豪華な無料プレゼントを用意しました。
✔️ WEBデザイナータイプ診断
✔️ 未経験から2ヶ月でプロのデザイナーデビューを叶えるヒミツ
✔️ 卒業生が特別に語る「月収100万を叶えた35のコツ」
受け取りは簡単30秒!QRコードを読み取るか、
下のボタンをクリックしてプレゼントの詳細をご確認ください。


プレゼントの詳細をチェックする

フリーフォントはどこで入手できるの?

インターネットで「フリーフォント」と検索したらいくつかサイトがでてきます。

たくさん種類があり過ぎて、初心者の方はどれがいいのか迷ってしまうと思うので、いくつか有名なサイトを紹介します。

フォントフリー

日本語のフォントが多くあります。
カテゴリー分けされているので、見やすく初心者におすすめのサイトです。

▼フォントフリー
https://fontfree.me/

フロップデザイン

日本語フォント、欧文フォント共に充実しています。
無料での使用に制限があり、商用利用の際には有料版を購入する必要があるようです。

▼フロップデザイン
https://www.flopdesign.com/

Adobe Fonts

Adobeのサブスクリプションに加入していれば、使い放題です。種類も豊富で無料で138種類使うことができます。

▼Adobe Fonts
https://fonts.adobe.com/

その他、日本語のフリーフォントについてはコチラの記事で詳しく紹介しています。
【2022年】日本語のフリーフォント178種類!現役デザイナーのまとめ最新版

Photoshopにフリーフォントを追加する方法

WindowsとMacでのやり方をそれぞれ説明していきます。

今回は実際に、先ほど紹介した「フォントフリー」サイトで、「Nikkyou Sans Font」をダウンロードしていきます。

Windows版

手順は以下の通りです。

  1. ネットからフリーフォントと検索し、ダウンロードする
  2. フォントが保存されているファイルを開き、フォントファイルをダブルクリック
  3. フォントファイルが開いたら、「インストール」を選択

順番に図解つきで詳しく解説していきます。

※実際のダウンロードの画面は、フリーフォントサイトによって異なります。

①ネットからフリーフォントと検索し、ダウンロードする

②ダウンロードすると、画面右下にこのように表示されます

③ファイルを開き、フォントファイルをダブルクリック

③フォントファイルが開いたら、「インストール」を選択

Mac版

手順は以下の通りです。

  1. ネットからフリーフォントと検索し、ダウンロードする
  2. ダウンロードした圧縮フォルダのフォントファイルをダブルクリック
  3. Font Bookが開いたら、「フォントをインストール」をクリック

順番に図解つきで詳しく解説していきます。

※実際のダウンロードの画面は、フリーフォントサイトによって異なります。

①ネットからフリーフォントと検索し、ダウンロードする

②ダウンロードした圧縮フォルダのフォントファイルを開く

③フォントファイルをダブルクリック

③Font Bookが開いたら、「フォントをインストール」をクリック

 

Photoshopにフォントを追加できない場合の対処法

対処法は主に3つあります。

今回は試して欲しい順番にご紹介します。

  1. 再起動
  2. Photoshopの環境設定のリセット
  3. Photoshopのフォントキャッシュ削除&システムキャッシュ削除

再起動

ほとんどの場合は、再起動で改善されます。

  • Photoshopの再起動
  • パソコン自体の再起動

まずは、この2つの再起動を試してみてくださいね。

Photoshopの環境設定のリセット

フォントの追加に限らず、Photoshopが作業中に落ちてしまったり、フリーズしてしまったりする場合は、一度Photoshopの環境設定をリセットしてみてください。

手順は以下の通りです。

  1. Photoshopの環境設定を開く(Ctrl+K / Command+K)
  2. 終了時に環境設定をリセットを選択
  3. Photoshopを再起動

Photoshopのフォントキャッシュとシステムキャッシュを消す

Photoshop側とOS側のフォントキャッシュやシステムキャッシュを削除することで、改善される場合もあります。

Photoshopのフォントキャッシュ削除方法

  1. Photoshopを終了
  2. CT Font Cacheフォルダを削除

フォントキャッシュ「CT Font Cache」の保存場所は以下のとおりです。

■macOSの場合
/Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/Adobe/Adobe Photoshop

■Windowsの場合
\Users[ユーザー名]\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop

システムフォントのキャッシュ削除方法

■macOSの場合
1.PhotoshopとCreative Cloudアプリを終了
2.アプリケーション→ユーティリティ→ターミナル
3.以下のコマンドを入力してReturnキー
「sudo atsutil databases –remove」

■Windowsの場合
1.PhotoshopとCreative Cloudアプリを終了
2.\Windows\ServiceProfiles\LocalService\Appdata\Local\FontCacheに移動
3.ファイル名に「FontCache」が含まれる .dat ファイルを全部削除

以上、フォントを追加できない場合の対処法でした。

これでも解消されない場合はAdobe公式のフォントトラブルシューティングも参考にしてみてくださいね。

Adobe Help フォントのトラブルシューティング

WEBデザイン20レッスンを無料プレゼント中
特典を詳しく見る