WEBライター文字単価

WEBライターの文字単価相場と特徴は単価アップに繋がる4つの行動

Webライターの仕事に慣れると、報酬額が気になってきます。貯金や趣味に使うお金を増やすために、「もっと稼ぎたい」と思う人もいるのではないでしょうか?

Webライターの報酬を考えるうえで、重要になってくるのが文字単価です。そこで今回は、以下のことをお伝えしていきます。

文字単価がどういったものか
文字単価と案件の相場
文字単価を上げる方法

これらを知っておくことで、ライターとしての自分の現在地、および今後の目標が明確になってきますよ。

Webライターの報酬形態

今回お話しする文字単価を含め、Webライターへの報酬形式は、以下の4つに分かれます。すでにライターとして活動している人は知っているかもしれませんが、今一度チェックしておきましょう。

文字単価

「1文字○円で××字」というふうに、1文字あたりの金額に執筆した文字数を掛け合わせて報酬額を算出するのが、文字単価制です。例えば文字単価0.5円で3,000字執筆した場合、報酬額は0.5×3,000=1,500円となります。

Webライターへの報酬の決め方として、文字単価制は比較的メジャーです。特にクラウドソーシングサイトの場合、多くはこの方法を採用しています。すでに活動している人にとっては、なじみ深いのではないでしょうか?

文字単価は、低いものだと0.1円、高いものだと5円以上など、案件によってさまざまです。価格帯ごとに案件の特徴は異なるのですが、詳しくは後述します。

記事単価

記事単価制は執筆した文字数に関わらず、「1記事で○円」と報酬額を算出する方法です。クラウドソーシングサイトを経由せず、直接依頼される案件で多く用いられます。

「1記事○円で月に△記事」というふうに、複数本まとめて依頼されることもあり、安定した収入を見込めるのが魅力。その一方で報酬が固定されていることで、労力とのギャップを感じることも少なくありません。

ページ単価

ページ単価の形式をとる案件では、「1ページ○円」というふうに報酬額が算出されます。主に本や雑誌など、紙媒体の案件で使われる方法です。

一般的な相場としては、1ページあたり10,000~50,000円ほど。ページ単価30,000円で5ページ分を執筆した場合、報酬額は30,000×5 = 150,000円になります。

時給単価

時給単価はアルバイトやパートなどと同様、「1時間で○円」と計算する方法です。業務委託など、企業に常駐して働くときに用いられます。

時給単価制の案件では、ライティングのほかに企画や校正、進捗の管理など、ディレクター的な役割を担うケースもありますよ。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

文字単価ごとの案件の特徴

ここからは、文字単価制を深掘りしていきます。案件の難易度やライターの実績によって、大きく変動するのが文字単価です。それぞれの価格帯でどんな特徴があるのか見ていきましょう。

文字単価0.1~1円の案件

文字単価0.1~1円だと、未経験からでも書ける案件が膨大にあります。文字単価0.1~0.2円あたりの案件の多くは、ブログやYouTubeチャンネルを運営する個人のクライアントさんからの依頼です。仕事内容は自分の体験談を書いたり簡単なアンケートに答えるなど、気軽にはじめられるものになっています。

文字単価0.5~1円あたりだと、企業が運営するキュレーションサイトでの執筆が多いです。その場合インターネットで調べた情報をまとめ、記事にするのが主な仕事になってきます。扱うジャンルは旅行、恋愛、ペットなど、とっつきやすいものが多いといえるでしょう。

総じて特別なスキルや経験を要求されないことが多く、初心者ライターでも応募しやすいのが、この価格帯の特徴です。ただし報酬額は少ないので、経験を積むための案件と捉えておきましょう。

文字単価1.1~2円の案件

文字単価1円以上の案件は、メディアを運営する企業からの依頼が多くを占めています。具体的な仕事内容は、特定のジャンルに関して、読者が求めていることをわかりやすく・読みやすく書くことです。

その際には、しっかりした情報収集が求められます。そのジャンルに精通していなくても、公式サイトや書籍を読んで執筆するようにしましょう。案件によっては、「参照したサイトURL・書籍名を記載してください」とオーダーされる場合もあります。

この価格帯の案件のメリットは、継続して発注してくれることが多く、安定した収入を得やすいことです。発注者はしばしば中長期的な計画に基づいて募集をかけているので、ライターはテストライティングに合格すれば、継続して執筆する機会を得られます。

また記事にライター名を記載してくれるケースもあり、実績づくりにつなげやすいのも魅力。

このように、ライターにとってのメリットを感じられるぶん、丁寧さが求められるようになってくるのが、この価格帯の案件の特徴です。たいていは応募の際に、過去の執筆成果の提示を求められます。サンプル記事やブログなどを書いておきましょう。

文字単価2.1~3円の案件

文字単価2.1~3円の案件になると、専門知識やより高い文章力を求められます。発注者は、特定ジャンルの専門サイトを運営する企業が多いです。

それだけに仕事内容は、インターネットで調べれば誰でも書けるものではありません。「医療資格を持つ人限定の医療記事」「不動産会社に勤務する人限定の住宅系記事」など、知識や経験を必要とするものがメインです。

さらに、低単価な案件と比べて、文章力へのチェックも厳しくなってきます。最低限の日本語の文法に加え、読者を惹きつける言葉づかい、SEOライティングなども要求されるのです。

このように高単価な案件では、専門知識や高いライティングスキルが必要なことを覚えておきましょう。

文字単価3円以上の案件

文字単価3円以上になると、より一層の専門性を求められるうえ、案件を見つけるのも難しくなってきます

記事ジャンルは前述のように知識や経験を必要とするもの、あるいは経営、経理、BtoB向け情報など、インターネットで情報を得にくいもので依頼されることも。

また記事に独自性をもたせることが重要視されるケースもあります。その場合は、電話や現地での取材、事前にアンケートをとってその結果を盛り込むなどして、オリジナルの情報を提供できるようにしましょう。

案件を探そうとしてもクラウドソーシングサイトの場合、一般に出回らないクローズド案件が多いです。そのため直接契約の案件を探すのが現実的といえるでしょう。あるいは継続依頼をもらっているクライアントさんに、単価交渉するのもアリです。

専門知識と同時に、営業力交渉力も必要になってくるのが、文字単価3円以上の案件の特色といえるでしょう。

文字単価5円以上の案件

文字単価5円以上ともなってくると、メインになるのは企業側から直接依頼される記事です。

この価格帯で執筆される記事内では、たいてい提供する商品・サービスの訴求をおこなっています。そのためユーザーがどれだけその記事を見てくれるか、徹底的にチェックしているのです。

こうした事情から、そのジャンルにおける専門性SEOライティングなどがより必要になってきます。また文字単価5円以上は、「ほかでもないあなたに書いて欲しい」と思えるレベルのライターに出されてることも覚えておきましょう。

スキルだけでなく、その人独自の経験ブログにおけるファンの数コミュニケーション能力など複数の要素から、契約するかどうか判断されるのです。このように文字単価5円以上の案件では、獲得するのも大変なうえ、契約後には記事による成果をしっかり要求されます。

クラウドソーシングには低単価な案件が多い?

案件を獲得するのに、クラウドソーシングサイトを使っているライターは多くいるでしょう。

ただクラウドソーシングサイトだと、文字単価の低い案件が多くなりがちです。この点についてもお話ししておきましょう。

Webライターの人気が高まり、人数が増えている

クラウドソーシングサイトに低単価な案件が多い理由の一つとして、Webライターの人数が増え、需要<供給の状況になっていることが考えられます。

副業・フリーランス・在宅ワークが注目されるなかで、パソコン1台あればOKのWebライターは参入しやすく、人気の職業です。多くの人がWebライターをはじめ、クラウドソーシングサイトに登録していることでしょう。参考として、2020年における大手クラウドソーシングサイト2社の登録者数を紹介します。

まずクラウドワークスにおけるワーカーの登録者数は、6月末時点で393.5万人。1年前の294.0万人から、なんと約100万人も増加しているのです。さらにランサーズでは、3月におけるフリーランスの登録者数が、2019年12月比で、58%も伸びていました。

これらの調査はWebライターに限定したものではないとはいえ、ライバルが多くなっていることは実感できるのではないでしょうか?Webライターも同様に人数が多くなっているとすれば、競争が激しくなり低単価の案件が多くなってしまうのも納得できます。

クラウドソーシングによる外注の性質

クラウドソーシングサイトに低単価な案件が多い理由として、もう一つ注目すべきなのが、コストをおさえて依頼したいという発注者の意図です。記事の執筆を外部に依頼するとき、発注先を企業にすると、煩雑な契約手続きが発生したり高いお金を支払うことになったりします。

それに対してクラウドソーシングサイトなら、簡単に契約できるうえ、最低賃金などの規制も気にせず報酬額を設定できるわけです。

よほどのことがない限り、後者のほうが好都合ですよね?このように「手軽に、安く」仕事を頼みたいと考える人・企業が募集をかけているため、報酬が安いと感じるような案件が多くなってしまうわけです。

クラウドソーシングには利点も多い

ではクラウドソーシングサイトは、使わないほうがいいのでしょうか?結論からいえば、「No」です。

クラウドソーシングサイトの利点は、なんといっても案件数が豊富なことでしょう。例えばクラウドワークスの場合、案件数は以下の通りでした。

  • すべての仕事・求人情報の検索結果:359,770件
  • 「ライター」の仕事検索結果:55,034件
  • 「ライティング」の仕事検索結果:45,948件
    ※2021年11月8日時点

いろいろな業種の募集があるなか、なんと全体の13〜15%をライティング案件が占めているのです。そのなかには未経験でもOKの案件がたくさんあります。文字単価は低くても、きちんと納品すればそれは立派な実績です。

また上記でWebライターの増加の可能性に触れましたが、必要以上に怖がることはありません。というのも、Web関係のお仕事をしている人にとって、「安定していい記事を書いてくれるライターを探すのが大変」というのが悩みのタネなんだとか。

つまり全員が発注者のニーズをきちんと満たすライターというわけではないのです。そのため丁寧な仕事をすれば、認められるチャンスは十分あるといえます。実際に稼いでいる人もたくさんいるわけですからね。

ですから特に未経験の人は、積極的にクラウドソーシングサイトを使っていきましょう。

高単価な案件を獲得するための4つの行動

クラウドソーシングサイトで案件に取り組みつつ、以下4つのことをすることで、単価アップを狙えます。

1. 新しい案件に応募しよう

最も単純かつローリスクなのが、今より文字単価の高い案件に応募することです。その際送る提案文には、これまで以上に気を配りましょう。

条件のいい案件には応募者が多く集まり、そのぶん多くの提案文が採用担当者のもとに届きます。パッと見て読みにくいものは、その時点で落とされてしまうでしょう。

そのため一文を簡潔にする、改行を適宜入れるなどして、読みやすい提案文にするのです。

また高単価の案件の場合、こちらの実績を求められることが多くなってきます。その際は過去に書いた記事のURLを記載するなどしましょう。

ちなみに記事を公開するときは、自分の実績として第三者に見せてOKかどうか、発注者だったクライアントさんに確認をとっておくのが鉄則です。案件応募はすぐにできる方法なので、毎日新着案件をチェックしておきましょう。

2. 得意ジャンルをつくろう

自分の得意なジャンルをもって、専門性の高い記事を書けるようになっておくのもおすすめです。特定のジャンルに精通し実績を積むことで、同じジャンルの案件への応募が通りやすくなったり、向こうから依頼が来るようになったりします。知識の深さや記事のクオリティーが認められれば、そのぶん報酬額もアップするでしょう。

また得意ジャンルをつくることには、作業効率がアップするという利点もあります。継続して書いているジャンルなら、少ないリサーチ時間で執筆に移ることが可能になるのです。

得意ジャンルの見つけ方として、不動産会社に勤めているのなら住宅記事、旅行が好きなら旅行記事など、職業や趣味などを活かすといいでしょう。

「特に思い浮かばない……」という人は、ひとまずいろいろなジャンルの案件をやってみて、書いていて苦ではないものを探してみるといいですよ。力を入れたいジャンルが決まったら、書籍を最低5冊読み込む、関連資格の取得を目指すなどして勉強しましょう。

3. スキルを身につけよう

高い報酬を支払われるライターは、文章力はもちろんのことさまざまなスキルを要求されます。

まず大事なのは、検索エンジンで記事を上位表示させるためのテクニックである、SEOライティングです。たいていのWebサイトはインターネットでの集客を目的としており、検索で上位表示されることを望んでいます。そのためSEOライティングを習得しているライターさんは、発注者にとってありがたい存在なのです。

ほかにはWordPress(ワードプレス)も使えるようにしておくといいでしょう。Webサイトの多くはWordPressで作られています。納品された記事をWordPressで入稿するところまで担当できるとなれば、おおいに評価されるでしょう。

このような発注者にメリットをもたらすスキルを習得することが、単価アップにつながっていきます。

4. 単価交渉をしてみよう

継続して案件をもらえている人向けの方法が、文字単価を上げてもらえないか交渉することです。単価交渉をしたいときはまず、クライアントさんと信頼関係を築けているかを考えてみましょう。

約束を守るこまめに連絡するなど、当たり前のことを日頃からきちんとやっているかが重要です。また記事を納品したときに、「納期よりずっと早くて助かりました」「予想以上の出来でビックリしました!」などの反応をもらえているのであれば、チャンスは十分あるといえるでしょう。

そして実際に単価交渉するときは、クライアントにとってのメリットを提示すると効果的です。「今後はWordPressの入稿もやります」「翌月からは月10記事ずつ納品します」など、報酬を増やすに値すると思えるような提案をしましょう。

とはいえ不安はあると思います。「うまくいかなかったときは今後の依頼を打ち切られるんじゃ……」なんて思う人もいるでしょう。

ですが信頼関係を築けていれば大丈夫です。仮に単価交渉に応じてもらえなかったとしても、即打ち切りなんてことにはなりません。ですから思い切って話を切り出してみましょう。

まとめ

ここまで文字単価別にライティング案件の特徴、そして単価をアップさせる方法を紹介してきました。文字単価1円未満のものだと、体験談・アンケート、キュレーションサイトでの記事執筆が主な仕事内容です。

その一方高単価な案件だと、医療や不動産など、専門性の高い分野での執筆が増えてきます。さらに独自性やPV数など、求められるものもよりハイレベルになるといえるでしょう。

このような文字単価と案件の相場を見ることで、自身の現在の立ち位置と今後やるべきことが見えてきたのではないでしょうか?

今後もクラウドソーシングサイト上の案件に取り組む、スキルアップするなどして、文字単価アップを目指していきましょう!

WEBデザイナーになって人生を変えた話
特別ストーリーを限定公開中!
WEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ