稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック

必要とされるライターになるために必須なSEO

「Webライターとしての価値を高めたい」
「もっと稼げるライターになりたい」
「たくさんいるライターの中で、生き残っていけるかな…」

そんなくすぶった思いの突破口となるのがSEOです。

これまでも何となく見聞きしてはいたものの、具体的にどんなことをしたらいいのか、「いまいちピンと来なかった」「難しそうで手を付けていなかった」という人も多いかもしれませんね。
「多くの人に記事を読まれ、企業からも必要とされ、収入アップも見込める」、そんなWebライターを目指すなら、SEO対策は必須のスキルです。

もし今、「SEOってなに…?」という状態ならこの記事をきっかけに、SEOの知識を身につけ、Webライターとしての腕を上げましょう!

さっそく、初心者でもすぐに実践できるSEO対策のテクニックをご紹介していきます。

WebライターとしてやっていくためのSEO知識

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック1
SEO対策ができるかどうかで、Webライターとしての価値は大きく変わります。

そもそも、SEOって何なのでしょうか。
WebライターにとってのSEOについて、そしてSEO対策ができることで得られるメリットついて見ていきましょう。

WebライターにとってのSEO

SEO(Search Engine Optimaization)とは、Webマーケティングにおいて重要な戦略のひとつで、「検索エンジン最適化」と訳されています。

企業にとって、自社サイトを訪れてもらうことは、集客やその先にある「購買」や「成約」につながるので、「何としてでもアクセス数を増やしたい!」というのが本音です。

そこで、自社サイトに優良なコンテンツを多く抱え、
たくさんの検索ユーザーに見つけてもらう → クリックしてもらう → 自社サイトを訪れてもらう → 商品やサービスを購入してもらう、という流れを作ろうとします。

SEO対策は、この「たくさんの検索ユーザーに見つけてもらう」ための施策です。

具体的には、「検索ボックスに入力されるキーワードに記事をヒットさせ、上位表示させる施策」を指します。
数ある施策の中で、Webライターが手がけるのは、「SEOに強い良質な記事」を執筆すること。それによって、企業サイトの「優良なコンテンツ作り」を手助けすることです。

そう考えると、“SEO対策ができるWebライター”こそ重宝される、と想像がつきますね。

SEO対策が稼ぐためのキーになる

「文章を書く」という誰にでもできるシンプルなスキルだからこそ、プロが書く文章は、素人のものを圧倒的に上回っていなければなりません。
求められているのは「結果を出せるWebライター」です。

Webライターの需要は、インターネットの普及とともにどんどん高まっています。
それと同時に、Webライターを目指す人も増えています。

未経験でも比較的始めやすいという点と、副業やリモートワークへの関心が高まったことが、その波に拍車をかけているようです。
幸い、初心者でも手掛けやすい簡単な案件も多いことから、「仕事が見つからない」ということはないでしょう。ただ、報酬の高い案件は争奪戦です。

Webライターは文字単価で案件を請け負うことが多く、一般的な案件だと文字単価0.5~2円が相場です。
クラウドソーシングで案件を獲得する場合は、クライアントと直接契約するよりもさらに相場が下がるので、文字単価1円を切るものも珍しくありません。

そんな中、専門分野を持つライターは強く、育児や美容、趣味などの得意分野があれば文字単価の相場が1~3円程度となり、稼ぎやすくなります。
さらに、医療や法律関係などの有資格者になると、文字単価20円を超えるような報酬額も期待できます。

ただ、得意分野や資格を持っている人ばかりではありません。それらを保有しないライターは安い単価の記事を書き続けるしかないのでしょうか。

そこでキーになるのが、「SEO対策」の知識とスキルです。
SEOライティングのできるライターとなれば、文字単価5円以上を目指すことも不可能ではありません。

これから得意分野を持ったり資格を取得するよりも、「効率的に稼げる上に需要が高い」となれば、Webライターとして活躍するためにも、ぜひ習得しておきたいスキルですね。

SEO対策は「Googleの評価」が基準になる

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック2
「SEO対策」は主にGoogle検索エンジンからの評価を高めることを指します。
なぜ、“Google”なのでしょうか?理由を見ていきましょう。

検索エンジンの世界シェアはGoogleが圧倒的

記事を上位表示させるには「検索エンジン」の仕組みについて知る必要があります。
「検索エンジン」というと、Google、Yahoo!、Bingなどが一般的に知られるところではないでしょうか。

検索エンジンによって評価基準が異なるため、検索結果で表示されるものも当然違ってきます。ただ、SEO対策で意識すべきはGoogleの検索エンジンです。

その理由は圧倒的な利用率。
Webトラフィックにおける世界の動向を解析している「StatCounter Global Stats」の調査を見てみましょう。

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック3
参照:https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/japan

日本国内での検索エンジン利用率は、Googleが75%、Yahoo!が19%、Bingが4%、それ以外は1%以下と、Googleが他に大きく差を付けトップのシェアを誇っているのが分かります。

日本のみならず、Googleの検索エンジンのシェアは、アメリカでは87%、イギリス、カナダ、ヨーロッパ諸国では90%以上、アジア全体でも90%以上と圧倒的です。
加えて、Yahoo!が「Googleから検索技術のライセンス提供を受けている」という点を考慮すると、検索エンジンの世界的シェアは“Googleの一人勝ち”と言えます。

参照:「Google Japan Blog」
https://japan.googleblog.com/2010/07/yahoo-japan.html

となると、「Googleに評価してもらえる記事にする」ということが、検索結果の上位に表示させる近道、すなわち「SEO対策の要」になるわけです。

Google検索エンジンの仕組み

では、検索エンジンはどのようにサイトを評価し、検索結果に反映させているのでしょうか。

その仕組みは、
1.クローリング → 2.インデックス → 3.検索アルゴリズムによるランキングのステップで成り立っています。

簡単に解説すると、

1.クローリング
ロボット(クローラー)がインターネット上の膨大なWebページのリンクを追跡し、自動的に情報収集する

2.インデックス
クローリングで収集した情報はカテゴリー別に分類・整理され、インデックスと呼ばれるデータベースに登録される

3.検索アルゴリズムによるランキング
インデックスされたデータは、約200以上の評価基準から成る「独自の検索アルゴリズム」によって評価の高い順にランキングされ、ユーザーの知りたい情報と最も関連性の高いものが検索結果に反映される

というのが、検索結果表示までの基本的な流れです。

注目すべきは、「検索アルゴリズムは日々アップデートされる」という点。
順位決定で重視されるポイントは毎日微調整されており、その詳細が公表されることはありません。

それではSEO対策のしようがない、と思われるかもしれませんが、そんなときに指針とすべきなのがGoogleの掲げる理念です。

次で詳しく見ていきましょう。

「ユーザーファーストである」ことが何よりものSEO対策

Googleが正式に開示していない検索アルゴリズムを細かく分析するのは至難の業ですが、「Googleが掲げる10の事実」を指標にすれば、方向性を間違えることはありません。
これこそGoogle社の目指すところだからです。

Googleが掲げる10の事実

  1.  ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
  2.  1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番
  3.  遅いより速いほうがいい
  4.  ウェブ上の民主主義は機能する
  5.  情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
  6.  悪事を働かなくてもお金は稼げる
  7.  世の中にはまだまだ情報があふれている
  8.  情報のニーズはすべての国境を越える
  9.  スーツがなくても真剣に仕事はできる
  10. 「すばらしい」では足りない

出典:https://about.google/philosophy/

全ての項目において「ユーザーの利便性が第一」という理念が根底にあり、Googleの検索エンジンを多くの人に気に入ってもらい、使ってもらうための指標でもあります。

それによって得た「ユーザーからの信頼」で、Googleは「世界シェア1位の検索エンジン」の地位を誇っているのです。

検索によって表示される記事に関して言えば、「お金を多く投じることのできる企業が上位を独占する…」というような事態をGoogleは決して良しとしません。

そのために、独自の検索アルゴリズムを用いて「ユーザーの役に立つ記事か」を日々精査し、ランキング化しています。

すなわち、「ユーザーファースト」の記事にすることこそ、Googleから高い評価を受ける極意であり、何よりものSEO対策と言えるでしょう。

「ユーザーファースト」の記事にするには

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック4
SEOに強い「ユーザーファースト」の記事にするには、どうすればよいのでしょうか。
以下にポイントをまとめましたので、念頭に置いて執筆してみてください。

「ユーザーの検索目的」と「記事内容」を一致させる

ユーザーは皆、何かしら情報を得ようと検索ボックスにキーワードを入れます。その心理に“寄り添う”ことが最重要事項です。

キーワードから、そのユーザーが何を知りたいのかを正しく汲み取り、その疑問に対する「アンサー」となる記事を提供できなければ、「ユーザーファースト」とは言えませんし、検索上位を取ることは叶わないでしょう。

例えば、「渋谷、映画」という検索キーワードの場合、このユーザーの検索意図をしっかりと汲むことができるでしょうか。

この場合、「渋谷で今どんな作品が上映されているか知りたい」、「渋谷にある映画館の情報を知りたい」、「見たいと思っている作品が渋谷で上映されているか知りたい」といったところが主な検索意図だと予想できます。

この時Googleが上位に表示するのは、渋谷にある映画館の公式情報や、渋谷で現在上映されている作品情報、渋谷の映画館まとめサイト。

ユーザーは速やかに知りたい情報を得ることができますね。
「ユーザーの役に立つ記事」を上位に表示させることで、ユーザーは満足を、Googleは信頼を得ています。

たとえキーワードをタイトルや本文に入れ、それらしい記事にしたところで、記事内容が求められている情報とズレていれば、ユーザーに「読む価値がない」と判断されてしまうでしょう。

離脱率が高いと、SEOの観点からしても「良質な記事」とは判断されず、上位表示される可能性も低くなってしまいます。

ユーザーにとっての利便性と、有益な情報であることを目指し、検索目的の「アンサー」のみならず、ユーザーの将来的なニーズも予測し提示できれば、“期待を上回る記事”を書けるライターとして、重宝されるはずです。

「分かりやすい」記事にする

お金を払って購入する書籍や雑誌とは違って、無料で公開されているWebページの記事は、あらゆる人の目に留まります。

ただ、その中で「最後まで読もう」という意欲のある人は、ほとんどいないと考えていいでしょう。
そのため「読み進めてもらう」工夫が必要です。

「結論」は先に述べる

Webで公開されている記事を読むユーザーは、「手っ取り早く答えを知りたい」と思っていて、とても“せっかち”です。
仕事の合間や通勤時間など、限られた時間に記事を読むことも多いでしょう。

冒頭で関心を持ってもらえなければ、クリック一つで簡単に離脱されてしまいます。
つまり、「起承転結」の「結」を待たずしてページを去って行かれてしまう、ということです。

情報記事は小説ではありませんので、「結論」を先に述べるのが鉄則です。

冒頭で「何について書かれているか」を明らかにし、ユーザーにとって必要な情報であることを伝えつつ、本文で「結論」→「理由」→「事例・証拠」→「まとめ」という流れにしましょう。

ユーザーの「早く知りたい!」という欲求を満たしながら、「もっと知りたい」に導いていき、読み終えた後に「疑問の解消ができている」もしくは「次の行動を促す」ことができるのが理想です。

目次で全体像を見せる

最初に記事の全体像を把握できると読みやすくなるので、「目次」を用意しましょう。

ユーザーはまず目次に目を通し、自分にとって必要な記事か判断します。内容を簡潔に表し、“読みたくなる”見出しを付けましょう。

ここで覚えておきたいのは、「ユーザーは隅から隅まで記事を読むとは限らない」という点。
書籍のように“完読”することが目的ではなく、「必要な箇所だけを読んで、効率的に情報を得たい!」というのがユーザーの本音です。

だからこそ、どこに何が書いてあるのかを明確にし、読み飛ばされることも考慮して記事を作成するのも「ユーザーファースト」ですね。

理解しやすい文章にする

専門用語の多用や、堅苦しい文章、難しい表現は避けましょう。理解に時間がかかるため、読み進めることが億劫になってしまいます。

たとえば、プログラミングをこれから始めようという初心者に、専門用語が連なる記事を書いたら、「分かりにくい」という感想を抱かせることになってしまいます。

ターゲットによって、書き方や言葉遣いは変わりますが、基本的に「誰が読んでも分かりやすい」を心がけて執筆しましょう。

具体例で理解を助ける

単調な解説が続くと、退屈な上に情報が頭に入って来なくなってしまいます。

そんな時に理解の助けとなるのが具体例。
難しい内容も身近なことに転換されると、イメージしやすくなり、印象にも残りますね。

ボリュームのある記事ならなおさら、度々具体例を出し、文章に変化をつけてみましょう。

Webライターの仕事は、リサーチした情報を整理して「伝える」ことです。
情報を網羅していても、一方的で独りよがりな文章では伝わりません。

記事を読んでいる人を“置いてけぼり”にしないためにも、理解の助けとなる工夫をしましょう。

「読みやすい」記事にするための4つのコツ

「読みづらさ」や「突っかかり」は致命的です。読み手にストレスを与え、離脱のきっかけになってしまいます。
以下のポイントを押さえて記事を「読みやすく」する工夫をしましょう。

1.文章を簡潔にする

伝えたいことがたくさんあって、つい一文に多くの情報を詰め込んでしまう…、なんていうことはありませんか?

ダラダラと長い文章は要点が掴みにくく、読者にストレスを与えます。
「一文一義」という言葉があるように「ひとつの文章に要点はひとつだけ」を心がけ、読みやすくしましょう。

さらに、意味が重複する言葉や、省いても意味が通じる語句があれば、削除することで文章はより簡潔になります。

難しい言葉や漢字は極力避け、「誰にでも読みやすいものを心がける」というのがWebの文章における基本ですので、「中学生でも分かる漢字や表現」を目安にすると良いでしょう。

2.リズムを大事にする

読みやすい記事にするなら、リズムよく読める文章でなければなりません。

簡潔な文であると同時に、同じ語尾が続かないよう変化を付けたり、適度に改行するなどの工夫が必要です。

誤字脱字は言語道断。表記の揺れ(コンピュータ/コンピューター、おすすめ/オススメ、など)も「読みにくい」要因になりますので統一しておきましょう。

書いた文章を読み返すときに、突っかかることなく、スムーズに音読できるかがポイントです。

3.視覚的な変化を加える

文字だけがぎっしり並んでいる記事を見て読む気が失せた…、という経験はありませんか?

図や表で内容の補足や情報の整理がしてあると、一気に読みやすい記事になります。
メリハリを付つけるという意味でも、「文字以外の要素」が入っていると良いでしょう。

文章が長くなりそうなときは「箇条書きにする」という手もあります。
必要な情報が短文化されているので読みやすく、見た目にも整った印象を与えられるのでオススメです。

「図、表、箇条書き」を上手く取り入れ、視覚的にも「ユーザーに優しい」記事を目指しましょう。

4.全体の「見え方」にも気を配る

ビジュアル面での「読みやすさ」を考えるときに、忘れてはいけないのが、端末ごとに異なる記事の見え方。

昨今はパソコンよりも、スマートフォンで検索や記事を閲覧する人が増えています。
パソコンで記事を書くにしても、それがスマートフォンだったらどのように見えるのか、必ず確認するようにしましょう。

パソコンで3行の文章は、スマートフォンでは6行で表示されると言われています。
あっという間に小さい画面が埋まってしまいますね。

改行や行間に気を配ったり、「箇条書き」や「文字以外の要素」も取り入れながら、
1画面がビッシリと文字で埋め尽くされる…、ということのないよう注意が必要です。

SEOに強くなるための5つのテクニック

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック5
ここまで、記事のクオリティを上げて「ユーザーファースト」を目指す施策をご紹介してきました。

ここからは、検索上位を狙える「コツ」をお伝えしていきます。
SEOの知識がなくても、すぐにできるテクニックですので、ぜひ試してみてくださいね。

共起語やサジェスト・関連キーワードをリサーチする

指定されたキーワードで記事を書く際にまずおこないたいのが、共起語やサジェストキーワード、関連キーワードのリサーチです。

共起語

共起語とは、キーワードと共に使用される率の高い語句です。
たとえば、「SEO」というキーワードと合わせてよく使われるのは、「対策、サイト、検索、記事、コンテンツ…」といった具合です。

共起語を取り入れることで、網羅性の高い記事になります。
無料で使える調査ツールがあるのでとても便利です。さっそくブックマークに!

<オススメ>
「共起語検索」:https://neoinspire.net/cooccur/
「サクラサクラボ 共起語ツール」:https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

サジェストキーワード

サジェストキーワードとは、キーワードと合わせてよく検索される語句です。
検索ボックスにキーワードを入力すると、候補として表示されます。

試しに「SEO」を検索窓に入力してみましょう。

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック6

といった候補が表示されました。

通常のブラウザで検索すると、ユーザーが検索したキーワードとともに、自分の検索履歴も反映されてしまいます。

これではユーザーが求めていることを正しく測ることができません。

リサーチする際のコツとして、「ブラウザモードを必ず“シークレットブラウジング”にする」ということを覚えておきましょう。

関連キーワード

関連キーワードとは、メインのキーワードと関連性の高い語句で、検索結果のページ下に表示されます。

では、「SEO」で検索した場合の関連キーワードを見てみましょう。

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック7

このように表示されました。

Googleのアルゴリズムによって、「頻繁に検索される語句」が自動的に検出されるので、「ユーザーが知りたがっている情報」を把握しやすくなります。

検索上位の記事をリサーチする

ユーザーが求めている情報は、検索上位記事からも推測が可能です。

Googleに高く評価されているということは、「ユーザーにとって有益な情報」が網羅された記事だということです。

指定のキーワードで実際に検索し、上位10位以内に表示された記事には目を通し、リサーチしておきましょう。

言わずもがな、コピペは絶対にダメですよ!
Googleに価値の低いコンテンツとして判断され、検索順位が大幅に下がるばかりか、検索結果に表示されないといったペナルティを受ける可能性もあります。

リサーチ結果を“参考”にしながら、自分のターゲット向けにどんな構成にするか考察してください。

また、ここでもリサーチをするときは「シークレットブラウジング」でおこなうのを忘れないようにしましょう。

タイトル・見出しにもキーワードを入れる

「タイトル」と「見出し」にもひと工夫をすることで、クリックされる確率が高まります。

タイトル

キーワードを検索してユーザーが最初に目にする「タイトル」。
そもそもココでクリックしてもえなければ、記事を読んでもらえません。

限られた文字数の中で、いかに簡潔に記事内容を魅力的に表すか、が鍵になります。

すぐに実践できるテクニックとして、

✔記事の内容を明確に示す
✔必ずキーワードを入れる
✔キーワードは左に寄せる
✔28文字~32文字以内にする

は最低限、押さえておきましょう。

ー記事の内容を明確に示す
「誰に向けて」、「何について」書かれた記事なのかを明確にしましょう。
その上、記事を読むメリットまで伝えられれば、ターゲット層の目に留まり、クリックされる率が高まります。

ー必ずキーワードを入れる
タイトルにキーワードを入れるのは、SEO対策の中でも基礎中の基礎。
検索結果に表示されるタイトルを見て、ユーザーは「知りたい情報が得られる」と判断します。

ーキーワードは左に寄せる
キーワードは、ユーザーの目に付きやすい左側に寄せると効果的です。
検索したワードがタイトル内にすぐ見つかれば、ユーザーはクリックしたくなるでしょう。

ー28文字~32文字以内にする
検索結果で表示されるタイトルには限りがあります。
表示可能な最大文字数は、端末や検索エンジンによって異なるので、「〇〇字まで」と断言はできません。ほとんどの場合、28文字なら全文表示されますので、目安にしてください。

見出し

タイトルで関心を引くことに成功したら、次は記事にたどり着いたユーザーに「読んでもらう」工夫が必要です。

✔見出しにもキーワードを入れる
✔本文の内容を要約した一文にする
✔全体の構成を考えて見出しに順列をつける

ー見出しにもキーワードを入れる
タイトル同様、見出しにキーワードが入っていればSEO対策に効果的です。
事前にリサーチした、サジェストキーワードや関連キーワードも入れられると尚のこと良いでしょう。

見出しの文章構成だけを請け負うSEOライターが存在するほど、見出しは記事の質を大きく左右します。

「ユーザーが求めている情報だ」ということを上手くアピールするためにも、キーワードを入れつつ、キャッチ―な文章で「読みたい」と思わせる工夫が必要です。

ー本文の内容を要約した一文にする
見出しにキーワードを入れることは大事ですが、それを優先しすぎて、見出しと本文の内容にズレが生じるようなことがあってはなりません。

ユーザーが見出しを見て、「一目で何が書かれているか分かる」のが理想です。

もし、「一文で簡潔に言い表せない」というなら、1つの項目に情報を詰め込みすぎている可能性があります。

「見出し1つにトピック1つ」を目指し、複数の情報を網羅している場合は、「見出しを分ける」ことを検討してみましょう。

トピックによっては文章量が多くなり、1見出しのボリュームが大きくなってしまうこともありますね。
そんな時は、「大見出し」の中に「中見出し」、「中見出し」の中に「小見出し」というように、見出しの階層を整理してみましょう。

ー全体の構成を考えて見出しに順列をつける
「見出し」を抽出してまとめたものが「目次」となり、記事の冒頭に表示されます。

ユーザーはそこで全体像を掴みますので、見出しの順が「ユーザーファースト」でないと、早々に離脱されてしまいます。

記事全体の流れが自然になるよう心がけ、見出しを「ユーザーにとって必要な情報の順」に整理しましょう。

ユーザーやGoogleの評価が高い記事は、「読み進めるだけで、知りたいことが順序良く整理され、頭に入って来る」という構成になっています。

記事を読んでいるときに、「ん?」と引っかかりを感じて、前後の見出しを再度確認…、なんて経験はありませんか?

思考の迷子はユーザーにストレスを与えてしまいます。
見出しの「順番」は妥協せずに熟考を重ねましょう。

テキストにもキーワードを適度に散りばめる

ユーザーとGoogleに、「検索キーワードと関連性の高い情報を提供していますよ」とアピールするためにも、本文にキーワードを散りばめるというのもSEOライティングのコツです。

記事全体に満遍なくキーワードを入れることで、検索上位に表示される可能性が高くなります。
「こそあど言葉」(これ、それ、あれ、どれ)に置き換えるより、キーワードを繰り返し使った方がSEO対策には有効です。

ただ、キーワードを盛り込みすぎて不自然さが出るようなら、「読みやすさ」を優先してください。
「読みにくさ」が離脱や記事の低評価につながるので、キーワードの入れすぎもまた注意が必要です。

キーワードを連呼する代わりに、類似する言葉を使ったり、表現方法を少し変えるなどして、関連性の高いキーワードを織り交ぜるというのもテクニックです。

記事内容を裏付ける実証を提示する

Googleはコンテンツの品質を見極める際に「E-A-T」を重視しています。
SEO対策として、このポイントも押さえておきたいところです。

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック8

引用:「Search Quality Evaluator Guidelines/Gernal Guidelines」p.19:
https://static.googleusercontent.com/media/guidelines.raterhub.com/ja//searchqualityevaluatorguidelines.pdf

「E-A-T」とは、

✔Expertise(専門性)
✔Authoritativeness(権威性)
✔Trustworthiness(信頼性)

を意味します。

記事内容が事実に基づいたものであることを示すために、証拠になる情報を引用したり、提示すると「信頼度」が高まります。

証拠として持ってくる情報が、専門性の高いものであり、権威性もあれば間違いありません。

たとえば、
・教育関連の情報なら、文部科学省
・医療関連なら、厚生労働省や医療機関の公式サイト
・働き方に関連する事柄なら、厚生労働省や社会保険労務士が監修している記事
・科学的な根拠が欲しい場合は、研究論文や実験結果など

国や公の機関、その分野のエキスパートが発信している情報などを資料として提示すれば、「専門性」、「権威性」、「信頼性」を一気に高めることができます。

リサーチをする際は「出処が確かなもの」、「信頼性の高いもの」にあたりしましょう。

SEO対策で“人の助け”になるライターを目指す!

稼げるWebライターになるためのSEO!初心者にもできる6つのテクニック9

Webライターとして走り始めたら、SEOを意識せざるを得ません。

初心者にもできる施策はたくさんあり、意識してライティングするだけで、記事の質はグッと上がります。

記事を検索上位に表示させるコツは、「ユーザーファースト」に他なりません。
読む人の利益を思って情報を提供し、「良質な記事」にするよう心がけます。

そのためには、
誰が読んでも分かりやすく、読みやすい記事を心がける
✔検索上位の記事をリサーチしてユーザーのニーズを掴む
✔キーワードをタイトル、見出し、本文に入れる
✔実証を提示し信頼度を高める

といった対策が有効です。
ここでご紹介したテクニックを、さっそくライティングに取り入れてみてください。

Webライターという仕事は、多くの人の目に触れる記事を執筆できる、という喜びがあります。だからこそ、読んでくれた人にとって有益な記事を作成したいものです。

必要とされるライターを目指すなら、人の助けになること。
まさに“ユーザーファースト”ですね。

SEO対策が、Webライターとしての在り方を教えてくれそうです。

多くの人に「読んでよかった」と思ってもらえる記事で、検索上位を目指しましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。