Webライターが心がけるべき「読まれる記事の書き方」一挙公開!

Webライターが心がけるべき「読まれる記事の書き方」一挙公開!

Webライターは近年、時間や場所を選ばず、特別な資格も必要ない誰にでも気軽にできる副業として、注目を集めています。
他にも、ハードルが低く、挑戦しやすいことも理由として挙げられますが、いざ始めるとなると、

「記事ってどう書いたら良いの?」
「文章の書き方に決まりってあるの?」

という疑問が出てくるのではないでしょうか?

Webライターが記事を書く際は、読者に読まれるためにWebコンテンツ特有の書き方を実践しています。

では、プロのWebライターがどのように読まれる文章を書いているのか?

今回はズバリ、記事の書き方やコツについて解説していきます。
Webライター初心者はもちろん、改めて基本を確認したい現役Webライターも、ぜひ参考にしてみて下さい!

Webライターが読まれる記事を書くための5ステップ

Webライターが心がけるべき「読まれる記事の書き方」一挙公開!1
普段何気なく読んでいる記事は、読者に読んでもらうためにWebライターが工夫して書いています。
読まれる記事にはポイントがあり、それを押さえれば誰でも書けるようになるのです。

ここでは、読まれる記事を書くためのステップをご紹介します

読者はどんな人でどんな悩みを抱えているのか考える

まず初めに考えるべきことは「読者はどんな人で、どんな悩みを抱えているのか」ということです。

例えば「フリーランスのWebデザイナーに必要なスキル」という記事を書くとして、この読者が記事を読む意図とは何でしょうか?

  1. Webデザイナーではない仕事をしているが、フリーランスのWebデザイナーになりたいと考えていて、そのためのスキルを身につけたい。
  2. 既にWebデザイナーとして企業で働いているが、デザインの他にもフリーランスになるためには何のスキルが必要なのかを知りたい。

といったように、読者によって意図は全く違うものになります。

1と2では、求めている情報が異なるので、記事にする内容も全く違ってきますよね?

ですので、読者自身が持つ悩みを解決に導けるよう、必ず読者を想定しましょう。
ここで注意したいのが、多くの人に届けたいからと、想定する読者の範囲を広くしてしまうことです。

読者の範囲を広げると、結果的に誰にも届かない記事になってしまいますので、ピンポイントで想定することが大切です。

読者のニーズを深掘りする

読者がどんな人で、どんなことに悩んでいるかを考えたら、次はその悩みを深堀りしていきましょう。
WEBライターの間では、解決したいことを「ニーズ」と呼ぶこともあります。

ニーズの深堀りはどのようにすればいいのでしょうか?

先ほどの例で、1の「Webデザイナーではない仕事をしているが、フリーランスのWebデザイナーになりたいと考えていて、そのためのスキルを身につけたい。」という読者を想定した場合で考えてみましょう。

まず、読者の表面的なニーズは「フリーランスのWebデザイナーに必要なスキルを知りたい」ということになります。

そのニーズに対して「なぜ」フリーランスのWebデザイナーに必要なスキルを知りたいのか?ということを深掘りして考えてみましょう。

  • なぜ会社員ではなくフリーランスになりたいのか
  • 敢えてWebデザイナーを選んだ理由は何なのか
  • 必要なスキルとはデザインなのか、それともデザイン以外のスキルを知りたいのか

など、思いつく限り深掘りし、何を解決したいのかを考えていきます。

そして深掘りできたら、検索エンジンや質問サイトなどで同じような悩みを持つ人をしっかりリサーチしていきます。

「Webデザイナー フリーランス」などのキーワードで検索したり、よくある質問などのページを見たりして、実際の読者をリサーチすることで、解決したい悩みがより明確に見えてきます。

こうして解決したい悩みが見えてきたら、悩みを解決に導くための「解決策」を書いていくのです。

このように、読者の本当に解決したい悩みまで把握し、寄り添った文章を書くことができれば、読者の共感を呼び、好まれる記事になります。

読者を惹きつける導入文を作成する

導入文はリード文とも呼ばれ、記事の初めにあたる部分ですが、ここでは本文を読みたいと思わせる書き方が必要です。
本文に何が書かれているのか、これからどういった話が始まるのかを要約し、読者に寄り添った文章を簡潔にわかりやすく書きましょう。

ここでポイントとなるのが、読者に「自分の知りたいことが書かれてある」と思ってもらうことです。
「えっ、何何?読みたい!」と思わせる書き方でなければ、本文に読み進めてもらうことはできません。

そこで読者の知りたいことにも触れつつ、先を読み進めたくなる導入文にしましょう。

最後まで読まれる本文を作成しよう

本文は、記事の主要部分となります。
ここでは、読者に伝えたい内容とその理由、そして具体例を明示するという流れで書いていきましょう。

まず伝えたい内容を書くことで、読者は話の流れが掴め、以降の内容を読み進めやすくなります。
次に、その内容を裏付ける理由と具体例を書くことで、文章に説得力が増し、理解しやすくなります。

この例文をみてください。

企業で働くWebデザイナーに比べ、フリーランスの年収はかなり高いのが現状です。
企業のWebデザイナーの年収が4~500万円程度なのに比べ、フリーランスで1000万円を超えるほど稼ぐWebデザイナーがいます。
なぜなら、フリーランスは自分の裁量で仕事量や案件を選ぶことができるからです。

「企業で働くWebデザイナーに比べ、フリーランスの年収はかなり高いのが現状です。」が伝えたい内容。

「企業のWebデザイナーの年収が4~500万円程度なのに比べ、フリーランスで1000万円を超えるほど稼ぐWebデザイナーがいます。

なぜなら、フリーランスは自分の裁量で仕事量や案件を選ぶことができるからです。」が理由と具体例になります。

さらに、公的機関等の信頼できるリサーチデータを引用して掲載すれば、理由が裏付けられ、具体性が高まります。

このような書き方が、読者に離脱されにくい効果も相まって、読まれる記事となるのです。

まとめ文で内容の要約をする

まとめでは内容の要約をしましょう。

読者に、最終的にどうなってほしいかなど、記事の中で伝えたかったことをまとめます。

実は読者は、あまり時間をかけて記事を読むことはなく、ほとんどが流し読みです。
特に長文記事などでは「ここまで読み進めてきたけど、結局何が言いたいの?」となりがちなのです。

このようなことを防ぐためにも、改めて記事の要点をまとめる書き方をすることで、記事のおさらいにもなり、内容の理解が深まります。

Webライターが心がけたい、読まれる記事を書く4つのコツ

Webライターが心がけるべき「読まれる記事の書き方」一挙公開!2

Webライターが読まれる記事を書くために、心がけてほしいことがあります。

ここでは、読者が思わず読みたくなる記事の書き方のコツを4つ解説します。

記事を書く目的を明確にする

記事コンテンツは、目的を明確にしたうえで書きましょう。

そもそも記事を書く目的は基本的に「悩みを持つ人に正しい情報を伝え、解決に導く」ということです。

ですので、悩みを持っている人にいかに寄り添えるかがカギとなります。
悩みを持つ人を決め、解決に導く。このことをまず頭に置いておくことで、読まれる記事の書き方ができるのです。

Webライティングの手法を覚える

Webライティングには、特有の手法があります。この手法に則った書き方を覚えることも、読まれる記事を書くコツの一つです。
前の章でご紹介した、「読まれる記事の書き方5ステップ」と併せて覚えたいのが、表記のしかた、記事タイトルや目次の作り方です。

この後の章で、詳しくご紹介しています。

読まれる記事を書くためにも大切なことなので、ぜひチェックしてください。

自分の書きたいものではなく、読者の求めるものを書く

記事コンテンツは、読み手の悩みを解決することが大きな目的です。ですので、読者に寄り添った内容と書き方でなければなりません。

ここで、これが書きたいから!と自分を主張してはいけません。
しっかりとしたリサーチに基づき、悩みを解決に導く内容でなければ、誰にも読まれないか、読まれても全く違う層に読まれる、残念な記事になってしまいます。

また、記事コンテンツがクライアントからの依頼案件だった場合、このようなことをしていれば、二度と依頼がくることはないでしょう。
こうしたことから、自分の書きたいものを書くのではなく、読者の求めるものを書くよう心がけてくださいね。

タイトルはしっかりと考えて作る

タイトルは、一番最初に読者が目にする情報ですので、しっかりと考えて作る必要があります。
あなたも実際、この記事を読みたい!と思ってクリックするのは、興味を惹くタイトルだったからでなないでしょうか?

ポイントとなるのは、読者が「自分の悩みを解決してくれそうだ」と思うタイトルにするということです。

また、「~〇〇選」や「〇つの注意点」といったように、具体的な数字を入れる書き方も、内容のイメージが湧きやすくなるため、おすすめです。

ちなみに、キーワードを前半部分の左寄せで表示すると、比較的読まれやすい記事になります。
気をつけたいのが、インパクトを強めたいあまり、内容とかけ離れたタイトルにしてしまうことです。

そのようなタイトルにすると、読まれないばかりか、サイトへの信頼度も著しく低下してしまいますので、記事の内容を要約し、なおかつマッチしたタイトルにしましょう。
このように、どうすれば読まれるかをしっかりと考えて作ったタイトルなら、読んでみたい!と読者の気持ちを掻き立てるでしょう。

Webライターが覚えておくべき4つの注意点

Webライターが心がけるべき「読まれる記事の書き方」一挙公開!3

Web上に記事コンテンツを書く場合には、注意しなければならない「ルール」が存在します。

ここでは、Webライターが覚えておくべきルールを4つ解説します。

記事タイトルは32文字以内にする

記事タイトルはなるべく32文字以内に収めましょう。

理由は、パソコンで検索した際、Googleの検索結果には32文字までしかタイトルが表示されないためで、切れた部分は「…」と表示されます。

また、検索結果にタイトルの文字が全て表示されることで、読者の目にも止まりやすくなり、内容をイメージしやすくなります。
ただし、32文字に収めようとして不自然なタイトルになってしまうようであれば、無理に文字数に縛られる必要はありません。

見出しで内容が分かるようにする

見出しは、読者が読んで内容が一目で内容を把握できるようにしましょう。

なぜなら、記事を流し読みをする人がほとんどなので、目に飛び込んでくる見出しだけで何が書かれているかがわかる方が好まれるのです。

できれば、タイトルを見ていない場合でも、見出しを見れば記事の内容が判断できるような書き方をすることがベストです。
また、多くの場合、見出しがそのまま目次として表示されます。

目次をさっとみて、必要なところだけ読もうと思う読者もいるので、どんな内容が書かれているかわかるような見出しをつけると親切です。
このため、見出しは一目で内容がわかるような書き方をしましょう。

表記はルールを守って書く

記事を書く際には、いくつか守るべきルールがあります。
数字を半角で表記することもその一つです。

全角は、検索エンジンやその他のシステムで認識されにくいなどの理由から、半角表記が通例となっています。
また、何度も出てくる同じ言葉を違う表現で書くことを「表記ゆれ」といい、プロのWebライターとしてはNGな書き方です。

例えば「かぎ」という言葉は、

  • カギ

というような書き方をしますが、読みにくい印象を与えることにもなるので、同じ意味のものは一方の書き方に揃えましょう。

このように、表記にもWeb記事コンテンツ特有のルールがありますので、注意が必要です。

著作権と引用に気をつける

Webライティングの案件では、画像やデータを使用することがあります。
アイキャッチなどで画像を使用したり、記事の裏付けや具体性を増すために、他のサイトなどからデータを引用することがあります。

この時、無断で画像やデータを転載すると「著作権の侵害」とみなされ、重い罰則が課せられます。
他のサイトから画像やデータを引用したい場合は、参照元・引用元を明示するようにしましょう。

また、画像サイトからダウンロードした画像を使用する場合は、利用規約を必ず確認し、規約に従って使用するようにしてください。

「無料のサイト=著作権フリー」というわけではありません。

このように、Web上の記事コンテンツには書き方のルールがあります。トラブルにならないためにも、しっかりと頭に入れて取り組んでくださいね。

まとめ

ここまで「Webライターが心がけるべき、読まれる記事の書き方」について解説してきました。

Web上の記事コンテンツは、読者の悩みに寄り添い、解決に導くことが大きな役割です。
そのために、ルールに則って書く必要がありますが、それは決して難しいことではありません。

読者の悩みをしっかりとリサーチし、ニーズを把握することで、読者に読まれる高品質な記事を書くことができるのです。
今回ご紹介した内容を参考に、あなたも「読者から求められる記事を書くWebライター」を目指してみませんか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。