伝わる文章の書き方

伝わる文章を書きたい! 【文章力を上げるための7つのポイント】

メールの文章を考えたり、仕事で報告書やプレゼン資料を作成することがあると思います。そんな時に、「もっと上手く伝えられないかな。」「もっとわかりやすい文章が書けたらいいのに。」と、思うことはありませんか?

この記事では、文章作成のプロであるWebライターのライティングのやり方を参考に、伝わる文章の特徴文章力を上げるポイントなどを解説していきます。

伝わる文章とは?

同じようなテーマを扱った記事でも、わかりやすい記事とわかりにくい記事があります。この違いはいったい何でしょうか?

その主な違いには次のようなものがあります。

読み手のことを考えている

文章には必ず読み手が存在します。Webライターは、読み手が知りたい情報を的確に伝えることを意識して記事を書いています。

読み手はタイトルを見て、自分の知りたいことが書かれていそうな記事をクリックします。この「知りたい」に応えることができれば、読み手を満足させることができます。

そのためには、読み手がどんな人なのか考える必要があります。年齢や性別、どのようなことに興味を持っているのかなどを想像してみます。

求めているものは人それぞれ異なりますので、どんな人に向けて何を伝えるのか、書く前に考えてみましょう。

結論を先に伝えている

結論を先に書くと、何を伝えたい文章なのかすぐにわかります。なかなか結論にたどり着かず、結局何を言いたいのかわからない文章は、読み手にとって何のメリットもありません。

ネット上にはたくさんの記事が掲載されているので、できるだけ早く、必要な情報が見つかれば助かりますよね。

結論を先に書くメリットは、読み手が情報を見つけやすく、書き手が伝えたいポイントを伝えやすいことです。

読みやすい

読みやすい文章は、読んでいてストレスがありません。よく使う言い回しや言葉とのズレがなく、スラスラ読めます。

反対に、読みにくい文章は、読んでいるときに違和感があります。普段あまり使わない表現や言葉だったり、主語と述語が明確でなかったりします。

読みやすい文章にするために、誰でもわかる単語や言い回しを使ったり、主語と述語がねじれないように注意しましょう。

わかりやすい

専門用語や略語など、よく知らない単語や表現が使われている文章はわかりにくいですよね。

その分野の専門知識のある人たちに向けて書いている文章なら良いのですが、そうでない人たちにとっては、何を言っているのかわからない文章になってしまいます。

わかりやすい文章のポイントは、できるだけ簡単で、誰もが知っている言葉を使うことです。どうしても専門用語などを使用しなければならない場合は、解説を付けましょう。

伝わる文章を書くために必要な4つの能力

伝わる文章を書くためには、主に次の4つの力が必要です。

共感力

共感力とは、自分のことのように相手の気持ちや考えがわかる能力のことです。人の感情に寄り添うことができ、安心感を与えます。

ライティングで言えば、読み手の気持ちがわかるということです。なぜ、この記事を読もうと思うのか、困っていることや知りたいことは何なのか、などを想像します。

自分が読み手だったらどんなことを知りたいかを念頭に置いて、文章を書くことが大切です。

リサーチ力

Webライターは、記事を書く前にリサーチをします。その主な理由は、

  • 正しい情報を伝えるために根拠を調べる
  • 自分が知っている知識だけでは限界がある
  • 世の中の傾向を知るなどが挙げられます。

Webライターは、自分がよく知らない分野の記事を依頼されることもあります。そのような場合は特にリサーチは欠かせません。

また、自分がよく知っている分野でも、個人的な感情や偏った知識の文章にならないよう、正しい情報や今の世の中の傾向を確認する必要があります。文章を書く時には、必ずリサーチをしてから書き始めるようにしましょう。

構成力

文章には流れがあるので、読んでいてわかりやすい構成を考えることも重要です。「伝わる文章とは?」のところでもお伝えしましたが、良い文章は結論が先に書かれています。

よく使われる構成は下記の2つです。

  1. 結論→理由→結論
  2. 結論→理由→実例→結論

最初に結論を書き、次に理由、実例を伝え、最後にもう一度結論を伝えます。

最初に結論を言って、伝えたいポイントを読み手に印象付け、最後に復習として再度ポイントを強調することで、読み手に確実に要点を伝えることができます。

語彙力

言葉には下記の例のように、同じ意味の同義語や、意味が似ている類義語などがあります。

同義語の例:「家」と「住宅」、「本」と「書物」など
類義語の例:「目標」と「目的」、「永久」と「永遠」など

語彙力があると、同じような内容の文章でも表現の幅が広がります。初心者には簡単でわかりやすい表現、経験者には専門用語や硬い表現など、状況に合わせて使い分けができます。

Web上には無料のオンライン辞書などがもありますので、正しい単語の意味を調べたり、違う表現の言葉を探すのにとても便利です。「weblio」「連想類語辞典」などはオススメです。

weblio

日本語シソーラス 連想類語辞典

また、他の人が書いた文章を読むのも勉強になります。自分では思いつかない表現などを知ることができ、語彙力を上げるのに役立ちます。表現の幅を広げるためにも、いろいろな人の文章を読んでみましょう。

文章力を上げるための7つのポイント

Webライターは、良い文章を書くために、いろいろなポイントを押さえて実践しています。その中でも文章力を上げるために、特に重要な7つのポイントを見ていきましょう。

ターゲットを明確にする

まず、誰に向けて記事を書くのかを明確にします。初心者、経験者、男性、女性、年齢層など、できるだけ具体的に考えて決めます。

ターゲットが明確になると、どのような人に向けて記事を書くのかがはっきり想像できるので、文章が書きやすくなります。

伝えたいテーマを明確にする

次に、記事で伝えたいテーマを決めます。ターゲットの人たちが、何に悩んでいるのか、何を解決したいのか、興味を持っていることは何なのか、などを考えます。

そしてその中で、一番求めていることをテーマにします。

わかりやすい言葉を使う

読み手にとってわかりやすい言葉を使いましょう。ターゲットが初心者と経験者では、伝わる言葉は自然と違ってきますよね。

誰でもわかる簡単な表現にするのか、専門用語を交えても大丈夫なのか、などを考えてから文章を作成します。

文章は適度な長さにする

一般的に読みやすい文章とは、一文が40文字くらいの長さと言われています。文章が長すぎても短すぎても、何を言いたいのかわからなくなります。

ストレスがなくスラスラ読めて、適度な長さになるように文章を作成しましょう。

正確な情報を伝える

読み手は、役に立つ情報を求めていますが、正確さも重要です。数値やデータがある場合は、情報源のサイトのURLや書籍名などを記載しましょう。

文章を書く前にしっかりとリサーチをして、正しい情報を確認することは、文章作成の基本です。

文体を統一する

文章にはスタイルがあり、そのスタイルを統一すると、一貫性のある文章ができます。主なポイントは下記の2つです。

  1. 文末の表現:「です・ます調」「だ・である調」
  2. 文体:「口語表現(話しことば)」「文語表現(書きことば)」

文末表現と文体が統一されていないと、読んでいて違和感のある文章になってしまいます。テーマやターゲットに合った文末表現と文体を使いましょう。

記事の順番が適切である

「構成力」のところでも触れましたが、記事には順番があります。この順番が適切でないと、読んでいて違和感のある記事になってしまいます。

例えば順番が、理由→実例→結論→結論となった場合、いきなり理由から文章が始まるのもおかしいですし、結論が2回続いたら「また同じことを言っている。」と思われてしまいますよね。

読み手にとってわかりやすい記事にするために、記事の構成は、基本の順番を守りましょう。

まとめ

わかりやすい文章を書くために、Webライターの人たちが普段やっていることを参考に解説しました。文章力を上げるいろいろなポイントがありましたね。

  • ターゲットとテーマを決める
  • リサーチをする
  • 記事の流れの順番を守る
  • わかりやすい言葉を使う
  • 文体を統一する

言われてみれば当たり前のことかもしれません。ですが、一つ一つのポイントを実際にやってみると、以前よりも伝わる文章が書けるようになったのではないでしょうか。

そして、何よりも大切なのは、読み手のことを考えるということ。全ての基盤はここにあります。あなたの文章の作成に少しでもお役に立てれば幸いです。

【お知らせ】

プロの現役WEBライターが無料で伝授
WEBライターという働き方セミナー開催中!


「副業でWEBライティングに挑戦してみたいけど、実際どんな仕事なの?」
「WEBライターになるために、何から始めたらいいのかわからない」

WEBライターの仕事に興味があるけれどまだ一歩踏み出せていない方へ
まずは無料で、WEBライターのお仕事について学んでみませんか?

このセミナーでは、現役で活躍するWEBライターから、
・WEBライターになると得られる4つの自由
・知らないと損するWEB業界のリアル事情
・未経験からWEBライターになるための具体的な方法
などを聞くことができます!

「パソコンの操作が苦手」「WEBライティングは未経験」そんな方でも大丈夫です!
(過去にもそのような方はたくさんいらっしゃいました)
パソコンを使ったお仕事も未経験の方がほとんどです。ぜひお気軽に参加してくださいね。


※先着順でのご案内となりますので、お早めにお申し込みください。

関連記事一覧