Webライターに向いている人

Webライターの適性とは?向いている人、向いていない人の特徴も詳しく解説!

WEBライターは特に資格は必要なく、主婦やフリーランスなど誰でも活躍できる職業です。しかし、インターネット上では「WEBライターは誰でも稼げる仕事ではない」という言葉も散見されます。

実際のところ、WEBライターに向いてる人と向いてない人がいるのは事実です。それでは、WEBライターの適性がある人は一体どんな人なのでしょうか?

こちらの記事ではWEBライターに向いてる人向いてない人の特徴、さらにWEBライターの適性を磨く方法について解説します。

WEBライターに向いてる人の特徴

WEBライターに向いてる人にはどのような特徴があるのでしょうか?こちらではWEBライターに向いてる人の特徴を7つ紹介します。1つずつ見ていきましょう。

文章を書くことが好き

WEBライターの仕事の基本は文章を書くことであり、核になる重要な部分になります。WEBライティングでは、文章を書いては修正してと何回も繰り返すので、記事を1本書くだけでも相当なエネルギーが必要です。

文章を書くことが好きであれば、記事のクオリティを上げようと無理なく努力ができるので、WEBライターに向いているといえます。

情報を発信することが好き

WEBライターの主な仕事は、クライアントから依頼されたテーマについて情報を整理し、発信することです。たとえばおすすめのレストランを紹介したり、最新の家電のレビューを書いたりと、Googleなどで検索すると出てくる記事のほとんどはWEBライターが執筆しています。

普段ブログやSNSなどで情報を発信することが好きな人にとっては、WEBライターの仕事は楽しんで取り組めるでしょう。

好奇心が旺盛

WEBライターが執筆する記事のジャンルは本当に幅広いです。仕事の依頼内容によって、自分が全く知らないジャンルについてリサーチや取材をして記事を書くことがあります。

そのため、さまざまなことに興味や関心を持ち、知識の幅を広げることが楽しいと思える人は、WEBライターに向いているといえるでしょう。

黙々とひとりで作業ができる

WEBライターはパソコンを使って記事を書くことが仕事です。仕事のなかにはクライアントに面会して打ち合わせをすることもありますが、基本的にはひとりでパソコンと向き合い、1日中記事を書くことになります。

誰とも会わずに仕事をすることに苦痛を感じない人は、WEBライターに向いてるといえます。

継続力がある

どの仕事にもいえますが、継続力はWEBライターにも必要です。 WEBライターになると常に記事を書き続けることになり、最初のうちはクライアントからの修正が多く、記事を完成させるまでに時間もかかります。

そのため、WEBライターを長く続けるには、コツコツと努力を続ける継続力があるかも大切になります。

向上心がある

WEBライターは適切な文章の構成を考え、読者にわかりやすく伝わる表現で記事を書く必要があります。WEBライティングは奥が深く、正しい日本語を使って実際に役立つ記事を執筆できる人は少ないです。

職人のようにライティングスキルを磨く向上心がある人は、Webライターに向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力がある

WEBライターの仕事には、取材や打ち合わせなどで他者と関わる機会もあります。また、記事やコンテンツの作成はライターだけではなく、ディレクターや編集者と一緒にチームで作り上げるものです。

他者と会話をするなかで、相手の本音を引き出したり話の展開を組み立てたりできるコミュニケーション能力もWEBライターには必要なスキルになります。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

WEBライターに向いてない人や続かない人の特徴

続いて、WEBライターに向いてない人や続かない人にはどのような特徴があるのか7つの例を見ていきましょう。

文章を書くことが苦手

上述したように記事を書くことはエネルギーのいる作業です。文章を書くこと自体を苦痛に感じる人は、WEBライターとして長く続けることは難しいかもしれません。

しかし苦手意識が少しあるぐらいであれば、書く回数をこなせば徐々に得意にすることができるので、副業からWEBライティングを始めてみるのもよいでしょう。

基本的なパソコンのスキルがない

WEBライティングは基本的にパソコンを使用して記事を書きます。難しいスキルは必要ありませんが、インターネットで検索したりWordが使えたりと、最低限のパソコンのスキルは必要です。

もしWEBライターを目指すなら、インターネットやパソコンに関する知識を正しく理解し、活用できるようにしておきましょう。

好奇心がない

WEBライターは幅広いジャンルの記事を書く必要があるため、新しい物事に興味を持てない人はWEBライターに向いていないかもしれません。特に最初はジャンルを選べずに記事を書くことが多いので、興味を持てないと記事を書く以前のリサーチや取材が苦痛に感じてしまいます。

逆に好奇心さえあれば楽しんで調べることができるので、どんなことにも興味を持てるのはWEBライターにとって必要な要素になります。

集中力が続かない

WEBライティングは、「一文が長すぎていないか?」や「記事全体の流れは自然な形になっているか?」といったように細部に気を使うため、集中力が求められます。

集中力を長い時間維持できないと筆を進めることもできなくなってしまうので、集中力が続かない人はWEBライターには向いていないかもしれません。WEBライターとして活躍するには、自分の性格をよく理解し、集中力を保つ工夫をする必要があるでしょう。

自己表現をしたい

WEBライターは、クライアントが指定したテーマに沿って記事を書く必要があるので、文章で自己表現したい人には向いていないといえます。記事の主役はあくまで読み手になるので、読者の知りたい内容や情報を書けることがWEBライティングには必要になります。

記事によって自分の体験談を書くこともありますが、もし自己表現をしたいのであれば、ブログから始めてみるとよいでしょう。

スケジュール管理が苦手

ほとんどの記事には納期が設定されているので、納期に間に合うようにスケジュール管理することが必要になります。どんなに素晴らしい記事が書けたとしても、納期を過ぎてしまうとクライアントの信用を失い、仕事をもらうことができません。

約束を守るという当たり前のことを当たり前にやれることが、WEBライターとして生き残るために必要なスキルです。

コミュニケーションが苦手

WEBライターは、基本的にクライアントとのやりとりをする際、メールやチャットを使うことのほうが多いので、人と話す機会が少ないです。

しかし、打ち合わせでクライアントの意図を読み取ったり、取材で相手のことを引き出したりと、コミュニケーションをとる場面もあります。記事を書く作業自体はひとりでおこないますが、一定のコミュニケーションスキルは必要です。

WEBライターの適性を磨く5つの方法

WEBライターとしての適性を磨くには一体どのような方法があるのか、こちらで詳しくご紹介します。

文章力を鍛える

基礎的な文章力はWEBライターにとって根本の部分です。WEBライターとして記事を書くことになったとき、その記事を読むのは家族や友人といった身近な人ではなく、自分の知らない第三者がほとんどになります。

そのため、誰が読んでも内容がしっかり伝わる文章を書くスキルが求められます。どれほど素晴らしい内容の記事を書いても、伝え方がよくなければ読まれることはありません。誰が読んでも理解できる文章を目指しましょう。

継続力をつける

WEBライターは実績が評価される世界で、ある程度の実績がないとクライアントから条件のよい仕事をもらうことができません。実績を積むには記事を書き続けるしかなく、継続して何度も書いているうちにライティングスキルも磨かれます。

初心者向けの案件も多数あるので、繰り返し挑戦し、継続力を身につけましょう。

客観的な視点をもつ

WEBライターの仕事は、第三者に向けてわかりやすい内容の記事を書くことです。読者を想定し、読者が求める内容の記事を書くことで、初めて読まれる文章になります。

狭い視野で書かれた文章は、狭い範囲の読者からしか共感は得られません。視野を広く持ち、客観的な視点から記事を執筆できるようにしましょう。

SEOの知識を身につける

SEOとは簡単にいうと、多くの人に記事を読んでもらうための対策のことです。たとえば、検索数が多いキーワードを記事の中に散りばめ、Googleなどで検索された時に記事が上位に来るようにします。

SEOは商品やサービスの売り上げにも直結するので、企業が重要視するライティングスキルです。SEOの知識を身につけ、クライアントに選ばれ続けるライターを目指しましょう。

専門分野の知識を身につける

専門分野の知識を身につけることは、WEBライターとして今後生き残るうえでの大切な要素になります。専門性があるライターは、提案が通りやすかったり、高単価な案件を受けられたりするからです。

たとえ難関な資格や免許を持っていなくても構いません。ファイナンシャルプランナーや宅建といったように、身近にある資格が1つでもあれば有利になることがあるので、何か専門知識を身につけるとライターとしての強みになるでしょう。

まとめ:WEBライターに向いてる人の適性がわかればステップアップが早くなる!

WEBライターに向いている人と向いていない人の特徴、そしてWEBライターの適性を磨く方法を解説しました。事前に適性をチェックし、自分が本当にWEBライターに向いているかがわかればミスマッチを防げますし、スキルのステップアップが早いです。

とはいえ、実際に記事を書き始めてみないと、自分がWEBライターに向いてるかどうかは想像がつきませんよね。WEBライターはパソコン一つですぐはじめられるお仕事でもあるので、少しでも興味のある方はぜひ第一歩を進めてみてください。

WEBデザイナーになって人生を変えた話
特別ストーリーを限定公開中!
WEBデザイナーで月収100万を叶えた35のコツとは?
詳しくはコチラ