WEBライターの需要

Webライターに需要はある?将来性と習得しておきたいスキルを詳しく解説

Webライターは、副業から気軽に始められることもあり、今注目を集めている職業です。その分ライバルも増え、今から始めても仕事が取れず稼げないと将来性を心配する声も。

しかし、Webライターの需要は今も多くあり、今後も伸び続ける仕事だといわれています。

こちらの記事では、

  • Webライターの需要や将来性がないといわれる原因
  • Webライターの需要や将来性がある理由
  • Webライターとしての需要を高めるスキル

以上3点について詳しくご紹介します。

今からWebライターを目指そうか悩んでいる方や、現在Webライターで将来に不安を感じている方の手助けになれば幸いです。

Webライターの需要や将来性がないといわれる5つの原因

なぜWebライターの仕事は需要や将来性がないと心配されるのでしょうか?

その5つの原因を見てみましょう。

記事の単価が安くて稼げない

クラウドソーシングサイトでWebライターの仕事を探すと、1記事あたりの単価が安い案件が目立ち、稼げないと思われがちです。

高単価な案件の場合は専門知識が必要だったり、応募する人が多く激戦だったりしますが、実績とスキルが備われば獲得することは十分できます。

低単価の案件ばかりが目立ちますが実際には高単価の記事を書いているWebライターは多くいるので、そのレベルを目指していきましょう。

テキストよりも動画や音声のコンテンツが増えている

動画や音声などのコンテンツが増え、文章であるWebライティングの需要が減っていくのではないかと懸念されています。

YouTubeやTikTokといった動画コンテンツが人気を集めていて、動画のブームがきていることは事実です。

しかし、動画のような音声と映像で伝える媒体でも文字を書き起こす必要があるので、Webライターの仕事は完全になくならないといえるでしょう。

副業の解禁によってWebライターが増えている

Webライターは特別な資格が必要なく、未経験者でも始めやすい仕事です。

近年は副業OKの会社が増えてきて、Webライターの人口が増えていることも将来性が心配される原因といえます。

実際のところ、スキルが低い初心者のライターも多く、スキルを磨いて実績を積んでいけば良い案件を取ることができ、仕事の奪い合いから抜け出すことは可能です。

AIが普及して仕事がなくなる

ここ近年、AIの技術は進歩していて、さまざまな分野の仕事がAIに取って代わるようになりました。

文字を書くWebライターの仕事もAIの普及により奪われるのではないかと心配されているようです。

しかし、AIを導入して記事を作ることはコストがかかりますし、仮にAIが記事を書いても人のチェックや修正は必要なので、AIを導入することに積極的な企業はないといえるでしょう。

テキストコンテンツの検索上位表示が難しい

GoogleやYahooなどの検索エンジンは日々進歩していて、対策を立てないとテキストコンテンツの検索上位表示が難しくなりました。

取ってつけた知識だけでは太刀打ちができず、Webライターの将来性を心配する人もいます。

最初は難しいかもしれませんが、読者の悩みや疑問を解決できる記事が書けるようになれば、検索上位を目指すことは十分可能です。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

Webライターの需要や将来性がある7つの理由

Webライターに需要や将来性は本当にあるのでしょうか?

読めば納得できる7つの理由を見ていきましょう。

単価の高い仕事も豊富にある

将来性を心配する声として記事の単価の安さが上がっていましたが、単価の高い仕事は豊富にあります。クライアントは信頼できるライターに単価の高い仕事を任せたいので、そのような案件は表に出回っていないことも。

専門的なスキルは重宝されます。スキルを上げていくことで高単価の案件を任せてもらえる可能性は十分あるでしょう。

文章のコンテンツは今後もなくならない

文章のコンテンツのメリットは、簡単に情報を探すことができ、短時間で欲しい情報を得られるところです。

日々忙しい現代人にとってこれほど便利なコンテンツはなく、Webライティングなどの文章のコンテンツがなくなることはないでしょう。動画や音声などのコンテンツの需要は高まっていますが、文字情報を扱うWebライターの仕事は今後も必要とされています。

オンラインが主流になり、今までチラシやパンフレットだったものを自社サイトにする会社が増えていくと予想されるのでWebライティングの仕事も増加傾向です。

動画や音声でも台本が必要のため仕事が増えている

動画や音声でも台本を作る必要があり、動画とWebライティングは密接に関わっています。

誰にでも伝わりやすい構成を作ったり、わかりやすい表現に変えたりすることはWebライターの腕の見せどころになります。

Webライティングは衰退していくどころか、動画や音声のコンテンツの需要と共に仕事が増えていくでしょう。

スキルがあるWebライターはまだ少ない

Webライターの人口は増えましたが、スキルのあるライターはまだ少ない状況です。

ライティングスキルを磨けば一歩前に抜き出ることができ、Webライター業界で活躍するチャンスがあります。

クライアント側からすると、スキルのあるWebライターを膨大な人数の中から探すのは難しく、一度気に入ってもらえば高単価の案件を継続的に受けられるでしょう。

ライティングスキルは他の仕事にも応用が効く

Webライターの仕事は幅広く、ブログの記事や台本の作成、メルマガの代筆業務など多岐に渡ります。

ライティングスキルがあれば魅力的で伝わりやすい文章を書くことができ、市場のニーズに合わせて記事を書けることも強みです。

仮にWebライターの職業がなくなったとしてもスキルは残り、文章を書く以外の仕事にも応用して活躍できるでしょう。

AIにはまだ魅力的な文章は書けない

Webライティングは繊細な言葉選びが必要で、AIが苦手とするクリエイティブな作業が求められます。

たとえば「食べる」という言葉にしても、「召し上がる」「頂戴する」といった別の表現をAIが再現することは難しいです。AIの普及によって仕事を奪われることが心配されていますが、上述したようにAIがWebライターの仕事を取って代わることはできないでしょう。

言葉の選び方で読者に与える印象が変わってしまうので、人の感情や感覚を読み取ることができるWebライターはこれからも必要な職業です。

Web広告は年々成長を続けている

テレビやラジオ、新聞など、さまざまな広告がある中でWeb広告は今も成長を続けています。

Web広告はターゲットが狙いやすく、チラシやパンフレットなどの広告よりもコストパフォーマンスが高いです。

さらにSNSが発達したことにより、Web広告やWebコンテンツの需要は高まると推測され、Webライターのメイン業務であるWebライティングは将来性が見込めます。

Webライターとしての需要を高める5つのスキル

需要のあるWebライターになるうえで、習得しておきたい5つのスキルをご紹介します。

基本的なライティングスキル

Webライターとして活躍するなら基本的なライティングスキルは必須です。

文章の作成能力があるだけでなく、読者の設定やキーワードを意識して書くスキルもWebライターには求められます。

ライティングスキルは日々変化を続けているので、スキルを磨くことで、将来クライアントが求めるWebライターに成長できるでしょう。

特定分野の専門知識

特定分野の専門知識を身につけることで、クオリティーの高い記事を書けるようになり、Webライターとしての価値が高まります。

クライアントが自社の人材だけで適切な記事を書くことは難しく、記事にしたい分野の知識を理解しているライターが必要です。

専門性が高まれば記事の単価も上がることになり、「〇〇系ライター」と名乗れるようになると、クライアント側から仕事の依頼が来るようになります。

コミュニケーション能力

Webライターというと、家で黙々と1人で仕事をしているイメージがあるかもしれません。

ときにはクライアントとのやり取りもあり、意思疎通がとれるようにコミュニケーション能力が必要となります。

クライアントの要望に応えられないと仕事が回ってこない恐れがあるので、ライターは1人だけで仕事をしていないという意識を持つことが大切です。

アピール力

Webライターとして今後生き残っていくためには、アピール力を身につけることもポイントとなります。

ただ待っているだけでは仕事は入ってこないので、自分から積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

今はSNSで気軽に発信することもできます。知名度を上げることで仕事の幅も広がり、クライアントから声もかかりやすくなります。

自分のスキルや実績を上手にアピールして、他のライターと差別化を図るとよいでしょう。

マーケティングスキル

将来Webライターとして活躍するなら、Webマーケティングについても詳しくなることがおすすめです。

クライアントはWebマーケティングを軸に記事の作成を依頼するので、文章だけしか書けないWebライターよりも重宝されます。

マーケティングスキルを身につけ、市場価値の高いWebライターを目指しましょう。

まとめ

Webライターの需要と将来性、習得しておきたいスキルについてご紹介しました。実際、Webライターの仕事は、誰にでもチャンスがあることをイメージできたのではないでしょうか?

どの業界でも不安はつきもので、Webライターもそのうちの1つとして心配されているのかと思います。

しかしWeb業界はまだまだ発展中であり、Webライターの需要は今後も増える一方です。そしてWebライターとして将来活躍するには、まずはスキルを身につけることが大切になります。

他のライバルに一歩差をつけるためにも、この機会にWebライティングを学んでみてはいかがでしょうか?

WEBデザイナーになって人生を変えた話
特別ストーリーを限定公開中!
WEBデザイナーで月収100万を叶えた35のコツとは?
詳しくはコチラ