WEBデザイナーに必要なスキル

WEBデザイナーに必要なスキルが全てわかる!初心者へ徹底解説!

WEBデザイナーになるには、特別な資格は必要ありませんが、まず基本的なスキルは身につけておく必要があります。

例えば、デザインツールの操作スキルやデザインの基礎知識が必要ですが、その他に何のスキルが必要で、何から勉強を始めればよいのかよくわからないですよね。

こちらの記事では、WEBデザイナーになるために必要な知識やスキルについて、徹底解説していきます。

さらには、ステップアップしてさらに活躍していくために、身に付けておくと良いスキルについても詳しくご紹介していきます。

ぜひ最後までチェックしてくださいね。

WEBデザイナーに必須のスキルとは?

最初に、WEBデザイナーに求められる基本的なスキルについてご紹介していきます。

デザインの基礎知識

WEBデザインには基本ルールがあります。
アートのように芸術的・独創的なものではなく、WEBデザインに求められるのは伝わりやすさや使いやすさです。

写真やテキストの配置、フォントのサイズや種類、配色などの基本ルールを最初に学びましょう。

また、WEBデザインのトレンドは日々移り変わっていきます。
流行りのデザインや新しいツールなど、情報を収集していくことをおすすめします。

たくさんのWEBサイトやバナーをまとめた「ギャラリーサイト」を活用して、いろんなデザインを見て学ぶのも一つです。
常日頃デザインを見ておくことで、どんどん引き出しが増えていき「良いデザイン」がわかっていきます。

デザインツールを使いこなすスキル

WEBデザイナーとして仕事をするうえで、デザインツールのPhotoshop(フォトショップ)は最低限習得しておきましょう。

Photoshopは、画像の編集や加工、明るさや色合いの補正といったデザインに必要な機能が網羅されたツールで、WEB制作会社では必ずといってよいほど使われています。

これからデザインツールの使い方を学ぶのであれば、まずはPhotoshopの使い方から勉強を始めるのがおすすめです。

Illustrator(イラストレーター)は、ロゴやアイコンなどグラフィックデザインをする際によく使うソフトで、習得しておくと、後々便利です。
いずれ使いこなせるようにしておくとよいでしょう。

コミュニケーション能力

これはWEBデザイナーに限った話ではないですが、仕事をする上でコミュニケーション能力はとても重要です。

デザインに取りかかる前に、クライアントがどういったサイトを作りたいのか?ユーザーはどんな人なのか?といったヒアリングを必ず行います。

スムーズな話し合いを進め、相手が求めるものを的確に理解し、具体的な要望を引き出す必要があります。

WEBデザイナーの仕事は、クライアントが要望したデザインをWEBサイトに反映することなので、正確に応えられれば信頼関係を作ることができ、重宝されるデザイナーになることができます。

未経験からWebデザイナーを考えている人は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね▼

【現役デザイナーが語る】未経験からWEBデザイナーになるには?

WEBデザインのスキルを学ぶには?

WEBデザインのスキルを学ぶには、色々な方法があります。

こちらでは3つの方法をご紹介します。

企業で実務経験を積む

デザインスキルを学ぶには、WEB制作会社に就職して実務経験を積む方法があります。

企業に勤めれば、WEBの専門知識を学ぶための教育制度が整っていたり、先輩や上司から直接教えてもらうことができます。

WEBデザイナーの求人には、実務が未経験でも就職可能な「未経験可」のものが出ているので、一度探してみるとよいでしょう。

正社員だけではなくアルバイトや派遣もあるので、求める働き方に合わせて選んでみてくださいね。

独学で学ぶ

独学で学ぶ方法にはいくつか方法があります。

・デザインに関わる参考書を読む
・有料や無料の動画サイトを観る
・バナーやサイトを真似して自分で作ってみる

といった方法があります。

実際に自分でWEBサイトを制作して実践することで、ツールの操作方法を確かめたり、学んだ知識をより深めることに繋がります。

さらにスキルを磨くには、流行りのサイトのデザインをチェックしてみたり、勉強会やセミナーに参加することがおすすめですね。

WEBデザインスクールに通う

デザインスクールでは座学と実技を同時に学ぶことができ、短期間で集中してスキルを習得することができます。

独学では時間がかかる、一人で勉強するとモチベーションが続かない、という人におすすめの方法です。

今は全国どこでも授業を受けられるオンラインスクールがたくさんあり、備えているサポートも様々なので、調べてみると良いでしょう。

スクールを選ぶ際に気をつけておいてほしいのが、

・現役のデザイナーが教えているかどうか
・卒業生がデビュー後に活躍できているか

という点です。

受講前に説明会をしているスクールもあるので、積極的に活用してみてください。

【2022年版】WEBデザインスクールおすすめ8選!

WEBデザイナーに役立つ資格とは?

WEBデザイナーになるために必要な資格はありませんが、スキルの証明に役立つ資格はあります。

履歴書にも書けるので、持っておいて損はありません。
そんな主な資格を4つご紹介します!

ウェブデザイン技能検定

厚生労働省が認定する国家検定の1つで、1級から3級まであり、合格すれば「ウェブデザイン技能士」と名乗ることができます。

試験は、学科試験と実技で構成されていて、1級と2級は実務経験の年数などの受験資格がありますが、3級はWEBに携わる業務を行っていれば誰でも受けられるので、初心者向けの資格といえますね。

試験対策用の解説本も出版されているので、それらを使えば効率よく勉強することができます。

WEB業界で働く人へ!国家資格webデザイン技能検定の必要性は?

WEBクリエイター能力認定試験

デザインとコーディングスキルをはかる試験で、WEBクリエイターとして総合的なスキルが身についていることを証明することができます。

実務に活かせる知識やスキルを体系的に学ぶことができるので、仕事の効率化にも繋がります。

公式ホームページによると受験者数が14万人以上いて、WEB業界でもっとも多い受験者数となっています。それだけ価値のある試験ということですね。

Photoshop・Illustratorクリエイター能力認定試験

デザインツールの基本的な操作スキルが身についていることを証明できる「スタンダード」と、高度な制作スキルが身についていることを証明できる「エキスパート」の2段階のレベルがあります。

受験資格はどちらも特になく、誰でも挑戦できる資格です。
しかし、エキスパートに合格するには幅広い知識が必要になります。

エキスパートは履歴書にも書けるレベルの資格なので、採用試験の際に企業へアピールすることができますよ!

カラーコーディネーター検定試験

色彩の理論を体系的に学ぶことができる資格で、仕事の受注に直接関わることは少ないかもしれませんが、勉強をすることで配色の選び方が理論的に身につきます。

試験は、1~3級までの3段階のレベルがあり、1級だけ「ファッション色彩」「商品色彩」「環境色彩」の3つの分野の中から1つを選択して受験します。

2級と3級はマークシート方式ですが、1級は論述問題も出題されるので、きちんと書けるように対策が必要です。

WEBデザイナーとして1歩リードするための5つのスキル

他のWEBデザイナーと差をつけるには、専門性を磨くことが大事です。

こちらでは、1歩リードするWEBデザイナーになるための5つの方法をご紹介します!

コーディング・プログラミングスキル

WEBデザイナーに求められるスキルとして、コーディングやプログラミングスキルが第一に挙げられます。

Adobe社のDreamweaver(ドリームウィーバー)を使うことができれば、ある程度のWEBサイトは作ることができますが、コーディングの勉強をしておけば、エンジニアと共同作業する時に仕事をスムーズに進めることができます。

ゆくゆくはHTMLやCSSなどのスキルを身につければ、WEBデザイナーとして強みのひとつになるでしょう。

また、WEBに適したデザインをする時に、プログラミングの知識が必要となるケースが出てくるので、JavaScriptなどのプログラミングスキルがあれば活躍の場がさらに広がるでしょう。

WEBデザインにコーディングは必要?WEBデザイナーとコーダーの違いをご紹介

WEBマーケティングの知識

WEBサイトを作ることができても、クライアントが求める効果が達成できていないと、よいWEBサイトと言うことはできません。

例えば、商品を売りたくてサイトを作ったのに全く売れなかったら、意味がないですよね。

マーケティングを学んでおけば、どうすれば売れるのか?どうすれば知ってもらえるのか?といった知識を取り入れて、サイト構築のディレクションすることができるようになります。

後々WEBデザイナーとして大きな武器の1つになり、クライアントへの提案の幅もこちらから広げることができるようになります。

ビジネススキル

資料の作り方や話し方についてのスキルだったり、相手に伝わりやすいプレゼンテーション力を身につければ、WEBデザイナーとしてさらにステップアップすることができます。

さらに、クライアントが抱えている問題をどのように解決していくかといった問題解決能力もあるとよいでしょう。

他にも、ビジネスマナーはコミュニケーション能力と同様に、WEBデザイナーに限らずどのような職業でも重要です。

基本的なビジネスマナーが身についていれば、メールの書き方や名刺交換などの業務経験で他のデザイナーと差が出てくるようになります。

マネジメントスキル

マネジメントスキルは、管理職だけに必要なイメージが強いですが、自分自身をマネジメントする「セルフマネジメント」は、需要のあるWEBデザイナーになるには欠かせないスキルです。

納期が短いこともあるので、自分のスケジュールをしっかり管理できるようになっておきましょう。

もし将来WEBディレクターを目指すのであれば、クライアントと共にプロジェクトを円滑に進めるスキルも磨くとよいでしょう。

このスキルを身につけるには、マネジメントについてのビジネス書を読んでみたり、先輩のデザイナーやディレクターの仕事ぶりを見て学ぶとよいですね。

ライティングスキル

効果性の高いサイトは、綺麗なデザインだけでなく、書かれている文章の力が必要不可欠です。

もし自分でライティングをすることができれば、デザインだけでなくコピーも包括して製作することができるので、客単価をアップさせられます。

さらに、SEOのことを学んでライティングができれば検索にひっかかりやすくなり、多くのユーザーが訪れるサイトになるので、クライアントにも喜ばれますよ。

今からでもWEBデザイナーを目指すことができる!

今回は、WEBデザイナーに必要な基本的な知識やスキルから、デザインスキルの学び方、1歩リードするためのスキルまで、幅広くご紹介しました。

最初から特別な資格やスキルがなくても、地道に努力を積み重ねれば誰もがWEBデザイナーになることはできます。

WEBデザイナーに求められるスキルは、クライアントの要望によって日々変わるので、どんな案件でもこなせるように日頃から新しい知識やスキルを学び、自分にできることを増やすことは大切です。

そのためには、向上心をもって新しいスキルを学ぶことを楽しみつつ、他のデザイナーにはない自分だけの強みをもてるようにしていきましょう。

こちらの記事でご紹介した情報を参考に、ぜひ新たな一歩を踏み出してください!

【お知らせ】

プロの現役Webデザイナーがあなたのお悩みを解決!
Webデザイナーという働き方セミナー開催中!!


こんな不安や悩みはありませんか?

・自分のキャリアでWebデザイナーに転職できるのか
・自分はWebデザイナーに向いているのか
・どうしたら効率良くWebデザインを習得できるか

このオンラインセミナーでは、これまで3000人以上のWebデザイナーたまごを指導してきた現役Webデザイナーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。

・Webデザイン未経験
・パソコンの操作が苦手…
・デザインセンスに自信がない...

このような方でも大丈夫です!(過去にもそのような方はたくさんいらっしゃいました)
あなたの悩みを聞きながら、あなたにピッタリのご提案をさせて頂きます。
些細なご相談でも構いませんので、気軽に参加してみてくださいね。

関連記事一覧