• HOME
  • 記事
  • 会社ブログ
  • 就活中「会社員向いていないよ」と言われた彼女が今や編集長⁉金丸理紗の“楽しく働くコツ”とは

就活中「会社員向いていないよ」と言われた彼女が今や編集長⁉金丸理紗の“楽しく働くコツ”とは

こんにちは!新卒1年目の菅田です。
ここでは、日本デザインで働く仲間を紹介します!

今回は、新卒1年目にして、就活メディアの編集長を務める金丸理紗(かなまるりさ)さんです。あだ名は、金丸ちゃん。

いつも楽しそうにイキイキしている金丸ちゃんですが、実は就活のときに「金丸さんは社会不適合だから、会社員には向いていないよ」と言われたそうなんです。

しかし、今は日本デザインで就活メディアの編集長やライターとして活躍している彼女。

Twitterでも就活生向けに発信を行っており、「日本一幸せな新卒」として外部メディアから取材がきたこともあります。

「社会不適合者」「会社員に向いていない」と言われたにも関わらず、なぜ彼女は今こんなにも楽しく働けているのか?

それは、彼女の仕事に対する考え方にありました。

新卒1年目(2021年4月入社)
出身:福岡県
好きな食べ物:牛タン 砂肝
趣味:Twitter・旅行・ネイル・岩盤浴

内定インターン中に見つけた「入社後にやりたいこと」

ーまずは、今やっているお仕事を教えてください!

今は、

●就活メディアの編集長
●ライティング
●ライティングスクールの講師

主に、この3つをしています!

ー就活メディアの編集長ってどんなことをしているの?

就活生に向けて就活お役立ち情報を発信するメディアを作っていて、その記事を書いたり、サイトのデザインを考えたり、数値を追ったりして、検索したら上位に出るように日々試行錯誤しています。

▼彼女が作っているサイトがコチラ
WANABI 

ー金丸ちゃんって、就活している時からメディアとかがやりたくて日本デザインに入社したの?

やりたいことを見つけたのは、就活中というより、内定をもらってインターンするようになってからかな。インターンでメディア運用に携わらせてもらって、「これがやりたい!」ってなりました。

もともと、ライティングは他のインターン先でもやっていて、昔から本を読んだり、文章を書いたりするのは好きでした。

それで、内定者期間中に、日本デザインのライターカレッジ(Webライティングが学べる講座)を受講して、内定者のときはとにかく記事を書いていました。

それで、入社後は就活メディアの編集長を任せてもらえるようになったんです。

ーたしかに、内定者のときから沢山記事書いていたよね!そういえば、Twitterもめっちゃ頑張っていなかった?

Twitterも内定者のときに、本格的に始めましたね。

「1か月でフォロワー1000人いくぞ!」って決めて、自分で調べてめちゃくちゃやったら達成出来ました(笑)


▲定期でくる「仕事が楽しい」ツイート、菅田はこれが一番好きです。

ースゴイ!!Twitterを始めるきっかけとかもあったの?

うーーん、暇だったから(笑)
大学4年生って暇じゃない?

まあ、もともとTwitter見ない日はないくらい好きで、好きなことだから時間を忘れてのめり込めたのかもしれないです。

日本デザインに内定をもらったのが大学4年生の4月だったから、入社するまでの約1年間はいろんなことに挑戦していました。

それで、内定インターンに積極的に参加して、入社後のやりたい事が明確になりました。今それができているから、本当に有難いなって思います!

就活中に言われた「金丸さんは社会不適合だから、会社員には向いていないよ」

ーそもそも日本デザインに入社をするきっかけは何だったの?

きっかけは、「社長メシ」っていうイベントでした。
そのイベントで、たまたま久保さん(副代表)の隣に座っていたんです。

そこで、久保さんがとっても楽しそうに仕事の話をしてくれて、その中で衝撃的だったのが、

「私って1年の中で年末年始がいちばん嫌いなの。だってみんな帰省するから、1週間くらい会社のみんなに会えないし、仕事できないじゃん。」

とおっしゃっていたことです。

当時の私は社会人に対してあまり楽しそうなイメージを抱いていなかったので、正直「こんなこと考える社会人いる⁉」って思いましたね。

ーたしかに、それは衝撃的だよね。会社のみんなに会えない、仕事が出来ないから悲しいって・・・(笑)

しかも、私は就活中に関わっていた人から「金丸さんは社会不適合だよね。会社で働くのは向いていないから、フリーランスとかになったほうがいいよ」って言われたことがあって。

それで相当自信は無くしました。「あぁ、わたしって社会向いてないのか〜」って(笑)

でも、アルバイトでの接客を褒められることが多かったし、愛嬌には人並みに自信があったので、ブライダル業界とかを見ていました。接客業だし、人の幸せに寄り添えるって最高だなと思っていて。

そんな時に、日本デザインに出会って、楽しそうに働いている久保さんの姿を見て、久保さん自身も幸せそうだし、久保さんに教えてもらったスクールの生徒さんもみんな幸せそうで。「私もここでなら楽しく働けるんじゃないか!」って感動したのを覚えています。

金丸理紗の“楽しく働くコツ”

▲楽しそうな様子が伝わってくるミーティング風景(写真右下、手で口を覆って笑っている金丸ちゃん)

ー今、実際に入社してから約半年間、働いていてどうですか?

毎日楽しいし、常に成長しているなって思います!

実は、1300人くらいが視聴するセミナーで講師として登壇したことがあって、そのことをTwitterで呟いたら、それがきっかけでメディアから取材が来たこともあります。
自称「日本一幸せな新卒」として紹介させてもらいました(笑)

▼そのツイートがコチラ


もちろん、仕事で辛い時や壁にぶつかることもあります。でも、そういう時に「よっし!きたコレ!」って思うようにしていますね。

ー「よっし!きたコレ!」とは・・・?

やっぱり仕事で成果を残している人とか成功している人の話を聞くと、ちゃんと過去に苦労を経験していて、それを乗り越えているんです。

だから、自分にも苦しいことや理不尽なことが起こっても「成功者ならどう捉えるだろう?」って考えるようにしています。

実際、まだまだ受け止めきれなくて泣いちゃうこともあるんだけどね(笑)
そんなときは、優しい同期にたくさん話を聞いて慰めてもらっています。
泣くとスッキリするタイプなんで!

ー分かる!私も泣くとスッキリするタイプ(笑)この半年間で成長したって感じたことはある?

大坪さん(代表)に、お手紙で「記事だいぶ良くなったね」って言って貰えたことかな!

日本デザインは、お給料日に社長から直筆でお手紙がもらえるんだけど、それでちょこっとだけ褒めて貰えていたことがすごく嬉しかったです。

ー大坪さん(社長)にそんなふうに言ってもらえるのは嬉しいね!!!

当然、まだまだだけど、モチベーションにはなりますね。

実は前まで、ライティング自体に楽しさを見いだせてなくて・・・
でも、ほんとここ最近なんだけど、記事を書くのがすっごく楽しくなってきたんです!

ライティングって本当に書き手の情熱が大切で「読んでいる人に伝えたい!」ってちゃんと思って書くと、分かりやすくて良い記事になるんだなって実感しました。

淡々と仕事をこなすだけじゃなくて、その仕事の意味を考えたり、ライティングだったらそれを読む人のことを考えたりすることが、自分自身も楽しく働けるコツになるんじゃないかなと思います!

どのような会社であれ、自分がやりたいことを明確にしておくことが大切

ー新卒1年目とは思えない回答です!(笑)同じ同期として、誇らしいよ!
逆に、日本デザインで働いていて感じる本音ってないの?

本音か~~~

なんかここまで意識高い人みたいに話しちゃったけど、
私はもともと全然意識高くなくて・・・

それこそ、「会社で働くの向いていないよ」って言われちゃうくらいだし(笑)

でも、どのような会社に入るにしても、自分がやりたいことを明確にしておくことが大切なんじゃないかと思います!

私は、「日本デザイン以上に良い会社はないんじゃないか」って思ってるんですけど、そんな私でも、「会社辞めようかな・・・」って思っちゃうことはありますよ。

でも、自分のやりたいことがあるから、大変なときでも頑張れるんです。

その会社でやりたい事があれば、辛いこともそのための試練だと思えるし、頑張れる理由になります。

そう言われても、自分のやりたい事ってそう簡単に見つからないですよね。私も就活中はよく分かっていなくて、内定もらってから、インターンをしていくうちに見つけたわけですし。

でも、諦めずに探し続けて、挑戦し続けていくことが大切だと思います!

10年後も20年後も楽しく働いていたい

ー金丸ちゃんの今後の展望を教えてください!

直近で言うと、今やっている就活メディアで1円でも売り上げを出すこと!

そして、10年後も20年後も久保さんみたいに楽しく働いていたいです。そのために、仕事で結果を出すことが必要だと思っています。

ちゃんと仕事で結果を出して、当時の私のような就活生に「私もこんなふうに働きたい!」って思ってもらえたら嬉しいな。

最後に読んでくれている人に一言!

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、私は就活中に日本デザインに出会って、本当に人生変わったし、変えられたと思います。

会社員向いていないって言われて、コロナで就活もうまくいかなくて、諦めそうになった時もありましたが、それでも頑張ったから、日本デザインに出会えて、今こうして楽しく働けているのだと思います。

だから、今は大変だと思っても、頑張って就活していたら、皆さんにも必ずいい出会いがあると思います!

それを信じて、頑張ってください!

 

 

終始、笑顔で楽しそうに話してくれた金丸ちゃん。

就活生のときに見た、久保さん(副代表)の楽しそうに働いている姿が今の彼女の原点になっているようでした。

そんな彼女に“ここだけは譲れないこだわり”を聞いてみると、「ネイルは毎月必ずする」ことだそうです。

ネイルがかわいいとモチベーションも上がるとのこと。
5000円で1か月の生産性があがるから、特にライターは絶対にしたほうが良いらしいです。

菅田もします!ネイル!

 

日本デザインは、社員の「やりたい気持ち」を尊重する会社です。

今は、まだやりたいことが明確ではなくても、金丸ちゃんのように「楽しく働きたい!」と少しでも思っていたら、ぜひ話を聞きにきてみてくださいね。

あなたのその小さな行動が、もしかしたら金丸ちゃんのように「人生が変わる」一歩になるかもしれません。

Wantedly

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。