WEBライターにおすすめのサイト

【10選】WEBライターにおすすめのサイトと稼げるポイントを解説

「そもそもクラウドソーシングサイトってなに?」
「WEBライターにおすすめのクラウドソーシングサイトが知りたい!」

WEBライターが仕事をするうえで、とても便利なクラウドソーシングサイト。
しかし、クラウドソーシングサイトと一言でいっても、たくさん種類があり、どれに登録すればよいか悩みますよね。

そこで今回は、WEBライターにおすすめのクラウドソーシングサイトを、厳選してまとめました。

また、クラウドソーシングサイトを選ぶ際のポイントや、利用する際の注意点についても丁寧に解説します。

この記事を読んで、自分にぴったりのクラウドソーシングサイトを見つけ、WEBライターとして効率よく稼ぎましょう!

クラウドソーシングサイトとは

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼したい人が、フリーランスなどに対してその仕事を委託する仕組みのことです。
クラウドソーシングサイトには3つの形態があり、それによって仕事の受注の仕方が変わります。これから詳しく説明していきますね。

クラウドソーシングの形態

クラウドソーシングサイトは、主に3つの形態にわかれています。

①タスク形式

タスク形式とは、クライアントが作業内容や納期、報酬などの条件を提示し、それを見てやりたいと思った受注者が受注を決める形式です。クライアントは受注者を選ぶことはできず、受注者が希望すれば仕事がスタートします。
まずは簡単なことから挑戦してみたいという方におすすめです。

②プロジェクト形式

プロジェクト形式とは、クライアントと受注者が1対1で仕事を進める、最も基本的な形式です。クライアントは、サイト上に業務の詳細や納期などの依頼内容を掲載し、それを見て、受注を希望する人たちが制作時間や報酬金額を提案します。

③コンペ形式

コンペ形式とは、クライアントが最初に条件を提示し、それに対して寄せられた提案・作品の中から、気に入ったものを選んで契約する形式です。

WEBライティングの案件は、プロジェクト形式やコンペ形式が多いですね。

WEBライターにはクラウドソーシングサイトがおすすめ!

WEBライターにとって、クラウドソーシングサイトは非常におすすめです。

その理由として

  • 未経験でも受注しやすいから
  • 自分の好きな仕事を選べるから
  • 営業しなくても案件が見つかるから

などが挙げられます。

そのため、クラウドソーシングサイトは多くのWEBライターが利用しています。個人的なつながりがない場合はクラウドソーシングから仕事をはじめることが一般的です。

未経験でも本当に大丈夫なのか、心配な方もいるかもしれませんが、「未経験OK」や「初心者歓迎」などの案件もたくさんあるので、未経験でも安心して利用できますよ!

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

クラウドソーシングサイトを選ぶポイント

ここではクラウドソーシングサイトを選ぶ際の3つのポイントを説明します。

WEBライティング案件の多さで選ぶ

1つ目のポイントは、WEBライティングの案件の多さで選ぶことです。

案件が多いことによって

  • 初心者向けから上級者向けまであるので、自分に合った仕事を探しやすい
  • 一つの案件に応募が集まらないので、ライバルが減る
  • 仕事がもらいやすいため、安定して稼げる

などのメリットがあります。

WEBライターはライバルが多いので、なるべく案件数の多いクラウドソーシングサイトを選ぶようにしましょう。

高単価案の多さで選ぶ

2つ目のポイントは、高単価案件の多さで選ぶことです。

高単価案件が多いことによって

  • 仕事をこなすと高単価案件を受けやすくなる
  • 受注率が高まる

などのメリットがあります。

高単価案件を受注できるようになると、収入もアップするので、高単価案件の数にも注目してさがしてみてください。

自分が使いやすいサイトを選ぶ

3つ目のポイントは、自分が使いやすいサイトを選ぶことです。

クラウドソーシングサイトの種類はたくさんあります。
基本的には同じサイトを継続して使うため、自分が使いやすいものを選びましょう。

使いやすいかどうか見るときは、以下のポイントをチェックしてみましょう。

  • 案件が見やすいかどうか
  • 案件が検索しやすいかどうか
  • スマートフォンで確認しやすいかどうか

実際に確認してみて、自分が使いやすいものを選んでくださいね。

クラウドソーシングサイトを使うときの注意点

クラウドソーシングサイトを探す前に、まずは使うときの注意点を説明します。

悪質なクライアントに気をつける

クライアントが皆よい人とは限りません。なかには、悪質なクライアントが存在します。
クラウドソーシングサイトをはじめる前に、どのような悪質なクライアントがいるか知っておきましょう。

安い報酬の案件をたくさん出してくる
「時給100円にもならない……」などの、報酬があまりにも安すぎる案件を出してくるクライアントには注意しましょう。
特に未経験の慣れていない方を狙ってくることが多いです。

個人情報を欲しがる
契約をする前に個人情報を聞き出してくるクライアントには要注意です。
個人情報を教えてしまうと、怪しい商材などを売りつけるために、広告メールなどを送ってくる可能性があります。

契約前に納品を求めてくる
「とりあえず、契約前に納品だけお願いします!」と言ってくるクライアントは悪質なクライアントの可能性が高いです。
契約前に納品をさせて、報酬を払わないでおこうと考えているかもしれません。

このような悪質なクライアントには十分注意してください。

悪質なクライアントに引っかからないためには、評価が低いクライアントや、本人確認していないクライアントはなるべく避けるようにしましょう。

また、万が一クライアントと連絡がとれなくなってしまった場合は、運営会社に通報することで解決するケースもあります。

クラウドソーシングサイトを利用する際は、トラブルになった際のサポートなども確認しておくことが大切です。

システム手数料を確認する

システム手数料とは、クラウドワークスを利用して仕事の案件を受けたとき、案件の報酬額からサイト利用額として差し引かれる金額のことです。

クラウドソーシングサイトは便利な反面、このシステム手数料を取られてしまうことがデメリットもあります。

手数料が取られることを知らないと、実際にもらった報酬をみて混乱してしまうかもしれません。

また、手数料は基本的に報酬額に応じて変わってきます。
サイトによっても手数料の割合が異なるので、登録する際はシステム手数料を確認したほうがよいでしょう。

おすすめのクラウドソーシングサイト10選

WEBライターにおすすめのクラウドソーシングサイトを厳選しました!
サイト選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
※ライティング案件数は2022年5月4日の情報

クラウドワークス

運営会社 株式会社クラウドワークス
おすすめ度 ★★★★★
依頼形態 タスク形式/プロジェクト形式/コンペ形式
登録料 無料
システム数料 支払い報酬のうち5%~20%
ライティング案件数 105,112件

クラウドワークスは、案件数・知名度とも業界No1を誇っています。
他のクラウドソーシングサイトに比べて、ライティング案件も圧倒的に多いです。

しかし、案件数が多い分、単価が大幅に低い案件があったり、連絡が遅いクライアントがいたりします。事前にクライアントの評価を確認できるので、案件を受注するときは確認してみてくださいね。

クラウドワークスはこちら

ランサーズ

ランサーズ

運営会社 ランサーズ株式会社
おすすめ度 ★★★★★
依頼形態 タスク形式/プロジェクト形式/コンペ形式
登録料 無料
システム手数料 支払い報酬のうち5%~20%
ライティング案件数 742件

ランサーズは、クラウドワークスと同様に有名なクラウドソーシングサイトです。
ライティング案件も多く、WEBライターで登録している方もたくさんいます。

また、ランサーズは質の悪いクライアントを通報できたり、安全に報酬が支払われる仕組みが整っていたりなど、サポート面が充実しているのも特徴です。

ランサーズはこちら

サグーワークス

運営会社 株式会社ウィルゲート
おすすめ度 ★★★★☆
依頼形態 オンライン発注
登録料 無料
ポイント換金手数料 30,000ポイント以下:110円
30,000ポイント以上:220円
ライティング案件数 1,223件

ザグーワークスは、記事作成特化のサイトで国内最大級の規模を誇っています。
他のサイトと違い、記事を書くとポイントがもらえます。そのポイントは、1ポイント1円で現金に交換できる仕組みになっています。

他のサイトのライティング案件では、記事に合う画像を選定するなどの仕事もありますが、ザグーワークスにはそれがありません。そのため、シンプルにライティングに集中できます。

また、ザグーワークスが独自におこなっているテストに合格すると、「プラチナライター」になれ、高単価の案件が受注しやすくなるというメリットがあります。ライティングに自信がある人はぜひ挑戦してみてください。

サグーワークスはこちら

ココナラ

運営会社 株式会社ココナラ
おすすめ度 ★★★★☆
依頼形態 タスク形式/プロジェクト形式/コンペ形式
登録料 無料
システム手数料 販売者22%
ライティング案件数 16,141 件

ココナラは、自分の持っている知識・スキル・経験を売買する、フリーマーケットのようなサービスです。

自分の知っている知識や、得意なことを登録しておくだけで、依頼が届きます。
そのため、自分で仕事を探す手間が省けるので、かなり楽でしょう。

また、ココナラではある程度の相場はあるものの、自分で報酬額を決められるため、WEBライターでも計画的にお金を稼げます。

ココナラはこちら

クラウディア

運営会社 株式会社エムフロ
おすすめ度 ★★★☆☆
依頼形態 タスク形式/プロジェクト形式/コンペ形式
登録料 無料
システム手数料 支払い報酬のうち3%~15%
ライティング案件数 2,625件

クラウディアは、WEB関連の案件が豊富なクラウドソーシングサイトです。
また、他と比べてシステム手数料が低いのも魅力的といえるでしょう。

さらに、案件の難易度が3段階に設定されています。そのため、WEBライター初心者でも、初心者でも安心して挑戦できるところも魅力的です。

クラウディアはこちら

Bizseek

運営会社 株式会社アイランド
おすすめ度 ★★★★☆
依頼形態 プロジェクト形式/コンペ形式
登録料 無料
システム手数料 支払い報酬のうち5%~10%
ライティング案件数 589件

Bizseekは、システム手数料が他に比べてかなり安いのが特徴です。
また、クライアントと仕事をする際に、先に報酬を支払う仮払い制度を導入しているので、未払いの心配をせずに仕事に取り組めます。

ライティングの案件は少ないですが、利用者も比較的少ないので、仕事を獲得しやすいです。

Bizseekはこちら

カカセルエディター

運営会社 サクラサクマーケティング株式会社
おすすめ度 ★★★★☆
依頼形態 プロジェクト形式
登録料 無料
システム手数料 無料
ライティング案件数 非公開案件がメインのため、人によって異なる

※数件、公開案件もあり

カカセルエディターは、WEBライター案件に特化したクラウドソーシングサイトです。案件数はそこまで多くありませんが、高単価案件が発生することが多いのが特徴です。

また、見出しや構成がついている事も多く、仕事がしやすいのも魅力的です。
報酬に対して手数料が無料なので、効率よく高単価案件で稼ぎたいWEBライターにはおすすめのクラウドソーシングサイトです。

カカセルエディターはこちら

アナザーワークス

運営会社 株式会社Another works
おすすめ度 ★★★☆☆
依頼形態 プロジェクト形式
登録料 無料
システム手数料 無料
ライティング案件数 103件

アナザーワークスは、1回きりの案件ではなく、継続して契約しやすいクラウドソーシングサイトです。
そのため、WEBライターとして安定した収入を得たい方におすすめです。

さらに、サイト内に自分のスキルを登録しておくと、企業側からスカウトされる場合もあります。仕事探しがめんどくさいという方にはぴったりですね。

複業クラウドはこちら

Shinobiライティング

運営会社 CROCO株式会社
おすすめ度 ★★★☆☆
依頼形態 コンペ形式
登録料 無料
システム手数料 現金化の際にのみ交換手数料150円が発生
ライティング案件数 4件(日による)

ShinobiライティングはWEBライティング専門のクラウドソーシングサイトです。
初心者のWEBライターでも非常に使いやすくなっており、安心して使いはじめることが可能です。

また、Shinobiライティングでは、ライターをランク付けする制度があり、ひと目でライターの実力を測れるようになっています。

Shinobiライティングはこちら

シュフティ

主婦の方必見!未経験でも始められるWebライターという働き方13

運営会社 株式会社うるる
おすすめ度 ★★★☆☆
依頼形態 タスク形式/プロジェクト形式
登録料 無料
システム手数料 報酬額の5%
ライティング案件数 16,756件

シュフティは、主婦向けに作られたクラウドソーシングサイトです。
忙しい主婦のために、スキマ時間を有効活用できるような案件がたくさんあります。

もちろん、案件のなかにはライティング案件もあるので、WEBライターの方が利用することもおすすめです。また、他のサイトに比べて利用者が少ないので、よい案件を確保しやすいというメリットもあります。

シュフティはこちら

クラウドソーシングサイトで稼ぐポイント

サイト選びも重要ですが、稼ぐポイントを知っておくのも大切です!
クラウドソーシングサイトで稼ぐポイントを3つ解説します。

実績を積む

1つ目のポイントは、実績を積むことです。

クライアント側も、実績が全然ないと「この人本当に仕事してくれるかな……?」と心配になって、なかなか仕事を依頼してくれません。

一方実績があると、クライアント側も「この人なら仕事を任せられる」と信頼してくれます。

そうすると、安定して案件をもらえるようになったり、高単価案件や新しい案件を依頼してくれるようになります。

未経験の方は、受注率をあげるために最初は2〜3件、たとえ報酬が低くてもこなしてみてください。
慣れてきた方は、20件ほど実績を積めば信頼性も出てくるので、依頼してもらいやすくなりますよ。

コツコツ実績を積んで、稼げるライターになりましょう!

単価交渉をする

2つ目のポイントは、単価交渉をすることです。

そのため、クラウドソーシングで効率よく稼ぐためには、単価交渉できるクライアントに対して積極的に交渉することが重要です。
しかし、はじめましての時点で交渉しても、なかなか成功しません。

単価交渉をするタイミングは

  • 納品した記事数や期間から考えてクライアントとの信頼関係が築けたと感じられるとき
  • 違うジャンルの記事作成を依頼されたときや、文字数を増やしてほしいと言われたとき

このように、何かしらのキッカケがあると交渉しやすくなります。タイミングを見計らって交渉して、効率よく稼いでいきましょう。

1つのサイトに絞る

3つ目のポイントは、1つのサイトに絞ることです。

さまざまなクラウドソーシングサイトがあると、ついあれもこれもと登録してしまいがちです。
ですが、効率よく稼ぐためには、できるだけ1つのサイトに絞ることをおすすめします。

1つのサイトに絞る理由は

  • 実績が増え、受注しやすくなる
  • ランクがあがり、オファーが来ることがある
  • 管理が楽になる
  • 振込手数料を節約できる

などがあります。

クラウドソーシングサイトの実績は他には引き継がれないため、たくさんのクラウドソーシングサイトを使ってしまうと、実績や評価が小さくなってしまい、稼ぐのが難しくなります。

1つのサイトに絞って、コツコツ実績を積んでいけば、案件も安定してもらえるようになり、継続的に稼げるのです。

まとめ

今回の記事では、WEBライターにおすすめのクラウドソーシングサイトについて詳しく説明していきました。

クラウドソーシングサイトには、WEBライター向けの案件がたくさん揃っているため、おすすめです。

さまざまなクラウドソーシングサイトがあり、どれに登録すればよいか迷ってしまいますが、「クラウドソーシングサイトを選ぶ際のポイント」を参考にしながら、自分に合ったサイトを選んでみてくださいね。

クラウドソーシングサイトを利用するときは、悪質なクライアントには十分注意してください。

まだ登録していない人はぜひこの記事を参考にして、さっそくクラウドソーシングサイトに登録して稼ぎましょう!
この記事があなたのお役に立てたら、とてもうれしいです。

WEBデザイナーになって人生を変えた話
特別ストーリーを限定公開中!
WEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ