• HOME
  • 記事
  • 副業
  • 副業してみよう!サラリーマンにおすすめの副業、ポイントを一挙公開

副業してみよう!サラリーマンにおすすめの副業、ポイントを一挙公開

長引く不況や新型コロナウイルス感染拡大の影響で、事業の縮小や従業員の給与カットを余儀なくされる企業が増えています。

こうした状況に危機感を感じ、副業を検討しているサラリーマンも多いのではないでしょうか。

とはいえ、興味はあるものの、

「自分にもできるのかな?」
「どうやって始めたら良いのかわからない」

といった疑問や悩みが出て、なかなか副業に踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、サラリーマンにおすすめの副業はもちろん、副業で得られるメリットや確認すべきこと、気をつけるべきポイントを解説します。

ぜひ、参考にして頂ければと思います。

サラリーマンが副業で得られる3つのメリット

副業のメリットといえば、まず「副収入」や「収入増加」を思いつくかもしれませんが、副業には、それ以外にもメリットがあります。

ここでは、サラリーマンが副業で得ることのできるメリットを3つご紹介します。

スキルアップできる

副業には、未経験でも手軽に始めることのできるものから、本業と関連した経験や技術を活かすことのできるものまで、様々な種類があります。

未経験の副業であれば、新たなスキルが身につくだけでなく、自分でも気付かなかった一面を発見することがあります。

場合によっては転職や開業など、キャリアステップの道が開けることもあります。

また、本業と関連した経験や技術を活かした副業にすれば、副業で身についたスキルを本業で活かすことでスキルアップにもなります。

リスクマネジメントができる

近年は、長引く不況や新型コロナウイルスの感染拡大で、様々な業種業態がその影響を受けています。
事業の縮小に伴い、従業員を削減したり、休業や廃業を余儀なくされる企業も今や珍しくなくなってきました。

こうした社会情勢もあり、サラリーマンが定年退職まで安心して勤続できるとは言いきれないのが現実です。

その点副業をしていれば、勤務先に万が一の事態が起こった場合も「収入が全くなくなる」ということはありません。また、初めての職種に挑戦して新たなスキルを身に着けられれば、転職先の選択肢を広げることも可能となります。

このように副業は、リスクマネジメントの一環としても威力を発揮するのです。

低リスクでできる

サラリーマンには毎月給与が支払われるため、副業始めたてでなかなか収入に繋がらないという場合でも、リスクは低くおさえられます。

また、けがや病気になったり、失業して本業の収入がない場合でも、労災や失業手当といった社会保障があるため、会社員ならではの恩恵を受けながら副業を続けることができます。

このように、サラリーマンには給与や社会保障があり低リスクで副業ができるという点も、大きな特徴といえるでしょう。

サラリーマンが副業する際に、確認すべき3つの項目

「副業を始めよう!」と意気込みを入れる前に、確認しておくべきことがいくつかあります。

しっかりと確認しておかないと、副業ができなくなるだけでなく、重い処罰が科されることもありますので注意が必要です。

ここでは、副業をする際、確認すべき項目を3つ解説します。

就業規則で副業を禁止されていないか

まず、会社の就業規則で副業が禁止されていないかを確認しましょう。

会社によっては、届け出れば可能だったり、競合他社のみ禁止しているなど、細かく規定されている場合もあります。

こうした確認を怠り、会社に届け出をせず副業をしていると、就業規則に抵触し、厳重注意や、場合によっては懲戒解雇などの重い処罰を受けることがあります。

規定をしっかり確認し、会社の承認を得たうえで取り組むことをおすすめします。
また、噂話やうろ覚えといった情報に振り回されることのないようにすることも大切です。

会社に内緒で副業をしたり、諦めたりする前に、一度就業規則を確認してみましょう。

手軽にでき、継続できるか

最初は手軽にできるものや、自分の得意分野を活かせるものから始めてみましょう。
副業初心者がやりがちなのが、最初からたくさん稼ごうとして「高リスク・高難易度」のものに取り組もうとすることです。

しかし、いきなりこういった副業に手を出しても、失敗して損をしたり、難しくて習得できないまま挫折してしまったりする可能性が高く、危険です。

そのため、難易度が低く手軽にできるものや、得意なことを活かせる副業は、未経験でも続けやすいためおすすめです。

初めはお小遣い稼ぎ程度で大した収入にはならないかもしれませんが、続けることで知識や経験が身につきます。

収入アップは、継続することで叶えられやすいものです。まずは継続を第一に考え、手軽にできるものから始めてみましょう。

本業に支障がないか

サラリーマンが副業を始める際は、本業に支障がないかを考えることも重要です。

本業が忙しいと、なかなか副業ができないなどのジレンマに陥る場合があります。
本業の時間内に副業の連絡をしたり、副業そのものを行うようなことはあってはならないことです。

また、副業に専念するあまり本業とのバランスを崩し、体調不良になってしまったとしたら本末転倒です。

このように、本業以外の時間をどのくらい副業に時間が割けるかは、重要なポイントとなります。
本業と副業のバランスを考えた取り組み方を考えることも、副業を成功させる秘訣といえるでしょう。

サラリーマンにおすすめの副業10選

副業には色々な仕事がありますが、いざ選ぶとなると悩んでしまいますよね。

ここでは、サラリーマンにおすすめの副業を「手軽にできる」ものと「スキルや資格を活かせる」ものの2つに大別してご紹介します。

手軽にできる副業5選

サラリーマンが本業とのバランスをとりながら副業をする場合は、手軽にできるものや、お試し感覚でできるものから始めてみましょう。

ここでは、主にスキマ時間を利用し、手軽にできる副業を5つご紹介します。

データ入力

データ入力とは、紙やPDFなどに記載されている内容をデータ化していく仕事です。

単純にデータを転記するだけの案件もあれば、音声データの入力や、ネット検索で必要な情報を収集してデータ化するといったものなど、様々な内容の案件があります。

パソコンとネット環境以外に必要なものは特になく、タイピングができればすぐに始められるのが特徴です。また、この仕事をすることで、タイピングのスキルが向上したり、リサーチ力が身につきます。

報酬は文字単価になっていることが多く、大体の相場は1文字0.1〜1円で、入力する文字数で報酬額が変わってきます。

入力する文字が多ければ多いほど報酬も上がっていきますので、タイピングのスキルアップが収入アップのカギともいえるでしょう。

仕事の探し方は、初心者向けの案件が多い「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサービスを利用することをおすすめします。

クラウドワークスの公式サイトはコチラ
ランサーズの公式サイトがコチラ

フリマ販売

フリマ販売は、不用品や中古品、またハンドメイドのものなどを販売する仕事です。

出品する方法としては、フリマイベントなどへ参加する方法があります。
ですが最近では、手軽に始められるためアプリを利用する人が格段に増えています。

アプリなら初期費用がかからないことや、最近の社会情勢から大々的なイベントの開催が減っていることも原因の一つです。

洋服などの不用品はあまり収益にはならず、1000円程度にしかならないことも珍しくありませんが、ハンドメイドの作品は収益に繋がりやすいです。

オリジナリティがあり、クオリティの高いものであれば他のハンドメイドとの差別化ができるため、高額で販売できます。
フリマアプリを利用する際は、「メルカリ」や「ラクマ」といった大手サービスがおすすめです。

メルカリの公式サイトはコチラ
ラクマの公式サイトはコチラ

アンケート

アンケートに回答することでポイントが付与され、後で商品券や現金と交換できるというものです。

ポイントには最低換金額が設定されており、その金額に達した時点で商品券や現金と交換することができるというシステムになっています。

WEBアンケートや商品モニター、座談会への参加など様々な種類があります。
WEBアンケートは、回答が簡単で数分と短く済むことから、1案件あたりの報酬は数十円程度とあまり高くはありません。

このため、複数のサイトに登録して多く案件をこなすと良いでしょう。

商品モニターは、新商品を使用してアンケートに応えるもので、1,000円から5,000円程度になります。
他にも、座談会に参加しアンケートに回答するといった案件は、1〜2時間程度で5,000円〜10,000円の報酬になることもあります。

この副業は、様々な分野のマーケティングを知る機会にもなり、視野や知見が広げることができるので、気になった方はぜひ挑戦してみてください。

ただし、座談会のアンケートモニターは抽選制になっており、倍率が高い案件もあるので、必ずしも参加できるというわけではない点にご注意を。
実際に仕事を探す際は、使いやすさやセキュリティ面で評価の高いサイトを選びましょう。

リサーチパネルの公式サイトはコチラ
マクロミルの公式サイトはコチラ
MyVoiceの公式サイトはコチラ

フードデリバリーサービス

自転車や原付バイクなどで、お客さんに指定された場所に食べ物を届ける仕事です。
昨今の社会情勢でこのサービスを利用する人が増え、注目されるようになってきました。

フードデリバリーサービスは個人事業主の括りになります。
そのためノルマや出勤命令がなく、1日に働く制限がないことから自分で働き方をコントロールしやすい副業です。

ただし、地域によってはこうしたサービスを利用する人が少なく、「登録店舗がそもそも少ない」という場合もありますので、事前によく調べてから始めることをおすすめします。

また、雇用契約を結ぶ必要がなく気軽に取り組める反面、事故やトラブルに対する補償がないこともあるため、初めにしっかりと確認してから取り組みましょう。

報酬は1件あたりの基本料金が設定されていて、配達する距離で決められているなど、成果に応じて支払われる「成果報酬」になっています。

基本料金の金額はだいたい4~500円程度の設定となっています。
多く稼ぎたいからと、無謀な運転をしたり、事故や破損などのトラブルにならないよう注意しましょう。

登録店舗、利用者数ともに多いサイトをピックアップしましたので、参考にしてみてくださいね。

Uber Eatsの公式サイトはコチラ
出前館の公式サイトはコチラ
menuの公式サイトはコチラ

グルメモニター

指定された項目に従い、飲食店の味やサービスなどをチェックし、レポートを提出する仕事です。
サービス向上やスタッフの意識改善など、主に店舗の課題を洗い出すことが目的です。

少し前までは、専門の覆面調査員が行っていた仕事ですが、最近ではサービスサイトが登場し、一般ユーザーもスマホで気軽に参加することができるようになりました。

報酬は収入を得るのではなく、飲食代金のうちの一部、または全額がポイントバックされる仕組みになっています。

人気のお店や、金額的に利用をためらっていたお店でお得に食事ができるだけでなく、レポートを作成し提出することで、報告書などをまとめるスキルも身につきます。また、外食費の節約にもなるでしょう。

案件を受けるには、グルメモニターのサービスサイトに応募し、対象店舗の中から行きたいお店に申し込みをします。
ただし抽選制になっているところが多く、必ずしも案件を受けられるわけではありませんので注意しましょう。

なかでも「ファンくる」は、案件数が多いためおすすめです。

ファンくるの公式サイトはコチラ

資格やスキルを活かせる副業5選

副業には、資格やスキルを活かせるものも多くあります。
資格保有者や、本業での知識や経験を使ってスキルアップしたい人は、こうした副業に取り組んでみるのも良いでしょう。

ここでは、資格やスキルを活かせる副業を5つ解説します。

株などの投資

株などの投資もおすすめです。
実は、株などの売買益は「収入」ではなく「収益」とみなされるため、副業扱いにならないのです。
これは、就業規則で副業を禁止されている会社に勤務するサラリーマンでも、比較的取り組みやすいことを意味します。

投資は、株式やFXなど様々な種類がありますが、最近ではスマホで手軽に投資できる「ネット証券」なども人気です。

少ない投資額でできるものもありますので、投資初心者であればそうしたサービスを利用して始めるのも良いでしょう。

ただし、会社によっては社内規定で株式投資を禁止している場合もあるため、事前確認は必要です。
株式投資が禁止されていない場合でも、自社や取引先の非公開情報をもとに銘柄を売買すると「インサイダー取引」として処罰されますので、注意が必要です。

なお、投資は大きく収益が出る場合もありますが、資金を失うリスクもあります。このため、リスクとリターンのバランスを考慮したうえで、計画的に取り組みましょう。

投資初心者におすすめのネット証券を紹介しているダイヤモンド社のランキングをご紹介します。比較・検討の材料にぜひご利用ください。

順位 会社名 選ばれる理由
1位 SBI証券 売買手数料がお得、取扱商品が多い、使いやすいなど、総合力が高い
2位 楽天証券 商品・サービスが充実している

楽天ポイントもたまる

3位 松井証券 25歳以下なら現物取引と信用取引の売買手数料が、約定金額に関係なく無条件で0円
4位 マネックス証券 米国株と中国株の銘柄数が豊富

NISA口座の場合、日本株の売買手数料が無料

5位 LINE証券 1株から株の売買が可能

スマホからの取引のしやすさではダントツ

参照元:ザイ・2022年度版ネット証券人気ランキング

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログ内に広告を貼り、記事を読んだ読者がその広告経由でサービスや商品を購入すると報酬が発生する、という仕組みです。

「ASP」というアフィリエイト広告を統括しているサイトに登録し、広告主や企業から承認を得ることで、記事やSNSに広告を掲載できるようになります。

アフィリエイターとして商品を紹介する方法として、まずブログを思い浮かべる方が多いと思いますが、TwitterやInstagramなどのSNSでも可能です。

ブログで発信するネタがある人や記事を書くことが得意な人は、ブログがおすすめですが、手っ取り早く始めたい場合はSNSを利用すると良いでしょう。

ただしSNSの場合は、あまり広告を頻繁に投稿しているとアフィリエイターと判断され、投稿が見られなくなるということもありますので、よく考えて投稿しましょう。

報酬は案件ごとに設定されているため様々ですが、概ね単価は高い傾向にあります。
代表的なASPには以下のものがあります。内容を比較検討し、利用してみましょう。

Amazonアソシエイトの公式サイトはコチラ
楽天アフィリエイトの公式サイトはコチラ
A8.netの公式サイトはコチラ
もしもアフィリエイトの公式サイトはコチラ

プログラミング

プログラミングと聞くと、難しい知識と多くの経験が必要と思う方が多いかもしれません。

しかし最近では、未経験者向けのスクールが増え、初期費用もあまりかけずに始めることができるため、今ではとても人気の職業です。

仕事を受注することもハードルが高そうに感じると思いますが、現在はクラウドソーシングサイトやアウトソーシングのマッチングサイトが豊富にあるので、比較的簡単に案件を受けることができるようになっています。

IT化やDX推進の流れを受けて、プログラミングの案件数は右肩上がりに上昇しており、単価も高いので、未経験で副業として始めたけれど、いつの間にか本業の収入を上回っていた、という人も少なくありません。

ただし、プログラミングを始めとするIT技術は日進月歩です。
もし高収入プログラマーの仲間入りを果たそうとするなら、市場の変化や技術の発展に対してアンテナを張り、常にスキルアップする地道な努力を怠らないようにしましょう。

副業初心者であれば、まずはプログラマー・エンジニア専門のアウトソーシングのマッチングサイトで、案件を受注してみましょう。

クラウドテックの公式サイトはコチラ
リモートビズの公式サイトはコチラ
IT求人ナビの公式サイトはコチラ

講師

セミナーを開催し、受講生にスキルやノウハウを教える仕事を一括りに「講師」と呼びます。

「講師」というと「専門知識を持った人がする仕事」といったイメージがあるかもしれませんが、趣味や仕事などで培ったスキルや経験でも十分成り立ちます。

従来は個人で声をかけて受講生を募ったり、高い金額で会場を借りたり・・・と時間も手間もかかるため、副業にするにはなかなか大変でした。

しかし、最近では「Peatix」や「ストアカ」といったサービスが充実し、比較的楽に講義を開催することができるようになってきました。

これらのサービスは、学びたい人と教えたい人をつなぐプラットホームで、毎日たくさんのセミナーが開催されています。

スキルを持っていれば誰でも講師になることができるので、得意なことや好きなことを広めたい、という方にはおすすめの副業です。

受講費の設定は、セミナーの内容や時間によってバラツキがありますが、まずは短時間の講義を無料開催してみましょう。
受講生の声や反応を元に内容をブラッシュアップし、少しずつ受講費を上げていけば大丈夫です。

Peatixの公式サイトはコチラ
ストアカの公式サイトはコチラ

運転代行

運転代行とは、お酒を飲んで車を運転できない人の代わりに運転して、報酬をもらう仕事のことです。
このサービスを利用したことがあるという方はご存知かと思いますが、この仕事は、基本2人1組になっています。

1人はお客さんの車を運転し、お客さんを送り届けます。
そして、もう1人は代行サービス会社の車で随伴し、指定場所まで誘導するという役割です。

指定場所に到着したらお客さんから報酬を受け取り、お客さんの車を運転してきたスタッフは、随伴車に乗って会社に帰る、もしくは別のお客さんのところへ向かう、という流れになります。

随伴車であればお客さんを乗せることがないので、第一種の普通免許でも運転代行のドライバーになることができます。
もし第二種運転免許を持っている場合は優遇されますので、ぜひ活用してみましょう。

報酬は、だいたい時給制か出来高歩合制になっており、時給制の場合は1,000円〜1,500円、第二種運転免許保有者は時給1,500円〜2,000円が相場となっています。

出来高歩合制の場合は、売上の30%〜50%が相場となっていることが多く、例えば総売上が2万円の場合、ガソリン代2000円を差し引いた18000円の50%である9000円が報酬となります。

このように、出来高歩合制のほうが報酬は高いですが、時期によって売上が大きく変動し、不安定になりがちなため、時給制を取り入れている会社に応募することをおすすめします。

仕事を探す際は、求人サイトやバイト募集を利用しましょう。

タウンワークの公式サイトはコチラ
インディードの公式サイトはコチラ

サラリーマンが副業する際に、気をつけるべき5つのポイント

副業で成功するためには、いくつかポイントがあります。
これを知っていることで、挫折や失敗をせず、安心して副業に取り組むことができるのです。

ここでは、サラリーマンが副業する際に気をつけるべきポイントを5つ解説します。

地道に続ける

副業は、地道に続けるつもりで始めましょう。

特に難易度の低いものや低リスクで始められるものは、手軽に始められる分初めはあまり収入にならず、手ごたえを感じるまでに時間がかかることがあります。
そのため、早い時点で「あまり稼げないな・・」と、あっさり辞めてしまう人は少なくありません。

挑戦しては辞め、また挑戦する・・を繰り返す人もいますが、スキルが定着しないため、あまりおすすめしません。

無理のない範囲で諦めずにコツコツ続けていれば、徐々に収入が安定し稼げるようになることもあるのです。そのため、初めは練習のつもりで地道に続けましょう。

自己管理する

サラリーマンの副業は、本業とどのように折り合いをつけて取り組むかを考えなければなりません。

このため自己管理をすることは、副業をする際のスキルの一つといっても良いでしょう。

本業に支障がでないようなスケジュールを組む、無理をしないよう体調管理を徹底するなど、副業をする上でとても重要なことだと理解しておきましょう。

向上心を失わない

副業を続けるには、向上心を失わないことも大切です。

特に難易度が低く気軽に取り組むことができる副業は、続けやすい反面なかなか収入が上がりません。
そのため、何もせずにいると横ばいのままの状態が続いてしまいます。

ですので、自分なりの目標を設定し、叶えるための努力を続ける「向上心」を持ちましょう。

「1年後には月額〇万円稼げるようになりたい」「本業を上回るようになる」「ワンランク上の技術を身につけて稼ぎたい」など、具体的な目標を持つことでモチベーションも上がります。

こうした努力を続ければ、スキルや技術力の向上にも繋がるため、収入アップも狙えるでしょう。

ツール類を使い分ける

副業を行うにあたって、ブラウザやアカウントなどの使用ツールは、本業やプライベート用とで使い分けましょう。

ツール類を使い分けることで、本業・副業それぞれのデータ管理がしやすくなります。

メールなどの連絡ツールは、専用アカウントを作成しておくことで連絡ミスを防げますし、気持ちの切り替えにもなるのでおすすめです。

必要に応じて確定申告を行う

副業を始めた場合、収入に応じて確定申告が必要となる場合があります。

確定申告を怠ると税務調査の対象となり、追徴課税などのペナルティが課される恐れもあるため、注意しましょう。

基準は年間20万円以上となっているため、20万円に達しない場合は確定申告の必要はありません。

しかし、実はこれ以下でも申告した方が良い場合があります。

例えばアフィリエイトなどは「雑所得」にあたりますが、この雑所得には必要経費が認められています。

仕事をした会社からは、1年間の報酬額が記載された「支払調書」が送られてきますが、記載の税額は源泉徴収済みになっており、必要経費を控除する前の金額です。
そのため、確定申告をすることで、税金が還付される可能性があるのです。

このように、必要に応じて確定申告することで、正しく税務申告を行えるだけでなく、自身にとっても利点があるということは覚えておくべきでしょう。

まとめ

ここまで、サラリーマンにおすすめの副業や、副業で得られるメリットや確認すべきこと、気をつけるべきポイントを解説してきました。

副業には手軽にできるものから、スキルや経験を生かせるものまで、様々な種類があります。

どのような副業にしたら良いか迷う場合は、ひとまず手軽にできるものから始めてみましょう。

また、勤務先が副業禁止になっていないかを確認することはもちろん、本業に支障のないようにする、必要に応じて確定申告を行う、といった配慮も重要です。

確認すべきことなど、押さえるべき点はしっかりと押さえることで、安心して副業に取り組むことができるでしょう。

今回ご紹介した方法を参考に、あなたも副業を始めてみませんか。

関連記事一覧