WEBデザイナーだからこそ感じるやりがい・厳しさ・魅力とは?

WEBデザイナーという職業に興味があっても、具体的にどのような仕事をするのか、詳しくないという人もいるのではないでしょうか。

これからWEBデザイナーになることを考えるなら、「こんなはずじゃなかった!」と思わないために、現実を知っておくことも大切です。そこで、WEBデザイナーの仕事内容のほか、やりがいや魅力だけでなく厳しさについても説明します。

WEBデザイナーとは?

WEBデザイナーは、デザインを中心にWEBサイト制作に関わります。まずは、具体的なWEBデザイナーの仕事内容や、どうすればWEBデザイナーになれるのかについて説明します。

WEBデザイナーの仕事内容

WEBデザイナーの働き方にはさまざまなスタイルがありますが、基本的にはWEBディレクターやコーダーとともに仕事をします。プロジェクトでの最初の仕事は、WEBサイトをつくりたいクライアントやWEBディレクターからWEBサイトの目的を聞き、理解することです。

そのうえで、目的に応じてWEBサイトのページ構成や、各ページの大まかなレイアウトを作成します。ただし、プロジェクトによっては、ここまでをWEBディレクターが担当する場合もあります。

次に行うのが、WEBサイトのデザイン制作です。このとき、文字サイズや配色の決定のほか、写真を編集したりアイコンを制作したりするのもWEBデザイナーの仕事です。

デザインができたら実際にインターネットのブラウザで表示するために、コーディングを行います。WEBデザイナーがデザインからコーディングまでを行うケースもあれば、分業制でコーダーが担当するケースもあります。プロジェクトによってはWEBサイトを公開したあとも運用に携わり、必要に応じてデザインを改修していきます。

WEBデザイナーになるには

WEBデザイナーとして働くために、特別な資格は必要ありません。WEB制作に携わった実績があれば有利な面はありますが、未経験からでも比較的はじめやすい仕事です。

WEBデザイナーになるには、IllustratorやPhotoshopなどのデザイン用ソフトの使い方のほか、HTMLやCSSといったWEBに関する最低限の知識も身につけておくことが必要です。独学でも書籍などから習得できますが、職業訓練校やWEBデザインスクールで学ぶという選択もあります。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

WEBデザイナーのやりがいや楽しさ

WEBデザイナーは、さまざまな場面でやりがいや楽しさを感じられる仕事です。ここでは、その一部を紹介します。

つくる過程や完成したときの達成感がある

何かをつくることが好きで、その過程に楽しさを感じられるという人は、WEBデザイナーの仕事も楽しくできるでしょう。思い描いたようなWEBデザインを実現するために、必要な作業を丁寧にこなしていく必要がある中で、デザインが完成したときの達成感は何ともいえないでしょう。

自分のつくったWEBサイトやアプリが世に出る

WEBデザイナーには、携わったWEBサイトが公開されるという喜びがあります。多くの人に繰り返し使ってもらうことを目的とした「アプリ」などでは、ユーザーからの評価や感想を聞く機会もあるでしょう。

あまりよい評価ではなかったとしても、自分のデザインを使ってくれている人が実際にいるという実感がわくとともに、「次はここをもっと使いやすくしよう」というように、今後の仕事にもやりがいをもってのぞめるようになります。

つくったWEBサイト・アプリを育てる楽しさがある

WEBデザイナーは、公開したWEBサイトやアプリの運用にまで関われるケースもあります。この場合は、WEBサイトが実際にどのような使われ方をしているのか観察しながら、よりよいデザインになるよう改善を重ねていきます。WEBデザインは一度完成すれば終わりではなく、使ってもらいながら育てていける楽しさを感じられます!

自分の好きな業界に携わることができる

WEBサイトの制作は、どの業界も必要としています。スポーツや音楽、ファッションやペット業界など、自分が好きなことでWEBデザイナーとして関われたら、やりがいや楽しさも大きくなるのでは。もちろん、最初から希望した仕事をもらえるとは限りませんが、WEBデザイナーとしての実力がついてくれば、好きなジャンルに携われるチャンスが巡ってくるでしょう!

いろいろなことに興味を持つようになる

WEBデザインを学びはじめたばかりの頃は、専門書や実務から知識を得ることが一般的です。しかし、デザインは特別なものではなく、身の回りに多く存在しているのです。お菓子のパッケージや雑誌のような印刷物はもちろん、家具や家電の形なども誰かがデザインしたものです。

WEBデザインに詳しくなってくると、身の回りにあるさまざまなデザインに対して、「どうしてこのようなデザインなんだろう?」と興味が湧くようになります。またデザイン展に行ってみたりと、視野が広がる人も多く、新たな趣味ができるかもしれません。

経験を積むことでセンスや技術が身につく

WEBデザイナーは、経験を積むことでスキルアップしていける仕事です。WEBデザインのパターンを覚えたり、センスやテクニックが向上したりと、以前は時間がかかっていた作業も短時間でこなせるようになっていきます。また、新しいツールや技術の導入によって作業効率がアップすることもあります。続けることで成長を実感できる、やりがいのある職業だといえるでしょう。

デザイン以外の仕事にも関われる

WEBサイト制作はWEBデザインだけでは成り立ちません。案件によって関わる職種や人数は変わってきますが、本格的なプロジェクトではWEBディレクターやコーダー、プログラマーなどと協力しながら、クライアントの要望に応えられるデザインを提案します。

プロジェクトに関わるうちに、ライティングやプログラミング、マーケティングやマネジメントなどさまざまな仕事に触れて、新しい発見をすることもあるでしょう。これは、デザイン以外の仕事に興味がわいたり、WEBデザイナーとしての仕事の幅を広げたくなるきっかけにもなります。

WEBデザイナーの厳しさ

WEBサイト制作に関わる仕事は、いつも楽しいことばかりではありません。ここでは、WEBデザイナーとして働く際の厳しさについて説明します。

就職する会社によっては残業が多くなる

WEBデザイナーは、「残業が当たり前」といわれることもある職業です。クリエイティブな仕事でありながら、スケジュールに間に合うようにデザインを仕上げることも求められるからです。

とはいえ、実際の労働時間は会社によって差があります。dodaの調査によると、WEBデザイナーの平均残業時間は月21.4時間。全ての職種の平均残業時間が月20.8時間であることからも、WEBデザイナー全員が長時間労働をしているわけではないようです。

一般的には小規模なWEB制作会社のほうが、大手の制作会社に比べて残業が増える傾向があるようです。予算やスケジュールが厳しい案件を、少ない人数でかけもちしているケースが多いためです。

参考:doda

常に勉強し続けなければいけない

WEB業界は変化の激しい世界です。それにあわせるようにして、WEBデザインのトレンドや技術も目まぐるしく変わっていきます。流行に乗り遅れないようにするために、WEBデザイナーは常にトレンドに敏感でなければなりません。

また、最近は誰でも無料でWEBサイトをつくれるようなサービスも増えてきており、「高い費用を払ってまでデザイナーにつくってもらう必要はないのでは」と思われることも増えてきました。

安価なサービスに負けることなくWEBデザイナーとしての存在価値を示すには、スキルを磨き続ける必要があります。

デザイナーはアーティストではない

WEBデザイナーは、デザインのセンスさえあれば成り立つようなものではありません。あくまでクライアントの要望に応え、目的にそったデザインが求められるためです。アーティストのように自分の思うままにデザインしても、クライアントを満足させることはできません。

ときにはセンスの光るアイデアを盛り込むことも必要ですが、常に目的に応じたデザインが前提となります。

WEBデザイナーになることの魅力

ここまでは、WEBデザイナーという仕事の楽しさと厳しさについて紹介してきました。WEBデザイナーになることを真剣に考えている人は、自分のキャリアにどのようなプラスがあるのかについても気になるところでしょう。ここからは、職業としてのWEBデザイナーにはどんな魅力があるのかについて説明していきます。

実績を積むことで次の仕事につながる

WEBデザイナーは、実績が増えるほど信頼してもらえる仕事です。はじめのうちは制作会社に所属して、着実に実務経験を積んでいくのをおすすめします。いくつかの案件をこなしてスキルと経験を身につければ、職場や雇用形態を選べるようになってきます。

さらに多くの制作に加わって10〜20個ほどの実績ができれば、より重要なポジションを任されるようになってくるでしょう。それにともない、キャリアの選択肢も増えてきます。自分で仕事がとれるくらいにまで実力がついたら、フリーランスとして独立して高収入を得ることも夢ではないでしょう。

キャリアの選択肢が増える

実力と実績しだいでキャリアや働き方を選びやすくなる点は、WEBデザイナーの魅力のひとつです。フリーランスになる以外では、WEBディレクターやWEBプロデューサーとして仕事の幅を広げられます。

また、UI/UXやビジュアルデザインのスキルを磨き、デザイナーとしての専門性を突き詰めていくのもよいでしょう。

あるいは、仕事量をおさえて子どもと過ごす時間を増やしたり、テレワークを活用して家庭との両立をはかりながら仕事を続けたりといった柔軟な働き方も可能です!

WEBデザイン以外のスキルを身につけられる

WEBサイト制作は、さまざまな職種によって成り立っています。例えば、WEBサイトに掲載するコンテンツを用意するには、コピーライティングや写真・動画の撮影技術などが必要です。

また、コミュニケーションのスキルは、クライアントから要望をヒアリングしたり、デザインを提案したりするうちに鍛えられていくものです。また、実践で経験を積む以外にも、自分自身でライティングやカメラに関する本やスクールでも学ぶことができます。

WEBサイトの運用まで任せられている案件には、マーケティングのスキルを身につけるチャンスもあります。設定した数値を達成できるように計測・改善を繰り返していく過程を、実際の運用業務を通して経験できるためです。これは、WEBディレクターやWEBプロデューサーへのキャリアアップを考えている人にとって、特に価値のある経験になるでしょう。

このようにWEB制作を通して、さまざまな仕事に携わり、スキルを身につけるチャンスが多くあるのが、WEBデザイナーの魅力のひとつです。

場所や時間を選ばずに仕事できる

WEBデザイナーは、スキルとインターネット環境があればできる仕事です。そのため、場所や時間にとらわれずに、多様な働き方ができます。

正社員でもリモートワークや在宅勤務などの勤務形態を導入している制作会社は少なくありません。また、地方や海外への移住をきっかけに、フリーランスのWEBデザイナーになるという選択肢もあります。実力さえあれば、独立してからも仕事を続けることは十分に可能なのです。

実際、株式会社日本デザインがフリーランスWEBデザイナー「フリーランスWEBデザイナーになって満足しているポイント」を聞いたところ、78.8%の人が「働く場所が自由」、66.7%の人が「時間を効率的に使うことができる」と答えています。

WEBデザイナーに向いている人

やりがいや魅力の多いWEBデザイナーという職業ですが、どのような人が向いているのでしょうか。

まずはパソコンに向かって黙々と作業ができる人は、WEBデザイナーの仕事に向いているといえます。

また、WEBデザイナーは最新の情報や技術を学び続ける必要があるため、トレンドに敏感でいられるかどうかも重要です。本を読んだり、スクールやコミュニティに参加したりして新しいものを取り入れていくのが苦にならない人も、WEBデザイナーに向いているといえるでしょう。

ただ、マーケティングのためのデザインを突き詰める人もいれば、黙々とデザインだけをするのではなく、クライアントとの話し合いを通してデザインを追求したり自分でディレクションしたりするのが好きな人もいます。さまざまな働き方ができるのと同様に、WEBデザイナーは仕事のスタイルも選択できるので、自分に合ったスタイルを模索するのもよいでしょう。

▼現役WEBデザイナーが向いている特徴をお話ししている動画はこちら

WEBデザイナーに求められるスキル

WEBデザイナーに求められるスキルは、仕事の幅が広がるにつれて増えていきます。その中でもっとも基本であり、最初に覚える必要があるのはIllustratorやPhotoshopといったデザイン用ソフトの使い方です。これらの操作スキルはWEBデザインはもちろん、イラスト制作や写真の編集などにも必須なので、実際の仕事でずっと使い続けることになります。

多くのWEBデザイナーが次に習得するのは、優れたデザインのための知識でしょう。これらは職業訓練校やWEBデザインスクールで学べます。

その先は、思い描くキャリアパスや働き方によって必要なスキルが変わってきます。HTML、CS、JavaScriptなどのプログラミング技術を身につけたり、コミュニケーションやマネジメントのスキルを磨いたりと、自分が興味をもったスキルを徐々に身につけていきましょう。

WEBデザイナーになるのにコーディングスキルは必須ではありません。コーディングをしたい人は学べばよいのですが、デザインで稼いでいきたい方はわざわざコーディングをしなくても大丈夫ですよ。

▼コーディングがいらない理由を詳しくお話しした動画がこちら

WEBデザイナーはやりがいや魅力の多い仕事

多くのWEBデザイナーが、やりがいや魅力を感じながら自分らしく働いています。一方でWEBデザイナーの仕事には、厳しい側面があるのも事実です。

実際のところが気になるという人は、日本デザインスクールのWEBサイトをチェックしてみてください。WEBデザイナーになるために必要なスキルを身につけられるのはもちろん、第一線で活躍している現役WEBデザイナーの話を聞くこともできますよ。

WEBデザイナーになって海外で働く夢を叶えたい!フリーランスへの転身Storyを大公開します
無料ライブの詳細はコチラ
WEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ