• HOME
  • 記事
  • デザイン
  • WEBデザインはセンスいらず!苦手意識を克服してデザイン力をアップさせる方法
WEBデザインはセンスいらず!苦手意識を克服してデザイン力をアップさせる方法

WEBデザインはセンスいらず!苦手意識を克服してデザイン力をアップさせる方法

手に職をつけたい、在宅でもクリエイティブでやりがいのある仕事に憧れるといった理由で、WEBデザイナーに興味をもたれる方が最近増えています。

しかし、

「絵を描くことが苦手な私にでもできるのかな?」
「やっぱりデザインのセンスがないとダメ?」

と、デザインに苦手意識を感じ、一歩踏み出せないという声も多く聞かれます。

そんな中、デザインをしたことがない方、芸術に触れてこなかった方がWEBデザイナーで活躍されていると聞いたら、ちょっと気になりませんか?

「本当にセンスがなくてもWEBデザイナーになれるのか?」
今回はその疑問にお答えし、さらにデザイン力を上げる方法までお伝えしていきます。

この記事を読めばあなたの不安も解消され、自信を持ってWEBデザイナーの道を歩めるようになりますよ!

WEBデザインにそもそもセンスは必要?

WEBデザインと聞くと、多くの方がデザインのセンスが必要だと思ってしまうのですが、実際はそうではないんです。

その理由は2つあります。

WEBデザインはアートではない

WEBデザインは、アートや芸術とは違って、決して絵を描くことが得意である必要はないんです。WEBデザインとは、あくまで商業的なデザインです。

伝えたい情報をきちんとユーザーに届くようデザインし、「商品をもっと知ってもらう」「売り上げをアップさせる」といったクライアントの目的が達成されるように制作することが目的になります。

なので、WEBデザインに求められているのは、独創性や前衛的なものではないのです。
実際に、WEBデザイナーだから全員絵が上手ということはありません。

WEBデザインに憧れているけど、苦手意識を持っていて一歩踏み出せないという方は、デザインのセンスがあるかどうかは考えず、WEBデザイナーになりたいかどうか自分に問いかけてみましょう。

WEBデザイナーになるための方法はたくさんあるので、WEBデザイナーになりたいと思ったら、自信をもって歩み出してください!

ルールを学んで練習すれば誰でもできる

WEBデザインは個人のセンスや感覚的なものを必要とせず、ユーザーにきちんと情報を届けるためのルールがあります。

そのルールを学び、しっかりと練習をすれば、もともとセンスがなくても誰でもできるようになるんです。

デザインに限りませんが、最初はできなくて当たり前です。
そこで「自分はセンスがない」「デザインは苦手・・・」と思わないでください。

ルールを学び、コツコツと練習するれば誰でもデザイン力を向上させられますよ。
後半で、デザインを向上させる方法もお伝えしているので、最後まで読んでみてくださいね!

WEBデザインに苦手意識がある人の特徴

WEBデザインと聞くだけで苦手意識を感じてしまうのは一体なぜでしょうか?

苦手に感じる人の特徴をいくつか例に挙げてみます。
もし当てはまっていたら、その考えは捨ててしまいましょう!

1から全部自分で作ろうと思っている

まだまだデザイン力が身についていない状態で、1から自分で考えて作ろうとしていませんか?

なかなかゴールが見えず苦労したり、クライアントの意図を汲み取れず失敗してしまったりして、苦手意識をもってしまう人は多いものです。

プロのデザイナーは基礎をしっかり身に付け経験値を積んだ上で、今のトレンドを押さえたデザインをしています。
まずはしっかり基礎を学び、プロのデザイナーの作品をたくさんみて技術を盗んでいきましょう。

芸術的なセンスや才能が必要だと思っている

WEBデザインは、あくまで商業的な意味でのデザインであるので、創造性や独創性を求められることはほとんどありません。

それよりも、クライアントの意見を取り入れながら、イメージ通りのデザインができたり、目的に合ったものを制作できるかが重要です。

WEBデザイナーは、センスよりも相手とのコミュニケーションの方が大切で、相手のニーズを察知しながらデザインを創り上げていく人が求められます。
クライアントと仕事をしていく上で、ひとりよがりのデザインではいけないということですね。

WEBデザインが向いている人は?

WEBデザインを始めるにあたり、どういった性格の人が向いているのかいくつかピックアップしてみますので、参考にしてみてください!

地道にコツコツと作業ができる人

WEBデザインと聞くと華やかな印象がありますが、実際は一人でパソコンに向かってコツコツと作業する時間が多くあります。
自分の世界に入ってひたすら作業に没頭することが好きな人は、WEBデザイナーに向いていると言えます。

制作では大小さまざまな作業がありますが、それを面倒に思わず、地道にコツコツと作業をし、作品に対して突き詰めていける人は上達も早く、WEBデザイナーとして活躍していけるでしょう。

自分で何かを作ることが好きな人

例えば料理や手芸だったり、自分で何か物を作ることが好きな人は、WEBデザインも向いています。
自分の作品が世界中に公開され、多くの人の心を動かすことができる仕事なので、とても達成感とやりがいがあります。

自ら作り上げたものを通し、人を喜ばせることにやりがいを感じる人は、ぜひ目指していただきたい職業です!

好奇心をもって学ぶことが好きな人

WEBデザインには正解がなく、デザインのトレンドは次々に変化するので、好奇心をもってデザインの基礎からトレンドまでを学ぶ姿勢が大切です。

また、様々なデバイスの画面サイズに対応させたり、サイトを制作するためのツールやシステムといった知識や技術などの進化も早く、常に対応を求められます。
その時々で最適なデザインを実現するスキルが求められるため、継続的に勉強してスキルアップをすることが好きな人は、WEBデザイナーに向いています。

デザイン力を上げるには?

それでは、センスがなくてもデザイン力を上げるに、具体的にどうしたらいいのか?
その方法をお伝えしていきます!

デザインをする上でのルールを学ぶ

WEBデザインにはルールがあるとお伝えしてきました。
レイアウトや配色、フォントの選択や大きさの設定など、基礎知識をしっかり身につければデザイン力を上げることができます。

基本的な配色やレイアウトを学び、そこから大きく外れなければ、「ユーザーに情報をしっかり届ける」という目的を自然と果たせるデザインが作れるようになります。

デザイン力を向上させるには、まず基礎から。

デザインの仕方をしっかり学べば、なぜこれがいいデザインなのか?がわかり、次にお伝えする方法を繰り返せば、早いスピードでデザイン力がアップします!

インプットとアウトプットの量を増やす

デザインのルールを学んだら、インプットとアウトプットの量を増やしていきましょう。

インプットとは、今流行っているデザインや、自分が良いと感じるデザインにたくさん触れることです。
自分の目で善し悪しを判断できるようになれば、今度は「そのデザインがよく見えるのはなぜか?」を考え、テクニックを探っていきます。

そして蓄えたテクニックを実際に自分の作品に落とし込んでいくことで、頭の中で考えていたことが具体的になり、より感性が磨かれていきます。

たくさん見て、たくさん作ることが感性を高め、デザイン力アップにつながります。

現役のWEBデザイナーから学ぶ

WEBデザインは独学でもできますが、もし自分で調べてもわからないことが出てきた時、人に質問できる環境があると良いですよね。

なにより、独学では時間がかかりますし、自分で勉強したデザインが良いのか悪いのかも判断しづらいはずです。

そこで、確実にスキルを身に付けられるのが、WEBデザインスクールです。

今は直接教室に通うだけでなく、通信講座やオンライン講座もあるので、全国どこでも学ぶことができるスクールもたくさんあります。

さらに、現役のWEBデザイナーがいるスクールなら最新のトレンドを押さえたデザインも学べるので、よりオススメです。
WEBデザイナーとしてデザインセンスを磨きたいと考えているなら、しっかり基礎を身に着けられるスクールで学ぶと良いでしょう。

まとめ

WEBデザインのセンスは必要ではなく、基本をしっかり押さえて経験を積んでいけば、誰でもWEBデザイナーとして活躍していけます。

WEBデザインはアートや芸術とは違うので、たとえ絵が苦手でも、基本的なルールを学べば、デザイン力は向上し、クライアントが求める作品を作れるようになります。
1から全部自分で作ろうとはせず、クライアントとコミュニケーションを取りながら、要望に沿って制作できることが、WEBデザイナーの仕事として一番大切なことです。

デザイン力を上げていきたいとお考えであれば、色々なWEBサイトを見てインプットしたり、WEBデザインの講座で学べば、デザイン力を磨く近道になります。

特別な才能やセンスがなくてもWEBデザインはできます。
もし少しでも興味を持ちましたら、ぜひチャレンジしてみてください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。