Photoshop無料体験の始め方を画像付きで解説|インストール〜解約まで

今回は、Photoshopを7日間無料で使用できる無料体験について、登録、インストールの方法から解約の方法までお伝えしてきます。

日本デザインスクールで期間限定で開催している「バナー作成体験会」や「体験入学」ではPhotoshopのインストールが必要ですが、7日以内であれば無料で使用できます。また、Photoshopの登録やインストールは、この記事の通りにおこなえば誰でも簡単にできます。

なお、無料プランで使える機能は有料プランと変わりません。7日間使ってみて、Photoshopの使用感や機能を体感してみてくださいね。

【お知らせ】
2000名以上が人生を変えるキッカケになった「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、
  • WEBデザイン業界の「最新」ウラ事情
  • WEBデザイナーにおける「未経験OK」のワナ
  • WEBデザインの学習で失敗した「しくじり先生」の話
などをお伝えしています。「WEBデザインの学び方がわからない」「WEBデザイン業界について知りたい」という方はぜひご参加ください。

詳しくはこちら

Photoshopの無料体験で選べる3つのプラン

Photoshop無料体験期間で選べるプランPhotoshopの無料プランでは、3つのプランを選ぶことができます。

いずれも7日間は無料で使えますが、8日目からかかる値段が異なります。まずは3つのプランの違いを簡単に押さえておきましょう。

①Photoshop

1つめはPhotoshop単体プラン。Adobeにあるたくさんのツールのうち、Photoshopだけを使うことができるプランです。

Photoshop単体プランでは、8日目以降に月々2,728円がかかります。Photoshopだけを使いたい場合はこのプランまたはこのあとご紹介する「フォトプラン」がおすすめです

フォトプラン

Photoshopユーザーに最も多いのがこの「フォトプラン」。Photoshopに加えてLightroomとLightroom Classicが使えるプランです。LightroomとLightroom Classicは写真の管理やレタッチをおこなうことができるツールです。

ここでは、Photoshop単体プランよりも安くPhotoshopが使えると思っていただけたら大丈夫です。

Photoshop単体プランの半額以下、なんと月々980円で使うことができます。ただし、年間契約のみなので、例えば「1~2ヶ月間だけ使う」といった使い方はできません。

③コンプリートプラン

コンプリートプランでは、Photoshopに加えてIllustrator(イラストレーター)や動画編集に使えるPremiere Proも使えるお得なプランです。

それぞれを単体で使うよりもかなりお得ですが、それでも月6028円〜かかります。(※年間プラン一括払いの場合)

Photoshopだけを使いたい方にはおすすめできません。

とはいえ、7日間はどのプランを選んでも無料なので、コンプリートプランを選ぶのが最もお得です。7日間はコンプリートプランで色々試してみて、8日目以降に改めてフォトプランやPhotoshop単体プランに契約しなおすのも良いと思います。

3つのプランの価格は以下の通りです。

Photoshopの無料体験を始める方法

それではさっそく、Photoshopの無料体験を始めましょう。

Photoshopのインストールは7ステップでできます。

Step1.公式サイトを開く

まずは、AdobeサイトからPhotoshopのサイトを開きましょう。

こちらのリンクから開くことができます。

▶︎Adobe公式サイト

このようなページを開いたら、「無料プランで始める」をクリックします。

このとき、「購入する」を押すと無料プランが選べないので注意してくださいね。

Step2.体験するプランを選択する

無料体験では、先ほどお伝えした3つのプラン(Photoshop単体/フォトプラン/コンプリートプラン)を選ぶことができます。

どのプランを選んでも7日間は無料で使うことができます。

Step3.メールアドレスを登録する

表示されたページに従ってメールアドレスを入力して登録します。

Step4.支払い方法を選ぶ

その後、クレジットカードでの支払い画面が表示されるので、入力します。(無料期間中に解約する場合でも、クレジットカード情報の登録は必須です。)

月々プランか年間プランか、一括払いか分割払いかもここで選びます。

Step5.パスワードを設定する

Adobe登録用のパスワードを設定します。

解約や支払い変更などに必要なので、必ずパスワードは覚えておきましょう。

Step6.Adobeサイトにログインする

Adobeのサイトを開き、ログインします。

▶︎Adobe公式サイトはこちら

Step7.Photoshopのインストールボタンを押す

ログイン後、最初に選んだプラン(Photoshop/フォトプラン/コンプリートプラン)を選び、「アプリとサービスを利用」をクリックします。

ダウンロードボタンを押すと、Photoshopのダウンロードがはじまります。


【まずは無料でWEBデザインを試しませんか?
日本デザインスクールでは、豪華な無料プレゼントを用意しました。
✔️ WEBデザイナータイプ診断
✔️ 未経験から2ヶ月でプロのデザイナーデビューを叶えるヒミツ
✔️ 卒業生が特別に語る「月収100万を叶えた35のコツ」
受け取りは簡単30秒!QRコードを読み取るか、
下のボタンをクリックしてプレゼントの詳細をご確認ください。


プレゼントの詳細をチェックする

Photoshopを解約する方法

次に、Photoshopのプラン解約方法をお伝えします。

無料期間中の解約であれば費用は発生せず、完全無料で使えるので安心してくださいね。

「とりあえず無料期間だけ使ってみたい」「有料での契約はもう少し考えたい」という場合は、無料期間内に必ず解約しておきましょう。

Adobeサイトにログインする

Adobeのサイトを開き、ログインします。

▶︎Adobe公式サイトはこちら

プランを管理→解約を選択

プランを管理

Photoshopの解約方法1

Photoshopの解約方法2

Photoshopの解約方法3

プランを解約

をクリックして解約を進めます。

無料版の注意点

Photoshop7日間無料体験時の注意点をいくつかお伝えします。

8日目から有料になる

7日間の無料体験後は、そのまま自動的に有料プランに切り替えられます。

「Step3.メールアドレスを登録する」のときに右側に契約プランの詳細が載っています。そこに「〇月〇日の前日までに解約すると料金は請求されません」と出るので確認しておきましょう。

10月21日に無料体験を開始した場合

遅くても10月27日中までに解約すれば、料金は請求されません。(10月28日になった時点で、料金が発生してしまいます。)

スマートフォンやタブレットでは使用不可

今回ご紹介している「PhotoshopCC」は、スマートフォンやタブレット(iPad含む)では使うことができません。

Adobe社が提供しているスマートフォン・タブレット用のアプリケーション「Photoshop Express」は無料で使えますが、バナーやホームページのデザインはできません

買い切り型はない

買い切り型のPhotoshopは2022年現在、販売されていません。(2013年に販売が終了しました。)

通販サイトなどで、買い切り型のPhotoshopが売っている場合がありますが、内容がかなり古く、現存のPhotoshopとは大きく異なります。必ずサブスクリプション型の「PhotoshopCC」を使用しましょう。

ちなみに、買い切り型Photoshopの値段は、10万円もしたそうです。いまは7日間無料体験+フォトプランで月に980円〜使えることを考えると、Photoshopはかなり使い始めやすくなったと思います。

【高くても人気!】Photoshopが推奨される理由

ここまで、Photoshopの無料体験についてお伝えしてきましたが、プロのWEBデザイナーを目指す方の場合、7日間の無料体験後もほとんどの場合は契約の継続が必要です。

Canvaやfigmaなど、いまは無料でデザインできるツールは増えていますよね。それなのになぜ、多くのWEBデザイナーが有料のPhotoshopを使っているのか、ここからはPhotoshopがよく使われている理由を簡単にお伝えします。

プロのデザイナーに人気だから

1つめの理由は、多くのWEBデザイナーがPhotoshopを使っているからです。

「Photoshopが人気な理由が、“人気だから”ってどういうこと?」と思われたかもしれませんね。ですが、「多くのデザイナーが使ってるから」というのは大きな理由なのです。

例えば、多くのデザイナーがPhotoshopを使っているために、案件の納品時データは「psdデータ」(Photoshopのデータ)でお願いされることがあります。

また、複数人のデザイナーで協力して一つの案件を進めることがあります。その際、ひとりだけPhotoshopが使えなければ一緒に進めることができません。

個人で利用するSNSの投稿やサムネイル程度であれば無料のデザインツールでも対応は可能です。しかし、WEBデザイナーとしてお給料を稼いでいくためには、Photoshopは必須なのです。

機能性が高い

2つ目の理由は、機能性が高いことです。

他の無料ツールと比べてとても細かいところまで編集が可能です。WEBデザインでは、0.1ミリの文字のズレや0.01ミリの画像の切り残しで全体の印象が変わってしまいます。

そのような”細かい修正”までできるのがPhotoshopです。

Photoshopはプロ用のツール。最初は高いと感じてしまうかもしれませんが、値段相応の価値があるツールといえます。

Illustratorとの連携も可能

WEBデザインといったらPhotoshopの他にIllustrator(イラストレーター)を思い浮かべる方も多いと思います。

PhotoshopもIllustratorもAdobeのツール。Illustratorでおこなった画像のデザインや編集をPhotoshopドキュメントに自動的に反映することもできるのです。

詳しいやり方はこちらをご覧ください。

▶︎IllustratorとPhotoshopの連携(Adobe公式サイト

まとめ

Photoshop7日間無料体験の始め方について、おさらいしておきましょう。

  1. 公式サイトを開く
  2. 体験するプランを選択する
  3. メールアドレスを登録する
  4. 支払いプランを選ぶ
  5. パスワードを設定する
  6. Adobeサイトにログインする
  7. Photoshopのインストールボタンを押す

また、無料体験は7日間で修了し、8日目からは料金が発生します。

必ず契約プランや体験終了日を確認してから、無料体験をスタートさせてくださいね。

デザスクLINE5大特典
WEBデザイン20レッスンを無料プレゼント中
特典を詳しく見る