• HOME
  • 記事
  • 副業
  • 会社員におすすめの副業バイト8選!副収入ゲットで生活水準UP

会社員におすすめの副業バイト8選!副収入ゲットで生活水準UP

「毎月、給料日前になるとキツキツの生活…」
「クレジットカードの引き落としが怖い…」
「今の収入を増やして、もっと好きな物を買えるようになりたい」

あなたもこのように思ったことはありませんか?

そんな時におすすめなのが副業バイトです!
最近では、副業OKとしている企業も増えてきましたよね。

本業とは別の収入源が欲しい!
土日に働いて、まとまった副収入が欲しい!
今の生活水準をあげたい!

このように考えている方のために、今回は会社員でも簡単にできる副業バイトを紹介します。

また、副業バイトを始める前の注意点や、副業バイトの探し方などについても説明していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

副業バイトとは

副業は、雇用形態の観点からみて、大きく2つに分類されます。

⑴アルバイトとして働く
⑵個人事業主として働く

⑴のアルバイトとして働く場合は、時給制や日給制のところが多いです。多くの方が学生時代にアルバイトを経験したことがあるのではないでしょうか?

例としては、スーパーのレジ打ちや、居酒屋店員、コールセンターなどがあります。

⑵の個人事業主として働く場合は、成果報酬制が多いです。基本的には、クラウドソーシングサイトなどに登録して、案件を受注し、納品すると成果として報酬が得られます。

在宅でできる仕事が多いため、今人気を集めている仕事です。

この記事は、⑴のケースで副業したいと考えている方向けの記事です。

⑵のケースも知りたいという方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

【タイプ別】おすすめの副業13選!自分に合った副業を見つけよう!

副業バイトのメリット

先ほど、⑵の個人事業主として働く副業が人気を集めていると言いましたが、これから紹介する副業バイトにもメリットはたくさんあります。

主なメリットとしては、

  • 時給制が多いので、安定した報酬を得ることができる
  • 経験がなくても始めることができる
  • 単発の仕事は、まとまったお金が手に入る

です。

求人に応募して採用されると、自分で仕事を探す必要はないので、安定した報酬を得ることができますなかには報酬制の仕事もありますが、基本的に時給制をとっていることが多いです。

また、副業を始めたいと考えている人でも、「土日しか働けない」「平日の仕事終わりに少しだけ働きたい」「月に1,2回くらい働けたらいい」などさまざまでしょう。

この記事では、おすすめの副業バイトを8つ紹介しています。ぜひ自分の条件と照らし合わせながら見てみてくださいね。

副業バイトを始める前に注意すること

副業バイトを始める前に、注意しておくべきことが2つあります。

法律に関わることもあるので、必ずチェックしてから始めるようにしましょう。

本業の会社は副業OKか?

まずは、本業の会社が副業をしても大丈夫か確認してください。会社の就業規則を確認すると、副業に関して書かれている欄があるので、そこで確認することができます。

また、副業はOKでも、条件付きであったり申請を出す必要があったりします。就業規則を破ると、懲戒処分を受けることもあるので注意しておきましょう。

確定申告をする必要はあるか?

結論、副業収入が年間20万円以上の場合は、確定申告をする必要があります。20万円以下だと、確定申告をする必要はありません。

確定申告とは、所得に対してかかる税金(所得税)を自分で計算して精算する手続きのことです。

副業バイトの場合、アルバイトとして働いているので、基本的にそこで得られた収入は、「給与所得」になります。この給与所得が20万円以上の場合は、確定申告をする必要があるのです。

年末近くになると、本業と副業の会社からそれぞれ源泉徴収票をもらい、翌年の2月16日から3月15日までに(休日の有無によって前後する場合あり)税務署へ確定申告書を提出しましょう。

確定申告については、コチラの記事で詳しく紹介しています。ぜひ、併せて読んでみてくださいね。
副業の確定申告が必要になる3つのケースと申告手続きを紹介

副業バイトの見つけ方

では、実際に副業を始めようと思ったときに、どのように探したらよいのでしょうか。

ここでは副業バイトの見つけ方を2つ紹介します。おすすめのサイトも紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

求人サイトに登録する

求人サイトには、副業バイトに適した求人が多く載っています。「副業OK」「ダブルワークOK」と記載されている求人に絞って探していきましょう。

おすすめの求人サイトはコチラです▼

どのサイトでも、エリアや職種、雇用条件など細かい条件で検索することが可能です。

また、「短時間×WワークOK」「大量募集×WワークOK」「高収入×WワークOK」「土日のみ×WワークOK」など、人気のこだわり条件から探せるので、大量にある求人のなかから簡単に自分に合ったものを絞ることができます。

どのサイトも大手企業が運営しているサービスなので、安心して利用できるでしょう。

知り合い経由、SNSで見つける

意外と条件の良い求人を探せるのが、知り合い経由やSNSで見つける方法です。

TwitterやFacebookなどで、「○○の分野の副業を探しています」「週〇時間、副業できます」など発信してみましょう。意外と昔の知り合いや、会社を経営している人から声がかかる場合があります。

また、逆にSNSで知り合いが求人を出していたら、応募してみても良いでしょう。求人サイトのように仲介料をとられないので、給料も割高になる場合が多いです。

しかし、トラブルや価格交渉などは全て自分で対応しなければなりません。信頼できる方から仕事を請けるようにしましょうね。

副業バイトおすすめ8選

では、実際にどのような副業バイトがあるのかをみていきましょう。ここでは、副業バイトのおすすめ8選をジャンル別に紹介していきます。

実際にやってみた方の口コミも載せているので、参考にしてみてくださいね。

本業終わりでも無理なく働ける!在宅バイト

メリット 在宅ででき、自由度も高い
デメリット パソコン作業に慣れていないと大変
収入目安 時給1000円〜1500円

本業とも両立しやすいので、人気の仕事です。
ここでは、初心者でも始めやすい「データ入力」と「テープ起こし」の2つを紹介します。

データ入力

データ入力の仕事は、主に手書きの書類をデータに起こしたり、Excelを使って情報の整理をしたりします。特に必要なスキルもないので、初心者の方でも始めやすい副業バイトです。

データ入力の仕事には、企業に勤める場合と、クラウドソーシングから案件を受注する2つのやり方があります。

企業で働く場合は、時給1000円~1500円、クラウドソーシングから受注する場合は、データ入力1件あたり10〜50円ほどが相場です。

経験者の声
・単純作業が多く、慣れたら効率よく入力できるようになります。
・本業で疲れていても、在宅でできるので、継続しやすいです。

テープ起こし

テープ起こしの仕事には、3つの工程があります。

①音声データをそのまま文字起こしする
②「あー」「えー」など不要な単語をそぎ落とす
③文章を読んでリライトする

テープ起こしは完全出来高制であるため、平均時給は、500円~2500円と幅があります。作業に慣れてスピードが上がると、時給2000円以上も狙うことができる、夢のある仕事です。

テープ起こしで実績を積むと、テープ1本に対する単価も高くなります。自分の頑張り次第で、時給をアップさせられることは魅力的ですよね。

経験者の声
・始めたばかりは時間がかかり、慣れないことも多く大変ですが、コツコツ続けていくことで、今は時給1500円以上で働けています。
・お金を稼ぎながらタイピングスキルが鍛えられます。

シフト制で安定して稼げる!接客バイト

メリット ・安定して稼げる
・接客を学べる
デメリット ・給与が上がりづらい
・シフトを固定される場合がある
収入目安 ・時給900円~1200円

接客バイトといっても、居酒屋のホールスタッフやカフェの店員、受付などさまざまな種類があります。

本業で直接お客様と関わる機会が少ないという方にとっては、リフレッシュになり良いかもしれません。

ここでは、副業でおすすめの接客バイト、「コールセンター」「コンビニ」を紹介します。

コールセンター

コールセンターの仕事は、主に2種類あります。電話やチャットなどでお客様からの問合せを受けるインバウンドと、商品の売り込みをするアウトバウンドの仕事です。

マニュアルが整っているところが多いので、未経験の方でも安心して始めることができるでしょう。

また、コールセンターバイトの時給は、他のアルバイトより高い傾向にあります。

コールセンターバイトの平均時給
首都圏:1,402円
関西:1,385円
東海: 1,156円

基本的にデスクワークのため、本業が終わった後や休日でも気軽にできる点が、副業として人気の理由です。

経験者の声
・お客さまからの注文を電話で受けるインバウンドのバイトでした。周りのバイトの時給が800円くらいのところ、1,000円だったので時給は良く稼げました。
・1日3時間~8時間の間でシフトが選べ、会社の都合や体調不良でも休みやすいのも働きやすかったです。

コンビニスタッフ

コンビニバイトの仕事内容は、レジ打ちや商品の品出し、発注、店内の清掃など多岐に渡ります。また、シフトの時間帯によって業務内容も変わります。

コンビニは、24時間営業なので、いつでも自分の好きな時間に働けると思う方もいると思いますが、そうとは限りません。

多くのコンビニがシフト制をとっています。区切りは店舗によって異なりますが、早朝の5~9時、昼間の9~22時、深夜の22~5時の3パターンが一般的です。

また、コンビニの平均時給は1000円前後で、首都圏だと+100~200円、地方だとマイナス100~200円といった感じです。

早朝や深夜勤務になると時給がアップするので、短い時間で効率よく稼ぎたい人におすすめの副業バイトです。

経験者の声
・入りたい時間にシフトの希望を出せたり、融通が利きやすいので、休みも取りやすく働きやすかったです。
・最初は覚える事が多いのですが、レジは単純作業なので覚えてしまえば楽です。品出しも基本が分かれば、どのような商品がきてもする事は一緒なので慣れれば楽だなと思います。

休日にまとめて稼ぎたいなら、イベントバイト

メリット ・単発で終わる
・高収入
デメリット ・拘束時間が長い
・体力勝負
収入目安 ・時給は1,000円~1,500円程度

イベントスタッフのバイトは、派遣会社に登録し、コンサートやスポーツの大会などのイベントがある際に応募するといった形式です。

単発で終わるうえ、日給8000円~10000円と高収入なところがメリット。その代わり、1日の拘束時間は長いので、本業がある日におこなうのは難しいでしょう。

ここでは、「コンサートスタッフ」と「試験監督」を紹介します。

コンサートスタッフ

イベントバイトで人気なのが、コンサートスタッフです。

仕事内容は、観客の誘導やチケットのもぎり、会場の設営などです。基本的に前日か当日に集まって説明を受け、人員配置の指示を受け、1日中自分の任された所を担当することが多いです。

コンサートの雰囲気や裏側を知ることができて楽しいですが、立ち仕事が多かったり、外での待機時間が長かったりと、体力的に大変なところもあります。

経験者の声
・コンサートの警備を担当したとき、ステージを見ることはできませんでしたが、演奏を生で聴くことはできたので嬉しかったです。
・1日をとおしてコンサートの会場設営から撤去にまでかかわり、その流れを知ることができました。

試験監督

意外と知られていなく、おすすめなのが試験監督のバイトです。仕事内容は、会場の設営や受験者の誘導、試験の概要説明などがあります。

基本的に、試験中は静かにじっと見回りをしておけばよいので、比較的楽な仕事です。しかし、遅刻してきたり、途中で体調を崩したりする受験生がいるので、臨機応変な対応が求められます。

時給の相場は、1000〜1500円程度です。また、日給制をとる場合も多く、日給8000円が相場です。拘束時間も試験によって異なりますが、基本的に半日か1日中です。

経験者の声
・問題が発生しない限りマニュアル通りに行動すればよく、試験時間中はほぼすることがないのでラクでした。
・昼食に弁当とお茶が出たので助かりました。

運動不足解消にもなる!フードデリバリーの配達バイト

メリット ・時間の制限やシフトがない
・運動ができる
デメリット ・体力勝負
・地域によってはないところも
収入目安 ・時給は1,000円~1,500円程度

2017年に日本にもUber Eatsが上陸し、一気に人気が広まったフードデリバリーサービス。フードデリバリーの配達バイトとは、レストランの料理を消費者の元に届けることです。

自転車やバイクなどを使って配達をするので、運動しながらお金を稼ぐことができます。本業でデスクワークが多い人の運動不足解消として、今、人気の副業です。

また、ドミノピザや銀のさらのようなデリバリー専門店とは異なり、職業形態は個人事業主となります。そのため、普通のバイトのように時間の制限やシフトもなく、スキマ時間で働けます。

ここでは、最もメジャーであるUber Eatsとサポートが充実しているWoltの2つを紹介します。

Uber Eats

日本で一番初めにフードデリバリーサービスを開始したことから、日本では最もユーザーが多く、知名度も高いサービスです。

Uber Eatsの料金体系は定期的に見直されますが、基本的には
報酬額 = 配送料(基本料金 + 配達調整金額)+インセンティブ – サービス手数料(10%) + チップ

となります。

基本料金は、配達距離によって異なりますが、大体1回の配達で約15~20分かかり、報酬の目安は約500~550円です。

効率よく稼げば、時給2500円以上いくときもあるそう。しかし、注文数や天候に左右されやすいこともデメリットとして理解しておきましょう。

Uber Eatsは、47都道府県全てにサービスを展開しているため、まずは登録して考えてみたら良いかもしれません。

経験者の声
・たまに注文者さんや店舗からチップやお茶などの飲み物をもらうことがあります。モチベーションに繋がるので嬉しいです。
・配達開始から2日目で日給1万円を稼げました。自分で工夫すれば、わりと稼ぎやすい副業バイトだと思います。

Wolt

Woltは、フィンランド発のフードデリバリーです。目を引く水色の配達バッグやジャケットが印象的で、「おもてなしデリバリーサービス」として人気を集めています。

Woltは、ユーザーにも配達パートナーに対しても、サポートが充実しています。たとえば、WoltはUber Eatsにはない、オンライン時間保証制度を導入しています。簡単にいえば、待機中に注文が入らなくても、最低時給は保証されるということです。

ただし、オンライン時間保証はシフトのようなもので、予約が必須です。枠には限りがあるため、早い者勝ちということも覚えておきましょう。

チャットや電話でのサポートが充実しているので、配達バイト初心者の方におすすめです。

経験談
・サポーセンターの対応が早いので、配達側がお客様から直接クレームを受けずに済みました。
・指定バッグや制服があるので、自分で用意しなくてもいいです。

まとめ

この記事では、副業バイトの見つけ方や注意しておくこと、おすすめの副業バイト8選を紹介しました。

簡単にまとめると、副業バイトの見つけ方には、以下のような方法がありました。

  • 求人サイトに登録する
  • 知り合い経由、SNSで見つける

また、副業バイトを始める前には、

  • 本業の会社は副業OKか?
  • 確定申告をする必要はあるか?

この2つのことは必ず確認しておくようにしましょう。

副業をすることで、本業以外の収入が得られ、あなたの生活をもっと豊かにすることができます。しかし、頑張り過ぎて、本業に支障をきたしたり、体を壊してしまっては本末転倒なので、頑張り過ぎないでくださいね。

この記事が、あなたの副業探しのお役に立てれば嬉しいです!

関連記事一覧