WEBデザイナー向け無料電子Book >受け取りはこちら

【動画で学ぶ】WEBデザインで着実に稼ぐ!副業で月3万円稼ぐための完全ロードマップ

WEBデザインで着実に稼ぐ!副業で月3万円稼ぐための完全ロードマップ

こんにちは、久保なつ美です。

今日は、WEBデザインで月3万稼ぐまでのロードマップをお伝えしていきます。

なぜ「3万円」かというと、月3万円はファーストステップとして目指すにはちょうどいいところだからです。

カンタンそうに思えるけどちゃんとやらないといけない、でも不可能じゃない、だけど無計画だと難しい、みたいなほどよいラインです。

よく考えてみると、3万円稼げるってすごいことですよね。

月収が全部で3万円だとちょっと大変ですけど、別のお仕事をしていたりパートナーの方がお仕事をしていて自分は家事や育児に専念しているところからプラスアルファでの3万円だったら結構価値としても高いんじゃないかなと思います。

だって3万円あれば月に3回ディナーにいって美味しいものが食べられたり、旅行に毎月行けたり、今より月に3万円高いところに住めたり、、結構良くないですか?

それに、まずはこの3万円ドリーム(!)を叶えることができれば、月に5万円、月に10万円も見えてきます。

今回は、これから副業始めたい方やすでにWEBデザインを学び始めていてこれから行動していきたいなっていう方に対して、具体的なステップをお伝えしますね。

この内容を「動画で見たい!」という方は、下の動画(↓)をクリックしてご覧ください。

※動画と記事の内容は一緒ですが、記事化にあたって一部加筆修正を加えております。

▼ ▼ 限定公開中 ▼ ▼

当メディアを運営している日本デザインスクールは、これまで14364人WEBデザイナーの仕事についてお伝えする無料セミナーを開催してきました。

その中で気づいたのが、WEBデザイナーへの誤解がある方が多いということ。中には一度勉強に失敗してからセミナーに来て「先に知りたかった」という方もいらっしゃいます。

そのような方が増えないために、特に多かった15の誤解を1つの資料にまとめました。勉強を始めてから後悔しないよう、ぜひ受け取ってください。

※非常に人気の資料であり、今後有料化する可能性もあるのでお早めに手に取ってくださいね。

目次

Step1:ソフトをインストールする

1つめのステップは、ソフトをインストールすること。

WEBデザインに必要なソフトはphotoshopです。

もしできたらIllustratorもあった方がいいですが、なくても大丈夫。大事なのはPhotoshopの方です。

Photoshopは、写真や文字の加工ができるツールで、Photoshopが使えるようになったら簡単なバナーやサムネイルが作れるようになりますし、単価20万円くらいのランディングページも作れるようになります。

でもソフトをそもそも持っていないと話にならないので、パソコンと、Photoshopのインストールは必須ですね。

インストール方法はこちらの記事をぜひご覧ください。

Photoshopについてもっと詳しく知りたい方は、日本デザインスクールでときどき開催しているバナー体験レッスンに来てくださったらお伝えしますね。
体験会やイベントの案内ははLINEで流しているのでぜひお友達になってください!
日本デザインスクールと友達になる

Step2:実際に現場で使う操作スキルを身につける

2つめは、実際に現場で使う操作スキルを身につけることです。

Photoshopの操作ができることと、バナーが作れるのはちょっと違います。

ただソフトが使えるだけではダメで、実際に使う操作を覚えないと、バナーやサムネイルは作れないんです。

これは他の動画でもお伝えしてきていますが、独学だとちょっと難しいかなと思います

有名なスクールさんでも操作スキルくらいしか身につかなかったりするので、本当に現場でやっていることをそのまま教えてくれる人から習うのがポイントです。

この「身につける」っていうのが、日本デザインスクールなら45日でできるんですけど、ちゃんと教えてくれないところだと1年くらいかけているところもあります…。

早ければいいっていうものでもないんですが、ちゃんと学べばそのくらい短期間で行けるので、あまり時間をかけずに短期集中で学んでしまった方が良いです。

Step3:ポートフォリオを作る

3つめはポートフォリオの作成です。

デザインを依頼してくれるお客さんは、あなたはどれだけデザインできるのかがわかりません。

なので、ネイルのお店だったらサンプルがあるように、デザインのサンプルを作らないといけません。

ヘッダーでもサムネイルでもバナーでもなんでも良いんですけど、実力がわかるものを並べる必要があるんですよね。

コンペ用に架空のバナーやホームページを作るのも良いんですが、おすすめはクラウドソーシングサイトでコンペです。

コンペに応募して、もしコンペに落ちたとしてもその作品の写真や文章を変えてオリジナル作品にしてまとめてみるのも良いと思います。

ポートフォリオは、対面の面接だったら紙に印刷しても良いですし、ポートフォリオサイトを作ったりSNSに載せたりする方もいます。

Step4:クラウドソーシングサイトでお仕事を受注する

ポートフォリオが完成したら、クラウドワークスやココナラでお仕事を受注しましょう!

特にココナラはおすすめで、日本デザインスクールの卒業生も多く使ってます。

ココナラはクラウドソーシングサイトの中でも特徴的なサイトで、ネット上にWEBデザイン制作のお店を開いて、お客さんが来るのを待つイメージ。

バナー制作だと3000円から1万円くらいが相場です。

ちなみに、最初のうちは価格を安めに設定した方がいいです。

レビューがついてきたらちょっとずつ単価を上げると良いと思います。

何件かこなしていって、レビューが集まってきたら単価が多少高くても依頼はもらえるようになりますよ!

初めはしんどいかもしれないんですけど、しっかりしたポートフォリオがあってかつ安い価格で設定していたらサクっと案件が入ってくるので、初心者の方はぜひそのやり方でやってみてください。

ココナラであるていど依頼されるようになれば、月3万円は遠くないです。

たとえば5000円のバナー案件を6つこなしちゃえばもう3万円稼げます!

ちなみに、卒業生の中には、コーディングなしで簡単に作れるWEBサイトを作って、1件で5万円~10万円稼いでる人もいますよ。

クラウドワークスやランサーズは、「1000円でバナー作ってくれませんか〜」「10万円でホームページ作ってくれませんか〜」のような案件を出してくれているお客さんがたくさんいて、そこに「私やります!」ってデザイナー側が手をあげて、オーディションを受けるみたいなイメージです。

こういうクラウドソーシングサイトはライバルもいっぱいいるんですけど、単価が安くて人気のない案件に参加して、レビューを集めたりポートフォリオの作品を増やすのが王道ルートですよ。

ココナラは待つスタイル、クラウドソーシングサイトは自分から営業していくスタイルなので、得意不得意はあると思いますが、並行してやるのがおすすめです。

月3万円稼げたらいいなーって思っていたのに、デザインが好きでたくさん案件受けてたら10万超えてちゃってた!という方も結構いるんですよね。

長い目で見て、スキルちゃんと身につけて、出品していけばそういうことも可能なわけです。

3万円稼げるスキルがあれば、ちょっと工夫で10万20万稼げます。なので、たった3万と思わずに最初のステップだと思って、スキルをつけてもらったら夢が広がるんじゃないかと思います。

そして、ココナラである程度実績を積んで、ポートフォリオも充実してきたらぜひリアルな交流会に行ってみてください。

個人で事業をされている方や起業家さんがあつまる勉強会や交流会で、「こういうデザインが作れます」「ココナラでこんなことやってます」って言うと、それが受注のきっかけになることも多いです。

リアルなつながりだと、ご縁を大切にしてくれることも多いので、単価が上がりやすかったりリピートもされやすいです。

(ココナラだと、より安いデザイナーさんを見つけたらすぐに乗り換えられちゃうことも多いので、単価が上がりにくいんです)

というわけで今回は、WEBデザイナーとして副業で月に3万円稼ぐまでのロードマップをご紹介しました。

このステップを踏めば、ほとんどの方が月に3万円稼ぐのは可能なんじゃないかと思います。

大事なのはその先です。

月に3万円で止まらずに、どんどんチャレンジのレベルを上げていってもらえたら、たった1年でも本業にできるレベルになれちゃいます。

夢を諦めずに、ちゃんと叶えている人もいるからわたしにもできるんだってことを信じて、コツコツ頑張ってくださいね。

色々ありますが、ぜひドラマだと思って過程も楽しんでください。

みなさんの挑戦を応援しています!



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問や感想があればご記入ください

コメントする

目次