WEBデザイン技能検定は必要?!受けるべき人やメリットも解説!

ライフスタイルの変化や副業の増加などで、働き方を見直す方が増えています。
そんな中で、今注目を浴びているのがWEBデザイナーという職業。

WEBデザイナーはクリエイティブでやりがいがあり、そのうえパソコンとインターネットさえあれば場所や時間を選ばず自由に働けるので、とても魅力的ですよね。

WEBデザイナーについて、なり方や勉強方法など色々調べていくと「webデザイン技能検定」という言葉を見かける方も多いのではないでしょうか。

webデザイン技能検定とは、WEB業界において唯一の国家資格です。
資格だし、取った方がいいのかな?と疑問に思いますよね。

果たして、WEBデザイナーになるために、この資格が必要なのか?
また、webデザイン技能検定の資格をとるメリットとは?

今回は、そんな疑問を解決すべく、webデザイン技能検定について詳しくお伝えしていきます

webデザイン技能検定とは?

WEB業界で唯一の国家資格

webデザイン技能検定は、WEB業界の唯一の国家資格とされていて、WEBサイトの制作に必要な知識やスキルが問われる試験内容です。

webデザイン技能検定は3級から1級まであり、2級や1級はそれぞれ受験するための条件が設定されています。

詳しい内容については、また後ほど詳しくお伝えしますね。
この検定に合格すれば、「webデザイン技能士」と履歴書に書くことができるようになります

就職や転職する際にアピールポイントになる

WEBデザイン技能検定は、履歴書に「WEBデザイン技能士〇級」と記入でき、就職や転職する際に有利です。

3級を持っている場合は、WEBデザインに関する基本的な知識とWEB業界に対する意欲があるアピールになるので、未経験からWEBデザイナーに転職する際は好印象を与えられます。

2級を持っていれば「WEBデザイナーとして最低限の仕事ができる」証明になり、1級を持っていれば「WEBデザインだけでなくWEBサイト構築までの幅広いスキルがあること」の証明ができます。

WEBデザイン技能検定を受けるべき人

WEBデザイン技能検定を受けるべき人は

  • WEBデザイナーとしてさらなるキャリアアップを考えている人
  • 将来WEB業界で活躍したい人
  • WEBサイトなどの運営をしたい人などです。

WEBデザイナーになるために、この資格は必ずしも必要ではありません。ですが、資格の取得は強みの一つになるといえるでしょう。

現在WEBデザイナーとして働いていなくても、将来的にWEB業界で働きたいと思っている方にもおすすめです。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

WEBデザイン技能検定の試験の詳細

WEBデザイン技能検定の合格率

WEBデザイン技能検定の合格率は以下のとおりです。
3級の合格率…60%~70%
2級の合格率…30%~40%
1級の合格率…10%~20%

3級は初心者向けのため、合格率が高めです。ですが、2級を超えると難易度が高くなり、1級の合格率はかなり低いです。

WEBデザイン初心者の方は、まずは3級の合格から目指しましょう。

試験日程

WEB技能検定の実施日程は、年4回(5月、8月、11月、2月)です。

試験会場は、東京、愛知、大阪、福岡などがあり、開催する回によって異なっていますので、受験する際は事前に確認しておきましょう。

申し込み方法

WEBデザイン技能検定の申し込みは、インターネットと郵送の2つの方法があります。

<インターネットでの申し込み方法>
WEBデザイン技能検定のシステムにアカウント作成する
②ログインし、受験申請をおこなう
③支払いの方法を選択し、決済をおこなう
④申請完了

<郵送での申し込み方法>
①受験手数料を振り込む
②申請書を記入する
③申請書を送る(簡易書留)
④申請完了

WEBデザイン技能検定の試験内容

はじめにもお伝えしたとおり、WEBデザイン技能検定は3級から1級まであります。
それぞれの試験時間や受験料金などが異なるので、見ていきましょう。

WEBデザイン技能検定3級

まずは3級の詳細を説明します。

試験方法 学科:筆記試験(マーク方式):「多肢選択法」「真偽法」形式
実技:課題選択方式
試験時間 学科:45分
実技:60分
合格基準 学科:70点以上(100 点満点)
実技:70点以上(100点満点:ただし、各作業分類において配点の60%以上の得点を得ること)
試験内容 <学科>
・インターネット概論
・ワールドワイドウェブ(WWW)法務
・ウェブデザイン技術
・ウェブ標準
・ウェブビジュアルデザイン
・ウェブインフォメーションデザイン
・アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン
・ウェブサイト設計・構築技術
・ウェブサイト運用・管理技術
・安全衛生・作業環境構築<実技>
・ウェブサイト構築
受験料
学科:6,000円
実技:8,000円/3,000円(25歳未満の在職者)

WEBデザイン技能検定2級

次に2級の詳細を説明します。

試験方法 学科:筆記試験(マーク方式):「多肢選択法」「真偽法」形式
実技:課題選択方式
試験時間 学科:60分
実技:120分
合格基準 学科:70点以上(100 点満点)
実技:70点以上(100点満点:ただし、各作業分類において配点の60%以上の得点を得ること)
試験内容 <学科>
・インターネット概論
・ワールドワイドウェブ(WWW)法務
・ウェブデザイン技術
・ウェブ標準
・ウェブビジュアルデザイン
・ウェブインフォメーションデザイン
・アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン
・ウェブサイト設計・構築技術
・ウェブサイト運用・管理技術
・安全衛生・作業環境構築<実技>
・ウェブサイト構築
受験料金 学科: 7,000円
実技: 16,000円/7,000円(25歳未満の在職者)

WEBデザイン技能検定1級

最後に1級の詳細を説明します。

試験方法 学科:筆記試験(マーク方式):「多肢選択法」「真偽法」形式
実技:課題選択方式
試験時間 学科:90分
実技:180分
ペーパー実技:60分
合格基準 学科:70点以上(100 点満点)
実技:70点以上(100点満点:ただし、各作業分類において配点の60%以上の得点を得ること)
試験内容 <学科>
・インターネット概論
・ワールドワイドウェブ(WWW)法務
・ウェブデザイン技術
・ウェブ標準
・ウェブビジュアルデザイン
・ウェブインフォメーションデザイン
・アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン
・ウェブサイト設計・構築技術
・ウェブサイト運用・管理技術
・安全衛生・作業環境構築<実技>
・ウェブサイト構築
受験料金 学科: 8,000円
実技:25,000円(実技はペーパー実技含む)

WEBデザイン技能検定に向けて勉強しよう!

WEB技能検定の勉強方法は、独学で過去問を解いて勉強する方法と、スクールに通う方法があります。

過去問を解く

WEBデザイン技能検定は、過去問から出題されることが多いので、まずは過去の問題から解いてみるとよいでしょう。

公式サイトに過去問が掲載されています。
アンケートに答えるとすぐにオンラインでテストができるので、そちらを活用してみるのもおすすめです。

試験の難易度は年ごとによって大きく変わるので、過去問をいくつか解いてみて、もしわからない部分が出てきた場合は、インターネットで検索したり、関連の本を読んで調べるようにしましょう。

スクールに通う

これからWEBデザインを学ぶという方や、独学は不安という方は、スクールに通うのも一つの手です。

まずはスクールでデザインのスキルを身につけられてもよいですし、すでにスキルを習得されている方なら、技能検定対策講座を追加で受けられてもよいでしょう。

試験勉強を進めるなかで出てきた疑問点を講師にその場で質問ができますし、他の受講生と意見交換をしながら、効率良く学べます。

さらに、WEBに関する最新情報も得やすいので、大事なポイントを押さえた学習ができるところも大きいですね。

今はオンラインで開講しているスクールもあるので、全国どこでも受験できますよ。

WEBデザイン技能検定に合格する3つの秘訣

試験の受験日を決める

受験日を決めないとダラダラ勉強してしまい「気付いたら受験日2週間前!」なんてこともあるかもしれません。

そうならないために、勉強する前に試験日を決めて、試験日から逆算してどのようなスケジュールで勉強するか計画を立ててみてください。

試験範囲が非常に広いため一気に勉強するのではなく、しっかり計画をたててコツコツ勉強することが合格する秘訣です。

専門用語を覚えておく

WEBデザイン技能検定において、専門用語を覚えておくのは必須です。

試験では専門用語が多く使われています。そのため、専門用語を覚えていないとそもそも問題の意味がわかりません。
初心者の方は、まず専門用語を正確に覚えることからはじめましょう。

実技試験の対策をしておく

当日焦らないように、パソコンやアプリケーションの操作に慣れておきましょう。

実技試験では、パソコンに各種ブラウザやテキストエディタがインストールされています。また、2級以降の試験では「Adobe Photoshop」や「Adobe Dreamweaver」などのアプリケーションがインストールされています。

事前に試験会場で用意される環境を確認しておき、できるだけそれに近い環境で試験対策をおこなうとよいでしょう。

WEBデザイン技能検定を受験する際の注意点

上述したように、実践的な知識やスキルが問われるのは2級以上からになるので、WEBデザインの能力を客観的に示すには、2級以上の資格を取得するようにしましょう。

3級は基本的に誰でも受験でき、WEBデザインの簡単な知識しか問われないので、面接でアピールするには少し物足りないといえます。

もう一つ注意するポイントとして、自分がどれくらいの知識があるのかを事前に把握して、どの級まで目指すべきなのかを判断できるようにしておくとよいでしょう。

資格を取ってそこで満足してしまうと、使ったお金や時間が無駄になってしまいます。

何のために資格を取るか、あらかじめ明確にしておくことをおすすめします。

まとめ

WEBデザイン技能検定を受けなくてもWEBデザイナーになることはできますが、検定を受けることのメリットもいくつかあります。

WEB業界に興味があって就職活動でアピールしたい、もっとWEBデザインの知識を深めたいという方は、WEBデザイン技能検定にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

国家資格を取得することで自信にもなりますし、自分のスキルを証明できるのでそんな時に資格があるとやはり心強いですよね。

この記事があなたのお役に立てたらとても嬉しいです。

WEBデザイナーになって人生を変えた話
特別ストーリーを限定公開中!
WEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ