WEB業界で働く人へ!国家資格webデザイン技能検定の必要性は?

ライフスタイルの変化や副業の増加などで、働き方を見直す方が増えています。
そんな中で、今注目を浴びているのがWEBデザイナーという職業。

WEBデザイナーはクリエイティブでやりがいがあり、そのうえパソコンとインターネットさえあれば場所や時間を選ばず自由に働けるので、とても魅力的ですよね。

WEBデザイナーについて、なり方や勉強方法など色々調べていくと「webデザイン技能検定」という言葉を見かける方も多いのではないでしょうか。

webデザイン技能検定とは、WEB業界において唯一の国家資格です。
資格だし、取った方がいいのかな?と疑問に思いますよね。

果たして、WEBデザイナーになるために、この資格が必要なのか?
また、webデザイン技能検定の資格をとるメリットとは?

今回は、そんな疑問を解決すべく、webデザイン技能検定について詳しくお伝えしていきます

webデザイン技能検定とは?

WEB業界で唯一の国家資格

webデザイン技能検定は、WEB業界の唯一の国家資格とされていて、WEBサイトの制作に必要な知識やスキルが問われる試験内容です。

webデザイン技能検定は3級から1級まであり、2級や1級はそれぞれ受験するための条件が設定されています。

詳しい内容については、また後ほど詳しくお伝えしますね。
この検定に合格すれば、「webデザイン技能士」と履歴書に書くことができるようになります

WEBサイト制作に役立つ試験

webデザイン技能検定は、3級から1級の全てにおいて、WEBデザインの知識を問われる学科試験と、WEBデザインのスキルを試される実技試験の2つを受験することになります。

出題される課題は、WEBサイトの制作やデザインをする上で必要なものばかりなので、WEBデザイナーにとって知識を深める上で役立つ試験といえますね。

webデザイン技能検定のメリット

WEBデザイナーに就職や転職する際にアピールポイントになる

webデザイン技能検定は、WEBサイトの制作に役立つことはお話しした通りですが、国家資格の取得は大きな自信にも繋がってきます。

2級以上であれば面接の際にスキルをアピールすることもできますし、既にWEBデザインの仕事に携わっている方であれば、自分のスキルの証明をすることができますね

WEB業界で活躍したい方に役立つ知識やスキルが身につく

WEBサイトは、サイトに訪れた方がパソコンの画面を見た時に、見やすいレイアウトであることが重要になるので、サイト制作の知識や能力が問われることになります。

他にも、使い勝手の良いWEBサイトをデザインすることもWEBデザイナーの仕事であるので、web技能検定で身についた知識やスキルは、WEB業界で活躍したい方にはきっと役立つことでしょう

webデザイナーになるために技能検定は必要?

WEBデザイナーになるために、この資格は必ずしも必要ではありません。

ただし、未経験からWEBデザイナーへの転職や、WEBデザイナーとして更なるキャリアアップを考えている方には、資格の取得は強みの一つになるといえるでしょう。

WEBデザイナーとして、今の自分の能力を計るには最適な試験だと思いますので、チャレンジしてみるのも良いかもしれません

webデザイン技能検定の試験内容について

web技能検定の試験日程

web技能検定の実施日程は、年4回(5月、8月、11月、2月)となっていて、インターネットか郵送で申し込むことができます。

試験会場は、東京、愛知、大阪、福岡などがあり、開催する回によって異なっていますので、受験する際は事前に確認しておきましょう。

web技能検定の試験内容

試験方法は、全てマークシート方式の学科試験 と実技試験があります。
それでは1つずつ受験条件や試験内容を見ていきましょう。

webデザイン技能検定3級

受験料は、学科が 5,000円、実技が35歳以上ですと5,000円、35歳未満は3,000円となります。
試験時間は、学科が45分で、実技が60分です。

webデザイン技能検定の3級は、基本的には誰でも試験を受けることができ、合格率は60%から70%ぐらいとなっています。

難しいデザイン技術や知識が問われることはほとんどないので、誰でも合格しやすい試験です

実技試験も、HTMLやCSSを使って簡単なWEBサイトを制作するぐらいなので、しっかりと試験対策を行って基本的な勉強をしておけば大丈夫です。

webデザイン技能検定2級

受験料は、学科が 6,000円、実技が35歳以上ですと12,500円、35歳未満は7,000円となります。
試験時間は、学科が60分、実技が120分です。

2級は受験の条件があり、webデザイン技能検定の3級に合格しているか、2年以上の実務経験、もしくはWEB制作に関する学校で教育を修めた経験がある方が受験を認められます。

合格ラインは、100点満点中70点以上で、合格率は約40%~50%と、3級より難しくなっています。

その代わり、実践的な知識が問われるので、2級以上を合格するということは、本当の意味でWEBデザインの能力があると証明できるのです。

webデザイン技能検定2級の筆記試験では、WEBデザインの専門知識を必要とする問題が多く出題されます。

実技試験も、3級と比べてより実践的な課題になるので、HTMLやCSSでのコーディングはもちろんのこと、画像の作成や加工、データのアップロードなど、WEBサイトを管理する能力までが試されます

更には、過去に出題された内容とは異なる問題が多く出題範囲も広いので、勉強する範囲を絞らずに幅広く試験対策をした方が良いでしょう。

webデザイン技能検定1級

受験料は、学科が7,000円、実技が25,000円(ペーパー実技を含む)です。
試験時間は、学科が90分、実技が180分、ペーパー実技が60分となっています。

1級を受験するには、学科は7年以上の実務経験が必要で、実技は1級の学科試験を合格するという条件をクリアしなければなりません。

1級の試験に合格すると、国が認める能力を身に付けた人材であるという評価を客観的に受けることができるので、就職や転職の際のアピールポイントにもなります

その分、試験の難易度も更に上がり、合格率は約10~20%ほどと言われているので、今まで以上に幅広い知識と経験が必要になってきます。

実技試験では自分でWEBサイトの設計と計画まで行うことになるので、WEBデザインの実務経験がある人にとっても難易度が高い試験といえるでしょう。

webデザイン技能検定に合格するには?

試験の過去問を解く

webデザイン技能検定は、過去問から出題されることが多いので、まずは過去の問題から解いてみると良いでしょう。

公式サイトに過去問が掲載されています。

最初にアンケートに答えるだけで、すぐにオンラインでテストをすることができるので、そちらを活用してみるのもおすすめです。

試験の難易度は年ごとによって大きく変わるので、過去問をいくつか解いてみて、もしわからない部分が出てきた場合は、インターネットで検索したり、関連の本を読んで調べるようにしましょう。

スクールで学ぶ

これからWEBデザインを学ぶという方や、独学は不安という方は、スクールに通うのも一つの手です。

まずはスクールでデザインのスキルを身につけられても良いですし、すでにスキルを習得されている方なら、技能検定対策講座を追加で受けられても良いでしょう

試験勉強を進める中で出てきた疑問点を講師にその場で質問ができますし、他の受講生と意見交換をしながら、効率良く学ぶことができます。

更には、WEBに関する最新情報も得やすいので、大事なポイントを押さえた学習ができるところも大きいですね。

今はオンラインで開講しているスクールもあるので、全国どこでも受験することができますよ

問題集やガイドブックを活用する

試験内容を全体的に学びたい方には、インターネットスキル認定普及協会が発行している「webデザイン技能検定過去問題集」や、「ウイネット」が発行している「webデザイン技能検定ガイドブック」などがおすすめです。

ただし問題集の場合、WEBデザインの業界に変化があると書いてある内容が古くなってしまうこともあるので、現在どのようなスキルが求められているかを随時調査する必要があります。

問題集を活用しながら基礎的な内容と最新のスキルも同時に学び、試験の合格に繋げましょう。

webデザイン技能検定を受験する上での注意するポイント

上述したように、実践的な知識やスキルが問われるのは2級以上からになるので、WEBデザインの能力を客観的に示すには、2級以上の資格を取得するようにしましょう

3級は基本的に誰でも受験することができ、WEBデザインの簡単な知識しか問われないので、面接でアピールするには少し物足りないといえます。

もう一つ注意するポイントとして、自分がどれくらいの知識があるのかを事前に把握して、どの級まで目指すべきなのかを判断できるようにしておくと良いでしょう。

資格を取ってそこで満足してしまうと、使ったお金や時間が無駄になってしまいます。
何のために資格を取るか、予め明確にしておくことをオススメします

まとめ

webデザイン技能検定を受けなくてもWEBデザイナーになることはできますが、検定を受けることのメリットもいくつかあります。

WEB業界に興味があって就職活動でアピールしたい、もっとWEBデザインの知識を深めたいという方は、webデザイン技能検定にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

国家資格を取得することで自信にもなりますし、自分のスキルの証明をすることができるので、そんな時に資格があるとやはり心強いですよね。

webデザイン技能検定が気になる方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。