WEBライターにはどうやって転職するの?3つの方法を紹介します!

年々知名度が上がってきているWEBライター。
最近女性の間でも人気があることをご存知ですか?

時間や場所を選ばず仕事ができ、家庭との両立も可能な働き方が人気の理由でしょう。
ライターって呼ばれてみたいかもなんて憧れる気持ちもありそうですね。

WEBライターになりたいと思う人の中には、
「転職するにはどうしたらいいのかな?」
という方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、今回はWEBライターへの転職方法を3つご紹介します。

転職方法を知ることで、

  • WEBライターとしてどう活動するかを考えるきっかけになる
  • WEBライターに転職するには何が必要となるかが分かる
  • 憧れのWEBライターとしての道が近くなる

といったことに役立つでしょう。

WEBライターについて詳しくは知らないんだけど
という方にも分かりやすくなっているので、ぜひ読んでみてくださいね!

そもそもWEBライターの働き方にはどんなものがあるの?

WEBライターといっても、その働き方って少し謎があると思いませんか?
副業として働くとはよく聞くけどという方も多いかもしれませんね。

ここではまず、WEBライターがどうやって働いているのかをお話していきます。

転職して企業で働く

1つ目の働き方として、転職して企業で働くという形があります。
ライターを募集している企業に応募し、面接を受けて就職する方法ですね。

最近ではメディア関連の事業を行う企業も増え、WEBライターの必要性も高まっています。
ただ募集が多くなっている一方で、即戦力として経験者が求められる場合もあるようです。

フリーライターとして働く

2つ目はフリーランスのライターとして活動していく形です。
企業などには所属せず、全て個人で仕事を取っていくことになります。
近年増えているのがこの形でしょう。

仕事はクラウドソーシングサービスなどを利用して見つけるほかに、
自分で書いた記事を企業に売り込むこともあります。

副業として働く

3つ目は副業として本業のほかに働く形です。
副業解禁の流れや収入アップを目指して始める人が多くなっています。

フリーライターと同様に、主にクラウドソーシングサービスで仕事を見つける人の割合が高いです。

始めたばかりでも仕事を探しやすく、スキルアップにも繋げられるのが人気を集める理由かもしれませんね。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

WEBライターに転職する方法

WEBライターの働き方を知ったところで、より具体的な転職方法も気になってきたのではないでしょうか?

「企業の応募ってどうやって見つけたらいいの?」と思うこともありますよね。
ここでは転職する方法を3つ、詳しく解説していきます。

転職サイトからの応募

WEBライターに転職する場合、転職サイトを活用する方法があります。

ライターでなくても、転職を考えた時にサイトを利用して応募する人が多いのではないでしょうか?

経験者が優遇される場合もありますが、中には未経験でも大丈夫といった募集もあるので色々とチェックしてみてください。

その際には、企業がどのようなテーマで記事を書いて欲しいのかも見ておいた方が良さそうです。

また経験者募集とあっても、企業の求める専門知識があるならば採用に繋がる可能性もあります。

趣味も含めた自分の得意分野などを明確にし、企業にアピールできるようにしましょう。

募集を出している企業のHPからの応募

転職サイトではなく、企業のHPからWEBライターの募集をしている場合もあります。

自社のHPでのみ募集を行う理由には、広告費がかからないことや、応募者がその企業に興味を持っているかが分かるといったものがあるでしょう。

どの企業でも、興味や熱意が伝わるライターを採用したいという考えがあると思います。

ライティング力も重要になりますが、なぜその企業を選んだのかをしっかり伝えらると良いかもしれませんね。

そして企業のHPからの応募は、転職サイトの応募に比べて競争率が低い可能性があります。
募集を出している企業を見つけるのは難しいかもしれませんが、狙い目な応募方法とも言えるでしょう。

自分から企業に売り込んでみる

転職サイトや企業のHPのどちらにも募集が出ていない場合、自分から企業に売り込むというのも一つの手です。

募集があるかも分からない状態のため、まずは自分から企業に連絡することが必要になります。

企業側に話を聞いてもらえる場合は、その企業に転職したい理由や、自分がどんなライターなのかを話すようにしましょう。

誰でも「何となくその企業を選びました」より「自分はこういったことがしたくて選びました」の方が良いと思いませんか?

またどういう記事が書けるのか、どれだけ文章力があるのかという点も大切になります。

自分が書いた記事があればそれを提出するなど、積極的に企業へ売り込む姿勢をとりましょう。

WEBライターに転職する前に実績を作っておこう!

WEBライターに転職する3つの方法、理解できてきたのではないでしょうか?
その中で転職を希望する場合には、応募時に自分の強みや文章力をアピールすることが大切だとお話しました。

ここではWEBライターへの転職活動の前に、どういう準備が必要になるのかをお伝えしていきます。

クラウドソーシングサービスの活用

まずはクラウドソーシングサービスの活用というものがあります。
クラウドソーシングサービスを利用して、案件をこなすことで目に見える実績となります。

何件案件に取り組んだか、どのような案件なのかが明確になるので、企業にもアピールしやすいですよね。

さらには記事を書くことで、自分の文章力の向上にもなるでしょう。
実績作りと自分のスキルアップ、両方に繋がる良い方法だと言えそうです。

ブログの作成

ブログの作成もまた自分をアピールするものとして十分使えます。

自分が関心を持ったものや、興味があるものを記事として書いていけば自然と文章力が身についていくでしょう。
毎日のように書いていれば短時間で書くというスピードも得られるかもしれませんね。

企業に対してブログを見せることで、どういうものに興味があり、どのようにそれを記事にできるのかをアピールできるはずです。

SNSの活用

今ではツイッターやインスタグラムなどさまざまなSNSがありますよね。
電車の待ち時間や仕事の休憩時間など、ちょっとした時間でチェックしている人も多いかと思います。

そうして人の目に触れることが多いSNSは自分をアピールするチャンスになります。
ライターをやっていますと書いてみたり、自分の記事のリンクを貼ることであなたを知る人が増えるでしょう。

もしかしたらそこからあなたに興味を持つ企業との繋がりができるかもしれません。

まとめ

ここまでいかがでしたか?
WEBライターへの転職って難しそうだと思ってたけど、私もチャレンジしてみようかなと気になり始めたのではないでしょうか?

WEBライターへの転職方法は、

  • 転職サイトからの応募
  • 募集を出している企業のHPからの応募
  • 自分から企業に売り込んでみる

この3つの方法です。

転職活動をどの方法で行うとしても、自分の強みやどういった記事が書けるのかというアピールが必要となります。

日頃から文章を書くようにしたり、クラウドソーシングサービスなどを利用して実績作りをしておくといざという時に役に立つでしょう。

WEBライターへの転職を考えることを通して、自分の望むライターの姿も想像してみませんか?

きっと憧れのライターへの道が見えてくるかと思います。
まずは少しずつ、自分ができる実績作りからチャレンジしていきましょう!

この記事を読んで、ライティングに興味を持って下さった方へ、
公式LINEやってます。
>>ライターカレッジ公式ラインはこちら<<

ライティングのお役立ち情報が満載です。ぜひ、登録してみてくださいね。

WEBデザイナーになって人生を変えた話
特別ストーリーを限定公開中!
WEBデザイナーで月収100万を叶えた35のコツとは?
詳しくはコチラ