オフィスで簡単アルバイト♪webライターの魅力とは

最近よく耳にする「webライター」という職種、みなさんは知っていますか?

簡単に言うと、webライターとは、web上にある文章を書く人のことを言いますが、
その雇用形態は、正社員・契約社員だけではありません。
業務委託として、1案件ごとに報酬を受け取るフリーライターや
本業の仕事や家事や育児の合間を縫って、アルバイトとして働く人もいます。

webライターの中でも、

  • ある程度自由に働きたいけど、会社には所属していたい
  • 家で一人だけで仕事をするのではなく、オフィスで働きたい
  • 将来家族ができたら、できれば家族の予定を優先させたい

こんな風に考えているあなたには、ぜひアルバイトライターについて知ってもらいたいと思います!

【お知らせ】
2000名以上が人生を変えるキッカケになった「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、
  • WEBデザイン業界の「最新」ウラ事情
  • WEBデザイナーにおける「未経験OK」のワナ
  • WEBデザインの学習で失敗した「しくじり先生」の話
などをお伝えしています。「WEBデザインの学び方がわからない」「WEBデザイン業界について知りたい」という方はぜひご参加ください。

詳しくはこちら

webライターってどんな仕事?

仕事の種類

“web上にある文章を書くと言っても、その内容はさまざまです。

例えばクラウドワークスというサイトで、「ライティング・記事作成の仕事・依頼」のページを見るだけでも、

  • キャッチフレーズ・コピーライティング
  • ブログ記事作成
  • レビュー・口コミ
  • 記事・Webコンテンツ作成
  • 編集・校正・リライト
  • セールスコピー・セールスレター
  • メルマガ・DM作成

など、いろいろな種類のものが出てきます。

給与の算定・支払い方法

主に雇用形態によって、少しずつ違ってきます。

正社員・契約社員として雇用されているライターであれば、
他の職種と同じように、月額固定給が一般的ですし、
アルバイトの場合は、時給日給での支払いとなります。

さらに業務委託の場合は、1500/1記事(3000字)というように、
一文字〇円というような計算方法です。

また、どの雇用形態であっても、中には案件数や記事の完成度によって、
インセンティブが付く場合もあるようです。

必要なスキル・資格はあるの?

webライターになるために必要なスキルはありません
しいて言うのであれば、タイピングを含む、基本的なパソコン操作ができればOKです。

一例として、webライターに関する資格を挙げるとするならば、
webライティング能力検定」「webライティング技能検定」
webリテラシー試験」「ビジネス著作権検定」などがありますが、
必須というわけではありません。

もちろん持っていればプラスになるとは思いますが、持っていなくても
決してマイナスにはなりませんので、安心してください。


【まずは無料でWEBデザインを試しませんか?
日本デザインスクールでは、豪華な無料プレゼントを用意しました。
✔️ WEBデザイナータイプ診断
✔️ 未経験から2ヶ月でプロのデザイナーデビューを叶えるヒミツ
✔️ 卒業生が特別に語る「月収100万を叶えた35のコツ」
受け取りは簡単30秒!QRコードを読み取るか、
下のボタンをクリックしてプレゼントの詳細をご確認ください。


プレゼントの詳細をチェックする

アルバイトとしてのwebライターの魅力

仕事はたくさん!やる気さえあればすぐに始められる!

必須スキルや経験のいらないwebライターは、やりたいと思えばすぐに始められます。

通常、「未経験OK」のアルバイト言うと、まずは飲食店での接客や、レジ打ちなどが思い浮かびませんか?
しかしアルバイトライターであれば、平日の日中に、オフィスで仕事をすることも可能ですし、
ライティング未経験者であっても挑戦することができる、貴重なオフィスワークのアルバイトなのです。

また、これまでに職務経験がある人であれば、社会人として培ってきた
「コミュニケーション力」「交渉力」「文章力」などが活かせるはずですので、
スキルアップをしたい方にも良いのではないでしょうか。

難易度や時給は様々ですが、そもそも案件数が多いため、
自分のレベルや希望にあった仕事を見つけるのも、
そこまで難しくなさそうです。

企業に所属しながら自由度高く仕事ができる!

先程も説明した通り、webライターには様々な雇用形態があります。

正社員・契約社員であれば、給与は安定しますが、
一般的には決められた時間に、決められた場所で働く必要があります。

一方で、業務委託の場合は、好きな時間・好きな場所で仕事をすることはできますが、
会社に所属していないという点で、少々デメリットもあります。

例えば、確定申告などの手続きを自分でやらなければいけなかったり、
もしトラブルがあった場合には、最後には自分で責任を取らなければなりません。

この二つのいいところを合わせたのが、アルバイトライターなのではないかと思います!

アルバイトとして企業に所属していることで、手続き関係だけでなく、
仕事においても周りの人に助けてもらうこともできます。

それでいて、アルバイトなので、週3日など、その人のライフスタイルに合わせて勤務が可能なことも多いので、
プライベートの予定を優先させることもできそうです。

もちろん実際に仕事に取り掛かれば、納期や締め切りはありますが、
周りのフォローを受けながら、無理せず働くことができるのではないでしょうか。

自分の得意なジャンルやテーマを選べる!

webライターの仕事は、そもそも案件数が多いことから、書く記事のジャンルもたくさんあります。

例えば、『記事・Webコンテンツ作成』を掘り下げていくと、
女性向けの恋愛系記事や、旅行、グルメ系コンテンツの作成など、
身近で、書きやすそうなテーマの依頼もたくさんあります

これまでの経験を活かして、専門的なジャンル・テーマに絞って書ける会社で働くもよし!、
幅広いジャンルの書きやすい記事を扱っている会社でチャレンジするのも良し!
というように、webライターは未経験者にとっても非常に取り掛かりやすいオフィスバイトなのです。

アルバイトライターの仕事例

では実際に、アルバイトライターの仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

あるアルバイト情報サイトから、都内の仕事を3つ、例としてご紹介します。

2019930日現在の掲載求人)

さまざまなジャンルの記事×未経験OK×日給8,000

この求人は、ブラインドタッチさえできれば未経験OK!という、
「文章を書くことを仕事にしてみたい方」にぴったりの求人です。

記事のジャンルも、経済記事からエンタメ記事、アニメ・ゲームに関する
サブカル記事などもあり、幅広く経験が詰めそうです。

一日8時間で日給8,000円ということで、時給にすると1,000/時です。

しかし、週2日以上のシフト制ということですので、
自分の都合に合わせながらも、ライティングについていろいろ学べる
初心者にとっては良い環境なのかもしれません。

校正・校閲業務×必須スキルなし×時給1,500円以上

いちから記事を書くのではなく、既に別のライターが書いた原稿を読み、
文章の訂正や、読みやすくするために改良をする仕事で、
どちらかというと編集に近いようなイメージです。

編集者の目線で文章を読むことで、注意しなければいけない点や、
文章の構成などが学べ、実際に自分で書く時にも役立ちそうです。

また、「シフト自由・自己申告(7日ごとに提出)」「残業なし」という点は、
子供がいる女性でも安心して働けそうですね。

SEOライティング×大手企業×時給1,300

こちらは、WEBメディアやブログのライティング経験のある方に対する求人です。

そしてSEOライティング、つまり読まれる記事を書くために、
キーワードの選定から、記事の構成、画像選定まで、
幅広く経験を積むことができそうなものとなっています。

何と言っても求人の一番の魅力は、大手企業で働けるということ!

オフィスも駅直結ですし、通勤も楽々ですね。

まとめ

アルバイトというと、給与が低く、割と単純な作業が多いイメージですが、
ライターであれば、高時給の求人も多くあります
またスキルアップもできそうです。

企業に所属しながら、ある程度自分の都合に合わせて働けるオフィスワーク。

webライターのアルバイトは、例えば、これまでに事務作業の経験のある女性や、
家族や趣味の時間を大切にしながらも、チームで仕事をしたいという方にぴったりな働き方です。

将来の働き方や生活を考えながら、webライティングについてもっと知ってみませんか?

デザスクLINE登録特典
WEBデザイン20レッスンを無料プレゼント中
特典を詳しく見る