月5万円は稼げる!Webライターが高単価案件を取るためにできること

月5万円は稼げる!Webライターが高単価案件を取るためにできること

これからWebライターをやってみたいと考えてる方にとっては、稼げるのか稼げないのかはとても気になるポイントではないでしょうか。

Webライター向けの案件は単価が低い、稼げないと聞くことがあるかもしれません。
たしかにクラウドソーシングを覗くと文字単価0.2円~0.3円の案件も多く見られ、このような仕事では時給に換算するとアルバイトよりも低くなることはあります。

しかし、月に5万円ほどなら、継続して努力できれば副業で始めても届く数字です。
月に5万円を稼げるようになれば、さらに10万円や20万円と伸ばしていくことはできるはずです。

今回は、これからWebライターを目指したい方や初心者で活動している方に向けて、月5万円を目指してやっていくためにできることをお伝えしていきます。

初心者Webライターの平均は月1万円?


Webライターをやってみたいけど稼げなかったらどうしよう、そんな不安は誰にでもあるでしょう。そんな不安を裏付けるように、初心者のWebライターの平均は月に1万円といわれています。

しかし、最初はうまくいかなくても、Webライターで稼げるようになることは実現不可能なことではありません。

まず初心者Webライターがなぜ最初のうちは稼げないのか、その理由を見てみましょう。

  • 受注できる案件数が少ないから
  • 単価が安いから
  • スキルが低いから

Webライターは、最初は副業から始める方も多いので、月にこなせる案件数も多くはないでしょう。
また、制作実績もなくスキルが未知数の人に、いきなり高単価の案件を任せることはできないので、単価も安くなります。

しかし、実績と経験を積めば、案件を増やし単価を上げられるので、初心者Webライターにとって不利な状況は変えていくことができます。
たとえ今のスキルが低くても、単価が安い案件は初心者でも取れるので、スキルを磨きながら稼ぐことは可能です。

実現できない目標ではありませんので、まずは月5万円を目指してやってみるとよいでしょう。

【マインド】稼ぐより前に意識したいWebライターの心がけポイント

月5万円は稼げる!Webライターが高単価案件を取るためにできること2
スキルと同じくらい重要なのが、あなたの「案件に取り組む姿勢」です。
仮にあなたがクライアントだとして、Webライターのスキルが普通でも取り組む姿勢がきちんとしている人なら、継続して仕事をお願いしたいと思うでしょう。

ここでは、クライアントに選ばれるために心がけたいポイントをご紹介します。

締め切り厳守など当たり前の行動を心がける

締め切り厳守は、Webライターに限らずどのような仕事でも当たり前のことです。

しかし、相手の顔が見えなくてもやりとりが完結できるWebライターのような仕事では、締め切りを平気で守らない人や急に音信不通になる人がいます。

何らかの事情で締め切りを守れそうにない場合、連絡をすれば締め切りの延長を検討してもらえることもあります。
途中で案件ができなくなった場合でも、いきなり音信不通になるのは失礼なので、続けられない事情を説明し真摯に対応しましょう。

修正が極力ないように努力する

Webライターの数は最近増えていますが、実はきちんとした文章が書ける人はあまり多くありません。
そのため、修正が極力ない記事を作成できるWebライターは重宝されます。

ごく当たり前のことですが、作成した記事に誤字脱字がないよう注意を払いましょう。
クライアントからレギュレーション(書き方規定)が用意されているならば、きちんと確認したうえで、その内容に沿って提出する必要があります。

修正して確認する時間が生まれるのは、クライアントにとってもあなたにとっても時間を奪われるので、何もいいことはありません。
提出前に作成した記事を読み返し、しっかりチェックをおこなうことで、ある程度の修正が出るのを防げます。

クライアントの期待に応えられるよう意識する

制作物へのクライアントの反応を想定すると、以下の3つのパターンになります。

  • 「期待以下」なら、二度と依頼はない
  • 「期待通り」なら、人手が足りないときなど機会があれば依頼をするかも
  • 「期待以上」なら、次もお願いしたい、継続してお願いしたい、別の案件にも参加してほしい、となる

クライアントの期待以上の記事を書くためには、依頼の意図を読み取る必要があります。
どのような人に読んでもらいたいと思っているのか、何を伝えるべきか、などを考えながら書くとよいでしょう。

クライアントが満足する品質で納品できれば、あなたへのよい評価は自然に増えていくはずです。

記事の見やすさ、読みやすさを考慮する

読者目線で見たときに、文字がびっしり並んでいるWebサイトは反射的に閉じてしまいたくなりませんか。
文字がびっしり並んでいる記事は、視覚的にも見づらく圧迫感や抵抗感を与えてしまいます。

そこで以下のような方法で、読者が第一印象で見やすいと感じるよう工夫しましょう。

  • 改行の位置
  • 画像・イラスト・表を挿入する
  • 箇条書きや番号付きリストを使用する
  • 文字の装飾(太字やアンダーラインなど)

ただし、クライアントサイトのレギュレーションによっては、文字の装飾は不要な場合もあり、一概に必要とはいえませんので注意してください。

また、文章の読みやすさを考慮するときは、以下のポイントで工夫しましょう。

  • テンポよく読める文章になっている
  • 読点が多すぎず、少なすぎない
  • 専門用語を使うのなら解説を加える
  • 詳しくない人が読んでも理解できる

【実践初級】Webライターのクラウドソーシング活用方法

月5万円は稼げる!Webライターが高単価案件を取るためにできること3
初心者Webライターが案件を受注する場として多いのが、クラウドソーシングではないでしょうか。
誰でも無料で登録し仕事を受注できるので、初心者ならクラウドソーシングから始めるのはおすすめです。
ここでは、クラウドソーシングを活用するコツをご紹介します。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、インターネット上で企業や個人が不特定多数の人に業務を依頼できるプラットフォームです。
アウトソーシングの新しい形態で、WebライティングのほかにもプログラミングやWebデザイン、動画編集、イラスト、アンケートなどを依頼する企業や個人が増えています。

クラウドソーシングで有名なインターネットサイトを以下に挙げます。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • サグーワークス
  • REPO(ルポ)

サグーワークスとREPOは、ライティングに特化したクラウドソーシングサイトです。
多くのクラウドソーシングサイトがありますが、登録料は無料なのでいくつか登録してみて、使いやすそうなところをメインに絞り活動していくとよいでしょう。

記名(署名)記事に応募しよう

記名記事とは、著者の名前や写真などのプロフィールを掲載してもらえる記事です。
Webライターの実績として第3者に紹介できるので、新たに案件を応募する際にクライアントに提出できたり、自身のSNSで紹介できたりします。

無記名案件の場合でもクライアントに聞いてみたら、実績にしてよいと言われることもあるので、一度ダメ元で確認してみることはおすすめです。

ただし、守秘義務や秘密保持契約によって自分が書いたと公にいえない場合もあります。
クライアントの許可を得ずに実績として紹介するのは、ルール違反になるので注意してください。

中単価案件で実績と経験を増やそう

中単価案件とは、ここでは文字単価0.5円~1円未満のものとします。

クラウドソーシングでは、ワーカーの制作実績やクライアントからの評価が見れるようになっています。
スキルが不明で実績も少ないWebライターが1円以上の案件を取ることは難しく、テストライティングすら受けさせてもらえないこともあります。

ですが、中単価案件であれば初心者でも受注が可能です。
クライアントの中には、フィードバックをおこなってくれるところもあり、稼ぎながらスキルアップし、実績と経験を積み上げていくことができます。

クライアントからの評価を増やしていくこともできるので、次のステップへ進むために中単価案件を活用してみましょう。

高単価案件に応募しよう

高単価案件とは、ここでは文字単価1円以上のものとします。中単価案件をこなし書ける自信がついてきたら、1円以上の案件にどんどん挑戦してみましょう。
もし、最初から高単価案件に挑戦できるなら、前項は飛ばしてどんどん挑戦してみてください。

文字単価2円~3円以上になると、専門の知識が必要になる案件が増えますが、文字単価1円ほどの案件であれば、実績や普通の文章力があれば書けるようになります。

応募の際には、過去に書いたことのあるジャンルや毎月〇〇万文字書いているなど、具体的にアピールしましょう。

脱クラウドソーシングを視野に

脱クラウドソーシングを目指す理由は、システム利用料などの手数料が高いからです。
ワーカーが負担する手数料は、報酬の5%~20%が相場で、さらに振込手数料が別途かかります。

クラウドソーシングに頼らなくてよくなれば、同じ報酬でも5%~20%上がることになります。
将来的にクラウドソーシングに頼らず仕事を得られるようにしていきましょう。

脱クラウドソーシングをするなら直接契約を取っていく必要があります。
クラウドソーシングでよいクライアントを見つけるか、ライティングメディアなどのホームページで、Webライターを募集をしていることもあるのでチェックしてみてください。

【実践中級】実績作りと発信でさらに高単価案件を獲得しよう

月5万円は稼げる!Webライターが高単価案件を取るためにできること4
より高単価な案件を得るには、実績作りと発信をおこなっていきましょう。
ここからご紹介することは、クラウドソーシングで受注しているときから始めておくのがおすすめです。

専門分野や得意ジャンルを持つ

専門分野や得意ジャンルを持つことは、高単価案件を獲得するために重要なポイントです。
高単価になるのはライティングにプラスαが必要だったり、得意ジャンルの知識が深かったりと、それなりの理由があります。

ライティングにプラスαが必要な案件とは、例えばインタビュー記事です。
インタビュー記事は、Webライターが取材対象者にインタビューや撮影をおこない、画像や動画を挿入し記事に仕上げます。撮影や録音の作業が増え、機材も必要になるので単価は高くなります。
ライティングが好きなだけではなく、人と話すのが好きな方やカメラ撮影が得意な方には向いているでしょう。

得意ジャンルは、あなたの好きなジャンルに特化して構いません。
例えばコスメやファッション、DIY、スポーツ、アウトドア、ゲーム、アニメ、映画などです。
美容関係で働いているなら「美容部員」の肩書を使うのもよいでしょうし、年間に映画を100本以上見ているといった趣味も、得意ジャンルのアピールポイントになります。
好きなことや得意なジャンルを具体的にプロフィールに入れたり、普段からアピールしたりしておきましょう。

自分のブログを立ち上げる

Webライターにとって個人ブログの立ち上げはおすすめです。
最近ではnoteやはてなブログのように、無料で個人のブログを立ち上げられるサービスが増え、誰でも簡単にブログを始められます。

ブログは文章を書く習慣が身に付くだけでなく、直接ライティングの依頼が来たり、ポートフォリオ(制作物や実績のこと)として紹介できたりとメリットがあります。

無料で立ち上げられるブログサイトを選んでもよいですが、WordPressで個人ブログを開設するほうが有利になります。
なぜなら案件の入稿先がWordPressである場合も多く、クライアントが使い方を説明する手間が省けるからです。

初心者にとってWordPressの開設は、無料ブログサイトよりも難易度が高くなりますがチャレンジしてみるとよいでしょう。

SNSで発信しよう

SNSの発信も、実は高単価案件の獲得に役立つことがあります。SNSのなかでもっともおすすめなのは「Twitter」です。

Webサイトに記事をたくさん作りたい人やアフィリエイターは、常にWebライターを求めており、このような人達はTwitterで発信をしている人が多いです。
「#ライター募集」のタグなどでWebライターを募集していることがあるので、覗いてみるとよいでしょう。

また、Webライターとしてあなたがライティングで学んだことや悩み、困ったこと、実績などをTwitterで発信していると相談や仕事の依頼を受けることがあります。
こちらから案件に応募するよりも、向こうから依頼をもらうほうが高い単価を提示されやすくなります。

Webライターを求めている人とつながれることもあるので、Twitterで発信してみてはいかがでしょうか。

【おまけ】初心者がスキルアップするには

月5万円は稼げる!Webライターが高単価案件を取るためにできること5
初心者Webライターは、スキルがなければ案件の獲得につながらないので、やはりスキルアップは優先度の高い目標です。
最後に、スキルアップするためにできることや活用できるツール、おすすめの本をご紹介していきます。

SEOを勉強する

SEOとは、Googleなどの検索エンジンで上位表示されるようWebサイトを最適化することです。検索エンジンで上位表示されるよう狙って文章を書くことを「SEOライティング」といいます。

SEOを理解して記事を作成できると、クライアントのWebサイトが上位表示されるので、クライアントの認知度向上や売上に貢献できます。

すると作成したWebライターの価値が上がり、クライアントはあなたにもっと記事を作成してほしいと思うでしょう。
記事の作成のほかにもWebサイトの構成や記事の添削、編集などの業務も任せてもらえるようになるかもしれません。

Webライターに依頼される仕事の多くは、SEOをもとにテーマやキーワードが構築されているので、理解を深めておきましょう。

良質なWeb記事を写経する

良質なWeb記事の写経は、タイピングの練習にもなるので初心者のスキルアップにはおすすめです。

写経の方法は簡単です。

好きなWebサイトや書いてみたいジャンルの記事を探す
ワードやドキュメントに記事を同じようにタイピングで写す

文章の基礎をきちんと踏まえて書かれているのが良質な記事ですが、最初のうちは判断ができないので、好きな記事を選ぶとよいです。
タイピングをしながら、基礎的な助詞の使い方やすっきりした文章を書くポイントを探してみるとよいでしょう。

2でとりわけ重要なことは、文字の装飾や改行の位置などの細かい部分まで真似して書き写すことです。
ただ記事を読むよりも、実際に手を動かすことで気付くことやわかることは増えます。

辞書ツールを使う

辞書ツールとは、定型文を短縮して登録したり、人名や固有名詞を変換候補の上位に出るよう登録したりできる機能で、ほとんどのパソコンに搭載されています。

例えば「お」と入力して変換キーを押すだけで「お世話になっております。」と変換されるよう登録できるので、時短になります。

たくさん登録しすぎると覚えるのが大変になりますが、継続案件の場合には同じフレーズを使うことが多いので、登録しておくとかなり便利です。

文章のスキルアップにおすすめの本を1冊紹介

文章のスキルアップにおすすめの本を1冊ご紹介します。

月5万円は稼げる!Webライターが高単価案件を取るためにできること6
『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』唐木元
(引用元:新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

初心者が、本当に必要な基礎的な書き方を解説をしています。シンプルにわかりやすい文章を書けることは、Webライターの土台です。土台がしっかりしていなければ、そのうえに建物を建てられないでしょう。

頑丈な土台を作ってから、そのうえにあなたなりの個性や考察、見解を構築していけば、よい記事になっていくはずです。
この本は、初心者Webライターの基礎作りに活かしてもらえたらと思います。

まとめ

初心者Webライターが、月5万円を稼ぐためにできることをお伝えしてきましたが、Webライターが月5万円を稼ぐのは、さほど難しいことではありません。
最初のうちは、案件に慣れるためと基礎を作るためにクラウドソーシングを使いながら、実績と経験を積んでいきましょう。

実績や経験が増えると、徐々に単価の高い記事を書けるようになるので、案件数を増やしたり、仕事の幅を広げたりできるようになります。
稼げるWebライターに近づくため常にスキルアップを目指し、あなたのペースでぜひ取り組んでみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。