• HOME
  • 記事
  • 体験記
  • 「私でもできた!」普通の女子大生が45日で変われた理由|ライカレ入門体験記

「私でもできた!」普通の女子大生が45日で変われた理由|ライカレ入門体験記

こんにちは!日本デザインの村上絢香です。

今回はライカレ入門16期卒業生のみなみこと五十嵐美南さんに、インタビューしてきました!

私も彼女と同時期にライカレを受講していたのですが、旅行先からレッスンを受けていたり、お友達の家のロフトから身をかがめて受けていたり、彼女のことはとても印象に残っています(笑)

印象に残っているのは、受講スタイルが面白かったからだけではありません。

ロフトで身をかがめながらも、積極的に質問して、疑問が明確になったときは目をキラキラと輝かせていたり、忙しそうにしながらも課題は早くに提出していたりと、誰よりも楽しそうに、真剣に取り組んでいたからです。

焼けた肌に金髪とギャル味が強かったみなみが、どうしてライティングを学ぼうと思ったのか、受講中どんな想いがあったのか、など気になることを聞いてきました!

最後には、みなみからWEBライターに興味がある方へメッセージもあるので、少しでもWEBライターに興味がある方は、ぜひ読んでほしいなと思います。

残り少ない大学生活、何もしないまま終わりたくない!

ーこんにちは!最初に簡単な自己紹介をお願いします!

こんにちは!ライカレ入門16期卒業生のみなみこと五十嵐美南です。

出身は神奈川県で、好きな食べ物は焼肉!趣味はカラオケと旅行です。ライカレ入門編を大学4年生の2021年9月頃に受けて、今は会社でWEBライターとして働いています。

ー自己紹介ありがとう!大学4年生だったみなみは、なんでそのタイミングでライティングを学ぼうと思ったの?

その頃、コロナ真っ只中でアルバイトがあまりできなくなったり、4年生で授業も多くなかったから家にいる時間が増えたりして、暇な時間が増えたの。

そんな日々が続くうちに、「この時間もったいないな」と感じてきて、何かしたい!って思ったことがきっかけかな。

大学生って自由な時間が多いけど、それもあと少しで終わる。何か1つでも自分にとってプラスになるものを得られればいいなと思って、いろいろ見てたよ!

ーじゃあ最初はライティングに絞っていたわけじゃないんだ?

うん、そうだね。

WEBデザインにも興味あったし、動画編集とかも楽しそうって思ってたよ!

ーそうなんだ!どうして最終的にライティングを選んだの?

一番大きいのは、他のクリエイティブスキルに比べて難しくなさそうだったから。

なんのスキルも知識もなかったけど、ライティングなら自分でもできるかも!と思ったんだよね。

私は直感人間だから、「なんか楽しそう!」と直感的に感じたっていうのもあったけど(笑)

あと、昔から書くことは嫌いじゃなかった。小学生の頃は友達によく手紙を書いていたし、本当に簡単なものだけど、お話を作ってノートに書いたりもしていたよ。

ーお話書いてたの!?読んでみたい!

ライカレの決め手は「45日間でスキルが身につく」圧倒的早さ

ーいろんなライティングのスクールがあるなかで、ライカレを選んだ理由はなんだったの?

惹かれたのは、なんといっても早さスキルが45日で身につくということに、すごく驚いた。

残りの大学生活でやるのに、ピッタリだと思ったよ。45日という短さもあって、「できるかな…」と悩む前に、とりあえず受けてみよう!と結構軽い気持ちで決めたかも(笑)

他にも、私はかなりの飽き性で、今まで新しいことを始めても、学んで終わり。ということがよくあった。

だから、スクールを受けて、そこで終わりにならないか心配だったんだけど、ライカレは学んだ後も実践する場があるって知って、それだったら自分のものにするところまでできそうと思ったの。

あとは、未経験からでも大丈夫って言ってて、挑戦するハードルが低かったっていうのもあるかな。

ーなるほどね。実際に今ライターしてて、学んで終わりになってないから、その選択は間違っていなかったね!

ライカレを受講する前は、まさか自分がライターになっている未来は想像つかなかったな。

昔から文章を書くのは好きだったけど、文才や文章力があったわけではなかったから、まさか自分がライターになれるなんて夢にも思ってなかった(笑)

挑戦してよかったなと、つくづく思います。

すべてに全力!大学生活をエンジョイしながらも走り抜けた45日間

ー実際にライカレを受講してる時は、どんなスケジュールだったの?

大学の授業はほとんどなかったから、朝から夕方くらいまでアルバイトをして、その後友達と会ってご飯を食べて、レッスンを受けるという流れが多かったかな。

欲張りで大学生としても全力でエンジョイしたかったから、友達といっぱい遊んでたし、バイトもたくさんしてたよ。今しかできないこともあると思ったから、そこも諦めたくなかった。

友達の家で遊んでたときにレッスン日がかぶったことがあったんだけど、友達にお願いして1時間静かにしてもらって、ロフトで受けたこともあるよ。友達と行っていた旅行先から受けたこともあります(笑)

ー覚えてるよ!そのお友達はなんか言ってた?(笑)

頑張っている姿を見て、応援してくれていたよ!でも、あまり気にしてなかったと思う(笑)

ーいい関係性だね!そんな忙しい日々のなかで、課題はいつやってたの?

私はちょこちょこと時間を取って進めるのが苦手だから、課題をやる!!という日を決めて、その日に集中して一気にやっていましたね。

だから、予定が詰まっていても大変なことはあまりなくて、楽しく取り組めたよ。

文章力がなかった私が5000字書けるようになったワケ

ー切り替えが上手だったんだね!ライカレ受講中に大変なことはなかった?

レッスンも課題も楽しかったんだけど、3000字、5000字の課題があるって最初聞いた時は「まじ…大変そう…」と思いましたね。

実際に5000字課題をやってる時は、多い文字数を書くのが本当に大変で、書きながら何回も何回も今何文字かな?って確認してたよ(笑)

あと、最初の課題のペルソナ作りはすごく苦戦した。

私は架空の人物を考えるのが苦手だったから、友達の1人をペルソナに設定して、その子にたくさんインタビューしてたの。だから、1つのペルソナを作るのにとても時間がかかって、「記事を書く前からこんなにも時間がかかるんだ」と落ち込みましたね…。

ーどうやってその課題を乗り越えたの?

レッスンの時に、都度質問してた!

ペルソナ作りに関しては、「慣れるまでは考えることの方が大事だから、最初は時間をかけていいよ」というアドバイスをしてもらったの。

ずっと、早く作らなきゃ!って思ってたから、そう言ってもらえたことで焦りや不安がなくなったな。今は時間を気にするよりも、ペルソナを具体的に書くことを意識してやろうと思えたよ。

-最初はわからないことだらけだよね。みなみは積極的に質問していたね!

そうだね、実際に書いてみると、「これでいいのかな?」とか「これどうするんだろう」とか色んな疑問が湧いてきた。

レッスンでは質問できる時間があったから、わからないまま次に進むということがなかったのも自分的に良かった!他の人の質問も、自分にはない視点で、すごくタメになったよ。

ライティングから広がった私の未来

ーペルソナ作成や5000字課題を乗り越えて、WEBライターになったみなみは、今WEBライターとしての目標は何かあるの?

あります!直近の目標は、質を担保しつつ早く書けるようになること。

卒業後も、日本デザインの案件をもらって毎月SEO記事を書いてたけど、本格的に会社でライティングの業務をすると、自分の書くスピードの遅さを痛感した。

今は月に15本くらい記事を書いてるから、月に30本は書けるようになりたい!早く書けるようになって、文字単価上げて、収入を上げたいですね。

ー具体的な数値目標があるのはいいね!将来的な目標は何かある?

将来的にはライティングだけじゃなくて色々なお仕事をしたいから、ライティングを副業として本業と同じくらい稼げるようになる、ということかな。

ライティングスキルを身につけて、改めて他にも色んなことに挑戦してみたいなと思ったんだよね。だから、この先本業でライティングを続けるかはわからないけど、副業としてでもやり続けたいなとは思ってるよ。

ーいいね!なんかキラキラしてるね!!

1つスキルを身につけたことで、自分にもできるってことがわかったのが大きいかも。次は何をやろうかなと、ワクワクしています!

WEBライターに興味がある方へ

ー最後にWEBライターに興味がある方にメッセージをお願いします!

私はライカレを受けて、気づいたらライティングスキルが身についていました。忙しくて無理かも、自分にできるのかわからない、という不安がある方も大丈夫!そこは安心してほしいなと思います。

文章力が全然なかった私が、ライカレで学んだことをしっかりやったら、最後の5000字課題では2位に選ばれることができました。私でもできたから絶対大丈夫!!

ライティングスキルは一回身につけたらなくならないし、今後もいろんなところで役に立つスキルだと思います。ライティングを習得して絶対に損はないです。

また、何かスキルを身につけたいと思っているなら、ライティングはハードルが低く、未経験からでも挑戦できるので、とてもおすすめです。

ライターのお仕事をしていて感じますが、自分の書いたもので人に影響を与えられるというのは、想像以上に嬉しいし、やりがいがありますよ。

WEBライターというお仕事に少しでも興味がある方は、ぜひWEBライターへの一歩を踏み出してみてほしいなと思います。

 

今回は、ライカレ16期卒業生で、WEBライターとして一歩踏み出したみなみに、お話を聞いてきました。

高い目標とチャレンジ精神を持つ彼女は、ライティングに留まらず、今後さまざまな分野で活躍してくれることだろうと思います。

私もライカレの同期として、負けないように頑張ります!

【お知らせ】

プロの現役WEBライターが無料で伝授
WEBライターという働き方セミナー開催中!


「副業でWEBライティングに挑戦してみたいけど、実際どんな仕事なの?」
「WEBライターになるために、何から始めたらいいのかわからない」

WEBライターの仕事に興味があるけれどまだ一歩踏み出せていない方へ
まずは無料で、WEBライターのお仕事について学んでみませんか?

このセミナーでは、現役で活躍するWEBライターから、
・WEBライターになると得られる4つの自由
・知らないと損するWEB業界のリアル事情
・未経験からWEBライターになるための具体的な方法
などを聞くことができます!

「パソコンの操作が苦手」「WEBライティングは未経験」そんな方でも大丈夫です!
(過去にもそのような方はたくさんいらっしゃいました)
パソコンを使ったお仕事も未経験の方がほとんどです。ぜひお気軽に参加してくださいね。


※先着順でのご案内となりますので、お早めにお申し込みください。

関連記事一覧