映像クリエイターの仕事の種類を解説!挑戦したい人は必見です

私たちの身の回りは、さまざまな映像作品であふれています。映画やCM、ミュージックビデオ、YouTubeなど、毎日何かしらは目にすることでしょう。

これらはみな映像クリエイターとよばれる人たちが制作しています。
しかし映像クリエイターと聞いても、いまいちピンとこない人もいるのではないでしょうか?

実は映像クリエイターの仕事には、いろいろな種類があります。
当然ながら仕事内容年収求められるスキル、なり方などもさまざまです。
この記事でそれらを知って、映像制作への理解を深めていきましょう!

目次

そもそも映像クリエイターとは?

映像クリエイターとは、映像制作に携わるすべての人たちを指す言葉です。
人々をワクワクさせたり感動させたりするために、日夜奮闘しています。

そのためには専門知識・技術はもちろん、イメージ力や美的センスなども必要です。
さらにコミュニケーション能力など、ビジネススキルも欠かせません。

そんな映像クリエイターの仕事は、プロデューサーなどの「制作系」と、カメラマンや音響オペレーターなど、専門スキルをもつ「技術系」の2種類に分けることができます。

映像制作の工程と、関わっている人たち

それぞれの仕事を詳しく見る前に、映像制作の流れと、どのような人が携わっているかをザッと確認していきましょう。

映像クリエイターの仕事は、企画に携わる人とクライアントとの打ち合わせからはじまります。
ターゲットや発信したい内容、制作に使える予算などを確認するのです。

次に具体的な企画を考えてシナリオや絵コンテを作り、OKが出たら実際に作業開始。
制作現場では「ディレクター」や「監督」の指揮のもと、「カメラマン」「CGクリエイター」「編集オペレーター」などが動き、作品を仕上げていきます。

また作品によっては、さらなる工程が必要です。
例えばアニメの場合、アニメーター作画声優などの人材も必要でしょう。
ゲーム制作の場合は、CGを使うことが多くなります。

映像クリエイターの仕事の種類【制作系】

ここからは映像クリエイターの仕事のうち、「制作系」と呼ばれる種類を紹介していきましょう。
具体的には「プロデューサー」「ディレクター」「監督」「構成作家(放送作家)」「制作デスク」の5つです。
いずれも制作の前段階を担当する仕事で、作品の最終的なクオリティを左右します。

映像作品の要となる「プロデューサー」

プロデューサーの仕事内容

プロデューサーは、映像制作における最高責任者です。
企画、予算管理、出演者のキャスティング、スポンサーの手配などすべての決定権をもちます。
制作がはじまったら一歩離れたところから全体を見渡し、進捗を確認するのも仕事です。

また最近は、コンプライアンス遵守がこれまで以上に重視されている点にも注意し、全体を導くのも忘れてはなりません。
そして権限と責任をもったプロデューサーは、最終的には作品をヒットさせることが求められます。

プロデューサーの年収

最高責任者だけあって、全体的には高収入です。
当然のことながら、ヒット作を出せれば高収入が見込めます。

勤務先別に見てみると、花形と言われているテレビ局、特に「キー局」と呼ばれる東京の主要テレビ局の場合、年収1000万~1500万円ほど。
映画会社や映像関連会社でも、800万~1000万円ほどの年収を得られます。

プロデューサーに必要なスキル

企画力
コミュニケーション能力
マネジメント能力
交渉力
人脈
財務管理能力

第一に求められるのは、魅力的な企画を打ち出す力です。
企画力を養うために、日頃から世の中の雰囲気や流行りにアンテナを張っておきましょう。

また映像制作には数多くの人が関わるので、コミュニケーション能力交渉力も欠かせません。

プロデューサーになるには

プロデューサーのおもな働く場所はテレビ局、映像制作会社、映画配給会社などです。
プロデューサーになるには、アシスタントディレクターからディレクターアシスタントプロデューサーの経験を積んでから昇格、という流れが一般的です。

現場の仕事からスタートすることで、各プロフェッショナルたちをまとめる力が養われます。

制作・演出をおこなう「ディレクター」

ディレクターの仕事内容

おもにテレビ番組で制作現場を統括する役割、いわば「現場監督」です。
現場に複数のディレクターがいる場合は、チーフディレクターというまとめ役がいることもあります。

映像制作の世界では番組ひとつ作るにしても、カメラマン、音響オペレーター、照明オペレーターなど大勢のスタッフが動きます。
彼らと良好な関係を築いて上手く動かすことで、制作を円滑に進むようにします。

例えば生放送中の進行管理、演者への演技指導、トラブル対応などが仕事です。
さらに何をどんなふうに表現するかを示す設計図「絵コンテ」を作り、スタッフたちと共有することもしばしば。

ディレクターの年収

テレビディレクターの年収には差があり、勤務先がその要因の1つになっています。

一般的な番組制作会社の場合は、年収は500万円前後になります。
その一方でキー局の場合、キャリアを積んでいけば1000万円~1500万円ほど稼ぐことが可能です。

ディレクターに必要なスキル

マネジメント能力
絵や図を用いて伝える能力
撮影、編集、CGなどのスキル

近年は編集環境の進歩により、現場をまとめる以外の業務もこなすディレクターが増えています。
そのためマネジメント能力や伝える能力以外にも、撮影、編集、CGなど、後述する「技術系」のスキルも身につけておいたほうがいいでしょう。

ディレクターになるには

テレビ局の制作部門に入った場合、アシスタントディレクターからはじめるのがほとんどです。
そこで数年間基礎を学び下積みをしてから、ディレクター昇格を目指すのが王道のキャリアになります。

自分の表現をとことん追求できる「監督」

監督の仕事内容

監督は、ドラマや映画製作の現場で全体の指揮をとります。
そのなかでキャスティングやスタッフ編成脚本家との打ち合わせ演技指導など、あらゆることに指示を出していきます。

そして特に映画の場合、公開を迎えるにあたってのプロモーションもしなければなりません。
テレビをはじめとする各媒体での出演・取材対応などをしたり、全国の劇場で舞台挨拶したりするのです。

監督の年収

映画監督の場合はフリーランスで働く人が多いため、その収入は作品1本ごとのギャラとなります。

駆け出しの監督であれば作品1本につき400万円ほどが普通です。
有名監督になれば1本につき1000万円以上の収入を得られることも。

またヒット作はDVDなどの製品にもなるので、さらなる収入アップも期待できます。

監督に必要なスキル

創造力
美的センス
リーダーシップ
コミュニケーション能力

監督には今までになかった表現や伝えたいメッセージを追求する、芸術家としての側面もあります。
そのため単なる「スキル」とは違う、創造力や美的センスも備えている必要があるのです。

監督になるには

映画監督になるためには、専門学校などで映画撮影の勉強をしておく人が多いです。
ほかには制作会社で働いたり脚本の仕事をしたりしてから、映画監督を目指す人もいます。

監督としてのキャリアは、制作現場での下積みからスタートします。
まずは映画監督の下のポジション「助監督」として実績を積んでいきます。

こうした下積み期間は長く、10年以上かかることも珍しくなかったのですが、最近は少し変わってきています。
というのも今は、撮影機材の低価格化やインターネットの普及が顕著になりました。
これにより、若手で活躍する監督が出てきているのです。

作品の台本ならお任せ「構成作家(放送作家)」

構成作家(放送作家)の仕事内容

構成作家というのは、テレビやラジオ番組の流れや各コーナー、視聴者の心を動かす企画を考える仕事です。
その際はディレクターの意向を汲んだうえで、司会者や出演者の個性を活かしたものにする必要があります。

また台本も執筆します。
台本には番組の流れ、司会者や出演者のセリフをあらかじめ書き込んでおきます。
この台本があるからこそ撮影がスムーズに進むのです。

またラジオ番組のときには、生放送中に届くリスナーの声のなかから面白いものを選んでDJに渡す役割も担います。

構成作家(放送作家)の年収

構成作家の収入は、キャリアにもよりますが基本的には出来高制です。

契約金額は番組一本につき数万円〜数十万円ほど。
地方の放送局で小さいコーナーを担当する場合は、月収5万円ほどということも珍しくありません。
一方キー局でゴールデンタイムの番組を担当するほどになれば、年収1000万円以上稼ぐことも可能です。

また構成作家には、書籍や連載コラムを執筆する人もいます。
日々の仕事で培われた発想力や文章力を活かして、書籍であれば印税、コラムであれば原稿料という収入源をもっているのです。

構成作家(放送作家)に必要なスキル

企画力
表現力
人脈

番組の流れやコーナーを考える仕事ですから、斬新な企画を生み表現する力は不可欠です。
さらに日頃から業界関係者との人脈を作っておくことで、いざというときに優秀なスタッフを集めやすくなります。

構成作家(放送作家)になるには

構成作家になるにあたっては、専門学校で学ぶのも有効ですが、プロの放送作家のもとに弟子入りするのが王道のやり方です。
そこで原稿の修正など、アシスタントとして経験を積んでいきます。

あるいはラジオ番組にメールやハガキを送っているうちに、構成作家をやってみないかと声がかかるなんてことも。

いずれにせよ人脈や評判など、何かしらの形で業界とつながりをもつことが大事になってきます。

たくさんの関係者とやり取りできる「制作デスク」

制作デスクの仕事内容

いかにいい番組を作れるかは、いかに出演者たちに気持ちよくパフォーマンスを発揮してもらえるかにかかっています。
そのため事前準備や当日の段取り気配りが重要になってくるのです。

こうした後方支援の役として、さまざまなオフィスワークを担うのが制作デスクです。

具体的には予算の管理、請求書の処理や経費清算、出演者のスケジュール管理、クライアントからの電話や来客への応対などを担当します。
また使用した放送済み映像の二次使用の情報をまとめる、他番組への許諾を取り付けるといった、権利関係の仕事も制作デスクの役割です。

制作デスクの年収

求人サイトでは、年収にして250万円ほどの求人情報が目立ちます。
ディレクターなどと比べるとやや低めに感じてしまうかもしれませんね。

とはいえ、サポート役を好む人にとっては適職といえます。
さらにいろいろなスタッフに頼られる存在なので、やりがいも大きい仕事でしょう。

制作デスクに必要なスキル

PCを使った事務作業スキル
経理スキル
コミュニケーション能力
細やかな心配り

制作デスクとして就職先を探すときには、こうした能力が培われる秘書やアシスタントとしての経験があると有利です。

制作デスクになるには

ディレクターやカメラマンなどは、ほとんどの場合経験者が採用されます。
しかし制作デスクは、未経験者OKの求人が多いです。

制作デスクとして働きたい場合、こうした求人を出している制作会社に応募し、そこでキャリアをスタートさせるのが一番手っ取り早いでしょう。
そこでの経験を活かして、将来的にはアシスタントプロデューサーを目指すことも可能です。

映像クリエイターの仕事の種類【技術系】

技術系の人たちは、プロデューサーやディレクターのもと、実際に映像作品を形にしていきます。
いずれも撮影したりその素材を編集したりと、専門技術を備えたプロフェッショナルです。
身につけたスキルが作品に反映されるのをダイレクトで見られるので、やりがいを感じやすい仕事といえるでしょう。

見せ方を考えるのが楽しい「カメラマン」

カメラマンの仕事内容

カメラマンは構図や照明、カメラワーク、アングル、色彩調整などあらゆる要素を調整し、目の前の世界をカメラに収めていきます。
テレビカメラマンの場合、撮影するのはドラマドキュメンタリー番組生放送実況中継などです。

なかにはスタジオや屋外だけでなく、暗闇や水中など、特殊な環境での撮影を専門としているカメラマンもいます。

当然のことながら映像のクオリティーは視聴者の心を動かせるかを大きく左右します。
そのため撮影時には、視聴者のことを考えた創意工夫が必要です。

カメラマンの年収

カメラマンの年収は、制作会社勤務の場合300万円ほどです。
その一方、放送局で正規雇用のカメラマンとして勤められれば、ボーナスや住宅手当もあり非常に好待遇です。

収入アップのためには、経験を積んでスキルアップする、転職する、などの方法があります。

カメラマンに必要なスキル

撮影機材を扱うスキル
判断力
対応力
コミュニケーションスキル
運転免許

カメラマンは企画の趣旨や現場の状況に応じて、ふさわしい見せ方のできる撮影をしなければなりません。
そのため機材を正確に扱う能力はもちろん、優れた判断力対応力が必要です。

カメラマンになるには

プロのカメラマンになる人の大半は、映像関連の専門学校に通い、卒業後に放送局や制作会社へ就職します。
先輩カメラマンのもとで、機材の準備など雑用からスタートし、経験を積んで一流カメラマンを目指すのです。

被写体の魅力を引き出す「照明オペレーター」

照明オペレーターの仕事内容

映像作品はライティングの在り方でも、大きく視聴者の印象を変えます。
映像作品のほかにもコンサートや演劇の舞台、ファッションショーなどのイベントにおいても同様ですね。

この照明を使った演出を担うのが、照明オペレーターです。
舞台監督やディレクターと打ち合わせして、使用する機材や照明を変えるタイミングなどを決めます。
そしてその決定をもとに作品の世界観に相応しく、出演者の魅力を最大限に引き出すライティングをおこなうのです。

照明オペレーターの年収

照明オペレーターの平均年収は、300万~600万円程と幅があります。
技術職ゆえにその人のスキルや経験に応じて給与が設定されるケースが多く、人によって収入に差が生まれるのです。

また働き方によっても大きく異なります。
比較的高収入を得やすいのは、大手テレビ局で正社員として雇用されている人や、豊富な経験と実績を積んだのちフリーランスになって活躍している人です。

照明オペレーターに必要なスキル

色彩や色調に対する感性
光学の知識
コミュニケーション能力
体力
対応力

照明を扱う仕事だけあって、光や色に対する知識、感性が要求されます。
さらに照明機材の搬入やセッティング、撤収作業を機敏にこなせるだけのスタミナも欠かせません。

照明オペレーターになるには

照明オペレーターは専門的な知識技術が要求されるため、まず舞台芸術や照明を学べる専門学校に通うのがいいでしょう。
そして制作会社やテレビ局などに就職。
アシスタントや見習いとして、実務経験を積んでステップアップを目指します。

場面に合った音で魅了する「音響オペレーター」

音響オペレーターの仕事内容

映像作品では、音も重要な役割を果たします。
場面や状況に応じて効果的な音を出せば、視聴者の心を強く動かせるということです。
制作において、音に関する部分を担うのが音響オペレーターです。

担当する現場によっては「音響スタッフ」「PA(音響設備)」「ミキサー」「サウンドエンジニア」「音声さん」などと呼ばれます。
マイクの種類・設置場所の決定収録時の音のバランスの調整音声に関する編集などを担当します。

音響オペレーターの年収

音響を請け負っている会社や制作会社で働く場合、年収は300万円前後です。

その一方でより多く稼ぐ人もいます。
例えば大手の放送局やレコード会社の技術職として正社員採用されれば、年収600万円以上になることもあります。

また独立して大物アーティストと一緒に仕事するほどになれば、年収1000万円以上も夢ではないでしょう。

音響オペレーターに必要なスキル

機材を扱うスキル
観察力
体力

音の仕事をする人は、常にマイクの位置に気を配り、演者やカメラの動きに合わせて自らも移動します。
そのため現場全体を観察する力と、いつでも機敏に動けるだけの体力を要求されるのです。

音響オペレーターになるには

まず電気・電子系音響系の学科がある大学・専門学校などで必要な知識を学びます。
そのあと音響関係の会社やレコーディングスタジオなどに就職するのが一般的です。

最初は雑用のような仕事ですが、きちんと取り組めば徐々にいろいろな仕事を任されるようになります。
地道に経験を積んでいきましょう。

映像素材をまとめ上げる「編集オペレーター」

編集オペレーターの仕事内容

編集オペレーターは監督などの指示のもと、撮影された映像を時間内に収まるよう、かつわかりやすいよう編集するという重要な役割を担います。
具体的な作業内容は、さまざまな素材のなかから使うものの選択文字やテロップ挿入ぼかし・モザイク加工などです。

映像は多種多様で、フィルムで撮られたもの、ビデオカメラで撮られたもの、コンピュータでつくられたものなどがあります。
その都度ふさわしい編集を模索していきましょう。

編集オペレーターの年収

テレビや映画といった映像作品の編集であれば、500万円前後の年収が一般的です。
アニメーションの世界だとおよそ300万~500万円程

より一層の高収入をねらうなら、映像ディレクターになるという道もあります。

編集オペレーターに必要なスキル

機材についての知識・技術
編集ソフト(After EffectsやAdobe Premiere)を扱うスキル
体力
客観的な視点

編集オペレーターは部屋にこもって長時間作業に追われることも多い仕事です。
そのため体力が欠かせません。

また、たいていの映像作品は不特定多数の人に見られるものです。
作品の受け取り方は、人によって異なります。
そのため演出に偏りが出ていないか、客観的にチェックする視点も求められます。

編集オペレーターになるには

映像編集は独学での習得が難しいため、映像関連の学科がある大学や専門学校に行くのが有効でしょう。

卒業後に制作会社やゲーム制作会社などに就職、アシスタントとして経験を積んだのち、映像ディレクターを目指していきます。
なかには独立してフリーランスの編集オペレーターになる人もいます。

表現の幅をグッと広げる「CGクリエイター」

CGクリエイターの仕事内容

CGのグラフィックスは映画、アニメ、ゲームなどに幅広く使われており、もはや映像制作に不可欠なものとなりました。
この部分を担当するのがCGクリエイターです。
コンピューターを使って2次元または3次元のグラフィックスを作成します。

CGクリエイターの仕事は作業量が多いため、分業制です。
物体を形成し、色や質感をつける「モデラ―」、モデラ―が作ったCGモデルにアニメーション設定する「アニメーター」、炎など特殊効果を付与する「エフェクトアーティスト」などがいます。

CGクリエイターの年収

映画やCMを手がけるような大手制作会社の場合、年収は300〜500万円程度とされています。
またスキルや実績あるフリーランスの場合、多数の案件をこなして年収1000万円なんてことも可能です。

CGクリエイターに必要なスキル

観察力
デッサン力
専用ソフトを扱うスキル

観察力やデッサン力は、画面の中に立体を形づくるのに不可欠な力であり、CGクリエイターの基本スキルであるといえます。
またIllustratorPhotoshopAutodesk Mayaといったソフトも使いこなせるようにしましょう。

CGクリエイターになるには

今はCG制作関連の書籍やオンライン講座が充実しているので、まずそれらを利用して知識を得ていきましょう。

そして一番いいのは、現場で実務にあたることです。
未経験でもOKなアルバイト・インターンに応募し、プロの仕事ぶりを見たり指導を受けたりしましょう。
そこには独学では決して得られない学びがあります。

まとめ

 

「映像クリエイター」と一口に言っても、さまざまな種類の人たちがいます。
多くの専門家の力を結集することで、映像作品は成り立っているわけです。

ここでは映像クリエイターの仕事を、「制作系」「技術系」の2種類に分けて紹介してきました。

どんな仕事があるかがわかったことで、自分に向いてそうなこと、あるいはやってみたいことが見えてきたのではないでしょうか?
そんな変化を感じているなら、それはチャンスです。
この機会に、ぜひ映像クリエイターに挑戦してみてください!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。