• HOME
  • 記事
  • 動画編集
  • 人気上昇中!動画クリエイターの将来性|これで稼げる?需要増大の理由と気になる今後

人気上昇中!動画クリエイターの将来性|これで稼げる?需要増大の理由と気になる今後

いま、動画クリエイターが熱い!

世の中が急速に変化している今、多くの人が「働き方」に意識を向けるようになりました。

コロナウィルスをきっかけに、「場所を問わず働けること」が重要視されるようになり、在宅勤務やリモートワークを希望する人が増えました。副業を始める人も増え、大手企業が続々と副業を解禁したことで、その流れに拍車がかかりそうです。

そんな中、新たな一歩として、クリエイティブ系の仕事が注目され始めました。
特に昨今のYouTube人気で、関心を示す人が急増中の、“動画クリエイター”

YouTube編集ならしたことがあるけど、それだけで動画クリエイターになれるの?
興味はあるけど、稼げる確証が持てない…。

そんな迷いを払拭するために、この記事では、動画クリエイターの将来性を検証していきます。今後の需要や可能性働き方や知っておくと役立つポイント、という切り口で解説していきますので、スタートを切る手がかりにしてください。

動画クリエイターとは

動画クリエイターというと、動画制作や編集をイメージする人が多いのではないでしょうか。まずYouTubeが頭に浮かぶ人も多いかもしれませんね。

実際のところ、動画クリエイターに属する職種はもう少し幅広く、映像制作の企画に携わる、プロデューサーやディレクター、技術者である編集者や、カメラマン、音声やCGクリエイターなど、映像制作全般に及びます。

手がけるものは、映画やドラマ、テレビCMやPR動画、WEB広告、アニメやゲームに至るまで、多岐にわたります。

ただ、SNSやYouTubeで個人が動画を撮影して発信するようになった今、動画クリエイターの中で最も親しみが持てるのは、そういった動画編集者かもしれません。

ここでは、動画クリエイターの中でも、初心者で目指す人が多く比較的仕事が始めやすい、動画編集に携わる分野について掘り下げていきます。

動画クリエイターの需要

動画クリエイターを始めるなら、本当にその道を目指して大丈夫なのか、確証を持ちたいところです。そこで、動画クリエイターの気になる今後の需要について考察してみましょう。

需要は高まる一方?

動画市場は年々拡大しています。YouTubeに代表されるように、動画コンテンツのニーズの高まりを日頃から感じているのではないでしょうか。動画を目にしない日はありませんね。

スマートフォンでも、あらゆる映像にアクセスすることが可能になった上に、昨今の新型コロナウィルスによる外出自粛などの影響もあり、動画の再生数は世界的に伸びています。

誰でも手軽に情報を発信できるプラットフォームが、コロナ禍ではその本領を発揮し、YouTubeを始める人も増大しました。さらには一般の人だけでなく、芸能人や企業も参入する形となり、動画市場はますますヒートアップしている状況です。

こんなにヒートアップする背景には、お金の動きがあります。皆がこぞって動画を配信する理由。それは、稼げる可能性を見い出しているからです。

人が集まるところでお金は動きます。大混戦となっている動画市場に、大手企業も多額の広告費を投じるようになり、それが年々増加の一途をたどっていることが、「サイバーエージェント」が発表した調査結果からも明らかです。

出典:サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25548

これは2019年から2024年までの動画広告市場の推移を予測したものです。2019年の2,592億円から年々規模が増大し、2024年には6,856億円に達するという見通しを立てています。2019年からの5年間で、264%の伸び率は驚異的です。

必然的に、動画制作・編集ができるクリエイターの需要は高まる一方ということになります。

注目すべきはそれだけではありません。動画広告市場全体のおよそ9割がスマートフォンでの需要です。今後も、スマートフォン向けの動画広告が勢いを増していくのは確実といえます。

従って、動画クリエイターは今後、さらにチャンスを掴むことになるでしょう。

5G時代の到来が追い風になる

時代は4Gから5Gの時代に向かっています。
5Gによって実現されることは、

✔超高速・大容量
✔低遅延
✔多数同時接続

これらを動画コンテンツが受けるメリットに言い換えると、

◆4Gに比べ圧倒的に高速で通信できるようになるので、4Kや8Kの動画の配信や視聴も快適になる
◆送受信するデータ遅延を、4Gの約1/10程度に短縮できるので、ほぼ遅延なく動画視聴ができるようになる
◆人が密集するような場所で、同時にインターネット接続をおこなっても、通信障害が発生しにくく、どこでもスムーズにデータ通信ができるようになる

従来に比べ、より快適に動画視聴ができるとなれば、ますます利用者は増えるでしょう。これから5Gが主流になるという流れは、動画クリエイターにとって追い風でしかありません。

動画クリエイターに将来性はあるのか

動画クリエイターの需要が今後も高まることが確信できたところで、クリエイターとしてのさらなる将来性を探っていきましょう。

AIに淘汰されることはない

「AIに仕事が奪われる」などと、よく耳にしませんか。AIが代替するであろう職種一覧を見かけて、将来に不安を覚える人もでしょう。たとえば、データ処理や数字を扱う作業。これはAIが得意とする分野です。こういった仕事内容はAIがおこなう方が作業効率が上がると言われています。

動画制作や動画編集はどうでしょうか。すでにAIによる動画編集サービスは存在します。素材さえ用意すれば、自動で動画制作されるというものです。テロップを入れる作業など、手間のかかることが自動化されるので、AI導入の大きなメリットといえます。

では、動画編集の全てをAIが担えるのでしょうか。答えは「いいえ」クリエイティブな作業、複合的な知性や複雑な判断を伴う作業をAIは得意としません。

AIに任せるところと、人の手が必要なところ、上手く棲み分けられれば、これまで以上にクリエイティブな部分に多くの時間を割くことができるようになります。結果、動画のオリジナリティとクオリティの向上につながるのであれば、AIを味方につけ、共存することが今後の鍵になりそうです。

多様な働き方で稼ぐチャンスも広がる

動画クリエイターの仕事は幅が広く、働き方も多様です。

主に、
◇企業に就職する
◇アルバイトで働く
◇フリーランスで働く

といった働き方が可能です。

今後間違いなく伸びる業界で、正社員として就職することを選ぶ人もいるでしょう。アルバイトからステップアップを目指すという道もあります。広告代理店、映像制作会社、テレビ局などで活躍したのち、フリーランスとして独立する人もいます。

また副業という形で、初心者でも稼ぐチャンスが得られるのもこの仕事の魅力です。スキルを身に付けたら、さっそくクラウドソーシングで案件を獲得、ということも叶います。

さらには、リモートワークが可能だというポイントも見過ごせません。働き方が多様化していることや、世の中の情勢を考えると、動画クリエイターはまさに今の時代に合った職業といえます。一歩踏み出せば、稼ぐチャンスが広がっていくので、時代の変化に動じることなく、未来に対して前向きでいられるでしょう。

さらなるキャリアップも目指せる

正社員であれば、役職を上げてキャリアアップしていくことが可能です。動画クリエイターとしてより幅広く知識や経験を広げていけば、いずれはプロデューサー、といった将来も考えられます。アルバイトなら社員登用を目指したり、経験を積んでより条件の良いところやスキルアップできることろに転職することも考えられます。

フリーランスなら、より専門的な知識やスキルを身に付けて肩書きをアップデートしていけます。信頼を得て、自身の価値が上がるようブランディングしていくことで、自分をより高いステータスに成長させていくこともできます。

需要の多いスキルなだけに、そのスキルを使ってノウハウやテクニックなどを発信したり、書籍を出版したり、セミナー講師など、活躍の場が広がる可能性も秘めています。

将来性を考える上での懸念

動画クリエイターの将来が明るいなら、参入しない手はありません。ただ、始めてから戸惑うことのないよう、動画クリエイターになるにあたり懸念されることにも目を向け、備えておきましょう。

間口の広さ

伸びている業界なので、すでに動画クリエイターが数多く存在します。それでもなお、多くの動画クリエイターが必要とされており、正直そこまで高いクオリティを求められない手軽な案件も溢れています。

それは初心者が始めやすい利点ではありますが、同時に「誰でも参入できる」ということを意味します。基礎的なスキルのための学習期間は比較的短く、趣味の延長で独学すれば、ある程度形にできてしまうというのも正直なところです。

しかも、初期投資すべきものは、パソコンと動画編集ソフト。この2つが揃えばすぐに始められるというハードルの低さも、間口を広くしている要因のひとつと言えます。

注目されている業界ということや、働き方の多様性が時代のニーズにマッチしているため、これから目指す人はますます増えるでしょう。

ライバルが多いということは覚悟しておく必要があります。

アマチュアとの境界線

短期間で学んだスキルでも仕事ができてしまう一方、アマチュアでもプロ顔負けのクオリティで動画制作をする人が多くいるのも事実です。

日頃から自ら動画制作・編集し、発信することに慣れている人はたくさんいます。素人が制作したとは思えないクオリティの動画を、YouTubeで目にしたことはありませんか。

結婚式などで流れるプロフィールビデオやメッセージビデオも、素人の域を超えたものを見る機会が増えたかもしれませんね。今後さらに動画が日常に溢れることを考えると、アマチュアのスキルがもっと上がると予想できます。

プロとアマチュアの境界線が曖昧になってくる、というのも今後の懸念事項です。

では、その中でどうやってプロとして生き残っていけばいいのでしょうか。心得ておくべきことを、次で見ていきましょう。

プロとして生き残るには

伸びる業界に身を置くということは、希望がある一方、ライバルをしのいで生き残っていく難しさと常に隣り合わせということでもあります。

プロとして稼いでいきたいなら、現状を知り、足りないスキルを身に付けていく他ありません。

クリエイターの二極化が進むことを心得る

アマチュアでもプロ並みのスキルを備えた人が存在しますが、動画の需要は増える一方なので、仕事がなくなることはないでしょう。

ただ、今後はさらに、動画クリエイターの二極化が進むと予測できます。
つまり、
✔比較的簡単な案件をこなすクリエイター
✔クライアントのニーズに高いレベルで応えるクリエイター

前者はこれからさらに増え、ますます激化するでしょう。こういったクリエイターの需要は多いものの、単価が安く、作業時間を考えると割に合わないという実情もあります。

さらに、動画編集者が増えているため、単価の相場が低くなっていくことも予想されます。“それなりのスキル”だと、収入を伸ばしていくことは難しいでしょう。

後者のクリエイターは、今後ますます重宝されます。映像での発信が身近になり、人々の暮らしに根付けば、動画はますます世の中に溢れるはずです。

そうなると、あまたの動画の中に埋もれない個性やインパクト、工夫が必要になります。つまり、差別化できるクリエイターの存在が必須になるのです。

動画クリエイター人口は多いものの、質の高い仕事ができるクリエイターは決して多いわけではありません。

これからは、こういったクリエイターが求められるでしょう。「質の高い案件」を持っているクライアントは、高い報酬を支払ってでも、“できる”クリエイターに仕事を依頼したいというのが本音だからです。

この期待に応えることができれば、生き残りは難しくありません。では、二極化の勝ち組になるためには、どうすればよいのでしょうか。

スキル向上とプラスアルファの能力が物を言う

他のクリエイターとの差別化を図るために、2つの面からスキルアップを目指します。

動画制作・編集のスキルをアップグレードする

二極化時代を迎え撃つには、まず高い技術を持つことです。最新技術が日々生まれるような業界ですので、スキルのアップデートは必須です。

加えて、アニメーション制作、CG、VR、3D映像、ドローン撮影などの技術を持ち合わせて、クリエイターとしてアップグレードできれば、より高い技術を要する案件に挑めます。

収入も伸び、次の仕事への足がかりにもなるでしょう。

さらにパターン別に、制作・編集の傾向を徹底して学ぶのも効果的です。たとえば、商品のPR動画、教材動画、企業の紹介動画など、それぞれ傾向や特徴が異なります。専門にしたい分野をピンポイントで攻めていくのも、成果が出やすいでしょう。

得意な技術をさらに極める、というスキルアップの仕方もあります。たとえば、「カラーグレーディングなら誰にも負けない!」といった、マニアックな技術を極めていけば、自分の“売り”にできます。

基本スキルを専門性の高いスキルに成長させる、というひと工夫が、クリエイターとしてのステージを一気に上げてくれそうです。

動画制作・編集以外の能力を身に付ける

質の高い動画制作・編集をするには、クライアントの要望を正確に汲み取り、期待以上の成果を出すことです。

Webマーケティングの知識があれば「商品を売りたい」、「ブランディングしたい」といった目的を叶える動画を制作・編集できるでしょう。

また、コミュニケーション力を高める必要もあります。クライアントと上手にコミュニケーションをとることができなければ、ヒアリングからつまずくことになります。丁寧に要件定義し、期待に応える仕事を目指します。

動画制作・編集の技術のみならず、こういった自分の付加価値を上げることで、さらに一歩リードできるはずです。

鉄は熱いうちに打て!気持ちが高まった今こそ好機

動画クリエイターに関心は持っていたものの、飛び込むには今一つ成功の確証が持てずにいた・・・という人も、記事を読み進めるにつれ、「やってみたい!」と前向きに思えるようになったのではないでしょうか。

動画クリエイターの需要は今後さらに伸びていきます。クリエイティブな性質の仕事だということと、働く場所を選ばないスタイルは、まさに今の時代にぴったり合った、将来性のある職業です。

参入者は多いものの、他と差別化できるスキルを身に付ければ、未来は明るいでしょう。

“鉄は熱いうちに打て!”
気持ちが高まった今こそ好機です。

このタイミングを逃さず、人気動画クリエイターへの道をさっそく歩き出してみませんか。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。