動画クリエイターとは

動画クリエイターとは?仕事内容・年収・なる方法を徹底解説

近年注目を集めている動画クリエイター。

テレビや映画、YouTubeなどで公開されるあらゆる映像作品を世に生み出す動画クリエイターは、作品を通して人々に驚きや感動を与えられる魅力的な職業です。

この記事では、

副業で動画編集を始めてみたい
動画クリエイターの仕事内容や年収が知りたい
実際にどうやったら動画クリエイターになれるの?

と思っている方に向けて、動画クリエイターの

  • 仕事内容
  • 必要なスキル
  • 向いている人の特徴
  • メリットとデメリット
  • 平均年収
  • なり方

を紹介していきます。

動画クリエイターに興味がある方はどれも必見の内容なので、ぜひ読んでみてくださいね!

動画クリエイターの仕事内容って?

動画クリエイターとは、映像制作に関わる仕事をしているすべての人を指します。
よって、動画クリエイターの仕事内容は、主にこの2つに分かれます。

●制作系
●技術系

1つずつ見ていきましょう。

制作系

制作系の仕事とは、「動画制作そのものではなく、企画に関わること」です。
制作系と言っているのに、動画制作そのものじゃないってなんだか少しややこしいですよね(笑)

よりイメージが湧くように、制作系のお仕事の具体例をいくつか挙げました。

役職 仕事内容
プロデューサー ●動画制作の全体を取り仕切る

企画やスケジュール、予算管理、クライアントとの交渉ややり取りをおこなう

ディレクター ●プロデューサーの下で制作や演出を考える

プロデューサーの方針・考えを、アシスタントや他のスタッフに指示

アシスタントディレクター ●ディレクターのアシスタントをおこなう

ディレクターからの指示を受けて、技術系スタッフに制作・演出の指示を出す

制作系の仕事内容は、映像の企画を考え、内容や方針、演出を指示することです。
映像の構成を考えたり全体を統括したりするので、企画力管理能力が求められます。

技術系

技術系の仕事内容は、皆さんが想像する動画クリエイターがやっていそうなお仕事です。

役職 仕事内容
編集者 ●映像の加工・編集をする

ディレクターの指示通りに、カット編集、テロップ挿入、色彩補正などをおこなう

カメラマン ●動画を撮影する

ディレクターの指示に従って動画撮影をする

音声 ●動画にナレーションやBGMなどを挿入する
効果音をつけたり、撮影中の音声を録音したりもする
CGデザイナー ●CG(コンピューターグラフィックス)を使って画像やイラストなどを作成する
その他の特殊効果などを担当することも多い

技術系のお仕事では、編集、撮影、音声、CGなどそれぞれ高度な技術が求められます。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

動画クリエイターに必要なスキル

映像クリエイターの仕事内容には、企画から編集までさまざまなものがありましたね。

では、動画クリエイターには実際にどのようなスキルが求められるのでしょうか?
ここでも制作系と技術系に分けて、解説していきます!

制作系

  • コミュニケーションスキル
  • 企画力
  • リーダーシップ
  • マネジメント能力

プロデューサーやディレクターには、ターゲットに響く作品にするための企画力や、プロジェクト全体を動かしていくリーダーシップが必要になります。

より大きなプロジェクトほど、関わる人数が増えるので、大勢をまとめる力とコミュニケーション能力が大切になってくるでしょう。

また、技術系のスタッフに指示を出すため、動画編集や撮影の経験も必要です。大抵の場合、技術系のスタッフから経験を積んで、キャリアアップするとディレクターやプロデューサーになることが多いです。

技術系

  • 動画編集・加工スキル
  • 撮影スキル
  • 音声や照明などの技術系スキル
  • デザインスキル

技術系のお仕事では、より専門的なスキルが求められます。
例えば、動画編集ではAdobe After EffectsやAdobe Premiere Proなどの動画編集ソフトを使える必要があります。

また、これらの技術系のスタッフは、プロデューサーやディレクターとより円滑にコミュニケーションをとるためにも、イメージをすぐに絵コンテなどにできるデザインスキルも持ち合わせておいたほうがよいでしょう。

動画クリエイターに向いている人の特徴

制作系に向いている人の特徴としては、

  • 映像で表現することが好き
  • 発想力がある
  • 好奇心旺盛
  • アート作品が好き
  • 自主的に学ぼうとする
  • 変化に柔軟に対応できる
  • 体力・精神力がある
  • コミュニケーションが得意

これらが挙げられます。

動画制作に関わるので、日頃から映画やYouTubeなどをよく見ている人やモノづくりが好きな人が向いているでしょう。

また、動画クリエイターとして活躍するためには、芸術的センスが必要です。芸術的センスをもともと持っている人もいますが、アート作品やプロの技法などを参考にして自分の感性を磨いていく努力も大切です。

そのため、新しいものを積極的に取り入れられる人、自ら学んでいくことが好きな人には向いています。

そして、動画クリエイターとして意外と重要なことが「体力・精神力がある」ことです。一見大したことのないように思えますが、動画クリエイターは長時間パソコンに向かって作業したり、重い機材をもって撮影に出かけたりと、ハードなお仕事です。

どのような環境にも対応できるような体力と精神力を持ち合わせている人は、この仕事に向いています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

動画クリエイターになるメリットとデメリット

動画クリエイターは、専門的な技術や体力・精神力などが必要ですが、その分やりがいも大きいお仕事です。

ここでは、動画クリエイターになるメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

動画クリエイターになるメリットとしては、

  • 将来性が高い
  • 反響が見えやすい
  • 独学から挑戦できる
  • 自分の感性・アイデアを活かせる
  • 作品としてずっと残る

が挙げられます。

動画クリエイターは作品を通して、見る人にメッセージを伝え、感動を与えることができます。また、見た人から反響がもらえるので、やりがいを感じやすいです。

また、近年動画の需要の高まりから動画クリエイターの需要も高まり、仕事の幅が広がってきています。テレビ、CM、インターネットサイト、映画、ゲーム、アニメーション、プロモーションビデオなどあらゆるジャンルで活躍できます。今後も5Gの普及によってさらに需要は高まるでしょう。

将来性が高く、やりがいも大きいというのは、動画クリエイターのメリットです。

デメリット

動画クリエイターのデメリットとしては、

  • 勤務時間が不規則
  • 長時間の作業で身体に負担がかかりやすい
  • 常に新しいスキルや知識を習得する必要がある
  • 編集以外のスキルがないと収入アップは厳しい

が挙げられます。

これはクリエイター全般にいえることですが、納期が近づいてくると、夜遅くまで残って作業したり、長時間の作業で身体に負担をかけてしまったりすることが多いです。

また、移り変わりが早い業界なので、常に新しい知識や技術のインプットが求められます。3D、VR、ドローン撮影などのように今後もさまざまな技術が開発されるでしょう。情報収集を怠らず、常に新しいことを吸収するモチベーションも大切です。

やはり、体力も精神力もあって、常に新しいことに挑戦することが、動画クリエイターには求められます。

動画クリエイターの平均年収って?

動画クリエイターを目指すうえで、平均年収やキャリアアップに関しては、気になるポイントだと思います。

ここでは、

  • 正社員
  • アルバイト
  • フリーランス

の3つの場合に分けて、平均収入を紹介していこうと思います。

正社員の場合

正社員の場合、収入は大手企業と中小企業によって異なります。

大手のテレビ局や映像制作会社、広告代理店の正社員は、年収700万円~1,000万円ほどとなり、高い傾向にあります。

一方、中小規模の映像制作会社に勤める正社員の場合は、年収300万円~600万円が平均です。

もちろん、冒頭で紹介した仕事内容や立場によっても年収が異なるため、幅があります。

アルバイト・派遣の場合

未経験で動画編集のアルバイトをしたり、派遣社員になったりすることも可能です。その場合は時給で給与が支払われます。

未経験でも時給は、平均900円~1,200円程度です。スキル重視の職業なので、経験や能力によって時給アップの可能性もあるでしょう。

フリーランスの場合

フリーランスの場合、能力や経験によって年収にかなりの差があります。

実績があって有名な動画クリエイターであれば、映像作品1本で数百万円の仕事がもらえることもあり、年収1,000万円を超える人もいるようです。

それに対し、実績が少ないうちは1本あたり5000円~15000円が相場であり、年収300万円程度かそれ未満になることもあります。フリーランスとして年収を上げるには、経験を積んでスキルをあげていく他ありません。

動画クリエイターになるには?

動画クリエイターになるには、

  • 独学でスキルを身に付ける
  • 動画制作会社などで働きながら身に付ける
  • 専門学校やオンラインスクールで学ぶ

の3つの方法があります。

それぞれ紹介していくので、自分の今の状況と合わせて考えてみてください。

独学

1つ目は、独学で動画編集の案件をしながら、フリーランスになる方法です。

本やYouTubeで学習し、案件を獲得しながら動画クリエイターになった人は実際に多くいます。

かかるお金も学習教材費とソフトの使用料金くらいなので、手軽に始めることができて、自分のペースで学べます。

副業から始めたい人や興味本位で始めてみたい人におすすめです。

動画制作会社などで働きながら身に付ける

2つ目の方法は、制作会社などで働きながらスキルを習得する方法です。

未経験で入った場合、初めのうちは任される仕事に制限がありますが、お金を稼ぎながら動画制作のスキルを身に付けたり、企業の大きなプロジェクトに携われたりします。

また、自分のやる気次第でスキルアップすることも可能です。
経験を積んだら、他の会社に転職してキャリアアップも可能なので、安定しながら動画クリエイターを目指したい人におすすめです。

専門学校やオンラインスクールで学ぶ

3つ目の方法は、専門学校やオンラインスクールで学んでから、企業に就職したりフリーランスになったりする方法です。

独学よりも早くスキルを習得することができることや、一緒に頑張る仲間ができること、プロからサポートを受けられることがメリットです。

他の方法と比べてお金はかかってしまいますが、就職してから取り返すことができますし、より高度な技術を習得できるので、動画クリエイターとして重宝される人材になれます。

1人で学ぶのは難しいという方や、将来的にプロの動画クリエイターになりたいという方は、専門学校に通うか、スクールで学ぶことをおすすめします。

まとめ

この記事では、動画クリエイターの仕事内容からメリット、デメリット、なる方法までお伝えしてきました。

動画クリエイターは、制作系と技術系に分かれていて、仕事内容や求められるスキルもそれぞれ異なっていました。

また、動画クリエイターになる方法も働き方もさまざまあって、ライフスタイルに合わせて変えることが動画クリエイターのメリットです。

今後も需要が高まっていくと思われる動画クリエイター。
この記事を読んで、少しでも「動画クリエイターをやってみたい!」と思ったら、ぜひチャレンジしてみることをおすすめします。

あなたも動画クリエイターとして新たな道を切り開きましょう!

WEBデザイナーになって人生を変えた話
特別ストーリーを限定公開中!
WEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ