WEBデザイナー向け無料電子Book >受け取りはこちら

家で黙々とできる仕事20選|1人で働きたいあなたでも大丈夫

家で黙々とできる仕事20選|1人で働きたいあなたでも大丈夫

人と話すのが苦手。
職場の人間関係に疲れた。
できるだけ人と関わらず、1人で黙々と仕事をしていたい。

このように考えている人は多いと思います。

2020年以降、「在宅ワーク」という言葉も一般的になり、家でできる仕事の幅は一気に広がりました。

「できるだけ人と話さずに、家で黙々と仕事がしたい」というあなたにとって、とてもいい時代になったのです。

とはいえ、どんな仕事なら家で黙々とできるのか、そもそも在宅ワークはどうすれば始められるのか、わからないことも多いと思います。

そこで今回の記事では、家で黙々とできる仕事を厳選して20個ご紹介していきます。

在宅ワークといってもたくさんの仕事があり、あなたにどんな仕事ができるかどうかはこれまでの経験や、持っているスキルによって異なります。

スキルなしでもすぐ始められる仕事や将来性が高く稼ぎやすい仕事など、特徴別に分けているので、低収入でもいいから今すぐ始めたいのか、スキルをつけてからしっかり安定して稼ぎたいのかなど考えながら読み進めてくださいね。

また、それぞれの収入の目安やおすすめ度なども合わせてご紹介しています。みなさんの在宅ワーク探しの参考になれば嬉しいです。

▼ ▼ 限定公開中 ▼ ▼

目次

そもそも、家で仕事をするにはどうすればいいの?

「在宅で働きたいけれど、どうすれば始められるの?」と疑問に思っている方もいると思います。

家で黙々とできる在宅ワークをご紹介する前に、在宅ワークにはどんな雇用形態があるのか、どうすれば在宅ワークが始められるのかをご紹介しますね。

パターン①:正社員として在宅で働く許可をもらう

正社員として、在宅で働くことも可能です。

ただし、これができるかどうかは企業によって異なり、全く同じ職種であってもA社は在宅でできるのにB社は禁止されていることもあります。

正社員として在宅で働きたい場合は、必ず募集要項をしっかり確認するようにしましょう。

正社員として在宅がしやすい仕事の例

メールオペレーター、翻訳、WEBデザイナー、WEBライター、プログラマー、WEBマーケッターなど

パターン②:業務委託契約やアルバイトとして仕事を受ける

業務委託契約を結んだり、アルバイトや派遣社員という形で雇われるパターンもあります。

副業やフリーランスとして、クラウドソーシングサイト(※)でお仕事を探すのも、業務委託契約です。

雇用期間が決められていたり、1案件ごとに継続されるかが決まったりするので、正社員と比べて収入が安定しにくいのがデメリットですが、プライベートの予定に合わせて仕事量を調整したり、複数の企業から仕事を受けることで正社員以上に稼いだりすることもできます。

業務委託やアルバイトの仕事例

メールオペレーター、オンライン秘書、データ入力、文字起こし、採点バイト、せどり、内職、電話オペレーター、WEBデザイナー、WEBライター、プログラマー、動画編集、SNS運用代行など

(※)クラウドソーシングサイトについては、記事の後半で詳しくご紹介しています。

パターン③:個人事業主として自分で仕事を作る

企業から仕事を受けるのではなく、自分で何かを作ったり運用したりすることで報酬を得ることもできます。

出勤日の決まりや納期等もないので、好きなときに好きなだけ働くことができますが、稼げるかどうかも自分次第なので、100時間働いたのに1円にもならないことも。

全く稼げない可能性もあれば、ほんの少し働くだけで月収100万円を超えることもある働き方なので、安定よりもチャレンジがしたい人、本当に好きなことだけを誰にも指示を受けずにやりたい人におすすめです。

個人事業主としての仕事例

せどり、アンケートモニター、アフィリエイター、ハンドメイド、写真イラスト販売など

家で黙々とできる仕事20選

では、続いて家で黙々とこなせる在宅ワークをご紹介します。

前半ではスキルなしでも今すぐ始められる簡単なお仕事を12個、後半ではスキルは必要だけれど稼ぎやすくておすすめな仕事を8個まとめているので、気になる仕事からチェックしてみてくださいね。

また、すべての仕事で給料の目安を載せていますが、正社員か、派遣社員や業務委託のような形かによって大きく異なります。

稼ぎやすく将来性も高い仕事8選

まずは、在宅でも稼ぎやすく、かつ将来性も高い仕事を8つご紹介します。

どれも知識やスキルが必要な仕事ですが、その分これまでご紹介してきた仕事よりも稼ぎやすく、仕事がなくなる心配も低いです。

気になる仕事があれば、将来のために思い切って勉強を始めてみるのも良いと思いますよ。

WEBデザイナー

パソコン1つで、在宅で働きたい方に人気なのが、WEBデザイナーのお仕事。

WEBサイトやSNSに載っている広告バナー、企業のホームページやYouTubeのサムネイルを作るお仕事で、フリーランスや副業なら完全在宅も可能です。

また、単価の高いLP(ランディングページ)が作れるようになれば、月収が50万〜100万円を超えるのも不可能ではありません。

スキルをつけ、安定して稼げるようになるまでは大変ですが、将来性は高く、一度稼げるようになれば家で黙々と作業するだけで高収入が狙えるので、おすすめ度は5点です。

収入目安月30~40万円
向いている人・デザインに少しでも興味がある方
・黙々作業するのが好きな方
必要なスキル・デザインスキル(※1)
・コーディングの基礎スキル(※2)
おすすめ度★★★★★(5/5)

(※1)デザイナーとして安定して仕事を獲得するためには、かなり高いレベルのデザインスキルが必要です。どのようなレベルなら仕事が取れるのか気になる方は、ココナラというサイトで評価が高い人のデザインを見てみてください。

(※2)デザイナーとコーダー(コーディングをする人)は別なので、コーディングをしっかり勉強する必要はありません。ですが、デザイナーとして最低限の知識は持っておく必要があります。

デザイナーの仕事に少しでも興味がある方は、ぜひ以下の記事を読んでみてください。歴15年のWEBデザイナーがWEBデザイナーの楽しさや魅力について解説しています。

WEBライター

在宅で黙々と働きたいなら、WEBライターの仕事もおすすめ。

WEBライターは、いま読んでいただいているようなWEB記事を書いたり、広告のコピーを書いたり、最近ではYouTubeのシナリオ(台本)を書いたりする仕事です。

AIに代替されるのではないかと言われていますが、2023年現在では、AIのライティングスキルは、人間が書いたリアルな文章には勝てません。

そのため、クラウドソーシングサイトにもまだまだライターの案件はたくさんあります。

ただし近い将来、一般的なライターよりもAIの方が早く質の高い記事を量産できるようになる可能性も。

そんな未来に備えて、AIに仕事を奪われるライターではなく、AIを上手く使う側のライターになれるよう、いまのうちからスキルを磨いておきましょう。

こちらもWEBデザイナーと同様、将来性が高く稼ぎやすいですが、安定して仕事が取れるようになるまでの大変さを考慮しておすすめ度は4点となっています。

収入目安月30~40万円
向いている人・文章を書くのが好きな方
・リサーチが得意な方
必要なスキルライティングスキル
おすすめ度★★★★☆(4/5)

プログラマー

プログラミングができる人材はまだまだ不足しており、在宅プログラマーや副業プログラマーの需要は高いです。

専門スキルこそ必要ですが、プログラミングには答えがあり流行的要素も少ないため、コツコツ真面目に勉強できる方であれば比較的すぐにプログラマーが目指せます。

プログラマーは、他の業種に比べて正社員でも在宅できることが多いです。

業務委託やアルバイト契約は避けたい、正社員がいいという方は、プログラミングの勉強から始めるのがおすすめです。

在宅で黙々仕事をしながら正社員も狙えるというメリットから、おすすめ度は5点をつけました。数字やコードへの苦手意識がない人はぜひチャレンジしてみてください。

収入目安月30万前後
向いている人・正社員を目指したい方コツコツ真面目に勉強出来る方
・数字やコードに苦手意識が低い方
必要なスキルプログラミングスキル
おすすめ度★★★★★(5/5)

動画編集者

最近はYouTubeを始める企業も増えました。

それに伴って、動画編集のスキルを求めている企業も増えています。

動画編集の1番の魅力は楽しさ。

YouTubeやTikTokなどの動画を見るのが好きな人はセンスもすでに磨かれていることが多く、楽しみながら編集をしている方も多いです。

業務委託という形で動画の編集だけを依頼されることが多いですが、企業によっては正社員として雇われて、動画の撮影から編集、公開まで一貫して任せてもらうこともありますよ。

副業として黙々作業をして稼ぎたい人におすすめなので、おすすめ度は4点です。

収入目安月30万前後
向いている人動画を見るのが好きな方
必要なスキル動画編集スキル(動画編集ソフトを扱うスキル)
おすすめ度★★★★☆(4/5)

WEBマーケッター

過去にWEBマーケッターとしての実務経験がある方は、在宅WEBマーケッターとして働くのもおすすめです。

WEBマーケッターは、企業のマーケティング戦略を立てたりデータを分析するのが主な仕事で、基本的には実務経験がないと案件を受けることはできません。

しかし、最近はSNSのマーケティングも需要が高いので、個人でSNSをやって成果を出し、その結果を元に個人事業主として複数の企業にWEBマーケティングのコンサルティングをしている方もいます。

マーケティングは流行も変わりやすく、勉強するのも大変ですが、企業の売り上げに直接影響する部分なので、とてもやりがいはありますよ。

ただし、仕事の都合上クライアントとの打ち合わせも多く、家で「黙々と」働くのは難しいかもしれません。そのため、おすすめ度は3点としています。

収入目安月30万~40万
向いている人WEBマーケティング実務経験のある方
必要なスキルWEBマーケティングの知識マーケッターとしての実務経験
おすすめ度★★★☆☆(3/5)

アフィリエイター

アフィリエイターとは、自分で運営しているメディアに広告を載せ、商品が売れることで自動的に報酬が入る仕事のこと。

かつてはブログの運用がメインだったため、稼げるようになるには数年必要でした。しかし最近はSNSでアフィリエイトをおこなう人も増え、早い人だと1~2ヶ月で収益化させている人もいるようですよ。

正社員として雇われることは基本なく、個人でメディアを動かして複数の企業からアフィリエイトの依頼を受ける形が一般的です。

アフィリエイターもせどりと似ていて、一攫千金的な要素が強く稼げない可能性も高いのでおすすめ度は2点をつけました。

収入目安月収0〜100万円(※)
向いている人WEBマーケティング実務経験のある方
必要なスキルWEBマーケティングの知識マーケッターとしての実務経験
おすすめ度★★☆☆☆(2/5)

(※)ドコモアフィリエイトの調査では、月収1万円以下の方が全体の約6割で、そのうちの半分が月収0円でした。一方で月収100万円を超えているアフィリエイターもおり、アフィリエイターの収入は人それぞれ大きく違うことがわかります。

参考:ドコモアフィリエイト「 初心者ガイド 【アフィリエイトの実態】アフィリエイターに聞いた月収や経過年数などを紹介! 」

ハンドメイド、写真やイラスト素材販売

メルカリなどのフリマアプリで、自作したアクセサリーや雑貨、日用品を売るハンドメイドの仕事も、家で黙々とできておすすめです。

また最近は、撮影した写真や書いたイラストを素材サイトに掲載し、ダウンロード数に応じて報酬をもらう「素材販売」の仕事も人気です。

どちらも誰かに雇われるのではなく、個人事業主という形で働くことになります。

収入目安は月に5万円前後ですが、慣れるまでは月に1万円以下、売れっ子になれば月に10万以上も目指せる業界です。

企業から仕事を受けるわけではないため、収入が安定しにくいのですが、好きなことが仕事になるという点がとても良いので、おすすめ度は3点です。

収入目安時給5万前後
向いている人手芸やイラストを描くのが得意な人
必要なスキル手芸スキル、撮影スキル、絵を描くスキルなど
おすすめ度★★★☆☆(3/5)

SNS運用代行

最近は、SNSの運用代行も人気の高い在宅ワークです。

多くの企業が、SNSを運用したいけれど人手が足りず困っており、SNSの運用だけを外注しています。

ただ指示通り投稿を作ったり、投稿の設定をしたりするだけの場合もあれば、どんな投稿をしていくかなど、マーケッターとして戦略を立てる部分から関わる場合もあるようです。

ただ運用を代行するだけ(手を動かすだけ)なら1アカウントごとに月3,000円前後、企画や戦略立てから関わる場合は1アカウントごとに月30,000円ほどが報酬の目安となっています。

SNSが好きな人なら楽しくできる仕事ですが、時給アップやキャリアアップがしにくいのでおすすめ度は3点です。

収入目安月収3,000円〜30,000円(1アカウント)
向いている人SNSを見たり投稿したりするのが好きな人スキマ時間でコツコツ作業ができる人
必要なスキルSNSに関する知識(SNSマーケティングの経験,知識)
おすすめ度★★★☆☆(3/5)

専門スキルなしでも働ける仕事12選

続いて、特別な専門スキルがなくても働ける在宅ワークをご紹介します。

メール(チャット)オペレーター

メール(チャット)オペレーターとは、お客様からの問い合わせに文章で答える仕事のこと。

コールセンターのお仕事を、文章に置き換えたようなものです。

かつては、問い合わせといえば電話がほとんどでしたが、最近はメールやチャットでの問い合わせが増えており、それにともなってメール(チャット)オペレーターの需要も高まっています。

マニュアル通りに回答するだけなので特別なスキルは必要ないですが、ある程度早くタイピングができないと、時間内に仕事がこなせない可能性があります。

雇用形態としては、派遣社員が多いようです。

将来性はある程度高く、時給も悪くないので、おすすめ度は4点。初めて在宅ワークに挑戦する方におすすめです。

収入目安時給1100円〜1500円
向いている人・正しく敬語が使える人
・タイピングが得意な人
必要なスキル・タイピングスキル
・基本的なパソコンスキル
おすすめ度★★★★☆(4/5)

オンライン秘書

オンライン秘書は、インターネットを介してできる秘書業務を行います。

具体的には、事務書類の作成、スケジュール管理、メールや電話の対応、リサーチや手配業務などです。

どんな仕事を任されるかは担当する相手にもよりますが、ある程度のパソコンスキルは必要となります。

正社員として雇われることもありますが、多くの場合が業務委託契約のようです。

一度オンライン秘書として雇われたらある程度は安定して仕事がもらえるうえ、事務や経理の経験も活かすことができるのでおすすめ度は4点です。

収入目安時給1100円〜1200円
向いている人・事務や経理の経験がある人
・マメに連絡ができる人
必要なスキル基本的なパソコンスキル
おすすめ度★★★★☆(4/5)

データ入力

データ入力の仕事では、送られてきた資料の数値や記録を、指定されたソフトに入力していく仕事で、最低限エクセルの基礎知識は必要です。

しかし、特別難しいことは求められないので、パソコンがすごく苦手で、エクセルの開き方もわからないという方でなければ、どなたでも挑戦できますよ。

仕事内容は難しくない分単調で、飽きっぽい人には向いていません。

雇用形態としては、派遣社員やアルバイトが多く、大学生がスキマ時間に取り組んでいることも多いようです。

データ入力の仕事は、今後AIに変わられやすい仕事の1つでもあるため、おすすめ度は2点と低めですが、人と変わらず黙々とできる仕事なので、一時的な収入源の確保としてはおすすめできます。

収入目安時給1300円前後
向いている人・飽きずに黙々と仕事ができる人
・エクセルの使用経験がある人
必要なスキル表計算ソフト使用スキル
おすすめ度★★☆☆☆(2/5)

文字起こし

文字起こしは、送られてきた音声データを聞いて文章に起こす仕事です。

「テープ起こし」という名前で呼ばれることもあります。

時給ではなく、文字単価で計算されることが多く、タイピングが早ければ早いほど時給が高くなる計算です。

データ入力と同様、AIに取って代わられる仕事の1つではありますが、タイピングの練習をしながら稼げる仕事でもあるため、副業や在宅ワークのファーストステップとして挑戦してみるのは良いと思いますよ。

正社員としての登用はほとんどなく、1案件ごとのアルバイトや業務委託の形態がほとんどです。

こちらもデータ入力と同様に飽きやすい単純作業ですが、タイピングの練習になったり、セミナーの内容が学べたり、メリットも多いのでおすすめ度は3点となっています。

収入目安時給1000円前後
向いている人・タイピングの速さに自信がある人
・黙々と仕事ができる人
必要なスキルタイピングスキル
おすすめ度★★★☆☆(3/5)

添削・採点バイト

大手の塾や通信教育の試験を採点するアルバイトです。

模範解答に沿って点数をつけるだけなので高い学力は必要ありませんが、採用基準として「高卒不可」と書いているところもあります。

また、ただマルバツをつけるだけではなく、国語や英語の作文に対して、採点基準を元に部分点をつけていくものもあるため、頭を使うことは多いようです。

大学生に人気が高く、アルバイト契約が多いので「採点バイト」と呼ばれていますが、派遣社員として雇われることもあります。

また、夏休みや入試前だけの短期契約も多いですよ。

こちらも単純作業ですが、楽しみながらやっている人も多く、また繁忙期は時給も上がりやすいので、おすすめ度は4点です。

収入目安時給1000~1500円
向いている人・正確にこなせる人
・黙々と仕事ができる人
必要なスキル特になし
おすすめ度★★★★☆(4/5)

せどり

せどりとは、中古品や安く売られているものを購入し、購入時よりも高い値段で売ることで利益を得る仕事のこと。

時給や日給制で働ける仕事とは異なり、収入が安定しないどころかマイナスになる可能性もありますが、中にはほとんど働くことなく月に3~5万円を安定して稼いでいる人や、月に50万円以上売り上げている人もいるそうです。

一攫千金を狙って、副業で挑戦してみたい方にはおすすめですが、在宅で安定して、黙々と稼ぎたい人にはおすすめできないので、おすすめ度は1点です。

収入目安ピンキリ(マイナスになる人〜月数百万まで)
向いている人流行やマーケティングについて詳しい人
必要なスキル特になし
おすすめ度★☆☆☆☆(1/5)

※転売は、入手困難な商品を手に入れ、高額で転売することで、せどりとは異なります。

また、転売自体は違法ではありませんが、最初から転売することを目的に購入することは違法とされる場合があるそうです。ポケモンカードやチケットの高額転売は辞めておきましょう。

アンケートモニター

アンケートモニターは、モニターを募集しているアンケートサイトに登録し、送られてくるアンケートに答えるだけの仕事です。

一般の方の正直な意見が取れるということで、しばらくはAIに代替されることはないと言われています。

ですが単価は低く、どれだけ頑張っても時給1000円を超えるのは難しいため、低い単価でもコツコツ頑張れる人が向いています。

スマートフォンでもできるので、パソコンに苦手意識がある方や通勤中などのスキマ時間に稼ぎたい方におすすめですが、かなりコツコツ頑張らないと稼げないのでおすすめ度は2点です。

収入目安月2~3万円
向いている人毎日コツコツアンケートに答えられる人
必要なスキル特になし
おすすめ度★★☆☆☆(2/5)

内職(シール貼りや宛名書き)

内職と在宅ワークに明確な違いや定義は決められていませんが、一般的に内職はシール貼りや宛名書き、袋詰めなど自宅に届いたものに手を加えて送り返す仕事を指します。

パソコンはほとんど使わないので、パソコンが苦手な方におすすめです。

かつては派遣社員など、会社に雇用された人だけがやっていましたが、いまはクラウドソーシングサイトでも探すことができます。

慣れるまでは月に1万くらいしか稼げないこともあるそうですが、慣れれば月に5万円程度稼いでいる人もいます。

しかし、内職だけでは月に10万円〜20万円も稼ぐのは厳しいので、本業にするのは難しそうので、おすすめ度は2点です。

収入目安月3万円前後
向いている人地味な作業も集中してできる方
必要なスキル特になし
おすすめ度★★☆☆☆(2/5)

WEBライター(低単価)

一般的に、WEBライティングは専門のスキルが必要とされていますが、低単価の案件であればWEBライティング未経験の方でも挑戦することができます。

例えば、次のような案件があります。

WEBライティングの案件
  • あなたの好きなビールについてご紹介ください。(報酬目安600円)
  • 〇〇(ドラマ名)の感想や期待することを教えてください(200字程度/20円)
  • ライティングスキルを身につけたい方募集(20記事2000円)

(案件は一例です)

単価は決して高くないですが、好きなことについて書いたり、ライティングの方法を学びながら報酬がもらえるので、おすすめ度は3点です。

これからWEBライティングに挑戦したい人はぜひ調べてみてください。

収入目安月1万円前後
向いている人・ライティングの仕事に興味がある人
・WEBライティングをこれから始めたい人
必要なスキル基本的なパソコンスキル
おすすめ度★★★☆☆(3/5)

電話受付、カスタマーサポート

フリー素材(上手くいっている)

いわゆるコールセンターのような電話受付の仕事も、在宅でおこなうことができます。

家で「黙々と」こなすことはできませんが、マニュアルに沿って答えるだけなので、職場の人付き合いが苦手な方にもおすすめできる仕事です。

雇用形態としてはアルバイト・パート、派遣社員が多く、研修期間のみ出社が必須の会社もあるようなので、必ず募集要項を確認しましょう。

スキル不要で時給も悪くないですが、黙々とできるわけではないので、今回はおすすめ度3点です。

収入目安時給1100円〜1300円
向いている人・マニュアルに沿って話すのが苦でない方
・タイピングより電話の方が得意な方
必要なスキル特になし
おすすめ度★★★☆☆(3/5)

できるだけ話をせず、黙々とやりたい方は、最初にご紹介した「メール(チャット)オペレーター」の仕事がおすすめです。

翻訳

小説、ビジネス書、映画から契約書、マニュアル書などを日本語に変換する翻訳の仕事も、在宅でできる場合が多いです。

正社員として雇われることもあれば、1案件ごとに業務委託契約を結ぶ場合もあります。

また最近は、オンラインツールの普及のおかげで、完全在宅で通訳の仕事もできるようになりました。

翻訳の仕事と違って、通訳の仕事では話したりコミュニケーションを取ったりする必要がありますが、ZoomやSkypeで完結できるほか、基本的に話すのは相手が話したことを訳すだけなので人間関係のストレスもそこまでありません。

家で黙々とやりたい場合は、翻訳の仕事だけを、収入を増やしたい人は通訳と翻訳を掛け持ちするのも良いかもしれませんね。

仕事に就くまでは少し大変ですが、好きなことで稼げるという点でおすすめ度は4点をつけました。

収入目安月20~30万円(正社員の場合)
向いている人外国語が得意な方
必要なスキル翻訳スキル
おすすめ度★★★★☆(4/5)

人と直接会わなくても仕事が取れる!おすすめのクラウドソーシング4選

ここまで、家で黙々とできる仕事を20個ご紹介しましたが、気になる仕事は見つかりましたか?

ここからは、人と会わずに(話さずに)完全オンラインで仕事が取れるおすすめのクラウドソーシングサイトを4つご紹介します。

クラウドソーシングサイトとは、仕事をやってほしい企業や個人事業主と仕事を探している個人を結ぶ仲介サイトのこと。仲介サイトを挟むことで仕事に関する契約トラブルや支払いトラブルを減らし、安全に仕事をすることができます。

クラウドワークス

最も有名なクラウドソーシングサービスの1つ。

2023年時点で550万人以上が使っている、安心安全のサイトです。

案件数もクラウドソーシングサイトの中でも極めて多いのが特徴ですが、必ずしも案件数が多い=稼ぎやすいわけではありません。

案件数が多い分、時給換算して500円を切ってしまうような低単価も多くあります。

「とりあえず在宅で仕事を始めてみたい」という方におすすめのサイトです。

利用者数558.8万人のフリーランスと90.5万社の企業が利用(2023年時点)
案件数およそ45万件
システム利用料5万円以下:5%
5~10万円…20%
10万円以上…10%+振り込み手数料:500円
報酬受け取り方法銀行口座振り込み(受け取り最低報酬1,000円)
こんな方におすすめとにかく豊富な案件数から選びたい方低単価の案件もとりあえず取り組みたい方手数料を安く抑えたい方
公式URLクラウドワークス

ランサーズ

ランサーズも、クラウドワークスと同じくらい有名なクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスと比べると案件数は少なく、その分単価が高めでスキルが必要な案件が多めな印象です。

ただし、ランサーズにも「アンケートモニター」のような、スキルゼロでも取り組める案件はあります。

クラウドワークスとランサーズは、正直好みによって分かれるので、個人的には両方登録してみて使いやすいと感じた方を継続して使うのが良いと思います。

利用者数110万人以上のフリーランスと40万社の企業が利用(2023年時点)
案件数およそ2万件
システム利用料契約金額の16.5%+振り込み手数料:550円
報酬受け取り方法銀行口座振り込み(受け取り最低報酬1,000円)
こんな方におすすめ運営のサポートを受けたい方ランクアップしながら楽しく仕事をしたい方
公式URLランサーズ

ココナラ

ココナラはテレビCMにも力を入れているので、「名前は聞いたことがある」という方も多いと思います。

これまでご紹介したクラウドワークスやランサーズとは異なり、ココナラは労働者側が応募するのではなく、依頼が来るのを待つ形です。

「こんなデザインを作ることができます」
「こんな記事を3000円で書きます」
「1時間1000円でこんなアドバイスをします」

と載せておけば、気になった企業や個人事業主が購入してくれます。

ココナラの特徴は、高いスキルがないと稼ぎにくいところ。

スキルなしの方や初心者の方はほとんど稼げません。

ですが、デザイナーのようなスキルが目に見える業種の方はココナラの方が稼ぎやすいという特徴もあります。

ある程度スキルがあり、案件を探すよりも自分で単価を決めて待ちたいという方は、ぜひココナラにもチャレンジしてみてくださいね。

利用者数300万人(2022年時点)
案件数およそ50万件
システム利用料出品者は税込22%購入者は税込5.5%
また、売上金が3,000円未満の場合は振込手数料160円(3,000円以上の場合は無料)
報酬受け取り方法銀行口座振り込み(※)(受け取り最低報酬161円)
こんな方におすすめクリエイティブ系の高いスキルを持っている方営業するよりも待っていたい方
公式URLココナラ

※ココナラは売り上げ反映後120日以内に報酬を受け取らないとポイントが失効されるので注意が必要です。

ママワークス

ママワークスは、子育てで忙しいママさんでも在宅ワーク、プチ副業ができるように作られたサイト。

意外と知られていませんが、ママワークスは未婚の方や子どもがいない方はもちろん、男性も登録することができます。

またママワークスは、実はクラウドソーシングサイトではなく求人サイトという扱いです。

そのため、「デザイン〇本〜円」「記事〇本〜円」のように案件ごとの契約ではなく、派遣社員や業務委託契約、正社員やアルバイトといった雇用形態での働き方になります。

クラウドソーシングの案件と違って、ある程度仕事は継続的にもらえるので、安定して稼ぎたい方におすすめです。

また、ユーザーにはシステム手数料がかからないのもありがたいですね。

利用者数35万人(2023年4月時点)
案件数1000件以上
システム利用料なし
報酬受け取り方法銀行振込
こんな方におすすめ毎月安定して稼ぎたい方
公式URLママワークス

「家で黙々とできる仕事」に関するQ&A

最後に、在宅ワークが気になっている方からよく聞かれる質問5つにお答えしてきます。

Q:会社員でもできる?

A:もちろん可能です。

本業を続けながら、副業という形で平日の夜や休日に在宅ワークをしている方もいますし、在宅で働ける企業に転職する方もいます。

ただし、スキルがない場合は正社員で在宅できる仕事がなかったり、副業でもあまり稼げないことが多いです。

会社員という安定したお給料を求める場合は、やはり稼げるスキルを先に身につけることをおすすめします。

実際に、在宅は原則できない企業に勤めながらも、スキルの高さから例外的に在宅が認められている方もいますよ。

デザインスキルを身につけて、在宅が許可された方のインタビューはこちら

Q:どのくらい稼げる?

A:目安は5万円〜30万円ですが、正直どのくらい稼げるかは人それぞれです。

スキルがない人なら、時給換算で800~1000円程度、デザインや動画編集などのスキルを持っている人は時給換算で3000円〜5000円くらいだと言われていますが、月に1万円も稼げていない人もいますし、副業だけで月100万を超えている人もいます。

在宅で黙々と仕事をしながらしっかり稼ぎたいと考えている人は、デザイン、ライティング、プログラミング、動画編集、マーケティングなどのスキルを身につけましょう。

もしくは、アフィリエイトやせどりなど、一攫千金的な副業にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

Q:稼ぐためのコツは?

A:最初のうちは、いくら稼げるかはあまり考えず、経験や評価(レビュー)を貯める期間と思って取り組むのがおすすめです。

具体的には、報酬が低くても実績として使える案件や、今後のための良い勉強や経験になりそうな案件であれば積極的に引き受けましょう。

クラウドソーシングサイトを使っている方であれば、クライアントからの評価が貯まることで今後の案件が受けやすくなったり、ワーカーとしてのランクが上がったりするので一石二鳥です。

また、在宅ワーカーはスキル重視とはいえ、敬語やマナーも大切です。

できるだけ低姿勢で、レスも早くするように心がけましょう。

Q:資格は取った方が良いの?

A:資格は不要です。

今回ご紹介した黙々とできる在宅ワークの中に資格が必須の仕事は1つもありません。

ほとんどの業種で資格はあってもなくても変わらないです。

実際に、私自身もクラウドソーシングサイトでワーカーさんを募集することがありますが、資格の有無をチェックしたことはありません。

それよりも気になるのは実績です。どんなものが作れるのか、どんな実績があるのかをしっかりとアピールできれば、資格は取らなくても大丈夫ですよ。

Q:確定申告はしなくてもいい?

A:所得が20万円もしくは48万円を超えた場合は確定申告が必須です。

  • 副業で在宅ワークをやっている場合は年間所得が20万円以上
  • それ以外の方(別の本業がない方)は年間所得が48万円以上

の場合に確定申告をしなければならなくなります。

ただし、雇用形態が

  • 正社員
  • 派遣社員
  • アルバイト

の場合は、会社が本人の代わりに確定申告をやってくれるので、申告する必要はありません。

詳しくはこちらの記事に詳しくまとめているので、確定申告が必要な方は必ず確認してくださいね。

まとめ

「できるだけ人と関わらずに働きたい」
「家で黙々できる仕事があればなあ…」

と考えているあなたに、おすすめの在宅ワークをご紹介しました。

気になるお仕事は見つかりましたか?

パソコンが苦手、これといったスキルがないという方でも、文字起こしや採点バイト、アンケートモニター、内職など、すぐに始められる在宅ワークはたくさんあります。どれも給料は高くないですが、スキマ時間にできるので、コツコツと稼ぎたい方におすすめです。

過去に事務や経理の経験がある人は、オンライン秘書やデータ入力、メールオペレーターなどの仕事がおすすめです。

しかし、時給はいずれも1000円程度で安定もしないですし、黙々と作業はできますがお客さんの時間に合わせて働く場合が多いので、好きなときに自由に働くことはできません。

在宅でもしっかり稼ぎたい、将来性のある仕事がいいという方には、WEBデザイナー、WEBライター、プログラマー、動画編集、WEBマーケッターがおすすめ。

スキルは必要ですが、ちゃんと学べば未経験からでも始めることはできます。

さらにクリエイティブ系の仕事なら、在宅だけでなく旅行先やカフェでも仕事ができます。納期にさえ間に合えば、働く時間も特に決められていない、自由な仕事です。

また、今回ご紹介したどの在宅ワークも、楽に稼げるわけではありません。特に最初は単価も低く、「飲食店でアルバイトした方が効率良さそう…。」と思ってしまうこともあると思います。

ですが、本業や子育て、介護で疲れていてもコツコツ取り組んだり、現状に満足せずにスキルアップする姿勢さえあれば、誰でも必ず「家で黙々と働きたい」という希望は叶えられますよ。

「自分には無理かも」と諦めたりせず、ぜひ興味のある在宅ワークに挑戦してみてくださいね。

日本デザインスクールでは、WEBデザイナーの仕事、働き方に興味がある方に向けてセミナーを開催しています。

在宅デザイナーになるためにはスキルが必要だとお伝えしてきましたが、ただデザインの本を買って読んだり、Photoshopの使い方を覚えたりするだけではいつまで経ってもデザインを仕事にすることはできません。

これまで2000人以上のデザイナーを輩出してきた知見から、正しい学び方、稼げるようになるまでのロードマップなど、WEB上には載っていないデザイン業界の超リアルな情報をお伝えしています。

「家で黙々とできる仕事がしたい」と考えているなら、ぜひ無料で開催しているうちにご参加くださいね。

(通常4000円のセミナーですが、期間限定で無料開催中です。)

働きながらも家族と少しでも長くいたい
バタバタと準備をして職場に行く毎日から抜け出したい

このような想いから、在宅で働きたいと思っている人は多いと思います。なかでもパソコン1つでしっかり稼げ、これから需要が伸び続けるWEBデザイナーに興味がある方は多く、もしかしたらあなたもそうかもしれません。

ただ、WEBデザイナーに興味があるとしても、全くの未経験の自分でもできるのかな、どうやって仕事を取っていけばいいのかなという不安がありますよね。

そんな方のために、今回は全くの未経験からWEBデザインを始め、その後WEBデザイナーとして活躍されている方の事例をまとめた電子Bookをご用意いたしました。

読んでいただくことで、在宅WEBデザイナーのなり方や仕事の取り方を知っていただけます。

無料ですので、お気軽に手にとっていただければと思います。

働きながらも家族と少しでも長くいたい
バタバタと準備をして職場に行く毎日から抜け出したい

このような想いから、在宅で働きたいと思っている人は多いと思います。なかでもパソコン1つでしっかり稼げ、これから需要が伸び続けるWEBデザイナーに興味がある方は多く、もしかしたらあなたもそうかもしれません。

ただ、もしWEBデザイナーに興味があったとしても、全くの未経験の自分でもできるのかな、どうやって仕事を取っていけばいいのかなという不安がありますよね。

そんな方のために、今回は全くの未経験からWEBデザインを始め、その後WEBデザイナーとして活躍されている方の事例をまとめた電子Bookをご用意いたしました。

読んでいただくことで、在宅WEBデザイナーのなり方や仕事の取り方を知っていただけます。無料ですので、お気軽に手にとっていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問や感想があればご記入ください

コメントする

目次