プログラミングは大学生におすすめ?メリットや勉強法まで徹底解説!

インターネットが普及し、いろいろなもののIT化が進む今、注目を集めているのがプログラミングです。
今後ますますその動きは加速し、需要もより高まることが予想されます。

大学生のなかには将来的なことを考えて、
「今のうちからプログラミングを学び始めたほうがいいのかな?」
と考えている人もいるのではないでしょうか。

また、すでにプログラマーやSEなどのエンジニア職に就きたいと考えている人もいるかもしれませんね。実際のところプログラミングは大学生におすすめでき、学習することでのメリットもとても多いです。

そこで今回はプログラミングが大学生におすすめの理由を、メリットも含めて詳しく解説していきます。勉強法についても触れていますので、プログラミングをどう始めていいか悩んでいる人もぜひチェックしてみてくださいね。

どうしてプログラミングは大学生におすすめ?

プログラミングが大学生におすすめといわれるのは、時間的なことや将来的なことなど4つの理由があります。
それぞれ具体的に見ていきましょう。

学習時間を確保しやすい

プログラミングは1〜2日勉強しただけでは身につきません。
ある程度まとまった時間勉強することが必要です。

社会人になると勉強しようと思っても、平日は仕事で帰る時間が遅くなったり休日は平日にできなかった用事を済ませたりと、学習のための時間が取りづらくなります。

その点大学生であれば、社会人に比べて比較的自由な時間が多く、時間も作りやすいといえるでしょう。
計画的に勉強を進めていくことで、短期間でプログラミングを覚えることも可能です。

社会人になる前の大学生のうちが、まさにチャンスとなります。

将来の可能性を広げられる

今やプログラミングは生活に欠かせないものです。
アプリやゲームはもちろん、WEBサイトや銀行のATMなどもプログラムによって動いています。

そのため企業側も、プログラミングスキルを持つIT人材を積極的に求めているのが現状です。
またIT業界以外にも必要としている業界は数多くあるので、プログラミングを学ぶことで将来の可能性をぐっと広げられるでしょう。

IT人材が不足している今、プログラミングスキルは自分の市場価値を高めることにも役立ちます。

就職活動が有利になる

大学生の就職活動ではポテンシャルを見られることが多いです。
しかし、実際にスキルを持っていることは何よりの強みとなります。

「プログラミングスキルを活かしてアプリを作った」「企業のインターンで活躍した」などの実績があれば他の就活生と差をつけることも可能です。即戦力となる人材は企業からの注目も集まります。

とはいえ、就職活動が始まってからプログラミングを学習するのは大変です。
プログラミングに興味がある方は、はやめに学習に取り組んでおくとよいでしょう。

高時給のアルバイトで稼げる

プログラミングスキルを必要とするアルバイトは、一般的なアルバイトよりも時給が高くなっています。
スキルを身につけるには、専門的な知識や技術を学ぶ必要があるからです。

アルバイトをする大学生の方も多いと思いますが、高時給で稼げるなら「アルバイトをかけ持ちして自分の時間があまりとれない……」なんてことは避けられますよね。

最近ではクラウドソーシングサービスを使うことで、インターネットで簡単にプログラミングの案件も受注できます。
高単価の場合が多く、なおかつ時間や場所を問わず働けるので忙しい大学生にもおすすめです。

大学生がプログラミングを覚える5つのメリット

ここまでプログラミングが大学生におすすめの理由を見てきましたが、プログラミングを学ぶことには自分の成長につながるようなメリットも存在しています。

大学生がプログラミングを覚えるメリットを5つピックアップしてみました。
一つ一つ解説していきます。

問題解決能力が身につく

プログラミングにはエラーが付きものとよくいわれます。
どれほど優秀なプログラマーであっても、膨大なコードを書くなかでミスをまったくしないというのは難しいでしょう。

そんなエラーが発生したときには、「どこが間違っていたのか」「どう修正すればいいのか」を考え解決していくことが大切です。

プログラミングはこうした過程の繰り返しになるため、学びながら自然と問題解決能力を身につけられます。

問題解決能力はプログラマー以外の職業でも求められる力なので、大学生のうちから磨いておいて損はありません。

アウトプットする力が身につく

大学生のうちは、どうしてもアウトプットよりインプットするほうが多くなりがちです。
実際に授業で習ったことをアウトプットする機会は、テストのみといったこともあるでしょう。

その点プログラミングではアウトプットすることに重点が置かれています。
知識や技術を覚えても、手を動かさなければプログラムは一向に完成しないからです。

さらには、どういう形で表現しようか考えながら学ぶことになるため、知識や技術をインプットする力や質も向上します。

自分の考えや思いをうまくアウトプットできる人は社会でも評価されやすいです。
プログラミングを通して訓練を重ねていきたいですね。

需要のあるスキルが身につく

プログラミングが大学生におすすめの理由でもお話ししましたが、現在さまざまな企業がIT人材を求めています。
しかし、現実は人材不足が深刻化する一方です。

経済産業省の発表では、IT人材は2030年に最大で約79万人も不足する可能性があるといわれています。

プログラミングスキルを持った人は圧倒的に社会からの需要があるのです。

そのうえ基礎から一歩進み、クライアントの要望に応えられるようなレベルの高いスキルを身につけていれば、IT業界をはじめさまざまな業界から必要とされるでしょう。

働き方の選択肢が増える

プログラミングを学ぶことで、働き方の選択が可能になります。

最近ではフリーランスのエンジニアが増えてきているように、そうした企業に勤めて働く以外の選択肢を持つこともできるのです。
まさに好きな時に好きな場所で働くといった憧れが叶えられるわけですね。

加えてプログラミングスキルがあれば、起業するのも夢ではありません。

働き方の選択肢が増えることで、自分はどのように働いていきたいのかを考えることができ、大学卒業後の人生設計にも役立つといえそうです。

自分のアイデアを形にできる

「こういったアプリがあればおもしろいのにな」
「ああいうWEBサービスがあればもっと便利になるのに……」

プログラミングではそうしたアイデアを形にすることが可能です。
アイデアを商品化するのは企業だからできることと思われがちですが、プログラミングスキルがあれば個人でもおこなえます。

また商品として売り出せば、収益を得られる可能性もあるでしょう。

普通のアルバイトでは、このような経験はあまりできません。
大学生のうちからちょっとした起業体験ができるのは、人生において大きな財産になります。

初心者が学ぶのに向いているプログラミング言語

プログラミングに興味が出てきた方も、どのプログラミング言語を学べばいいのか悩むことがあるかもしれませんね。
種類も非常に多いため、なかなか選べずに迷ってしまう場合もあるでしょう。

ここでは初心者が学ぶのに向いている3つのプログラミング言語をご紹介していきます。

Java

JavaはWEBアプリケーションの開発以外に、Androidアプリやシステム開発でも使われているプログラミング言語です。

開発できるものが多いこともあり、いろいろな企業で扱われています。
特に業務システムの分野ではJavaの採用率は高いです。

難易度はやや高めですが、将来SEになって大規模なシステム開発に携わりたいという方にはおすすめできます。

Ruby

Rubyはスマートフォンのアプリの開発やWEBアプリケーションの開発に使われているプログラミング言語です。

「クックパッド」や「食べログ」などもこのRubyで作られています。
プログラミングを楽しむことがテーマとされていることもあり、文法がシンプルで初心者でも学びやすいのが特徴です。

また日本人によって開発された言語のため、日本語の参考資料も多くなっています。

Python

PythonはAIやloTのシステム開発に加え、WEBアプリケーションの分野でも使われているプログラミング言語です。

AIやloTは農業や介護など、主に人手不足が問題視される分野で必要とされていて、今後の需要もさらに伸びることが予想されます。

その他身近なものでは、「YouTube」や「Instagram」もPythonが活用されています。
Ruby同様に文法がわかりやすく、初心者であっても取り組みやすい言語です。

プログラミングはどう勉強したらいい?

学びたいプログラミング言語が決まれば、いよいよ勉強のスタートとなります。
とはいえ、「どのように勉強を進めていったらいいの?」と悩む方もいるでしょう。

独学で学ぶ方法とスクールに通う方法について解説していきます。

独学で学ぶ

プログラミングを学ぼうと思ったときに、まず思い浮かぶのが独学ではないでしょうか。
参考書を読んだり動画を見たりしながら学ぶ方法ですね。

学習サイトや学習アプリもいろいろ出ているので、そちらを活用するのも一つの手になります。

独学のよさとしては好きな教材を使い自分のペースで学べるところです。
その一方でわからないところがあってもサポートを受けづらく、勉強のモチベーションを保つのが難しいといった点があります。

途中で挫折せずに独学でプログラミングスキルを身につけるには、かなりの心の強さが必要になるといえそうです。

スクールに通う

スクールに通うこともプログラミングの勉強法の一つです。
最近ではオンライン上で学べるスクールも増えてきています。

スクールが独学と最も大きく違うのは講師のサポートがあるところでしょう。
わからないところが出てきても、すぐに質問できる環境が整っているので安心です。

それ以外では仲間とともに学ぶことでモチベーションアップにつながったり、カリキュラムがあることで効率的に学べるのがよい点になります。

最短でしっかりとプログラミングスキルを身に付けたい方は、スクールを検討してみるといいかもしれません。

プログラミングスクールを選ぶときのポイント

最後にプログラミングスクールを選ぶときのポイントについてお話しします。

「プログラミングスクールってたくさんあるし、どこがいいか正直わからない……」
そんな悩みがでてきたときには、ぜひこちらを参考にしてみてください。

エンジニア経験者の講師がいるスクールを選択する

プログラミングスクールを選ぶ際には、エンジニア経験者の講師がいるかどうかが大切になります。
実際にエンジニアとして働いていた講師からは、現場で通用する知識や技術を学べるからです。

さらには仕事をするうえで、どの程度のスキルが必要になるかも知ることができます。

知識や技術はただ持っているだけでは意味がありません。
せっかく学ぶなら、仕事にすぐに活かせるようなスキルを身につけていきましょう。

自分にあった受講スタイルを選択する

自分にあった受講スタイルでない場合、学習を続けづらくなる可能性があるので注意が必要です。

プログラミングスクールの受講スタイルは、通学型オンライン型の2つがあります。

オンライン型ではインターネット環境があればどこでも学習できるのがよい点です。
一方通学型は時間や場所に縛られることになりますが、「家ではなかなか集中できない…」といった方には向いているといえます。

自分にとって集中できる環境や生活スタイルにあった形を選ぶようにしてください。

質問しやすい環境かどうかを確かめる

朝の早い時間に勉強する人もいれば、学校やアルバイトが終わった夜の時間に勉強する人もいます。
自分が学習する時間帯に質問できるかは、学習を進めるうえでもかなり重要なポイントです。

プログラミングスクールには24時間質問OKというところもあれば、15時~23時など決まった時間内であればサポート対応可能としているところもあります。
また対応方法もビデオ通話やチャット、対面とそれぞれ異なります。

スクールを選ぶ際は、質問したいときに自分にあった方法で質問できるかをよく確認しておくことがおすすめです。

無料体験に参加する

プログラミングスクールでは無料体験を開催しているところも多くあります。
いくつかのスクールで迷っている場合には、こうした機会を活用して実際の雰囲気やカリキュラムの内容を比べてみましょう。

体験してみることで、自分に本当にあっているのかも知ることができます。

受講してから「思っていたスクールと違う……」とならないためにも、気になるプログラミングスクールに無料体験があれば、積極的に参加してみてください。

まとめ

ここまでプログラミングが大学生におすすめな理由や、プログラミングを大学生が覚えることのメリットについて解説してきました。

プログラミングスキルはしっかり勉強すれば誰でも身につけられます。
大学生のうちであれば比較的自由に使える時間が多く、学習の時間も作りやすいため勉強を計画的に進められるでしょう。

またこれから社会人になる前に将来の可能性を広げられる点や、働き方の選択肢を増やせる点でもプログラミングはおすすめできます。

さらにはスキルを持っていることで自分の市場価値を高められる点もポイントです。

大学生活は長いようで短いものです。
ぜひプログラミングを学ぶなど、自分の成長につながるよう時間を有意義に使ってくださいね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。