WEBデザイナー向け無料電子Book >受け取りはこちら

【動画で学ぶ】日本デザインスクールと他スクールはココが違う!

【動画で学ぶ】日本デザインスクールと他スクールはココが違う!

こんにちは!久保です。

今日は、日本デザインスクールは他のスクールとどう違うの?という質問に答えていきたいと思います!

この内容を「動画で見たい!」という方は、下の動画(↓)をクリックしてご覧ください。

※お伝えしている内容は、動画でも記事でも同じです!

▼ ▼ 限定公開中 ▼ ▼

当メディアを運営している日本デザインスクールは、これまで14364人WEBデザイナーの仕事についてお伝えする無料セミナーを開催してきました。

その中で気づいたのが、WEBデザイナーへの誤解がある方が多いということ。中には一度勉強に失敗してからセミナーに来て「先に知りたかった」という方もいらっしゃいます。

そのような方が増えないために、特に多かった15の誤解を1つの資料にまとめました。勉強を始めてから後悔しないよう、ぜひ受け取ってください。

※非常に人気の資料であり、今後有料化する可能性もあるのでお早めに手に取ってくださいね。

目次

WEBデザインスクールのリアル……

セミナーを受講してくれた方や、Instagramを見てくださる方からよく聞かれるのが、「日本デザインスクールって他のスクールとどう違うの?」という質問。

これは声を大にして言いたい!ほんっとうに全然違います!

ただ、何が違うのかって、WEBデザイン未経験の方からするとわかりにくいと思います。

どのスクールも現役が教えるって言ってるし、現場で役に立つスキルが身につくよって書いてあるし……迷ってしまいますよね。

でも伝えたいのは、スクールによってデザインができるようになるかならないか、すごく大きな違いがあります。

最近できたスクールさんでも、Photoshopの使い方しか教えてないところがほとんどです。

(((Googleで検索して上の方に出てくるようなところはほぼ全滅です笑)))

どこもPhotoshopの使い方を教わるか、見本と同じようなものを作るだけのカリキュラムです。

一見、「Photoshop」とか「トレース」とか「ホームページ制作」って書いてあると充実したカリキュラムに見えるんですけど、実際やってみるとPhotoshopの使い方くらいしか習得できなくて、オリジナルのデザインが作れるようになる前に受講が終わってしまいます。

最近は、課題としてトレースさせるところは多いです。

トレースとは、見本の記事をそっくりそのまま真似ることで、Photoshopの操作に慣れたりデザインの基礎を学んだりできます。

(トレースについてはこちら↓の記事をご覧ください!)

上手にできたデザインのトレースなので、作品はそれっぽくできてるんですけど、それだとオリジナリティがないんですよね、そのまま見本通りに作ってるだけです。

こういうスクール、本当に多いです。

当然ですけど、先生が作ったものと同じようなものを作っても、現場に行くと見本がないので作れないってなってしまいます。

そういうスクールでも30-40万くらいかかります。

しかも難しいのが通っている最中は、デザインができるようになっているつもりになっちゃうんですよね…..。通ってから3-4ヶ月くらいしたときに「あれ、見本ありだと作れるようになったけど、実際に現場でどうすればいいんだろう」と迷ってしまうんです。

日本デザインスクール創設の背景

日本デザインスクールはこれまで5年間で2000名くらいに教えてきているんですが、卒業生が現場で困らないようにっていうことをすごくすごく大事にしてきました。

なので、ありがたいことにデザインを発注してくださる個人事業主や社長さんから口コミをいただくことも多いんです。

日本デザインスクールで学んだ方にお願いしたんですけどすごくよかったです!」とか。

一例だけ載せておきますね!

実は私は、元々デザイナーになりたくて独学したりスクールに通ったりしたんですけど、80万くらいかけたのに全然できるようにならなかったんです。

そこも結構大手で「現役が教える!」っていってるんですけどカリキュラムが微妙で……。

結局できるようになったのは、Photoshopの操作だけでした。

なので、日本デザインスクールはカリキュラムが現場と同じになるように作ってます。

具体的に何をやっているかというと、作ったものに対してちゃんとダメ出しをするのを大事にしてます。

フィードバックの時間が一番大事なんですが、これをやってるスクールが本当に少ないんです。

フィードバックは、ちゃんと現役でデザインやってる人じゃないとできないので難しいんですよね。

なので、スクールによってはそれっぽいフィードバックしかもらえなかったり褒められて終わることが多いんです。

あとは、結構イケイケなかっこいい感じで、フリーランスやってますっていう方が教えてるスクールとかもありますけど、その先生のセンスがいいから上手くいってることも。見るからに、「この人、元からセンスあったんだろうな〜」みたいな人が先生なんですよね。

(うらやましいですw)

受講生の色も決まっていて、女性ばっかりとか20代30代ばっかりとか、受講生の幅が狭いです。

先生が作った作品を見ると、大体偏っているというか、こういう感じばっかりだな、オシャレなやつばっかりだなとかってなってます。

本当のプロは、オシャレな作品もクールな作品も可愛い感じのものも高級感のあるデザインも、砕けた感じのデザインも、いろんなデザインができないといけません

だけどそういう先生はおそらく、インスタ映えみたいなデザインがたまたま当たってそれを見て生徒さんが集まってきてるんだと思うんですが、それだと作れる範囲が限られてしまうので、同じような作品しか作れるようになりません

名前は出せないんですけど、とあるスクールさんなんかは、先生のデザインも卒業生の作品もいつも似ています。なので、作品を見た時に「あ、あのスクールっぽいな」と思われちゃいます。

本当はプロとして、オールマイティにいろんなデザインができないといけないんですが、特定のジャンルのデザインしかできないことが問題です。

日本デザインスクールの場合は、大人っぽい作品から、オシャレなデザイン、カラフルなデザインまで、本当にいろんな作品があります。

ぜひ日本デザインスクールの卒業生の作品のバラエティ豊かさを見てほしいなと思います。

卒業生の作品の一例

これがもし、みんな同じ見本に沿って真似るだけだとしたら、みんな似たような作品になっちゃうわけです。

卒業生の作品は、こちらの記事にまとめています。ぜひご覧ください。

大きい声では言えない…デザインスクールの裏事情

最近は、良くも悪くもデザインスクールが増えました。

私は5年前にYouTubeを始めて、WEBデザインと生き方っていうのを掛け合わせて発信するようになったんですけど、その時はスクールさんも、デザイナーの生き方みたいなのを発信するインフルエンサーさんもいなかったんです。

当時はめちゃくちゃ有名な大手スクールしかなかったので。

でも私がデザインの発信を始めたらすごくスクールが増えちゃって。

でもそういう後からできたスクールの中には「WEBデザインスクールが儲かるから」っていう理由でできたところも少なくないんですよね…..。

儲けることが目的なので、言葉を選ばずに言うと生徒のことをあまり考えていないというか、カリキュラムが「現場に沿っていること」ではなく「教えやすいこと」なんです。

もちろん全てのスクールでそういうわけではなく、ビジョンを持ってされているスクールさんもあるんですが、それっぽく見せているスクールさんも残念ながらたくさんあります。

コロナ禍で本業のビジネスがうまくいかなくて、副業的にデザインスクールを始めてみた、みたいな……。

そういうスクールに入っちゃうと、うまくならなくて、「自分にセンスがないからなんだ」って思ってしまう方もいて、私自身もすごく残念です。

教え方次第で全然変わりますし、(これは私がいろんなところで言っていますが)WEBデザインにセンスは必要ありません

私も元はセンスが一切ありませんでした。これは日本デザイン代表の大坪がよく知っているので、「久保さんってセンスなかったんですか?」って直接聞いてもらって大丈夫です(笑)

日本デザインスクールの受講生は、大学生から上は80代までいるんですけど、みんな年齢問わずちゃんとできるようになってます。

これこそが、日本デザインスクールのノウハウはすごく価値があるってことの証拠なんじゃないかと思います。

あとは、これは違いっていうのかわかりませんけど、わたくし久保が、責任を持って教えますと公言しているのは、意外と大事ですね。

責任者、代表者みたいなのが表に出てないところも多いですから。

いたとしてもそれは宣伝用のインフルエンサーで、いざ入ってみたら全然違う人が教えてるみたいな。(日本デザインスクールは、今も久保が現役で指導しています!)

もし、うちを信じて入ってみたけど稼げなかった、久保が言っていることは嘘だった、となったら、ぜひ直接言いに来てください。(笑)

(それについては、下の動画で力説してるのでぜひ…。)

動画の内容を記事で読みたい方はこちらをご覧ください。

うちのスクールは9割の方がちゃんと卒業されていて、そして何より、受講生の夢を叶えたい!ということに対して本気で応援しているので、そこには絶対の自信があります。

デザインを教えるのは、うちが一番上手いですし、受講生の未来をここまで本気で考えているスクールは見たことがありません。

なので、スクール選びで悩んでいる方は、まあぜひいろんなスクールを見てから悩んで良いんですが、悪いことは言わないので、うちに来てほしいなって本気で思ってます。

これを見ている方で、すでに他のスクールさんに行かれた方、「センスがないからできなかったんだ」と思っている方もいるんじゃないかと思います。

ですが、これだけは伝えさせてください。あなたはセンスがなかったわけでも才能がなかったわけでもなく、教え方がまずかっただけです。

デザインができるようにならなかったのは皆さんのせいではありません。

そして、今からでも遅くないです。

日本デザインスクールの受講生の3割くらいは、他のスクールを卒業された方です。

(ちなみに、他のスクールを卒業された方を応援する「ネバギブキャンペーン」というものもやっています。細かい条件があるので、気になる方はぜひ日本デザインスクールのLINEでお問い合わせください!^^)

好きなことで仕事をしていくことだったり、WEBデザイナーになることはそれだけ価値があることなので、諦めないでほしいなと思ってます!

そしてこれから始める方は、ぜひ無料セミナーだけでも来てみてください!

お待ちしてます。

無理な勧誘とかは絶対にないですし、セミナーを担当しているスタッフも全員、みなさんの夢を本気で応援しています。なので、デザスクが気になっているなら絶対に参加して損のないセミナーになってます!

\今なら無料で参加できます!/

というわけで今回は、他のスクールさんと日本デザインスクールの何が違うのかという質問にお答えしました。

お伝えした内容を簡単にまとめると、こんな感じです。

  • Photoshopの使い方やトレースしか教えてないスクールが多い!
  • 日本デザインスクールは、生徒が現場に出て困らないことを前提にカリキュラムを組んでいる
  • いろんなジャンルのデザインができるようにならなきゃプロ失格!
  • デザインスクールは儲かるからという理由でできたところも多い…(残念ながら)
  • 日本デザインスクールは、生徒の未来をどこよりも本気で考えているスクールです!
久保なつ美

最後まで見てくださって、ありがとうございました!^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問や感想があればご記入ください

コメントする

目次