WEBデザインのクオリティUP!使える画像素材サイト集

WEBデザインでは写真やアイコンなどの素材が必要不可欠ですよね。
読み手の関心を惹きつけるためにも、アイキャッチとなる画像は特に大切な要素です。

例えば、「女の子向けのおしゃれなWEBデザインを作りたいな」と思って写真を探すとき、同じ物の写真でも可愛いらしい印象のほうがよいですよね?

人物が被写体の、同じカテゴリーの写真でも、日本人のモデルの方が共感を得やすい場合もあります。
WEBデザインのクオリティを上げるためにも、効果的な画像を使いたいですね。

「でも、どこで探すのが良いのかな?」
「色々なサイトあるから、適当に使ってるけど…」

この記事では、画像探しが簡単に、そして的確にできるサイトをご紹介します。
それぞれのサイトによって特徴が違うので、お気に入りを見つけたり、用途によって使い分けるのに役立つはずです。

WEBデザインの素材選びの時間が短縮されるうえ、クオリティもあがるはずですよ。

欲しい画像が見つかる無料写真素材サイト

豊富な写真が商用可能で無料提供されている、手軽に使えるおすすめのサイトを国内・海外別にご紹介します。会員登録が必要なサイトもありますが、無料で使えるのは嬉しいですよね。

海外サイトは英語での入力が必要なケースが多いですが、「flower」「work」など簡単な単語で検索が可能なので、幅広く探したい方は、ぜひ使ってみてください。
国内サイトでは見つからないような、ハイセンスな写真が見つかるかもしれませんよ。

クレジット表記についても、ほとんどが不要ですが、表記することでサイトの運営者やクリエイターのモチベーションを上げることに貢献できます。

いずれも必ず各サイトの利用規約を確認のうえ、使用するようにしましょう。

国内サイト

写真AC

日々、たくさんの高品質な写真が追加され、幅広いカテゴリーの写真を、豊富に取り揃えている有名な写真素材サイトです。

キーワード検索の他にも、写真が細かくカテゴリー分類されているので探しやすいです。
また、クリエイター一覧もあるので、使い慣れてきたら好みの写真を提供しているクリエイターさんから探すことで、写真に統一感が出せますね。

◆写真AC https://www.photo-ac.com
◆会員登録:必要

PAKUTASO

こちらも国内では定番と言える、無料写真サイトです。
各カテゴリーにイメージ写真が添えられているので、欲しい写真を感覚的に探すことができます。

また、国内の自治体との企業コラボなどを行なっていて、知られていない観光名所などの美しい写真を公開しています。風景画など探すときには使えそうですね。

◆PAKUTASO https://www.pakutaso.com
◆会員登録:不要

GIRLY DROP

女性向けの可愛い写真素材が豊富に揃っています。
カテゴリーも「ファッション」「美容」など女性ならではの内容で分類されていて、アイテムやシーン別の写真が揃っているので便利です。

指先のネイルデザインまでこだわっているのも、女性向け素材サイトならではの特徴といえるでしょう。
他では出会えない、おしゃれでキュートな1枚が見つかるはずです。

◆GIRLY DROP https://girlydrop.com
◆会員登録:不要

Ramica

こちらのサイトも女性向けのWEBデザインとマッチしそうな、少しレトロな印象のおしゃれな写真が豊富です。
インスタグラムのような、正方形のフレームに納められて画像が表示されているのも、女性好みのサイトといえますよね。

提供されている写真素材数は多くありませんが、同じようなカラー加工がされているので、WEBデザインの印象を揃えるのに便利です。

写真の他に、ガーリーなイメージの無料壁紙素材や、アンティーク調のコラージュ素材などを提供しています。

◆Ramica https://www.ramica.net
◆会員登録:不要

足成

全国のアマチュアカメラマンが撮影した写真が、毎日更新されています。
どのカテゴリーも、人物写真が多い印象です。
また、建物や風景の写真も豊富ですが、クオリティはそれぞれです。

写真投稿者へ直接コメントすることができ、それが撮影者のモチベーションにもつながっています。

◆足成 http://www.ashinari.com
◆会員登録:不要

海外サイト

Unsplash

無料とは思えないクオリティの高さと、世界中のフォトグラファーから提供されている写真の多さから、非常に人気があるサイトです。
英語表記ですが、探したい写真に関連した単語を入力すれば簡単に検索できます。

欲しい写真のカテゴリーが決まっているなら、上部の分類から選択するのもおすすめです。
関連性の高い美しい写真も豊富に見ることができ、インスピレーションも刺激されますよ。

◆Unsplash https://unsplash.com
◆会員登録:不要

Pexels

こちらも世界中の才能あるクリエイターから提供されている、高品質な写真が揃います。
また、日本語でサイトを閲覧・検索ができるので便利です。

サイトでは「探す」から分類されているコレクションにたどり着けますが、翻訳がやや抽象的なので、単語入力をしてサーチをしたほうが、欲しい写真にダイレクトにたどり着ける可能性が高いです。

◆Pexels https://www.pexels.com/ja-jp/
◆会員登録:不要

Pixabay

1,900万点以上の高品質なフリー画像を取り揃えているサイトです。
こちらのサイトも、日本語に対応しているので使いやすいです。

トップページにはカテゴリー分類がされていないので、目的の画像を単語検索するのがおすすめです。
検索ボックスの「画像」をクリックして「写真」を選択すると、次のページにカテゴリーが表示されるので、必要な場合は利用してみてください。

◆Pixabay https://pixabay.com/ja/
◆会員登録:不要

StockSnap.io

高画質でスタイリッシュな写真が毎週追加されている、フォトストックサイトです。
カテゴリーが細かく分類されているうえ、イメージと関連ワードが備わっているので、直感的に写真を探すことができます。サイトは英語です。

会員登録は不要ですが、登録することでお気に入りの画像をストックしておくことができるので、いちいちダウンロードする必要がありません。登録はもちろん無料です。

◆StockSnap  https://stocksnap.io
◆会員登録:不要

Foodiesfeed

サイト名の通りフードに特化したサイトで、きれいなフルーツやおいしそうな食べ物などの写真を入手できます。英語サイトです。
カテゴリー分類はなく、大まかにタグ分けされているだけなので、英単語を入力して検索したほうがよいでしょう。

食べ物の名前だけではなく「blue」や「red」のようにカラー名を入れると、関連したカラーの写真にたどり着きます。WEBサイトのイメージに合わせて、カラー検索に使用するのもよいですね。

◆Foodiesfeed https://www.foodiesfeed.com
◆会員登録:不要

ハイクオリティな画像を入手!有料素材サイト

無料素材サイトがあるなら、それでよいのでは?と思われるかもしれません。
確かに、無料サイトでも高品質な写真が多く揃っていますが、検索結果の写真で「これ、いいな」と思ったら、スポンサーサイトの有料画像だったことはありませんか?

有料画像素材のほうが、よりクオリティが高く、目を引くものが揃っています。
また、ビジネス使用の場合や、クライアントからの指示次第では、有料素材の方が好ましい場合もあります。

どのサイトも、同じ点数の素材を購入するにあたり、月々の更新プランよりも年間プランにした方が断然お得です。

また、有料とはいえ、提供されている全ての素材が商用・加工OKではない場合もあるので、必ず利用規約は確認するようにしましょう。

Adobe Stock

Adobeが提供している、大手素材サイトです。2億点以上の幅広い素材を取り揃えています。他のAdobe製品を使用されている場合は、連携も良いので利用しやすいですね。

写真以外にも、PhotoshopやIllustratorなどで作成されたロイヤリティフリーのテンプレートや、素晴らしいクオリティのオーディオなど、豊富な素材がストックされています。

料金プランは「月々プラン」と「年間プラン」が用意されています。いずれも¥3,480(税別)からですが、同額でも年間プランの方が1ヶ月に使える画像点数が多いのでお得です。

有料版の利用前に1ヶ月の無償期間があります。試しに使ってみて、どのプランが自分に合っているのか検討できるのは、うれしいですね。

また、約7万点の写真やイラスト、ビデオなどが商用利用可能な無料素材として提供されているので、有料版とあわせて利用するのもおすすめです。

【取扱素材】
写真・イラスト・ベクター・ビデオ・オーディオ・テンプレート・3D

◆Adobe Stock https://stock.adobe.com/jp/

PIXTA

5,000万点以上の写真などの画像素材を提供している国内最大級の素材サイトで、高品質な写真素材を低価格で購入することができます。

海外素材サイトと異なり、日本人モデルの素材が多いので、WEBデザインを作る際に、人物を使って親しみや共感が得るには適していますね。

「年間更新プラン」では、1ヶ月に画像3点で¥1,980(税込)と、低価格から設定があります。
無料サイトをメインで利用しているけど、イメージの画像が見つからない時だけ探すなど、使い分けるのに便利です。

通常は有料の画像や動画を、期間限定で無料素材として提供しているので、時々チェックしていれば、気に入った画像を無料で入手できますよ。

【取扱素材】
写真・イラスト・動画・音楽

◆PIXTA https://pixta.jp

amanaimages

国内サイトだからこそできる、きめ細かい設定やサービスが特徴的な素材サイトです。
日本人イメージが充実していて、国内のトレンドを抑えたイメージセレクトの特集など、国内サイトならではの使いやすい内容になっています。

国内写真だけではなく、キービジュアルに使えそうな海外素材や、貴重な自然界の生き物など、幅広く取り揃えていることも魅力的です。

また、欲しい画像を探す時間がもったいない!という方のために、便利な画像リサーチサービスも行っています。

繰り返し使用できるRF(ロイヤリティフリー)と使用期間が定められたRM(ライツマネージド)の2種類のコンテンツがあり、それぞれに料金設定があります。
作品ごとに画像サイズ別で異なる販売価格が設定されていますが、他のサイトと比べてやや高めです。

RFの料金プランは1年間で画像300点が¥300,000(税別)からと、設定されている点数が多いので、毎月コンスタントに25点程度の画像を必要とする場合はおすすめです。

【取扱素材】
写真・イラスト・動画

◆amanaimages https://amanaimages.com/home.aspx

Shutter Stock

日々、世界中のクリエイターから高品質な画像や動画が提供されていて、3億以上の豊富な素材が揃っています。

写真素材は、今現在の季節やイベントなどのテーマに合わせてコレクションが作られているので、タイムリーな画像を見つけやすいです。
専用のエディターを利用することで、画像のカスタマイズも簡単に行えます。

月契約の年間プランや、1ヶ月単位で継続契約不要の定額プランが用意されています。1ヶ月に画像10点で、定額プランは¥6,000(税別)、年間プランは¥3,500(税別)なので、年間プランの方がお得です。

このほかに、必要な時に入手するオンデマンドパックが画像5点で¥6,000(税別)から用意されています。
ダウンロード期限は購入後1年以内と長いので、いつもは無料サイトを利用しているけど、必要なときだけ高画質な画像を1、2枚使用したい方には便利です。

【取扱素材】
写真・イラスト・ベクター・動画・音楽・テンプレート・エディトリアル・3Dモデル

◆Shutter Stock https://www.shutterstock.com/ja/

iStock

デジタルコンテンツを世界中に提供するGetty Imsgesが運営しているフォトストックサイトです。約8,000万枚以上の写真などの高品質な素材が揃っています。

検索専門のスタッフがテーマ別に厳選した、リアリティがあり、共感が得られる写真が毎月更新されます。
見ているだけで創作のアイディアが湧いてくる、そんな素敵な写真たちにインスピレーションを刺激されるでしょう。

画像は「ベーシック」と「プラス」の2種類があり、ベーシックの画像素材のみ利用可能なプランと、両方利用できるプランがあります。
プランは、月極プランと定額使用1年プランが用意されています。ベーシックの1年プランだと、1ヶ月に画像10点で¥3,000(税別)から設定があり、1点あたりが低価格なのが魅力です。

【取扱素材】
写真・イラスト・ベクター・動画

◆iStock https://www.istockphoto.com/jp

種類が豊富な使える無料アイコン素材サイト

写真以外にも、WEBデザインをより効果的に演出できる素材の一つがアイコンです。
イメージ画像よりもキャッチーに、読み手に意図を届けることができます。
知っていると便利な、商用利用可能な無料素材サイトをご紹介します。

ICOOON MONO

シンプルなモノクロのアイコン素材が6,000個以上揃っています。
正確に伝えるための「わかりやすさ」にこだわった、幅広いシーンで使用できるアイコンです。

すぐに使えるJPGやPNGのほか、編集可能なVector素材も用意されているので、用途に合わせてダウンロードできます。

◆ICOOON MONO https://icooon-mono.com

flaticon

海外サイトなので英語での検索が必要ですが、400万点を超える豊富なアイコン素材が取り揃えられています。

多くのアイコンデザイナーによって作成されているので、同じ意味を示すアイコンでも異なるスタイルが用意されています。
WEBサイトのイメージに合わせてセレクトできるので便利ですよ。

◆flaticon https://www.flaticon.com

矢印デザイン

矢印は単純な記号ながら、WEBデザインの中でも視線を集める効果は抜群です。
だからこそ、手を抜かずに選びたいですね。

矢印に特化した素材サイトなので、基本的な矢印から指差しタイプまで、形や色のバリエーションが豊富に揃っています。

◆矢印デザイン http://yajidesign.com

SILHOUETTE DESIGN

影絵の素材に特化した素材サイトです。
色や大きさをWEBサイト上で変えてからダウンロードが可能なので、イメージにぴったりの素材を入手できますね。

◆SILHOUETTE DESINGN https://kage-design.com

ヒューマンピクトグラム

非常口などの標識に使用されるピクトグラムを、ユーモア溢れるポーズにアレンジしたものを提供しています。

ほとんどのピクトグラムには、仕様や色が異なる複数のバージョンが用意されていて、細部までこだわりを感じます。

◆ヒューマンピクトグム http://pictogram2.com

まとめ

WEBデザインに必要な素材の中でも、クオリティを左右する重要な素材である写真などの画像は、イメージにマッチしたものを選びたいですよね。

とはいえ、国内外に多数ある素材サイトを、全て探して比較するのは多大な時間を要してしまいます。
ご紹介した素材サイトは、どれも高品質な素材を取り揃えているので、特徴に合わせて使い分けていただけたらと思います。

人物写真ならこのサイト、フードならここ、など用途別に決めておけば、画像素材を探す作業時間を短縮できるうえ、WEBデザインをレベルアップできるはずです。

素材サイトをうまく活用して、より魅力的なWEBデザインを作りましょう!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。