WEBデザイナー向け無料電子Book >受け取りはこちら

【実例つき】Canvaで背景にグラデーションをかける3つの方法

【実例つき】Canvaで背景にグラデーションをかける3つの方法

インスタグラムの投稿や、ブログのアイキャッチを作るとき「背景をグラデーションにしたいな」と思うことってありますよね。

そこで、今回は背景をグラデーションにする3つの方法を紹介します。

目次

背景をグラデーションにする方法①:背景の色ごと変更する

まずは一番簡単に背景をグラデーションにする方法を紹介していきます。

この方法ならたった2ステップで背景をグラデーションにできます。

キャンバスの上にある虹色のボタンを選択

キャンバスの上にある虹色のボタンをクリックし、色を変更するメニューを出します。

グラデーションの色を選択する

メニューには18パターンのグラデーションがあるので、そこから自分のイメージに1番近いものを選べば、一瞬で背景がグラデーションになります。

※左上にある「+」のボタンを押せば、グラデーションの色味や向きを変えることも可能です!

グラデーションの色味を変える方法(①をクリックしたあとに②をクリック)

グラデーションの向きを変える方法(①をクリックしたあとに②をクリック)

背景をグラデーションにする方法②:グラフィックを使う

次に、ご紹介するのはグラフィックを使って、背景をグラデーションにする方法です。

実際に手順を見せながら、作り方を解説していきます。

オブジェクトパネルの「素材」をクリック

まずは、オブジェクトパネルにある「素材」をクリックします。

検索フィードに「グラデーション」と入れる

素材をクリックしたら、検索フィードに「グラデーション」と入力してください。

既にグラデーションになっているグラフィックを選択

グラデーションになっているグラフィックがたくさん出てくるので、お気に入りのものを選んでください。

※王冠マークがついているのは、有料会員だけが使えるものです。

素材がキャンバスいっぱいになるまで引き延ばす

グラフィックを選んだら、それを目一杯に広げて、背景が全て埋まるようにします。

キャンバスの上にある色がついた四角形をクリック

最後に色を調整していきます。まずはキャンバスの上にある色のついた四角形をクリック。

左のメニューで色を選んで完成

ボタンを押したらメニューが出てくるので、好きな色を選びましょう。今回は片方を赤色、もう片方を黄色にします。

①片方を赤色にしたときのグラデーション

②もう片方を黄色にしたときのグラデーション

※画像を回転すれば、グラデーションの向きを変えることも可能です!

背景をグラデーションにする方法③:画像を使う

最後に紹介するのは、画像をぼかすことでグラデーションを作る方法です。

独特な配色のグラデーションを作りたいときにおすすめです!

作成手順をお伝えしていきますね。

左側にある「素材」をクリック

まずは左にある「素材」をクリックします。

グラデーションになりそうな画像の言葉を検索フィードに入力

検索フィードに言葉を入れて、画像を出します。

入れる言葉でおすすめなのは次の3つです。

  • 「水彩」
  • 「カラフル」
  • 「青」「赤」といった色を表す言葉

▼今回は「青」と入力

カテゴリーのなかから「写真」を選択し、使えそうな画像を選ぶ

検索フィードの下に「すべて」「グラフィック」「写真」とさまざまなカテゴリーが出てくるので「写真」を選択します。

選択すると画像がたくさん出てくるので、そこからグラデーションに使えそうな画像をクリック。

キャンバスが埋まるように拡大する

選んだ画像を目一杯広げて、キャンバスが埋まるようにしましょう。

「写真を編集」を押し、エフェクトの「ぼかし」を選択

左上にある「写真を編集」を押すと「エフェクト」「調整」「切り抜き」のメニューが出てくるので、「エフェクト」のなかにある「ぼかし」を選択します。

「ぼかし」の強度を「100」にしたら、グラデーションの完成

最後にシークバーを「50」から「100」まで動かしたらグラデーションの背景が完成です。

まとめ

今回は背景をグラデーションにする方法を紹介しました。

お伝えした方法は次の3つです。

  • 背景の色ごと変更する
  • グラデーションになっているグラフィックを使う
  • カラフルな写真にぼかしを入れる

お伝えした方法を実践して、ワンランク上のオシャレなデザインを作ってみてください。

▼ ▼ お役立ち資料プレゼント中▼ ▼

デザインの素人臭さを無くしたいという方のために、すぐに実践できるデザインのコツをまとめました!

ぜひデザインをするときに活かしてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問や感想があればご記入ください

コメントする

目次