WEBデザイナーになるまでのロードマップ無料配布中 >受け取りはこちら

Canvaの無料配色ツール!Color Palette Generatorで簡単カラーパレット作成

Canvaユーザーにも意外と知られていない超便利機能があります。

その名も「Color Palette Generator」(カラーパレットジェネレーター)

今回はカラーパレットジェネレーターの使い方と注意点をご紹介します。

※カラーパレットジェネレーターの利用には、Canvaへの無料会員登録が必要です。

\ 14364人にセミナーをして分かった!/

目次

Color Palette Generatorの機能と使い方

カラーパレットジェネレーターは、Canvaが作った配色ツールです。

たとえば、この画像を元にパレットを作りたい場合は…

このように好きな画像をアップするだけで、その写真を元に4つの色の組み合わせを教えてくれます。

使い方も簡単なので、サクッと紹介しちゃいますね。

STEP
Color Palette Generatorのサイトを開く

サイトはここから開けます

Color Palette Generator

STEP
紫色のボタンをクリックして、好きな画像をアップロードする
STEP
カラーコードをコピーする
STEP
Canvaのデザイン内でカラーコードをペーストする

※Step4のやり方が詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

CanvaのColor Palette Generatorの注意点

このように、とっても便利なカラーパレットジェネレーターですが、注意していただきたいポイントもあります。

それは、カラー抽出ツール(スポイトツール)ではないということ。

Canvaには、カラーピッカーという機能があります。

これは写真やイラストの中にある色をスポイトのように抽出して、全く同じ色が出せるもので、デザインの統一感を出すのにとっても役立ちます。

一方でカラーパレットジェネレーターは、あくまでアップロードした写真を元に似たイメージの配色パレットを作るという機能。

写真の中の色とパレットの色は、一致しません。

1番左はくすみピンク色ですが、画像内では使われていないですよね。

「この色のコードが知りたい」「この画像と同じ色が使いたい」という場合は、Canvaの「カラーピッカー」機能を使うようにしましょう。

↓カラーピッカーについてはこちらの記事にまとめています。

まとめ

「Color Palette Generator」(カラーパレットジェネレーター)は、Canvaが作った無料の配色ツールです。

画像をアップロードするだけで、イメージに合った4色のカラーパレットを表示してくれます

ただし、あくまで写真に合ったカラーを教えてくれるもので、カラーコードを抽出する機能ではないという点には注意が必要です。

ぜひお気に入りの風景写真や、おしゃれだな〜と思った写真をアップロードして、お気に入りのカラーパレットを見つけてくださいね。

▼ ▼ 限定公開中 ▼ ▼

当メディアを運営している日本デザインスクールは、これまで14364人WEBデザイナーの仕事についてお伝えする無料セミナーを開催してきました。

その中で気づいたのが、WEBデザイナーへの誤解がある方が多いということ。中には一度勉強に失敗してからセミナーに来て「先に知りたかった」という方もいらっしゃいます。

そのような方が増えないために、特に多かった15の誤解を1つの資料にまとめました。勉強を始めてから後悔しないよう、ぜひ受け取ってください。

※非常に人気の資料であり、今後有料化する可能性もあるのでお早めに手に取ってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問や感想があればご記入ください

コメントする

目次