パティシエからWEBデザイナーに!卒業後も安心のわけとは?

こんにちは!日本デザインスクール中級編講師のはまもーです。

私が講師を務める日本デザインスクール(以下デザスク)は、これまで1400人以上の卒業生を輩出してきました。
その中で、最近気になっているのが、受講生の卒業後です。

そこで今回は、デザスク卒業生の佐藤希さん(通称:のんちゃん)に、インタビューしてきました!

25歳という若さで、WEBデザイナーとして活躍中ののんちゃん。

どうしてデザスク受けようと思ったの?
実際デザスクを受講してどうだった?
卒業後は何をしているの?

気になる受講中や卒業後の話など、なかなか聞けないデザスクの裏話まで語って頂きました。

夢は世界一周!アルバイトでお金を貯めるもコロナで中止に…

 

ーデザスクを受ける前はどんな事をしていたの?

もともとはパティシエで正社員として働いていました。
実家がお菓子屋だったこともあり、親の手伝いができたらいいなという思いもあって。

でもパティシエは給料が低いし、労働時間も長く体力的にもきつかったので、ずっとパティシエとしてやっていく事は難しいなって思っていました。

それに、やってみたい事があって。もともとどこかに行ったり旅行したりするのが好きだったので、ピースボートで地球一周したいっていう夢があったんです。

それで、思い切ってパティシエをやめて、アルバイトを掛け持ちしてお金をため、地球1周の旅に行こうと決めたんです!

ー世界1周か~素敵な夢だね!そのために仕事もやめるなんていきなり思い切ったね!それで地球1周は行けたの?

それが結局コロナで行けなくなってしまって…。

それに、アルバイトの掛け持ちは体力的にもきつかったです。昼がカフェで、夜はスナック。このままじゃ体を壊してしまうなって思いました。

それで、次はパソコン1つで稼げるプログラミングをやってみようと思ったんです。

早速、オンラインで受けられるプログラミングの講座に申し込んで勉強しました。配信される動画を見て、2か月ほど勉強しましたね。

スキルに自信がなくて挫折してしまったプログラミング

ーWEBデザインの前にプログラミングをやっていたんだね!実際にプログラミングでお仕事はとれるようになった?

そうですね。実際にお仕事のとり方も教わって、案件を1つもらったのですが…自分のスキルに自信がなくて、結局引き受けたお仕事は出来なかったんです。

それでプログラミングは挫折してしまいました。もっとしっかりとスキルを身につけて、自分に自信をもちたい!って思ったんです。

そこで、YouTubeでくぼちゃんねるを見つけました。そこで初めてWEBデザインを知ったのですが、もともと絵を描くのが好きで、モノづくりも好きだったので、すぐにやってみたい!って思って、受講を決めました。

\久保さんのYouTubeはこちらから/

ゼロイチWEBデザイン:未経験からWEBデザイナーへ – YouTube

ー即決だったんだね!他にもWEBデザインを学べるところはあると思うんだけど、他のスクールとは迷わなかったの?

デザスクは、YouTubeやいろんなメディアで久保さんが顔出しをしていたので信頼できました。それに講師が現役WEBデザイナーである点や卒業生の作品が公開されていた点で、このスクールなら短期間でちゃんとしたスキルが身に付きそうだなって思って受講を決めましたね。

あと、他の受講生と交流ができる点も魅力的でした。前のプログラミングスクールでは、結局1人で挫折してしまったので、一緒に学ぶ仲間ができるのはいいなって思いました。

即決できる価格ではなかったのですが、安くてもスキルが身につかなかったら意味がないし、早くスキルを身に付けて自信をもちたい!っていう思いが強かったので、受講を決めましたね。

一緒に学ぶ仲間に支えられた受講期間

ー前のプログラミングスクールでの挫折があってこそ、デザスクではちゃんとスキルを身につけたいっていう思いが強かったんだね。実際に受講してみてどうだった?

短期間なのに本当にスキルが身について、卒業するときにはLPのデザインができるようになっていたことには感動しました。広告とかでよく見るLPが本当に作れるようになったんです!

それと、受講中に作った作品をInstagramに上げていたんですよ。友達に会うたびに、「デザインすごいね!」って褒めてもらえて。自分でもその成長を感じられるのが嬉しかったですね。どんどん自信がついていきました。

ーSNSにあげていくのは周りの反応がもらえるから嬉しいよね!逆に大変なことはなかったの?

入門編を卒業してすぐに中級編を受けたのですが、そのころアルバイトが忙しくて、デザインよりもアルバイトを優先してしまったんです。

忙しかったので、課題もギリギリに提出してて。チャットもあんまり返せてなくてZoomに遅れて入ることもあったんです。

でも、そこでチームメンバーが心配してくれて、声をかけてくれたんです。すごく嬉しかったですね。「あったかい場所だなあ」と思いました。

ーのんちゃんが忙しくて添削会(Zoom)とかにも遅れてきていた時のこと覚えているな~!みんな気にかけていて、いいチームメンバーに恵まれたね。

そうなんです!

ほんとに家族みたいなチームでしたね。結構年が離れていて、20代の人もいれば60代の人もいて。年が離れている分、かわいがってくれました(笑)すごく和やかな雰囲気のチームでしたね。

 

やりがいの大きいWEBデザインのお仕事

ーデザスクはみんなで頑張ろう!って感じだから、お互いのモチベーションが落ちた時も支え合えるのが良いところだよね。卒業した今は何をしているの?

今は、WEBデザインと副業としてアフィリエイトをやっています。主に、チラシやバナー、ヘッダー画像などを作っていますね。

【卒業してから獲得した案件(一部)】

・料金表の作成 2000円

・Twitterのヘッダー画像 2000円

・サイトのデザイン 160000円(制作代込み)

 

ちなみに、初受注は知り合いの起業家からのバナーでした。頼まれたのはバナー1個だったんですが、2つのテイストで作って提案してみたんです。そしたら、すごく喜んで下さりました。

今度はブログをするからそのサイトのデザインをやって欲しいって言ってもらえたんです!

ーすごいね!リピーター獲得しているじゃん~!

すごく嬉しかったですね!フリーランスでやっていくのは、良くも悪くも全て自分次第なので、やった事が全て自分にかえってきて責任も大きいですが、その分やりがいもあって楽しいです。

パティシエをやっていた時は最初は自分の好きなことで楽しかったんですが、慣れてくると作業になってきてしまって。

WEBデザインも自分の好きなことですが、お客様のために「自分がつくらなきゃ!」という思いが強いので、やりがいが大きいです!

ー全部自分次第だから、努力した分だけお客様に喜んでもらえるのは、嬉しいよね~。卒業してから多くの案件を受注しているようだけど、お仕事はどうやってとっているの?

知り合いからが多いですね。あとはSNSで繋がったり。
あと、最近はクラウドソーシングサイトを始めました!やり方を同じデザスク卒業生の方に教えてもらったんです!

卒業後も心強いデザスクコミュニティ

ー同じチームだった人とかに教えてもらっているの?

いえ、チームも違うし、受講期も被っていない卒業生の方です。

「成果報告チャットルーム」っていうのがあって、そのチャットでその方が「クラウドソーシングでよく案件をとっています」というのを見ていたんですよ。それで気になって、ダイレクトチャットを送りました。

そしたら、クラウドソーシングでの仕事のとり方をzoomで教えて頂けることになって。丁寧にマニュアルも作ってくれて本当に有難かったですね。

ーデザスクコミュニティでそういう繋がり方もあるんだね!

そうそう、それでその時ちょうどモヤモヤしていた時期だったんです。

SNSで他のWEBデザイナーさんのポートフォリオを見ているうちに、「私はこんなテイストのデザインを作ったことがないな…」とか、「こんなのも作れるようにならないといけないのかな」とか思って、少し不安になっていたんです。

それをその方に相談したときに、「デザスクで学んだのは売れるに特化したデザインだから、全部やろうとしないで今やっている事を極めていけばいいんだよ」と言ってくれたんです。

他人と比べて焦っていたので、その一言ですごく楽になりましたね。
フリーでやっていくとなると、分からないことも多いし周りに聞ける人がいることがすごく大切だと思います。

フリーランスでやっていくためには、学び続ける姿勢とその環境が大切

ー同じスクールの先輩と関われるのはすごく心強いね!何かフリーでやっていく上で心がけている事ってあるの?

地方創生 市役所の方と打合せ用意しておくことが大切だと思います。

デザスクコミュニティで行われる「月1勉強会」もすごく役にたっています。そこで、毎回フリーランスでやっていくために、必要な考え方やお悩み相談などをして頂けるんです。

WEBデザインを覚えたてのころは、何よりも実績を積むことが大切で、そのためにやらせてもらえる案件は全部とるという心構えでいることが大切という事を教えて頂きました。

小さな実績を積み重ねていくうちに、だんだんと大きな案件に繋がっていくから、今は実績を積む時期だと思って小さい案件でも丁寧にコツコツ行うようにしています。

ーその考え方は大切だね!デザスクを卒業した後もどんどんスキルアップしているのんちゃんが見れて良かったです!これからはどんなWEBデザイナーになりたいって思ってる?

まずはコツコツと実績を積んでいきたいですね。私はデザインの中でも女性や子供向けのデザインをやっているときが楽しくて好きだなって最近思っていて。

だから、今後は女性や子供向けの商品を取り扱う起業家や会社の方と繋がって、そのサイトのデザインとかをやってみたいですね。

ーWEBデザイナーとしての方向性が決まってきたんだね!デザスクを受講し始めてからまだ1年もたってないのにスゴイな~!そんなのんちゃんから、最後にこれからデザスクを受講しようか迷っている方に向けてメッセージをお願いします!

1つスキルがもてると大きな自信に繋がります!

私は、デザスクに入って初めてPhotoshopを触ってからまだ1年もたっていないのに、個人で仕事ができるようになっていることが今でもスゴイなって思います。

デザスクは卒業後も、横の繋がりが強くて月1勉強会やフリーランスのためのセミナーなどもよく開催されているので、WEBデザイナーに本気でなりたい人にはピッタリだと思います!

今に不安を抱えている人や、何か始めたい人はとりあえず1つ行動してみると人生が変わるのではないでしょうか。

 

今回、WEBデザイナーとしてフリーランスで活躍されている佐藤さんに、お話を聞かせて頂きました。

つい1年前まではPhotoshopの操作も分からず全くの未経験でしたが、今はWEBデザイナーとして個人でも案件を獲得するまでに。

卒業後も、デザスクコミュニティを活用して学び続ける姿勢を忘れない佐藤さん。

これからの彼女の活躍を楽しみにしています!

これを読んだあなたも、一歩踏み出すことで人生が大きく変わるかもしれません。

WEBデザイナーに興味があれば、
ぜひ『好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー』に参加してみてください。

このセミナーでは、WEBデザイン業界の第一線で活躍する現役WEBデザイナーが、
WEBデザインの正しい学び方業界のリアルな事情WEBデザイナーになるために必要な知識をお伝えします。

WEBデザインを通じて、あなたの理想とする生き方・働き方を実現するための第1歩をここから踏み出してみませんか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。