WEBデザイナー向け無料電子Book >受け取りはこちら

受講生の声から実現!「フォトショ補講会」について講師に聞いてみました。

受講生の声から実現!現役WEBデザイナーによるフォトショ補講会

こんにちは!日本デザインスタッフの谷川です!

この記事は日本デザインスクールが気になっているけれど、

「未経験から本当にできるようになるのか不安」
「パソコンとか苦手でついていけるか心配」
「どんな雰囲気の中で学べるんだろう…」

という思っているあなたにピッタリな内容になっています。

今回、紹介するのは2022年12月から日本デザインスクール入門編にできた新企画「フォトショ補講会」です。

受講生に大人気だったフォトショ補講会の全貌をご紹介していきますね!

\ 期間限定 /
デザインレッスン動画を無料プレゼント中です

目次

フォトショ補講会って?開催のワケは?

フォトショ補講会とはその名の通り「Photoshopの使い方を教えてもらえる会」です。

PhotoshopはプロのWEBデザイナーが現場で必ず使っているデザインツールで、これ無くしてWEBデザイナーになることはできない必需品。

ただ、その反面、機能がありすぎてWEBデザイン未経験者やパソコン自体あまり触ったことがない人からすると

「難しそう」
「自分には出来なそう」
「覚えることが多くて大変そう」

となってしまいがち。

ですが実は、プロが現場で使う機能は意外と少なく、使い方をすべて覚える必要は全くありません。

日本デザインスクールのカリキュラムでは、現場で必要なPhotoshopの機能だけに絞って、効率よく教えています。

今回、受講生がレッスンを進める中で、

「元々パソコンが苦手なので、Photoshopの基本操作でつまずいています」
「もっとPhotoshopの操作に慣れて、スムーズに課題を進めたいです」
「プロが実際に操作しているところを見てみたい!」

という声がありました。

そこで、企画したのが「フォトショ補講会」です!

もともとあったレッスンに加えて、受講生がPhotoshopについて自ら質問できる時間を設けることで、よりスムーズにスキルアップできるようになりました。

現役WEBデザイナーが現場での使い方を教えてくれる!

フォトショ補講会(1)

フォトショ補講会の内容はとてもシンプルです。

当日の流れ
  1. 事前にPhotoshopの操作でわからなかったことをフォームに記入してもらう
  2. もらった質問に対して実際にPhotoshopの画面を共有しながら解説

その場でわからないところがあったら、いつでも追加質問OK!

また、現役WEBデザイナーであるはまもー先生から

「私は普段こうやっているかな!」
「こっちの使い方のほうが混乱しないよ!」

といった現場目線のお話をしてもらうこともできました。

ちなみに以下がフォトショ補講会でもらった質問や悩みの一部です。(実際には1回の開催で5個〜10個の質問があります。)

専門用語が多いですが、どんなことを聞けるのかを知ってもらえればと思います。

調整レイヤーについて質問です。調整レイヤーをかけたいとき、下の「調整レイヤーを新規作成」のアイコンから出したものと、かけたいフィルターのショットカットキーで出したものとでは、何が違いがあるのでしょうか?

写真の補正でトーンカーブの調整をするときにつまずきました。明るくなりすぎてしまうことが多くて、まだコツを掴めていません。

レイヤーマスクの使い方と目的がイマイチよく分からず、試行錯誤するときがあります。画像から一部のみ切り取る際、他の方法でもできると思うのですが、あえてレイヤーマスクをかける意味、作業上のメリットは何でしょうか?

受講生からも大好評!他の人の質問からも学びがあった

フォトショ補講会(2)

フォトショ補講会は日本デザインスクール入門編73期生(12月生)で2回、74期生(1月生)で3回開催しました。

その結果、

  • 今までよりもスムーズに操作ができるようになった
  • 今まで知らなかった便利な機能を知ることができた
  • 画像の切り抜きで悩んでいたことが解決してスッキリした
  • 普段のレッスンでデザインの質問に割ける時間が多くなった

という感想をもらえました!

まとめ

今回は日本デザインスクールの新企画である「フォトショ補講会」をご紹介しました。

フォトショ補講会に参加することで、Photoshopの理解が深まるのはもちろん、一緒に同じ目標に向かって頑張る仲間と一緒に補講を受けることで「ツールの使い方で困ってるのは私だけかも…..」なんていうモヤモヤも解消できます!

つまずきポイントがスッキリしたり、時短できる方法を学べたり、スキルアップに繋がること間違いなしです!

この記事が日本デザインスクールに入るか迷っている方にとって、参考になればとても嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問や感想があればご記入ください

コメントする

目次