WEBデザイナー向け無料電子Book >受け取りはこちら

LESSON13 
WEBデザイナー向けのパソコンとは?
文章は自分で書かなきゃいけないの?

今回は、よくいただく質問にお答えしようと思います。

これまでに個別でたくさんの
メッセージをいただきました。

そのなかで、多い質問がこの2つです。

「どんなパソコンがいいですか?」
「コピーのセンスや才能も必要ですか?」

まず、
WEBデザインはどんなパソコンがいいのか?

Windowsがいいか?Macがいいか?
古くても大丈夫か?
iPadでできないか?

とご質問いただくのですが、
一番重要なのは
Photoshopが動くかどうかです。

まずはPhotoshopの体験版を
手元のパソコンに
インストールしてみてください。

  • インストールできない
  • インストールできたけど、
    すごく動きが遅い

このような場合は買い替えが必要です。

WindowsかMacのどちらがよいか?
基本的には
Macをオススメしています。

iPhoneをお使いの方はわかると思うのですが、
動きがとってもスムーズで、
画面の色も綺麗です。

ですが正直なところ、
WindowsかMacかは、
どちらでも大丈夫です。

できることは同じです。
MacにできてWindwosにできないことは
ありません。

ですので、
もしWindowsに慣れている場合は、
Windowsをおススメします。

なぜなら、初めてMacを使う場合は、
Macに慣れるところから始めなければ
ならないからです。

Windowsをずっと使っている方は、
まずはWindowsでPhotoshopに
慣れてください。

慣れてから、Macに移るのでも
大丈夫です。

Photoshopの操作は、
MacもWindowsも同じです。

あと、気になる値段についてですが、
新品の5万円くらいのパソコンでも十分です。

メーカーとしておすすめなのは、

  • DELL
  • HP
  • Lenovo
  • Acer
  • 富士通
  • Sony
  • NEC

などです。
有名メーカーになると高くなりがちです。

パソコンを見るポイントをまとめておきますね。

  • CPUは、Core i5以上
    (数字が大きい方が性能が高く、高価になります)
  • Windowsならバージョンは10で、64ビット
  • メモリは8GB以上
  • 14型、や15.6型
    (画面が大きい方が作業はしやすいですが、
    その分持ち運びが不便になります。
    よく持ち運びする方は13型でもよいです。)


WEBデザインをするだけなら
ワードやエクセルはなくても大丈夫ですが、

必要な方は別途オフィスが
付いたものの方がよいです。

もちろん値段が高い方が性能がよいので、
あとはお財布との相談かなと思います。

ちなみに、中古でも大丈夫です。
保証は心配ですが、
高い性能の物を安く購入できる
メリットはあります。

あと、iPadではできないので
注意してください^^

プロレベルになれば、
iPadでも作る人はいますが、
最初のうちは控えてください。

ここまで、実際にデザインをするときの
パソコンの選び方について
ご紹介しました。

WEBデザイナーとして働くときに、

  • WEBデザインって本当に稼げるのか不安
  • 副業でできたらとは思うけど未経験でもできるか不安
  • フリーランスを目指したいけどお仕事取れる自信がない

などなど、お仕事にする不安があると思います。

そんなあなたにオススメなのが、
「WEBデザイナーという働き方セミナー」です!

WEBデザインの仕事内容はもちろん、
あなたが知りたい内容に合わせて進めていくので
不安や悩みを解消する場として参加してもらえたらと思います。

オンライン開催なので、
どこでも参加できますよ。

ボタンをタップして詳細をご覧ください
↓ ↓ ↓

\たった3時間で半年後の働き方を変える!/

それから、よく質問としてもう1つお答えしますね。

文章も書けなければいけないのか?

というご質問ですが、
バナーやランディングページには、
文章が書かれています。

これをデザインしていくわけですが、
これを自分で書く必要があるか
気になりますよね?

これは、答えを言うと
書く必要はありません

文章を書くのは
コピーライターの仕事なので、
デザイナーのお仕事ではありません。

ですので、デザインに専念してください。

デザインの依頼を受ける場合は、
Wordとかで文章が書かれたものと
使ってほしい写真が一緒に送られてきます。

それを元にどんなイメージがよいかを
聞いて作っていきます。

ただ、なんでもそうなんですが、
デザイナーだからしないという
スタンスではなく

デザイナーだからコピーライティングも
勉強しておこうかなという
気持ちでいてほしいなと思います。

コピーライティングも
WEBデザインもできれば、
それだけ収入も増えますし、

より反応が出せる
ランディングページやバナーも
作れるようになります。

デザインとコピーライティングのスキルは
とても相性がいいので、
もし学べる機会があれば、
学ぶことをおススメします。

ということで、
よくいただく質問にお答えしました。

他にも
「どうやったらお仕事取れるの?」
「本当にデザインで稼げるの?」
など、気になることがあれば
無料セミナーで質問してみてください。

当日はあなたに合わせて
進めていこうと思っているので

不安や疑問を解消する場に
してもらえたらなって思います!

まずは日程などを確認してみてください!

次のレッスンは、
デザインについての知識を
深めていただきたいと思います。

そもそもデザインとは何なのか?

デザインのゴールとは何なのか?

などをお話していきます。

画像をタップしてご覧ください↓

▼▼今までのレッスンはこちらから見れます▼▼

LESSON1:意外に知られていない稼ぐWEBデザイナーのお仕事
LESSON2:未経験からWEBデザイナーへの最短ルート
LESSON3:本当に必要?プログラミングスキルを学ばない理由
LESSON4:どうやったらWEBデザインができる?
LESSON5:デザインセンスはどのくらい必要?
LESSON6:絵が上手くなきゃWEBデザイナーになれない?
LESSON7:WEBデザイナーってどれぐらいでなれる?経験必要?
LESSON8:解説!バナーってどうやって作られているの?
LESSON9:面接20社不合格から2社内定をもらった方法
LESSON10:WEBデザイナーのお給料事情
LESSON11:WEBデザイナーって今からでもなれる?
LESSON12:WEBデザイナーを探している人たちはどこにいる?

3時間でわかる!WEBデザイン業界の近道・正解
まずは詳細を見てみる
3時間でわかる!WEBデザイン業界の近道・正解
まずは詳細を見てみる