Canva初心者が年賀状を作ってみた結果……

Canva初心者が年賀状を作ってみた結果……

Canvaは、無料で多数のテンプレートや素材が使える大人気のデザインツール。

Photoshopやイラストレーターと違って操作も簡単なので、インスタ投稿やプレゼンテーションのスライド、お店のチラシに使っている人も多いです。

そんなCanvaで「年賀状」が作れると聞いたので今回、実際に何分で作れるのかやってみました。

\15,000人が受け取ったWEBデザインレッスンを無料プレゼント中!/

この記事の内容

結論:5分以上かかったけど…

実際にやってみて、、実は、20分か30分くらいかかりました。(笑)

というのも、テンプレートを決めるまでは5分でいけたのですが、「この色がいいかも」「配置こうしようかな」などなど悩んでしまい、かなり時間が経ってしまいました。

実際のデザインの流れはこのような感じです。

1.トップページから「年賀状」を選択する

クリックすると、年賀状サイズの白紙のキャンバスが画面に表示されます。

2.左側のテンプレートを開き、テンプレートを探します。

私はウサギモチーフの年賀状がよかったので「年賀状 うさぎ」で調べました。

※テンプレートはとにかく豊富!選ぶのに一苦労でした……

3.テンプレートが決まったら、クリックしましょう。真っ白だったキャンバスにテンプレートごと表示されます。

私は今回、このシンプルでカワイイ年賀状のテンプレートにしました。


4.色を変えるには、変えたい箇所を選択した状態で左上の四角をクリックします。

5.次に真ん中のうさぎを変更します。左で「素材」をクリックし、検索窓に「うさぎ」と入力しました。

「すべて表示」をクリックすると、たくさんのテンプレートが出てきます。

右下に黄色い冠マークがついている素材は有料プラン(Canva Pro)で使えるものです。

今回は無料プランのままで作成したいので、冠がついていないものの中から選びました。


6.うさぎの色を変えてみました。微妙ですが、一旦他の箇所を変えます。


7.「Happy New Year」の文字が微妙な気がするので、他の文字を探します。


8.最後に全体のバランスをチェックして、悪くなければ右上の「年賀状を印刷する」を押します。

頭にはカラフルな2023を入れ、うさぎの色は3つ目の「2」に揃えました。

メッセージは手書きしたいのであえてスペースをあけています。

自分の住所も忘れずに修正しておきましょう。


10.印刷の設定を進めます。印刷するページの指定と枚数の指定が終わったら「続行」を押します。

ちなみに、枚数は多くなればなるほど安くなる仕組みです。


11.問題のチェックが終わればこのような表示がされます。

(「すてきなデザインです」と言ってもらえました。Canvaさんの粋な気遣いですね。)


12.最後に、配送オプションと個人情報を入力したら終わりです。

【やってみてわかった】Canvaで年賀状作りの注意点

実際にやったことで気づいた、Canvaで年賀状を作るときの注意点を4つお伝えします。

デザインの向きは最初に指定すべし

無料プランを利用中の方は、途中でデザインのサイズを変えることができません。

最初に縦長で始めてしまったらテンプレートも縦長のものしか出てきません。

横長のデザインを作りたい場合は、トップページの検索窓で「年賀状」と検索し、横長のものを選択しましょう。

テンプレートは後からでも変えられるので、とりあえずよさそうなもので大丈夫です。

どんなものを作るか先に決めておくべし

「うさぎだからピンクっぽくしようかな」
「白と黒ベースのおしゃれなデザインにしようかな」

など、作りながらすごく悩みました。

事前にPinterestなどで「こんなイメージで作りたい」という年賀状を探しておいたり、配色パターンを決めておくと良いと思いました。

できればパソコンで作るべし

今回は、パソコンで年賀状を作成しました。

年賀状作成自体はスマートフォンでもできますが、画面が小さいので作業しづらいです。

パソコンを持っている方はぜひパソコンで作ってみてください!

安く済ませるならコンビニで印刷するべし

今回は、Canvaでそのまま印刷するのを選びましたが、なんと4枚で¥1,936。決して安いとは言えませんね。

印刷を安く済ませるのであれば、Canvaの印刷ではなく、デザインをPDFで保存してコンビニで印刷するのが良いと思います。

家に印刷機械がある方は家でも大丈夫ですよ。

コンビニだと1枚50円で印刷できるみたいなので、ぜひ調べてみてください。

(PDF保存の仕方)

1.右上の共有をクリックする
2.「ダウンロード」をクリックする
3.「PNG」と書いてあるところを押し、PDF(印刷)を選択します。

4.「PDFのフラット化」にチェックマークをつけて、ダウンロードします。

まとめ

今回は、Canvaで作る年賀状についてお伝えしました。

5分でできる…….かと思いましたが、デザインで色々迷ってしまい、結局30分ほどかけてしまいました。

ですが、テンプレートが豊富なのでこだわりすぎなければ5~10分で完成すると思います!

デザインセンスに自信がない方、オリジナルの年賀状作りに取り組んでみたい方はぜひ、この記事を参考に作ってみてください!

Canvaの使い方まとめ

人気記事

Canva初心者向け記事

意外と便利なCanvaの隠れ神機能(中級者向け)

Canvaで使える素材集

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容