【危機】AIにWEBライターの仕事が奪われる!稼ぎ続けるための7つの秘訣

近年人工知能である「AI」によって、私たちの仕事が奪われるという話を耳にすることが増えました。

そんななか
「WEBライターの仕事もAIに奪われるの?」
「WEBライターに将来性はあるの?」
「WEBライターとして稼ぎ続けるにはどうしたらよい?」
という不安や悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は本当にWEBライターの仕事はAIに奪われていくのか稼ぎ続けるWEBライターになる方法などを解説します!

今からWEBライターを目指そうか悩んでいる方や、現在WEBライターで将来に不安や悩みを抱えてる方のお役に立てたら幸いです。

WEBライターの仕事はAIに奪われる?!

結論からお伝えすると、AIの進化によって、WEBライターの仕事は奪われてしまう可能性があります。

ただ、決して全員の仕事が奪われてしまうわけではありません。
なかには仕事を奪われないライターもいます。

まずは、現在のAIやどのようなWEBライターが仕事を奪われてしまう可能性があるのか詳しく説明します。

現在のAIは進化し続けている

近年、私たちの生活や仕事に浸透しつつあるAI技術。
AI技術は今後も進化し続け、AI導入の有無がビジネスの今後を左右すると考えられています。

IDCでは、2021年の国内AIシステム市場は、市場規模が前年より26.3%成長し約2800億円になったと発表されています。また、2021年〜2026年の年間平均成長率は24.0%で推移し、2026年には、約8100億円になると予想されています。参考:IDC

現在は学校のテスト採点や自動車の自動運転など、生活に関わる事柄にもAIが導入されています。

このように現在のAIは進化し続けており、これからも精度はどんどん上がっていくでしょう。

AIライターの活躍事例『Articoolo』

「Articoolo」は、キーワードから文章を自動生成するライティングツールです。
キーワードを2〜5個入力するだけで、20秒ほどで記事が生成されます。

2022年現在、生成された記事をそのまま公開できるレベルには達していないという声が多く上がっています。ですが、ゼロから作るよりははるかに楽なので、たたき台としては十分ともいわれています。

また、先ほどもお伝えしたとおり、今後のAI技術の精度はどんどん上がっていくでしょう。そのため、AIライターが生成した記事をそのまま公開できるレベルになるのはそう遠くない未来だと思います。

では、具体的にどのようなライターがAIに仕事を奪われてしまうのでしょうか?
このあと詳しく説明します。

誰にでも書ける記事を書くライターは危険!

誰にでも書ける記事を書くライターはAIに仕事を奪われる可能性があるのです!

具体的にどのようなライターかというと

  • 文章のレベルが低い
  • SEOの知見がない
  • 専門性・信頼性・権威性がない

このようなライターはAIに仕事を奪われてしまう可能性があるのです。
ですが、皆さん大丈夫です!

逆に、これらを身につけているスキルがあるライターは将来性が十分にあるといえます。
スキルがあるWEBライターの将来が明るいといわれる理由をこのあと詳しく説明しますね。

【お知らせ】
累計7200名以上が参加した「好きなことで生きていく!WEBデザイナーという働き方セミナー」では、WEBデザインの学習で失敗してしまった"しくじり先生"のお話や、「未経験OK」のワナ、WEBデザイン業界の最新裏事情などをお伝えしています。

なお、日本デザインスクールのLINE@では、スキルなしでも簡単にバナーが作れるようになる無料レッスンをプレゼント中です。こちらもぜひご登録ください。

スキルがあるWEBライターの将来が明るい3つの理由

スキルがあるライターとは、先ほどの逆で

  • 文法や論理展開に問題がなく、文章力がある
  • SEOの知見があり、自分の記事を検索上位に表示できる
  • 専門分野・信頼性・権威性を担保できる

このようなライターを指します。

現在AIライターが進化し続けているなか、このようなスキルがあるWEBライターの将来は明るいといわれています。
それはなぜなのでしょうか?具体的な理由を3つに分けて説明します。

有名なライターになれば、記事そのものの価値が高くなる

WEBライターとしてスキルがあると、「あなたに依頼したい!」と思わせられ、クライアントに指名されるようになります。

指名が増えるとだんだん有名なライターになり、クライアントは「あなたが書いているなら間違いない!」と思うため、必然的に記事の価値が高くなるのです。

有名なライターになるためにも、まずはスキルを身につけることからはじめましょう。

魅力的な記事を書くのはAIにはまだ無理だから

魅力的な記事というのは、

  • 読者の悩み・疑問に寄り添った記事
  • 一次情報が載っている記事

などです。

AIは、型にはまったテンプレ的な文章を書くのは得意ですが、ライターの個性が出る文章や読者に刺さる文章を書くのは苦手です。
さらに、自身の体験を通じて得た情報である一次情報を書くこともできません。

そのため、魅力的な記事が書ければ重宝されるライターになれます。

スキルがあるライターは少ないから

WEBライターの人口は増えていますが、スキルのあるWEBライターは少ないのが現状です。

ライティングスキルを磨けば他のWEBライターと差別化できるため、ライター業界で活躍できるチャンスがあるのです。

クライアントは常に、スキルの高いライターを探しています。
そのため、あなたがクオリティの高い記事を納品することができれば、継続案件や高単価の案件を依頼してもらえるのです。

WEBライターにとって、継続案件や高単価案件は自信に繋がるだけでなく安定した収入も期待できる嬉しい案件。ぜひ獲得したいですよね。

スキルは一朝一夕で身につくものではないので、今のうちからコツコツスキルを磨いておきましょう!

【必見】稼ぎ続けるWEBライターになるための7つの秘訣

スキルを身につけた方がよいのは理解できたけど
「じゃあ実際にどうしたらよいの?」と思いますよね。

ここからは実際に稼ぎ続けるWEBライターになるにはどうしたらよいのか、7つの秘訣を解説します!それでは1つずつ見ていきましょう。

専門分野を持つ

専門分野を持つと、記事のクオリティが高くなり単価が上がりやすくなったり継続案件につながりやすくなったりします。専門分野を作ってあなたがジャンルの権威者になり、自分に価値をつけられればAIに奪われることなく稼ぎ続けられるはずです。

専門分野について詳しく知りたい方は、作り方なども含めてこちらで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

AIが不得意なジャンルに対応できるようになる

AIに不得意なジャンルとは、商品のレビューなどの個人の意見を述べられるジャンルです。
AIは自分の気持ちを記事にすることはできません。

AIが不得意なジャンルの記事を執筆できるようになっておくのは、AIに仕事を奪われずに稼ぎ続けるとても効果的な方法といえるでしょう。

ブログをはじめる

WEBライターがブログをはじめると、仕事を受注しやすくなります。例えば「関連書式を10冊読んだ人」と「ブログを10記事書いた人」では、クライアント側からすると後者を選びますよね。

ブログをはじめたからといって確実に仕事がもらえるとは限りませんが、少なくともやっていないよりかは仕事を受注しやすくなります。
クライアントにアピールできるポイントを作って、稼ぎ続けるWEBライターになりましょう。

WEBマーケティングのスキルを磨く

マーケティングスキルのスキルを磨くと、SEOに考慮した記事が書けるようになります。

WEBマーケティングのスキルがあると、クライアントから重宝され継続案件や高単価案件につながりやすく、今後もWEBライターとして活躍していけます。また、自分でメディアが運用できるようになれば記事執筆以外にも「メディアの広告収入」を得ることもできます。

デザインスキルを身につける

「ライターなのにデザイン……?」と思うかもしれませんが、デザインスキルがあると記事内画像やアイキャッチ画像を作れるようになります。

ライティングスキルだけに限定せずに記事制作に関するプラスαのスキルを身につけていると、他のライターとも差別化できるためクライアントからも重宝されます。
余裕がある方はこのようなプラスαのスキルを身につけておくと、今後もライターとして活躍できるでしょう。

自分の言葉で発信できるようになる

先ほど、AIは気持ちを書き表すことはできないとお伝えしました。
そのため、自分の言葉で発信ができるライターは今後も稼ぎ続けられます。

案件のなかには「個性を活かしたライティング」などと書かれているものもあります。
まずはそのような案件に挑戦してみるとよいですね。

需要の高いジャンルを常にチェックしておく

WEBライターの世界では、需要の高いジャンルがどんどん移り変わっていきます。

ライターとして稼ぎ続けるためには、需要の高いジャンルを執筆するのも一つの方法です。
そのためには常にアンテナをはっておくとよいでしょう。

まとめ

近年のAIは進化を続けており、私たちの仕事を奪っていくといわれています。
今回は「WEBライターの仕事はAIに奪われてしまう?」という疑問について解説していきました。

結論、スキルがないWEBライターの仕事はAIに奪われてしまう可能性があります。
ですが、スキルがあるWEBライターの将来はまだまだ明るいのです!

実際、スキルを持っているWEBライターは多くありません。そのため、スキルを持っているとクライアントから重宝され、継続案件や高単価案件につながりやすくなります。
今後も活躍していくWEBライターになるには、スキルを身につけた方がよいでしょう。

WEBライターの将来に不安を抱えている方は、ぜひ今回紹介した方法を1つでも試してみてくださいね。

WEBデザイナーになって海外で働く夢を叶えたい!フリーランスへの転身Storyを大公開します
無料ライブの詳細はコチラ
WEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ