• HOME
  • 記事
  • 体験記
  • ライカレは『質』が違う! 受講生の声を全て読み、受講を決断|ライカレ入門体験記

ライカレは『質』が違う! 受講生の声を全て読み、受講を決断|ライカレ入門体験記

ライカレ17期生の谷口里奈さん(りなさん)は、ほんわかした雰囲気なのに、レッスンでは積極的に質問をする真面目で優等生な方でした。
一方では行動力もあり、受講期間中すでにライターのお仕事を獲得されたそうです。

りなさんがライカレを受講しようと思われたきっかけや、受講中のスケジュール、さらにお仕事をゲットした経緯についてもインタビューさせていただきました。

りなさんのこれまでの経験を教えてください

ー本日はよろしくお願いいたします。早速ですが、過去学んでいたこと、今やっているお仕事などなど、お伝えできる範囲でお願いします

現在、会社員として営業事務を10年やっています。そろそろ転職したいと考えています。これまでに学んでいたことはスピリチュアルと言いますか、精神世界的な、『心』についてセミナーに参加したりしていました。

ーなるほど・・・!『心』を大切にしていらっしゃるのですね!
(インタビューの第一印象は、「お話の仕方がとっても優しくて、ふんわりしている!」でした)

りなさんとWEBライティングとの出会いを教えてください

ーライカレとの出会い、きっかけは何でしょうか?

転職するにはスキルを身につける必要があると考え、何かないかと探していました。その時に、実は別のライティングスクールと出会い、受講しました。

ーえっ!?最初からライカレではなかったんですか?

はい。そちらのスクールでは期間が1年間と長く、良さそうだったのですが・・・。1ヶ月で挫折しました。

ーえっ!?1ヶ月で?

自分のペースで学習するスタイルで、説明もなかったんです。文章がズラ〜っとあって、わかりづらかったんです

ーそうだったんですか・・・。逆に、ライカレとの出会いが気になりました

転職するには何かスキルを・・・と探しているときに、はじめは日本デザインスクールの『デザスク』の広告を見つけました。でも、私には難しそうと思ったんです。その時に、日本デザインスクールのホームページに『ライカレ』があり、文章を書くのは苦にならないので、これならできそうだと思いました。

ー日本デザインスクールの『デザスク』広告から、『ライカレ』を知ったんですね

ライカレ受講の決め手はなんですか?他のスキルや別のスクールと悩みましたか?

ー別のライティングスクールを受講していたのに、ライカレを受講しようとされた決め手ってなんでしょうか?

一度挫折しているので、とても慎重になりました(笑)。スキル探しの時に、クリエイティブ1DAYに参加したんです。実際に参加してみて、良かったです。受講のイメージも湧きました。本当に45日間でプロのライターになれるのであれば、参加したいと思いました。それから、過去の受講生さんの声を全部見ました

ー全部!?

はい、全部見ました(笑顔)。今度は失敗したくないと、過去の受講生さんの声、インタビューを全部見て、私でも頑張れそうと感じました。ですので、決め手はクリエイティブ1DAYと、過去のインタビューです。

ー素晴らしいリサーチ力ですね。早速ライターの素質を感じました

いざレッスン開始!受講中の1日のスケジュールを簡単に教えてください

ーレッスン期間中のりなさんのスケジュールを教えてください

平日は会社がありますので、朝起きて、書いた記事のセルフチェックをしました。3,000文字や5,000文字の記事を書くのは土日をフルに使って、一日中書いていました。週末にひとまず記事を完成させて、平日はセルフチェックに充てました。最後の5,000文字では、一字一字をチェックしました。

ー素晴らしいですね。レッスン内容はいかがでしたか?

そうですね、ライカレは『質』が違いました。基礎(ペルソナ)や構成について丁寧な説明があり、実践的な書き方も教えてくれました。初心者でも分かりやすく、添削もしていただけましたので、親切だなと思いました。レッスン内容のレベルも高かったです。

45日間の受講中、一番の壁は何でしたか?どうやってそれを乗り越えましたか?

ー実際、45日間って大変でしたか?

大変でした!時間管理が大変でした。仕事をしていると、どうしても平日に学習時間を作るのは難しく・・・。時間の使い方、課題をする時間を捻出するのが大変でした。
それと、体調を崩さないように気をつけました

ー一番の壁って何でしたか?

時間です(キッパリ!)

ー時間ですか・・・。45日間をどうやって、乗り越えましたか?

気合いで!目標を決めて行動するようにしました。やると決め、集中して記事を書きました。『誰かの役に立つ記事』を作るんだ、と思って書きました。

ライカレはチーム制で、孤独じゃないところも良かったです。

チームの皆さんも同じ立場で、お仕事、家庭もあって大変だったと思います。でも、チームのみんなで支え合って、励まし合うことができました。チームの人からも、良い刺激を受けました。

だからこそ、自分がきちんとやることで、チームの人を引っ張るというか、私も良い刺激を与えたいと思って行動しました。決めたことを忠実にやることでモチベーションにも繋がりました

ー時間という壁に、気合いとチームメイトからの良い刺激で乗り越えたのですね。(拍手)

WEBライティングに興味がある方へ、りなさんからメッセージをお願いします。

ーりなさんから、ライカレに興味がある方へメッセージをお願いしたいのですが・・

最初は100文字でも辛いと思っていました。私にも本当にできるかな?と半信半疑でしたが、きちんと順序を踏めばライティングスキルは身につけられます。

ライカレを受講すれば、絶対にだれでも5,000文字が書けるようになります。(キリッ!)
また、ライカレはチーム制で、仲間がいるっていいなと思いました。みんなで励まし合えますので、孤独ではないです

りなさんがお仕事を獲得された方法

ーりなさんは受講中にお仕事を得たそうですね。どうやって獲得されたのかお伺いしてもよろしいですか?

はい、受講中にランサーズというクラウドソーシングに登録しました。タスク案件というものがあり、簡単なアンケートに答えました。

軽い気持ちで答えたのですが、2週間くらいでテスト記事の案内が来たんです。テスト記事は2,000文字の記事を3本提出する内容でした。受講中だったのでちょっと大変だったのですが、ライカレで学習していることを意識したら2,000文字の記事も書けるようになっていました。テスト記事を3本書いて提出したところ、お仕事の話が来たんです。

ー受講課題と合わせて2,000文字の記事が3本も!大変でしたね。でも、それがお仕事の獲得に繋がったんですね。

きっかけが簡単なアンケート、と聞いてクラウドソーシング第一歩へのハードルが下がった方も多いと思います。受講してすぐに行動したところもポイントだと思いました。

ー本日は貴重なお時間とお話を、ありがとうございました。

ありがとうございました。ライカレを迷っている人の参考になりましたら嬉しいです。

 

インタビューを通して、りなさんは芯がしっかりしていて『心』を大切に行動する人だと感じました。レッスンや課題に真摯に向き合うお姿が印象的だったりなさん。何事も一生懸命なりなさんは、きっと素敵なライターになると思います。

ライカレ受講で培われたスキルを胸にライターとして歩き出したりなさん。ご活躍を陰ながら応援しています。

(取材者 ライカレ17期生 渡辺美香)

講師からのメッセージ

りなさん、45日間ほんとうにお疲れさまでした!
受講前に個別でお話をしたとき、「ライティングは絶対にできるようになりたい、けど失敗したくない」という熱い想いがよくよく伝わってきたからこそ、いまライカレを受講して、夢を叶えて欲しいと強く思ったのをよく覚えています。

この記事にもあったように、りなさんは芯の強い女性で、添削の時間には誰よりも先に手を挙げていましたし、課題の提出も一番な早いことが多く、チーム全体の士気をあげてくれていたと思います。

これからもたくさんの試練が待っていると思いますが、理想とする働き方を叶えるために頑張ってください!
ライカレの同期のみんなはもちろん、講師もみんな、応援してます^^

日本ライターカレッジ 金丸

関連記事一覧

読むだけでデザインが上手になるWEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ
WEBデザイン20のレッスンを無料プレゼント中
詳しくはコチラ