• HOME
  • 記事
  • 体験記
  • 『憧れが現実に。選ばれるWebライターへ!』福田咲子さんのライカレ入門体験記

『憧れが現実に。選ばれるWebライターへ!』福田咲子さんのライカレ入門体験記

福田咲子さんの自己紹介♪

お仕事

ゲーム会社でマーケティングを担当しています。

趣味・好きなこと

料理(ビーガン料理が気になってます)
ヨガ(最近さぼり気味)

この講座で叶えたいことは?

ライティングができるようになることで、自分のビジネスを発信しはじめたいです!

意気込み♪

色んな志や目標をもっている皆さんと一緒に学べて、いい刺激になります!
1か月後の自分を楽しみに、毎回の授業を経て確実に成長していきたいです。書くぞー!

Lesson1・2を受講して


Lesson1と2が終わってみて、ライティングに対して感じていた「本当にできるのか… 」が一気に吹っ飛んだ気がしました。

ライターに求められる仕事とスキルを、なぜそれがも求められるのか?を明確に説明していただきました。自分が身につけるべきことがクリアになったことで、じゃあその課題を一歩ずつ片付けよう!と思えました。

つねにWhyとHowを非常に明確にセットで教えていただいているので、納得感が違います。

納得すると行動に移るスピードが違うなあとも感じて、そこがほかの講座と一角を画していると思います。

Lesson3・4を受講して

Webライターとして働くプロセスについて教えていただくことで、実際に仕事を取り始めるにあたっての躊躇が緩和されました。

「人を動かす文章が書きたければ今やっていることを反復すること。」

何事もステップがあって、正しいスキルを身に着けて経験を積んでいけば、一歩ずつ上を目指せると思えました。

いつかセールスライティングできるようになる!

Lesson5を受講して

「センスは必要ない。まずはルールをいち早く見つけて、それにそって行動するかどうか。」というところに納得しました。ルールを整理して、それを踏襲しつつ、客観的にフィードバックをもらったり、改良を加えていけば、かなりいいところまで行けるのでは!と思えます。

添削パートはやはり学びが多いです。
文章に手を加えて、より良い内容にしていくプロセスは、自分の文章にもある程度できるようになりたいなあと思いました。また、皆さんの文章を読んで、「みんなできるようになってる!」と思って、それも純粋に刺激でした。

選ばれるライターに必要なマインドも聞けて良かったです。ここに次のゴールが集約されていたと思います。

フォローレッスンはどうでしたか?

飛鳥馬先生の「こうやったら大丈夫ですよー」という穏やかで温かい、かつ冷静なトーンでの具体的なフォローアップはとてもとてもありがたかったし、すっと頭にはいってきました。私も読者をこういう風な気持ちにさせないといけないのね!とハッとしました。

文章を書けることも、手に職をつけることも、どちらも何だか「憧れ」だったのが現実になってきています。

受講生に真に変化をもたらす講座に参加できて、ラッキーだったと思っています。
ひとまず、案件受注しますね。えいえいおー!

1期生の皆さん、一緒に切磋琢磨できてとても楽しかったです。ありがとうございました!

何か仕事を受注(かテスト案件から修行)することができたら報告させてください。そして、ぜひ読んでやってください(dance)

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。