• HOME
  • 記事
  • 体験記
  • 『苦労した分、達成感を大きく感じました。』早田 和生さんのプロスク体験記

『苦労した分、達成感を大きく感じました。』早田 和生さんのプロスク体験記

早田 和生さんの自己紹介♪

お仕事

サラリーマン
ゼロイチCLUB大阪支部長

叶えたい目標

ライティング、デザイン、コーディングでLPの作業全取り目指します。

趣味・好きなこと

映画鑑賞

意気込み♪

楽しいことが大好きな54歳のオッサンで~す。
アレルギー再発したら、みんな助けてね。
60日間頑張りましょう!

Lesson0,1を受講して

いよいよ、コーディング講座がスタートしました。
HTMLやCSSを触るのはデザスク入門編以来で2年近く前になります。
ただ、その時と違うのは、いちからコードを書く作業になることで、あの不可解な言語が書けるのかと心配でした。

Lesson1では・・・予想していましたが、動画の多さにびっくりです。
動画配信が、自分にとって都合の良いタイミングだったのと、個々の動画の時間はあまり長くなかったので、まずは勉強時間の設定から始め、各項目を効率よく進めていくことができました。

基本となるHTMLの記述では、それぞれのタグの意味がわかったのとブラウザでの確認作業は結構楽しかったです。

ですが・・・やはり、1回ではおぼえきれません。
マスターするまで何回も復習するか、任意だったTASKに手をつけるか迷いましたが、TASKに挑戦する方を選びました。

自分のおぼろげな記憶を頼りながら、時には動画をまるまる見直したり、検索したりして、書き上げるのに約3時間ほどかかりました。

提出後、完成データをいただき、あまりの違いに愕然としましたが、データと同じだったところは自分の記述に確信が持てたのと、違うところは正しい使い方がわかるようになり、TASKに挑戦したことは、HTMLを理解するのに有効な作業でした。

ここから、先はどんどん難しくなってくると思いますが、あきらめずに挑戦していきたいと思います。

Lesson2,3を受講して

Lesson2と3はCSSの記述でした。
2年前にほんの少し触っただけでしたので、適用後の変化に改めて感動したのと同時に、こんなにたくさんのことができるのかと驚きです。

今回もレッスン動画は多く、ひとつひとつ、こなしていくにはやはり時間がかかってしまいました。

ただ、よく使う言語のいくつかは、頭に入って入ってきたものもあり、少しづつですが進歩してるのかなとも思います。

そこで、2回目のTASKに挑戦することにしました。
TASK1で書いた自分のHTMLを使うのは無謀すぎると思い、添付のHTML使って挑戦です。

そんなに時間はかからないのでは・・・と楽観視していましたが大苦戦です。
コンテンツ部分は、フォローレッスンでoverflow:hidden;を教えていただいたので、大体は見た目はできましたが、ヘッダー部分は結局うまくできませんでした。

今回のTASKではpaddingの使い方が理解できました。
動画でのレッスンでは、なんとなくやり過ごしてしまっていた部分で、空白部分の設定はここから来てるのだと、繰り返しの記述で、ここにきて気付く始末でした。

Lesson3はレスポンシブ対応の記述でした。
レイアウトやイメージや表の変化が、CSSでこんなに見栄え良く変化させられのかと感心してしまいました。
widthを使い方をここで学んでからTASKをやっていれば、もっと容易くできたのにとも思いましたが、逆にレッスン動画が復習にもなりましたので、この使い方はしっかりと習得できました。

基本を一通りやり終えて、まだまだ、先は長いですが必ず身につけたいと思います。

Lesson4を受講して

Lesson4はWEBサイトのコーディングの実践です。
まずは、解説動画を見ずにHTMLを自力で書きだすことにチャレンジしました。
Lesson01の動画を少し見ましたが、時間はかかるものの書き上げることができました。

スタートして3週間経ち、参考を見ないと全然書けなかったのが、少しチラ見しつつも書けてきてるような気がします。

次にCSSにチャレンジしましたが、なかなかうまくいきません。
まだまだ理解度が乏しいので、ひとつひとつ確認しながらになってしまいます。
特にヘッダ部分は、ほぼほぼ解説動画を見ながらの記述になってしまいました。

ここで、自分で書いたHTMLでは、CSSをうまく適用できない部分も出てきましたので修正です。
自己データと完成データを見比べての修正作業をすることは、自己記述の問題部分の発見に効果的でした。

今の自分自身の課題は、CSSを適用した時に正しく表示できるようなHTMLを書くことのような気がします。

ヘッダ以降のコンテンツは解説動画を見ずに、CSSを書いて適用しましたが見栄えのいいものではありませんので、
今度は解説動画を見ながら再記述です。すごく遠回りですが、「なるほど!」と思える部分がたくさんありました。

レスポンシブ対応部分は解説動画を見ながら作業を進めてみました。

一旦、自己チャレンジしてから、修正していく作業の継続は、自分にとってスキル習得に効果がありそうですが、時間もかかりますので、余裕が欲しくなりました。

とにかく、少しづつでも前に進んでいる感はありますので、頑張っていきたいと思います。

Lesson5,6を受講して

Lesson5,6はJQueryの記述でした。
HTMLやCSSの記述が多少迷走しながらも理解できるところも出てきた中で、新しい言語への挑戦です。

Lessonのスタート前はかなり興味がありましたが・・・新しい言語記述に少し引き気味になりました。
基本的な記述方法のLesson動画を見ながら進めていけば、「なるほど」と思う部分はたくさんありましたが、初めて見る言語・・・頭がパンク状態です。

コーディングアレルギーが出てきそうな気がしましたので、前から聞いていたアドバイス通り深入りせず、task04に挑戦することにしました。
この課題なら、Lesson動画の応用編をそのまま実践すれば簡単と思いきや、全然できませんでした。

しかし、週1で開催してくれる「もくもく会」で、不明瞭な部分を教えていただいたので、「謎」が一気に解けました。
その日のうちに再挑戦し、完成・提出です。
初めて完成したものを提出した気分は、何とも言えません~最高の気分でした。

JQueryの応用編には魅力的なところが多く、いち早く身につけたい気分です。
しかし時間がかなりかかりそうですので、一旦は手を止めて次に進んでいこうと思います。

Lesson7,8,9を受講して

Lesson7,8,9は、いよいよ実践的なサイト作成でした。
Lesson7は動画視聴によるSEO対策の実践テクニックの紹介です。
SEO対策は、「聞いたことがある」程度の知識でしたので、非常に興味深い内容でした。

サイト作成において、避けては通れないことであり、今後はそこにも気をつけながら、クライアントへ提案、コーディングすべきだと感じました。

Lesson8は画像の書き出し方法の実践です。
画像LPのコーディングは、画像を分割、軽くして書き出して準備するのかと初めて知りました。
動画でのさまざまな分割方法も興味深く、自分に合った方法を選んでいきたいと思います。
また、Photoshopの知らなかったテクニックを知ることにもなりました。

Lesson9は画像テキストLPのコーディング実践です。
Lesson8でスライスした画像のコーディングの実践は、少し拍子抜けでした。
ただ、決して物足りないというのではなく、ずっと難しいHTMLと格闘していましたので、コピペでほとんどが済む内容に、「こんな楽でいいのかな」って思ってしまいました。

以降、CSS、JQueryの実装は動画を見ながら実践しましたので、当然つまづくことはありませんでした。
今の自分の能力では、やり方を知るところに重点を置きたいと思っていますので、動画を見ながらの実践でも充分すぎる内容です。

画像テキストLPのコーディングの方法は、比較的簡単な流れでできそうなので、できるだけ早く実践していき、スキルを修得したいと思います。

Lesson10を受講して

Lesson10は、4つのページサイトのコーディング実践でした。
Lesson動画のボリュームを前もって教えていただいていたのと、Lesson4で自己流の記述で苦戦したこともあって、今回は始めから動画を視聴しながら手を進めていくことに決めていました。

やり始める前は、カンニング同然のやり方でいいものかと悩みましたが、いざ、やり始めてみると、目の前で説明を受けながら記述しているのと同じで、非常に分かりやすく、前回の時も始めから「そうしておけばよかった」と思ってしまいました。

4ページにもわたるサイトのコーディングでしたので、時間もかかりましたが、出来上がると達成感を感じてしまい、嬉しくなりました。
ホームページとは違うサイトページの作成もなかなか楽しかったです。

今回は手早く済ませてしまいましたが、できるだけ早めに復習して、再挑戦していきたいと思います。

最終課題の感想

いよいよ、大詰めの最終課題のコーディング実践です。
自分自身の勉強の仕方としては、写経形式の方が良いような気がしていましたが、Lesson8、9で動画を見ながら記述しましたので、テキスト部分を少なめにして、できるところまで自力で挑戦することにしました。

かなり時間がかかりましたが、完璧とはいえないまでも、何とか見れる程度までは自力で仕上げられたので、苦労した分、達成感を大きく感じました。

残念だったのはレスポンシブまで手が回らず、当然ながらテキスト部分の崩れが大きく出たことです。

ここまでで提出となり、かなり改善すべきことがありますが、ここまでできたことの達成感は何とも言えません。

振り返ってみますと、コーディングに対してかなりの苦手感を持った上での受講でしたので、完璧な記述ではなくとも、自分である程度のところまででもできたことは非常に満足できました。

これで、講座は終了してしまいますが、やり残したところはまだまだありますので、ここからがスタートとして、完成データを写経、検証して、このスキルを身につけていきたいと思います。

2ヶ月にわたり、先生、サポーターには、温かく見守っていただき感謝しております。
本当にありがとうございました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。